アロー独走

Changing The Future , NOW♪

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #1

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

読者諸君、
突然だけど・・・、

去る、2019年 2月 3日 ( 日 ) 、
矢吹 ♪ 2019 Earth Conscious ZIPANGU #4
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
こんかいオレは
急きょ、丹沢表尾根の・・・、


たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1491m
所在地   神奈川県秦野市 ・ 清川村 ・ 山北町
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
               と、

たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ )
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    隆起 ・ 山塊
              に、赴いた。

それは、なぜか!?


オレにとって
人生2度目の 「 21歳の誕生日 」 を迎えた
1月31日 ( 木 )
この日またまた

南岸低気圧に伴う悪天候 ( ☞ ☆ )に見舞われた
のだぁ~

幸いにして
写真のような積雪にもならなくって、一安心。。。



ちゅう訳で
こんかいは近場の山々の
積雪山岳パトロールに赴くのだぁ~

題して

俺 ・ 矢吹 ♪
2019th The Table TANZAWA
in Metropolitan area
Semi Sky Traverse Edition

「 いつもとちがう、丹沢表尾根の風景 」 篇
である。

では、こんかいも
あらすじをすっ飛ばして
いきなし本題だぜぇ~

超絶簡単に申しあげれば
前日の土曜日が出勤日で
業務終了が、18:45
就寝が23:00で
2:30というまたまたアホな時間に起床し
夜中の3:40に自宅出発、
あさ5:15、大倉のコインパーキングにクルマを停めて・・・、




7:20
楽しみな、たのしみな
丹沢表尾根 ・ 雪上パトロールを
これから実施するのだぁぁぁぁ~~~~っ

うへへへへへへぇぃぃぃぃぃぃい~っ♪

どうなっているのかね~

楽しみだねぇ~

毒味してたいねぇ~

んじゃあ、

Kick off
Chapter of Departure
大倉バス停 ・ 駐車場 ~ 塔ノ岳頂上 7000m

使用路線 : 大倉尾根
7:20 ~ 9:40

   1km   11’07”
   2km   14’21”
   3km   18’21”
   4km   19’54”
   5km   19’20”   1゜22’55”
   6km   33’37”
   7km   22’05”   2゜08’38” ( 0゜45’43” )
平均ペース : 20’08”/km

7:25
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1191m
   内訳 大倉バス停 ・ 駐車場   →   塔ノ岳頂上   1191m ( 300m → 1491m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間30分

と、いってみんべぇ♪



7:49
ではでは・・・、
開始早々ではあるけれど
「 見晴茶屋 」 からの、




7:49
江ノ島方面への
煌く朝陽を眺めたあと・・・、




7:50
さぁ、こんかいも
爆走するぞぉ~
この 「 大倉のクソ馬鹿尾根 」 を。。。

写真じゃあ分かんないかもしれんけど
これ・・・、本当に
マジメにゲキ坂できっついんだよなぁ。。。




8:14
やがて積雪こびりつく
やってんだかやってないんだか分かんない
「 駒止茶屋 」 に到達し、




8:20
そっから
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ ) を
眺めだす。。。




8:30
やがてこんどは
雰囲気が雲取山の 「 七ツ石小屋 」に似ている
「 城山の家 」 に到達し、

さらに



9:01
標高1300m地点の
「 花立山荘 」 に到達すると




9:13
そこはもう
首都圏エリアの
天空の楽園だっ!!!




9:17
さぁ、こんかいは登頂しない
丹沢山塊のラスボス ・ キャラ
たんざわ ・  ひるがたけ
丹沢 ・ 蛭ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1672.7 m
       丹沢山塊 ・ 神奈川県最高峰
       ※ 日本百名山のひとつ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
さま様の
おなぁ~りぃ~っ ☆


ことし初めて
目の当たりにする
相模の國の最高峰・・・、




9:20
アイゼン不使用な感じの
積雪部分を慎重に歩いて




9:24
さぁ・・・、
最初のピーク

たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( → ☆ )
が、見えてきたぜ!♪




9:30
さらに圧雪されたとこを
通り過ぎて・・・、




9:37
そして、やがて・・・、



9:43
開始からやっとこさ
2時間ちょっとの所要時間をかけて・・・、




9:43
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 3-1件目
       &
軒先累計 ・ 第4-1件目
丹沢 ・ 塔ノ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのだったのだぁ☆

つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #2

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

ではここで
9:40 ~ 11:00は
天空の絵画に酔いしれるコーナー


9:49
~ Bird VIEW Time 丹沢山塊篇 ~
      丹沢 ・ 塔ノ岳 Edition

           をお贈りしていこう・・・☝



9:49
塔ノ岳頂上 「 尊仏山荘 」 前にて
おもったほどの積雪がないなか、




9:49
空高くそびえ立つ
キレイな富士山を眺めながら




9:49
アングル変えて
写真中央に流れる河川は・・・、

くろくらがわ
玄倉川 ( ☞ ☆ )
水系        二級河川 酒匂川
種別        二級河川
延長距離     11.5km
流域面積     43.0km2
水源        丹沢山
水源の標高    1567m
河口合流先    丹沢湖
流域所在地    神奈川県足柄上郡山北町
といって
解説していいか分からんが
不名誉な出来事として
1999年 8月 14日 ( 土 )に

玄倉川水難事故 ( ☞ 要観覧注意 )
が起こってしまった、事故現場の河川である。。。




9:54
まぁ・・・、
ちょっと気を取り直して
その・・・、玄倉川の右どなりで
写真中央に天高くそびえる

たんざわ  ・  ひのきぼらまる
丹沢 ・ 檜洞丸 ( ☞ ☆ )
標高     1601.0m
所在地   神奈川県相模原市
        神奈川県足柄上郡山北町
山系     丹沢山地
種類     山塊
キレイに雪化粧しているぞ♪



9:54
さらにその奥には
南アルプス連峰が見えるけど
霞んでいるんで、ここでの紹介は省略し、




10:54
こんどは
丹沢山塊の最高峰、蛭ヶ岳を
眺めてみることに。




10:54
写真で見た限り
アイゼンなくても縦走できそう。。。




10:57
塔ノ岳からみる
丹沢の北っ側の街並みは
こんな感じ♪




10:57
いっぽうの箱根方面は
これまた霞んでいて、何がなんだか分かんない感じ。




10:59
写真は少なめだが
ここいらの小屋で食事休憩を摂ったのち




10:59
この先どうなってんのか
分からないので
ここいらで一応、登山靴にアイゼンを装着し




11:01
そろそろ塔ノ岳頂上を
離れだして




11:02
写真中央の
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ ) の頂上をめざし
丹沢表尾根の雪上パトロールに
赴くのであった。。。


さらに
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #3

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


Second Semi Sky Traverse Chapter
Tanzawa table ridge Level flight
For Mt.Sannotou Top
塔ノ岳頂上 ~ 三ノ塔頂上 4340m

使用路線 : 丹沢表尾根
11:00 ~ 13:15

   1km   24’36”
   2km   27’39”
   3km   39’55”
   4km   33’38”
  のこり     7’25”    2゜13’16”
平均ペース : 30’42”/km

11:05
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   69m
   内訳   烏尾山頂上     →   三ノ塔頂上   69m ( 1136m → 1205m
      合計累積標高差                 69m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間55分




11:07
開始早々の
塔ノ岳頂上直下の斜面

ここではアイゼンないと
ちと不安だったけど、



11:12
平坦な場所では
あっても無くても
どっちでもいい感じ。




11:14
特に写真のような木道では。

だけど一度装備したアイゼンを外すのは
面倒なんで着けっぱなしでいくけど
木道をキズつけてしまうのが、ちと気がかりだ。




11:19
だけど北側の
日陰部分では
写真のように凍結している箇所があったりして




11:22
そうではない南側部分は
降雪から3日ほど経っているんで
解けるのが早いようだ。




11:48
雪化粧した
大きな三ノ塔を目前にしながら
縦走がつづくなか




11:48
これまた雪化粧した
丹沢大山とセットにすると
こんな感じ♪




11:56
こんどは
「 政次郎尾根 」 の分岐点に差しかかる
積雪場面を通り過ぎると




12:00
アイゼン装着のまま
行者ヶ岳のクサリ場ステージに
到達するも・・・、




12:00
丹沢大山に見守られながら



12:05
中途半端にこびり付くとこを
行き過ぎて




12:06
アイゼン外さぬまま
クサリ場をよじ登る。




12:09
アイゼン着けたままだと脚にチカラが入らないし
外すと滑らす可能性があるんで
けっこう判断が難しかったりしたんだな。




12:21
こんかいの縦走では
じつは積雪場面が少なく
泥んこ祭りに苛まれるなか
だんだんと三ノ塔が近づきだして




12:21
雪化粧した
三ノ塔登頂目前、最後の経由地ピークである、




12:37
烏尾山荘のある
からすおやま
烏尾山 ( ☞ ☆ )
標高    1136m
所在地   神奈川県秦野市
山系     丹沢山地
種類     山塊
が見えてきたぞ!



12:41
いつも以上に
風景が異なる三ノ塔を目の前に、




12:42
烏尾山の頂上から
天空の城下町 ・ 平塚市街を
ちと眺めてから




12:45
最後のゲキ坂アプローチへと
突進むのであった。。。


ラストへ
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #4  The Final Tracks 

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ♪



12:57
最後の急斜面だけは
アイゼン装着のままの方がいいという
情報を頂いて

ゲキ坂を登っていき、




13:05
途中、振り返り
烏尾山を眺めたあと、




13:12
長いながい丹沢表尾根の縦走の末、



13:16
標準タイムよりも
時間をかけて




13:18
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 3-2件目
       &
軒先累計 ・ 第4-2件目
丹沢 ・ 三ノ塔 登頂達成ぇ~っ♪

するのだけど、



13:19
ここ最近の三ノ塔の頂上では
イメージアップ工事がつづいているようで
「 三ノ塔休憩所 」 は建替え工事真っ只中のようだった。




13:20
さて、ここでは
特に長居することなく
雪化粧した・・・、

おおやま
大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) ( ☞ ☆ )
別称   丹沢大山
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊
を見終えたところで、
そそくさと
この場所を離れて・・・、



The Final Chapter of Transfer Operation
三ノ塔頂上 ~ 神奈中 大倉バス停 5630m

使用路線 : 三ノ塔尾根
13:30~ 15:20

   1km   1゜10’28”   ※ 雑談による大遅延
   2km    12’40”
   3km     7’32”
   4km     4’33”
   5km     5’47”   1゜41’02”
    のこり     6’33”   1゜47’36” ( 0゜06’33” )
平均ペース : 19’07”/km

13:20
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間50分

大倉バス停に向けた下山を開始して



13:35
いつものように
着陸点呼を
済ませたところで

いざ!
Sonic Landing の 開始だ!✈
( 👆 Japan Airlines JA8905 Boeing747-446Domestic Edition クリックしてね ♪ )

いくぜ


13:40
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




14:35
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




14:57
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




15:14
Minimum.
❝Landing!✈❞        




15:19
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2019年 2月 3日 ( 日 )練習内容 】
7:20 ~ 15:20
・ 丹沢表尾根 トラベル ・ スカイランニング 16970m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 2月走行距離 】
日計          16.97km




15:25
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録         1件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳              ( 御坂山地 )
既存増量         3件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 )丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
軒先累計         4件

2019年 2月総累積高低差
           1260m ( 1.26km)

2019年 年間総累積高低差
           4292m ( 4.29km)



【2019年 2月 3日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 万町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
大倉登山口駐車場 の往復
※ 2019年 2月 3日 ( 日 ) 18:50帰宅


【2019年 2月 3日 ( 日 )の運行距離】

106.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    東京都八王子市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  八王子 ・ 自宅



超絶簡単な
あとがき

こんかいの雪上パトロールは
思った程の積雪はなく、
スムーズかつ安全な縦走が楽しめた半面、
積雪を楽しむにちょい乏しかったかな。。。

まぁ・・・、最近のオレは
ネタ切れしそうになると
丹沢表尾根やら、雲取山トレイルやらに頼ってしまうようだな。

八王子在住者にして
ネタ切れ状態に陥りながらにして
これだけ山々に恵まれているのは
やっぱしオレは、幸せ者なのかな♪

そういう意味では
貴重な経験だったぞい☆


俺 ・ 矢吹 ♪
2019th The Table TANZAWA
in Metropolitan area
Semi Sky Traverse Edition

「 いつもとちがう、丹沢表尾根の風景 」 篇
                    

南岸低気圧 襲来前の、御坂山塊 ・ 鬼が岳 Single collection #1

2019.01.27

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

 なんがんていきあつ
南岸低気圧 ( ☞ ☆ )
The southern coast low air pressure
この言葉の意味

 なんがんていきあつ
南岸低気圧とは・・・、
冬季において、
日本列島南岸を発達しながら東に進んでいく低気圧で、
冬から春 ・ 概ね1月 ~ 4月にかけて発生し、
おもに太平洋側エリアにおいて降雪大雪をもたらす低気圧をいう


つまり・・・、
年がら年中、日本海側で大々的に雪害が巻き起こる

日本海低気圧 ( ☞ ☆ )
とは大きく異なり、


オレらが住んでいる首都圏エリア
すなわち日本列島 ・ 太平洋側全般の降雪は
この南岸低気圧が原因とされている。

そうなると
この時期の観光トレイルは
首都圏エリアの山々が
必然的に候補に選ばれやすくなるんだなぁ。。。


さてさて・・・、
そんな毎年恒例の降雪時期を
目前にして、

去る、2019年 1月 26日 ( 土 ) 、に
矢吹 ♪ 2019 Earth Conscious ZIPANGU #3
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

前週に引きつづき
またまた御坂山塊シリーズ篇を
お贈りすることになるのである


んで、こんかい単発で
制覇したお山は・・・?
       これ♪
        👇
        👇
        👇


おにがだけ
鬼ヶ岳
標高     1738m
所在地   山梨県南都留郡富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ☞ ☆ )
        である。

では、読者諸君よ!
前週から引き続く
御坂山塊 ・ 鬼ヶ岳の世界を
思う存分、酔いしれてくれぃ💘

んじゃあ、いくぜ!!
題して

Trans MISAKA Highway traverse 
Mt.ONIGADAKE Single collection

御坂山塊 ・ 鬼ヶ岳 シングルコレクション
だっ!♪

前週に引きつづく
こんかいの経緯

端的にいえば
「 こんかいは前回と異なり
 青空の透き通る、朝の時間帯に
 360度の眺望が広がる鬼ヶ岳頂上から
 眺望を楽しみたかった・・・! 」
という理由から、
この御坂山塊 ・ 鬼ヶ岳がセレクトされたのだ!♪・・・、った。

そんな鬼ヶ岳トレイル当日の
1月26日 ( 土 )
深夜4:30起床
あさ5:40に出発し

まぁ・・・・・・、
いつもの通り、オール一般道という
朝っぱらから、バカ ・ ドライビングを展開し、



7:21
富士急ハイランド付近の国道にて
富士山が見え始め・・・て

あ”、あれ・・・?
早速、富士山中腹から
雲が沸きだしとるやんけぇ~~~~~~~っ!??




7:28
そんなとき
偶然にも、オレの自家用車の走行距離が
にゃあんと・・・!?

211111km
すげぇ~っ♪

と、感心している間に


8:46
「 西湖いやしの里根場 駐車場 」 に到着し、



9:14
富士山中腹から
湯気が沸立つなか
鬼ヶ岳頂上への 観光トレイルが開始されるのであった。



Chapter of Departure
西湖いやしの里根
    駐車場
     ~ 鬼ヶ岳頂上 3720m
経由地 : 雪頭ヶ岳頂上
9:15 ~ 10:55

   1km   12’37”
   2km   21’39”
   3km   33’27”
  のこり    33’09”   1゜40’53”
平均ペース : 27’06”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   818m
   内訳 西湖いやしの里根場 駐車場   →   鬼ヶ岳頂上   818m ( 920m → 1738m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間00分




9:18
今回は、またまた御坂山塊エリアをセレクトした訳だが
南岸低気圧 ・ 襲来前後は
この富士山を取囲む山々がシリーズ化しそうな勢いだ!




9:21
登山口の駐車場を出発してすぐ
大きな砂防ダムのまえを通り、




9:27
人工的な階段を
あがっていく

階段はちょびっとだけだけど。



9:55
やがて
開放的な樹林帯をあがっていき、




10:26
標高が増して
日陰エリアは
写真のような、こびり付いている程度の積雪場面を
注意して進んでいき、




10:32
やがては標高1710mの
「 雪頭ヶ岳 」 に到達する。




10:33
この日の、この時間の富士山
なんかご機嫌斜め。。。




10:33
いっぽうの
山中湖や道志山塊は
こんな感じ。




10:44
その反対側は
眼下に大海原とまでは行かないが
広大に広がる・・・、

あおきがはらじゅかい
青木ヶ原樹海 ( ☞ ☆ )
面積           30平方キロメートル
標高           920m ~ 1300m
形成年          西暦864年 ・ 貞観6年 ( 平安時代 )
形成の要因       貞観大噴火発生後、かつて存在していた「 剗の海 」という湖沼を
              溶岩流によって埋め尽くしたことにより形成されたもの
樹海形成前の地形  大型湖沼 「 剗の海 」
樹海の中の交通網  国道139号線
火山グループ      富士火山帯
と、




10:44
写真中央の
天子山塊の最高峰で有名な・・・、

 けなしやま
毛無山 ( 天子山塊 ) ( ☞ ☆ )
標高      1964m
         ※ 天子山塊最高峰
所在地     山梨県南巨摩郡身延町
         静岡県富士宮市
山系      天子山塊 ( → ☆ )
が、大きな姿でそびえ立つ!



10:50
こんどは
登頂目前のハシゴを伝って行き、




10:52
日陰部分の積雪部分を
慎重に歩いたのち、




10:55
開始から
わずか1時間40分そこらで




10:58
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量2件目
軒先累計 ・ 第3件目
鬼ヶ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。

つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.