アロー独走

Changing The Future , NOW♪

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #1

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

ぜんかいの越後駒ヶ岳トレイルから
二週間後の・・・、

去る、2019年 9月 1日 ( 日 )、
The Tanzawa table ridge,Waste of time Exercise
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

丹沢表尾根の・・・、


※ 写真は、2018年 9月 9日 ( 日 ) のものを使用
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ )
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    隆起 ・ 山塊

と、


※ 写真は、2018年 9月 9日 ( 日 ) のものを使用
たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1491m
所在地   神奈川県秦野市 ・ 清川村 ・ 山北町
山系     丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊

の尾根筋にて
自主トレ トレイル練習を敢行する

こんかいはその模様を
お伝えしていこう☝

題して・・・、

俺 ・ 矢吹 ♪
ひまつぶし
丹沢表尾根 Exercise



こんかいの
カンタンなあらすじ

残暑どきに丹沢表尾根を
選んだ経緯・・・、

秋雨前線が相模湾沿いに張りだしているこの日 ( ☞ ☆ )・・・、
この日は午後に所用を設けていたということがあってか
消去法てきに自宅から近いエリアを選ぶしかない中で
またいつものように雲取山でもいいが
雲取山はもう・・・、飽き飽きしていたんで
カンタンに熟せそうな丹沢エリアを選んだ。

まぁ・・・、自主トレをダラダラと熟してたんで
この日の午後の所用には間に合わず、後日にスライドしたのは
恥ずかしながら言うまでもないが。

あとは、土日だけの休日だと
連休後の月曜日が遅い午後出勤とかでない限り、
遠いエリアは選べない。

という訳で、眺望ゼロを覚悟のうえで
今回の練習が開始されるのであった



Kick off
Chapter of Departure
       &
Tanzawa table ridge Level flight
For Mt.Tounodake Top
大倉バス停 ・ 駐車場 ~ 塔ノ岳頂上 9740m

使用路線 : 三ノ塔尾根 ☞ 丹沢表尾根
経由地  : 三ノ塔頂上
7:05 ~ 10:30

   1km   10’42”
   2km   17’37”
   3km   12’47”
   4km   16’58”
   5km   27’61”   1゜25’24”
   6km   36’46”
   7km   18’05”
   8km   24’01”
   9km   25’04”
  のこり    16’45”   3゜26’07” ( 2゜00’43” )
平均ペース : 21’10”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1270m
   内訳 大倉バス停 ・ 駐車場   →   三ノ塔頂上   915m (  290m → 1205m
       烏尾山頂上          →   塔ノ岳頂上   355m ( 1136m → 1491m
          合計累積標高差               1270m

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間25分

深夜3:30に起床し
あさ4:40に遅めに自宅を出発して
自宅からさほど遠くはない丹沢エリアに向けて
クルマを走らせて・・・、



7:05
あさ7:05から
大倉バス停からトレイルを開始する




7:05
この時のオレは
高曇りのなかで、丹沢山塊の絶景を眺めながらの
縦走をまだ夢見ていた。。。




7:06
三ノ塔尾根経由なので
このつり橋を渡って
登山道へと入っていく




7:11
・・・とは言うものの
序盤はしばらくアスファルト林道がつづき、




7:19
途中から
横道を逸れるようなカタチで
登山道へと入っていく




7:28
並行してそびえる
丹沢表尾根を眺めながら・・・、




7:29
登山者の少ない
三ノ塔尾根を攻めていく




7:31
一応は 「 日本百名山 」 に選ばれている
この丹沢エリア・・・、

林道と並行する登山道を行きながら




7:46
途中、林道終点に差しかかり



7:46
反り返るように
また再び登山道へと入っていく




7:51
三ノ塔まで2.2kmの
看板を確認しては




8:04
登山道の2/3が平坦な傾斜のなかを
しばらく走っていき




8:28
最後のゲキ坂斜面を
登りつめていき、やがて・・・、




8:37
三ノ塔の頂上が
見えてきた♪




8:37
1時間半ちょいの
時間をかけて




8:39
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 13 - 1件目
       &
軒先累計 ・ 第20 - 1件目
丹沢 ・ 三ノ塔 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったが・・・、



8:39
丹沢 ・ 塔ノ岳方面は
嗚呼・・・、ドンヨリだよ~


つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #2

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪


8:55
気分が
意気消沈していくなか

烏尾山荘のある
からすおやま
烏尾山 ( ☞ ☆ )
標高    1136m
所在地   神奈川県秦野市
山系     丹沢山地
種類     山塊
を経由していくのだけど



9:09
この時期の表尾根って
こんな草ぼーぼーだったっけ?




9:12
烏尾山頂上に
たどり着き




9:13
空霞む
秦野市街をいちおう眺めて・・・、




9:14
ガスが掛かり始める
三ノ塔の雄姿をあとにして




9:18
樹木の生茂りの
ハンパない表尾根をさらに攻めて




9:34
毎度おなじみの
クサリ場ステージをくだって




9:38
ガレ場斜面を登りだす

標高1200mそこらしかない
丹沢表尾根には
高山植物なんて言うものは、目立って自生していなく




せいぜい・・・、
Indian strawberry
ヘビイチゴ ( ☞ ☆ )
種類    バラ科
属性    キジムシロ属
自生場所 畦道や野原などの湿った草地
自生地域 アジア南東部 ・ 日本全土

とか、


9:51
  Fuji Thistle
フジアザミ ( ☞ ☆ )
種類     キク科
属性     アザミ属
花期     8月 ~ 10月
自生地域  富士山および富士山周辺の山地の山地帯~亜高山帯
自生場所  砂礫地や崩壊地周辺
特徴     ・ 高さ20~100cm、葉の長さ30~70cm
        ・ 先端に付く頭花の大きさは子供の拳ほど非常に大きい
        ・ 小花は細い筒状花で紅紫色をしており、稀に白花の個体も見られる
        ・ 総苞片は紫色で、先端は鋭く尖っている
        ・ 日本産のアザミの中では最も大きな花を咲かせる種類である
くらいしか
自生していなかったかなぁ・・・。。。




9:56
やがて
営業休止中の新大日茶屋にたどり着き
丹沢表尾根も終盤戦を迎える




9:58
塔ノ岳まで
わずか1.3kmまで差しかかった頃




10:00
雲の通りみちのなかを
突き進んで行き、




10:04
木ノ又小屋で
ちょいとひと息ついて




10:19
さらに
人工的な木道を突き進み




10:26
やっとこさ
塔ノ岳頂上の 「 尊仏山荘 」 が
見えてきた♪




10:33
往路の全工程
3時間半弱の時間をかけて

やがて・・・、




10:34
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 13 - 2件目
       &
軒先累計 ・ 第20 - 2件目
丹沢 ・ 塔ノ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったが・・・、



10:44
これだけ眺望が利かないと
編集がラクちんだぜぇ~☆(^^♪
とほほほほ、はぁぁぁ


ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #3   The Final Tracks   

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

これで
最後 ♪


The Final Chapter of Transfer Operation
丹沢 ・ 塔ノ岳頂上 ~ 神奈中 大倉バス停 6650m

使用路線 : 大倉尾根
12:00 ~ 13:20

   1km   14’02”
   2km   17’52”
   3km   11’45”
   4km   13’17”
   5km   11’29”   1゜05’26”
   6km   10’12”
  のこり     5’31”   1゜21’10” ( 0゜15’44” )
平均ペース : 12’10”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行下山時所要時間 : 約2時間30分


では、いつものように

Sonic Landing の 開始だ!☆
( ↑ Lufthansa MD11F Edition クリックしてね♪ )

いくぜ!♪


12:25
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




12:36
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




13:17
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




13:20
Minimum.
❝Landing!✈❞        




13:22
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2019年 9月 1日 (日 )練習内容 】
7:05 ~ 13:20
・ 丹沢表尾根 ・ セミ スカイランニング 16390m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 9月走行距離 】
日計       16.39km
累計       ・・・・・・・km



2019年 9月総累積高低差
           1270m (  1.27km )

2019年 年間総累積高低差
          24113m ( 24.11km )




13:22
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録          7件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳             ( 御坂山地 )
 4月 28日 ( 日 ) 笠取山                   ( 奥秩父山塊 )
 5月 24日 ( 金 ) 大野富士 荒島岳            ( 両白山地 )
 7月  6日 ( 土 ) 苗場山                   ( 三国山脈 )
 7月 29日 ( 月 ) 白 山                   ( 両白山地 )
 8月 11日 ( 月 ) 雨飾山                   ( 頸城山塊 )
 8月 18日 ( 日 ) 越後駒ヶ岳                ( 越後山脈 )
既存増量         13件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 3月  9日 ( 土 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔         ( 丹沢山塊 )
 3月 17日 ( 日 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 3月 31日 ( 日 ) 竜ヶ岳                     ( 天子山塊 )
 4月  6日 ( 土 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 4月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 5月  4日 ( 土 ) 甲武信ヶ岳                 ( 奥秩父山塊 )
 6月 16日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 7月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 9月  1日 ( 日 ) 丹沢三ノ塔 ・ 丹沢塔ノ岳        ( 丹沢山塊 )
軒先累計         20件


【2019年 9月 1日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 4:40出発~
万町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
大倉登山口駐車場 の往復
※ 2019年 9月 1日 ( 日 ) 17:40帰宅


【2019年 9月 1日 ( 日 )の運行距離】

110.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    東京都八王子市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  八王子 ・ 自宅



俺 ・ 矢吹 ♪
ひまつぶし
丹沢表尾根 Exercise

          

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 越後の百名山を制す  ~ 日本百名山 ・ 越後駒ヶ岳 篇 ~ #1

2019.08.19

category : ・ アタック ザ 日本百名山!!

comment(0)

ぜんかいの雨飾山トレイルから
わずか一週間後の・・・、

去る、2019年 8月 18日 ( 日 )、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#36
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

オレはまたまた
百名山を制す!


    その百名山は・・・、
         これ
          👇
          👇
          👇

上越国境 ・ 越後エリアの
数ある百名山のひとつ・・・、


 えちごこまがたけ
越後駒ヶ岳 ( ☞ ☆ )
別名       魚沼駒ヶ岳
標高       2003m
          ※ 日本百名山のひとつ
所在地      新潟県南魚沼市
           新潟県魚沼市
山系       越後山脈 ( ☞ ☆ )
越後駒ヶ岳の主な特徴・・・、
① 八海山 ・ 中ノ岳とともに越後三山のひとつ
② 標高はそれほど高くないが、標高200~300の山麓まで
  一気に落ち込んだ天然の大障壁をなしている
  また、佐梨川金山沢奥壁などの巨大なスラブ壁があり登攀の対象となっている
冬季には豪雪に見舞われ、盛夏でも雪渓が残る
④ 日本アルプス等の山岳に比べて標高はさほどではないが、
  変化のあるコース、迫力ある岩稜帯などが連続し、クライマーに人気がある
である!

では、さっそくその模様を
お贈りしていこう♪
題して・・・、

俺 ・ 矢吹 ♪
The Joetsu border , Sky Venus Part.2
Mt.Echigo Piece Edition

日本百名山 ・ 45ヶ所達成記念
越後の百名山 ・ 越後駒ヶ岳篇
はぁ~じ~まぁ~るよ~っ。


まずは
あらすじ

8月17日 ( 土 ) ~ 8月19日 ( 月 ) は
会社から頂いた3連休で
その中間の日に本当は・・・、

尾瀬の燧ヶ岳か、もしくは南アルプスのどこかを
制覇したい筈だった。

上記の2箇所のなかの第一希望は
尾瀬の燧ヶ岳だったが・・・、

この日の天気図 ・天気予報 ( ☞ ☆ )は・・・、
前日 ・ 当日ともに天気の判断が大変に難しく
まずは南アルプスを含めた関東甲信越エリアは、晴れても降水確率が高く
ハイレベルな山を攻めに行くのにかなり不安あり

そんでもって越後駒ヶ岳から50kmから60kmしか離れていない尾瀬エリアも
前日 ・ 当日ともに大気の状態が不安定・・・。

ただ、せっかくの3連休なので
どうしてもどこかの百名山を制覇したかったオレは
前日の夕方までネットで天気予報で調べまくって
すこしでも僅かながらでも
天候的にマシなところはどこなのか
悩みに悩んで、
ほぼほぼ即興で越後駒ヶ岳に決めたのだけど・・・、

越後駒ヶ岳は当初から行くつもりなんて
一切なく、下調べは何もしていなかった・・・。



当初のトレイル ・ コースは
ただ単純に、関越自動車道 小出IC側の
「 越後三山森林公園 」 側から攻めようと思っていた


が、しかし!
自宅出発直前で、直感的に不安を感じたオレは
観光協会に問い合わせる
すると・・・、
・ 開始から登頂まで眺望なく、急斜面登りを余儀なくされる
・ 登山道の手入れがされておらず、
 草木ぼーぼーで道が不明瞭である
・ 初めての人が立入るには、道迷いの不安あり
・ ここからのコースは、一般的ではない


・・・という理由から
急きょ、越後駒ヶ岳としては一般的な
下の写真のコースに変更したのであった

しかも出かける30分前に。。。
              👇
        👇
        👇


あぁぁ~
しかも関越自動車沿いの正反対側で
登山口は、奥只見エリアかい?!

「 マジかよ~
 知らねぇ~よぉ
 クソ遠いじゃねぇかよ~ 」

とか何とか思いながら・・・、

自宅を16:20に出発して
下記のような
    👇
    👇
    👇

【2019年 8月 17日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 16:20 出発 ~
八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 河原町交差点 ・ 左折 ☞ 国道407号線 ~
下野本交差点 ・ 左折 ~ 国道254号 ☞ 県道47号 ・ 旧熊谷東松山道路 ~
村岡交差点より、国道407号へ接続 ~ 代交差点 ・ 左折 ☞ 国道17号 ・ 上武道路 & 深谷バイパス ~
沼田市街より、一般国道17号に合流 ~ 国道17号 ・ 三国街道 ☞ 三国トンネル通過 ~
古新田交差点 ・ 右折 ☞ 国道291号へ接続 ~
小出IC千溝入口交差点 ・ 左折 ☞ 県道70号へ接続 ~
吉田交差点 ・ 右折 ☞ 国道352号 ・ 樹海ラインへ接続 ~
越後駒ヶ岳登山口 ・ 枝折峠登山口駐車場、0:13到着 ☞ そのまま車中泊
ルートをたどって
「何時に着くんだぁ ?、 これ 」
と思いながら・・・、


【 2019年 8月 17日 ( 土 )の運行距離 】

266.7km
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市      新潟県魚沼市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  枝折峠登山口駐車場


てな感じに
8時間ほどの
地獄の一般道走行を走り終えて
深夜0時過ぎに登山道の駐車場に到着し・・・、



5:49
やがて夜が明けて
予定外の越後駒ヶ岳を
やや複雑な気持ちを残したまま
頂上へと、一応・・・、めざしていくのであった。。。



Chapter of Departure
Sky Vertical Flight ✈
For Mt.Echigokomagatake Top

しおりとうげ
枝折峠登山口駐車場 ~ 越後駒ヶ岳山頂上 8000m
使用路線 : 明神尾根コース登山道
経由地  : 小倉山頂上
6:20 ~ 9:00

   1km   16’55”
   2km   15’42”
   3km   19’14”
   4km   13’34”
   5km   19’38”    1゜24’57”
   6km   16’38”
   7km   27’26”
   8km   34’05”    2゜43’08” ( 1゜13’11” )
平均ペース : 20’19”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   938m
   内訳 枝折峠登山口駐車場   →   越後駒ヶ岳頂上   938m ( 1065m → 2003m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約6時間20分




6:24
スタート直後から
登山口の標高が1065mと高く
登山道全体的に樹林帯の少ない、枝折峠の登山口




6:24
開始から5分弱の
標高1073mにて・・・、




6:27
「 滝雲 ・ 雲海
ビュースポット」 に差しかかると、




6:28
これまた
キレイな雲海だぁ ♪

と思って
これより少し標高が揚がると・・・、



6:31
ナイアガラの滝 ( ☞ ☆ )
みたいな雲海だぁ!

朝っぱらから
大洪水のような雲海の光景が
ハンパない。。。




6:33
これが初めて見る
越後駒ヶ岳の雄姿!?




越後駒ヶ岳って・・・、
武甲山 ( ☞ ☆ )によく似て
要塞のようなピラミッド型を
しているんだねぇ。。。




6:34
その左横の
カッコいい円錐形をした山・・・、

あらさわだけ
荒沢岳 ( ☞ ☆ )
標高     1969m
所在地   新潟県魚沼市
山系     越後山脈 ( ☞ ☆ )
キレイなカタチで
そびえ立つ




6:40
それと同時に
まだ雲海の景色が
辛うじて続いているが、時間と共に消えてしまいうかな?




7:19
さらに整備された
木道を伝って行くと、




7:31
越後駒ヶ岳、雲がかかり始める



7:32
序盤、なだらかな
枝折峠側の登山道、だんだんと標高が増していくと




7:40
やがて、小倉山という
中間ピークにたどり着き、




7:40
小倉山ピークからみた
越後駒ヶ岳、残念ながら雲隠れ

この先、どんな展開になっていくのか!?


つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 越後の百名山を制す  ~ 日本百名山 ・ 越後駒ヶ岳 篇 ~ #2

2019.08.19

category : ・ アタック ザ 日本百名山!!

comment(0)

つづき ♪


8:04
先ほどの小倉山から
さらに上がった 「 百草ノ池 」 のひろばに着いて
頂上まで約90分ほどのとこまでやってくると




8:04
越後駒ヶ岳のピークが
見えてきた♪
しかも、頂上部分には、雲がかかってない!?




8:14
さっきまで
ヤル気のないオレだったけど
ここにきて、ボルテージが高くなってきたぜ~♪




8:18
標高が2000mを満たない
この登山道・・・、




8:25
ここって何度も何度も
考えてみたけど・・・、
丹沢とか奥多摩とかと変わらない標高なんだよねぇ・・・。




8:26
しかもさぁ・・・、
越後駒ヶ岳の標高って、2003mだから・・・、
東京都最高峰の雲取山とは、

たかだか標高差が14mだから、大して変わらないんだよねぇ。。。

それに・・・、



8:28
丹沢とか奥多摩には・・・、
こんな雪渓とか、



8:29
高山植物とか

あったりしないもんね☆♪



8:30
しっかしまぁ
頂上までのルートの
ガレ場越えは
ハンパないねぇ




8:32
こうやって眺めると
厳冬期は豪雪地帯化するからなのか
樹木が自生しないのかな???




8:37
さらに先へ進む



8:37
ただ今の標高、1819m

丹沢だったら、最高峰の蛭ヶ岳をとっくに越えており
雲取山のコースだったら、七ツ石山とほぼ同じ標高だ!




8:39
マーキングされている
岩場を越えていき




8:40
さらに進んでいくと
やがて今度は、




8:45
越後駒ヶ岳の名物山小屋
「 駒ノ小屋 」 にたどり着く!♪

もうここまで来ると
本当に残りわずかだ!!




8:46
高原状の登山道を
さらに攻めていく




8:54
後をふりかえり
眼下に望む駒ノ小屋を眺めだす

あぁ、こんなにも登っていってるんだなぁと



8:55
やっと
山頂部分がみえてきた♪




8:57
丹沢大倉尾根の
塔ノ岳登頂直前の木製階段みたいなとこを駆け上がって




8:58
右側に視線をそらし、
雪渓の真上のピークが
越後駒ヶ岳の頂上だ!!!




8:59
山頂部分の駒ヶ岳 & 中ノ岳の
分岐点の突き当りを右折して




9:00
頂上に向かって
一直線に突進む!




9:03
長く、そして蒸し暑く感じた
3時間弱の観光トレイルを終えて

やがて・・・、
オレはついに



9:03
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、新規登録 ・ 7件目
       &
軒先累計 ・ 第19件目
日本百名山 ・ 45峰目
越後駒ヶ岳 登頂達成ぇ~っ♪

したのであったぁ~♪!


さらに
つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.