アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪ 、丹沢表尾根をゆく ’18th ~ 南アルプス代替えトレイル 篇 ~ #0 ・ 序章

2018.09.17

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

たんざわさんかい
丹沢山塊 The TANZAWA mountain range in Metropolitan area Zipang
( ☝ ☆ )
この言葉の意味


たんざわさんかい
丹沢山塊とは・・・、
神奈川県北西部に広がる山地で
東西に約40km南北に約20kmに及び、
神奈川県の面積の約1/6を占め、
丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に指定されている山塊。



丹沢山塊の主な特徴
      &
日本アルプスや、その他の山々との相違点


① 丹沢山塊は、もともとフィリピン付近にあった伊豆半島の岩体が
  本州に激突して盛り上がって出来上がった山塊である。

   これは恐らく登山をする者の大部分の方々が知っているであろう情報で
   今さらながら引合に出す話ではないかもしれないが・・・、
   丹沢山塊の生い立ちは
  以下の文章の通りである

    丹沢山塊の生い立ちは
    1200万年前に海底火山の噴出物からできており、
    長い年月をかけて太平洋に浮かぶ火山島にまで成長。
    その後、その火山島は、フィリピン海プレートに乗っかって日本列島に衝突。

    さらにそれを追うように・・・・、
    もともとフィリピン付近にあった伊豆半島の岩体が100~70万年前にかけて本州に激突!!
    その反動で盛り上がって出来上がったのが、丹沢山塊である。

    また1923年の関東大震災では、
    1m前後の隆起や沈降を繰り返し、山肌が崩壊し荒廃した。

    現在も徐々に隆起を続けている。

    ちなみにヒマラヤ山脈もこれと同じように、
    オーストラリア付近にあったデカン高原の岩体が
    ユーラシア大陸に激突して出来上がったものである。
    しかもそれらの山頂付近には、海の地層がそのまま残されていて、
    魚介類の化石が発見されていることでも有名である。

    その上記の特徴からか
   丹沢山塊の山容は


  標高1000mを越えた段階で
  隆起準平原に近い光景の森林限界が出現しだし、



  わずか標高1400mそこらで、
  おなじ首都圏 ・ 関東圏の山々で
  奥多摩や奥秩父なんかと大きく異なる
  特異な形相を呈している山塊としても有名である




② 神奈川県の1/6の面積を誇る丹沢山塊は
  4つのグループ構成される
  中型山塊である

   丹沢のエリアは大きく分けて
   おもてたんざわ
① 表丹沢


    ひがしたんざわ
② 東丹沢 ( → ☆ )


    きたたんざわ
③ 北丹沢 ( → ☆ )


    にしたんざわ
④ 西丹沢 ( → ☆ )

  ・・・とに一応は構成されているのだが
    じつは、


   写真中央の 「Vの字」 渓谷
   道志川によって、ぶった切られているため
   高尾山 ・ 陣馬山 ・ 奥多摩等の山塊に属されいない
   独自の山塊で構成されているのである。

   が、規模そのものは中型山塊であるだけに
   奥多摩 ・ 奥秩父山塊ほどの大きさではない




③ 富士山の至近距離にある丹沢山塊は
  富士山眺望を独占できる
  国内屈指の素晴らしき山塊である・・・!








    丹沢山塊の最大の特徴として
   標高1400m ~ 1600mと、2000mに満たない標高だけど
   遮る山々が何もなく、
   国内に散らばる2000m未満の山々のなかで
   唯一、富士山眺望を独占できる山塊
である!♪




④ 都心から極めて近い丹沢山塊は
  環境破壊による立枯れが
  現在もなお後を絶たず
  大気汚染の深刻化が続く山塊である


  京浜工業地帯から直線距離にして
  50kmもない丹沢山塊は・・・、

  大都会 ・ 市街地のド真ん中にそびえるように位置し
  残念ながら、自動車の排気ガスから来る光化学オキシダント等の被害を受けやすく
  酸性雨等の環境問題が後を絶たない。。。




⑤ 丹沢山塊は
  山蛭 ( ヤマビル ) ( → ☆ )
  が生息している問題の山塊である


    丹沢山塊のヒルが猛威を振るうのは
   梅雨時から夏季にかけてでおり
   入山の際は、細心の注意を払った上で立入ることが
   条件である要注意山塊である・・・ ( >< )



さてさて・・・、
以上の丹沢山塊の
特徴を踏まえて

去る、2018年 9月 9日 ( 日 ) 、に
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#24
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
こんかい制覇したお山は・・・?
      これだっ♪
        👇
        👇
        👇


たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( → ☆ )
標高    1491m
所在地   神奈川県秦野市 ・ 清川村 ・ 山北町
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
                     と、

たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 (→ ☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    隆起 ・ 山塊
              である。


では、読者諸君よ!
天候不順により
南アルプスの代替えトレイルに変更された
丹沢表尾根の幻想的魅力に
思う存分、酔いしれてくれぃ💛

んじゃあ、いくぜ!!
題して

俺 ・ 矢吹 ♪
2018th The Table TANZAWA
in Metropolitan area
Semi Sky Traverse Edition

俺 ・ 矢吹 ♪ 、南アルプス代替えトレイル  
       ~ 表丹沢縦走篇 ~

だっ!♪

という訳で・・・・、
本題へと

 つづく ♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、丹沢表尾根をゆく ’18th ~ 南アルプス代替えトレイル 篇 ~ #1 ・ 本編

2018.09.17

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

まずは丹沢山塊
丹沢表尾根トラベル ・ スカイランニングまでの
あらまし

当初 ・ 9月8日( 土 ) ~ 9月10日( 月 ) の3連休もまた

本来ならば
南アルプスの ❝とある3000m峰❞に
出向こうと思っていた。

だが・・・、
こんかいもチャンスを失い、

当日 ・ 9月 9日 ( 日 ) の天気図 ( → ☆ )
を見た限り・・・、

秋雨前線に覆われ尽くされた日本列島に
幸運にも首都圏エリアだけが
前線のかかっていないポッカリと空いている気圧配置だったので
僅かな望みと希望を天に託し
半ばダメもとで登山口にクルマで
渋々と出向くのであった
深夜2時起床
自宅4:30出発し
登山口にあさ6時に到着し
粛々と準備を済ませて、
ガスガス状態の中、丹沢 ・ 塔ノ岳に向けて
雲に覆われ尽くされた大空の彼方へ、
飛び立っていくのであった ✈✈✈



Kick off
Chapter of Departure
大倉バス停 ・ 駐車場 ~ 塔ノ岳頂上 7000m

使用路線 : 大倉尾根
7:00 ~ 9:55

   1km   12’43”
   2km   16’33”
   3km   20’27”
   4km   15’43”
   5km   27’44”   1゜33’12”
   6km   58’01”
   7km   23’17”   2゜54’31” ( 0゜21’19” )

※ タイム計測は、
   GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1191m
   内訳 大倉バス停 ・ 駐車場   →   塔ノ岳頂上   1191m ( 300m → 1491m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間30分





7:02
まずは大倉バス停付近の
コインパーキングから
ひとまず塔ノ岳頂上をめざす




7:08
毎度おなじみ
❝バカ尾根❞ こと
大倉尾根のエントランスの光景。。。




7:32
序盤は樹林帯のなかを
突き進んでいき、




7:33
秦野市街が一望できる
「 見晴茶屋 」 を通過する




7:38
終始、階段状の超急勾配
通称 ・ バカ尾根を突き進んでいき、




7:58
やがて、標高905mの
「 駒止茶屋 」 を通過する




7:59
いつもなら・・・、
クッキリと丹沢表尾根の尾根筋が
見渡せるのだが、
あいにくこの日は、素晴らしき光景を確認できない。。。




8:02
そんな中、
なにも見渡せない状況で
心を無にするかのように、木道をなんとなく突進む。。。




8:04
こりゃあ・・・、
間違いなく、山の上は
視界は効かず風が強そうだな・・・。




8:35
ここいらで下山してくる方々に
状況確認を試みるが・・・、
「 山頂はガスガス状態で、強風・・・。 」
・・・なんだそうだ、やっぱり。




8:54
無意味に天候回復を待ちわびながら・・・、
花立山荘前で、一度目の昼食を摂り
再出発するものの・・・、




9:37
登頂前の最後の尾根筋で
この光景はないだろう・・・。




9:53
まぁ・・・、
登頂だけは
しとくべぇ・・・、という感じで




9:56
俺 ・ 矢吹 ♪
2018年、既存増量
軒先累計 ・ 第19-1件目
丹沢 ・ 塔ノ岳 登頂達成ぇ~っ♪

しとくのであった、とさ。


さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、丹沢表尾根をゆく ’18th ~ 南アルプス代替えトレイル 篇 ~ #2

2018.09.17

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


ではここで
9:55 ~ 12:00は
天空の絵画に酔いしれるコーナー

~ Bird VIEW Time 丹沢 ・ 塔ノ岳篇 ~
       Cloudy Edition

           をお贈りしていこう・・・☝


9:58



9:58
全体がスモッグで覆い尽くされる
塔ノ岳の山頂・・・、
頂上の 「 尊仏山荘 」 、目の前なのに霞んでみえる。。。




10:12
このときの山頂、
凍てつくほど冷たく、しかも強風 ( >< )




10:12
じつは登頂して1時間ばかし
この場で知り合った
73歳のベテラン登山者と山小屋にて
暖をとる。。。




10:14
この間
ベテラン登山者と、天候における作戦会議を行い、




10:14
雲とガスは
強風に煽られまくった結果、




10:20
写真のように上空は
雲の膜がどんどん薄くなっていき
明るい兆しを見せ始める・・・!




11:21
視界はだんだんと晴れ渡り
立っていられない強風のなか




11:22
写真中央の
 くろくらがわ
玄倉川 ( → ☆ )
水系        二級水系 酒匂川
種別        二級河川
延長        11.5km
平均流量     -- m³/s
流域面積     43 km²
水源        丹沢山
水源の標高   1567m
河口・合流先  河内川(丹沢湖)
流域       神奈川県山北町
も、見え始めてきたぞ!



11:38
そして、73歳ベテラン登山者さんの指す
丹沢山塊 & 神奈川県の最高峰・・・、

ひるがたけ
蛭ヶ岳 (→ ☆ )
が顔を表すのも
もう時間の問題か?!☆



でも残念ながら
時間がお昼に迫ってきて


11:44
丹沢主脈方向は・・・、
丹沢山塊の日本百名山のひとつ

たんざわさん
丹沢山 ( → ☆ )
標高    1567m
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   神奈川県相模原市緑区
        神奈川県足柄上郡山北町
        神奈川県愛甲郡清川村
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
くらいしか
顔を表さないなか・・・、




11:47
これから縦走する予定の
丹沢表尾根方向から主に望める
秦野市街が見え始め・・・、




11:47
更に雲が強風によって
取り払われて行くなか




11:47
丹沢表尾根の雄大な光景が
はっきりクッキリと
晴れ渡ってきたところで



先ほど塔ノ岳の小屋でお会いした
73歳のベテラン登山者さんと
山頂で出会った30歳前後の若いハイカーさんと一緒に




12:04
さん の とう
三ノ塔 (→ ☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊
の頂上をめざして
丹沢表尾根を縦走していくのであった。



まだまだ
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、丹沢表尾根をゆく ’18th ~ 南アルプス代替えトレイル 篇 ~ #3

2018.09.17

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

またまた
つづき ♪


Second Semi Sky Traverse Chapter
Tanzawa table ridge Level flight
For Mt.Sannotou Top
塔ノ岳頂上 ~ 三ノ塔頂上 4580m

使用路線 : 丹沢表尾根
12:00 ~ 14:40

   1km   30’00”
   2km   38’49”
   3km   31’59”
   4km   47’11”
  のこり    11’00”    2゜39’59”
※ タイム計測は、
   GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   69m
   内訳   烏尾山頂上     →   三ノ塔頂上   69m ( 1136m → 1205m
      合計累積標高差                 69m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間55分



12:04
丹沢 ・ 塔ノ岳頂上を出発すると
まず、こんな感じの人工的な木道を伝って行き、




12:04
秦野市街の反対側の
こんな感じの光景を眺めていきながら




12:16
後ろを振り返り
塔ノ岳山頂の尊仏山荘をちょいと
眺めだす。。。




12:24
写真左側の三ノ塔尾根と
写真右側の大倉尾根
写真中央の秦野市街と相模湾の雄大な眺め


どこの山に出向いても
標高1000m超から
山 ・ 都会 ・ 海岸線をセットに眺められるスポットは
後にも先にも、この丹沢表尾根からだけかもしれない。。。




12:44
やがて、てくてくと
丹沢表尾根をたどっていくと
営業休止中の 「 新大日小屋 」 にていったん小休止したのち




13:02
今度は・・・、
 はこね   やまやま
箱根の山々 ( → ☆ )
が見え始めだす



13:02
やがて
三ノ塔までの丹沢表尾根の中間地点に
差しかかり、




13:13
丹沢表尾根で一番の
デッド ・ セクションへと突入する




13:14
・・・まぁ、
いまのオレとしては
そんなデッド ・ セクションでもないけれど。




13:19
これが一応・・・、
丹沢表尾根の難所の
クサリ場・・・、だ。




13:21
このクサリ場では
73歳ベテラン登山者さんからの特別レクチャーが行われ
要は・・・、悪路では、

  さんてんしじ
三点支持 ( → ☆ )
で、クリアしていくようにと教わりながら・・・、




13:29
丹沢表尾根のクサリ場を
突破していくと、




13:33
丹沢 ・ 三ノ塔が
もう・・・、目と鼻の先に!!




13:43
風が心地よく
小さな秋を感じながら




13:45
烏尾山荘のある
からすおやま
烏尾山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1136m
所在地   神奈川県秦野市
山系     丹沢山地
種類     山塊
が見えてきたぞ!



13:50
至近距離に三ノ塔のある
烏尾山の頂上で
ここでまた、しばしの一休み。。。




13:56
烏尾山の頂上で
この日初めて見た、雲の上の
富士山のアタマ




14:09
さっきまでガスの中に居た
塔ノ岳頂上からの眺めとは
ウソのように大違いな光景・・・!




14:13
わずかな烏尾山の休憩から再出発をし
三ノ塔頂上をめざすオイラ




14:26
ここでまた
空の上の小さな秋を感じながら・・・、




14:33
もう本当に目と鼻の先の
頂上に向けての急斜面を攻め揚げていき




14:36
離れだす
からすおやま
烏尾山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1136m
所在地   神奈川県秦野市
山系     丹沢山地
種類     山塊
をあとにして
やがて・・・、




14:40
塔ノ岳頂上を出発してから
2時間40分後・・・、




14:42
俺 ・ 矢吹 ♪
2018年、既存増量
軒先累計 ・ 第19-2件目
丹沢 ・ 三ノ塔 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった・・・!


ラストへと
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、丹沢表尾根をゆく ’18th ~ 南アルプス代替えトレイル 篇 ~ #3                                                       The Final Tracks      

2018.09.17

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ♪



14:43
三ノ塔頂上にて
なんか相模富士と命名したくなるような
美しき丹沢大山こと、

おおやま
大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) ( →☆ )
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊
ちょいと眺めだしたのち



14:43
先ほどまで一緒だった
2人のハイカーさんと別れだし、



The Final Chapter of Transfer Operation
三ノ塔頂上 ~ 神奈中 大倉バス停 6430m

使用路線 : 三ノ塔尾根
15:00 ~ 16:00

   1km    18’59”
   2km    16’24”
   3km     5’45”
   4km     3’53”
   5km     3’07”   0゜48’10”
    6km     3’44”   
   のこり     2’35”   0゜54’30” ( 0゜06’20” )

15:03
※ タイム計測は、
   GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間50分

大倉バス停に向けた下山を開始して



15:08
いつものように
着陸点呼を
済ませたところで

いざ!
Sonic Landing の 開始だ!✈
( 👆 Japan Airlines JA8905 Boeing747-446Domestic Edition クリックしてね ♪ )


いくぜ



15:27
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




15:35
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




15:36
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




15:54
Minimum.
❝Landing!✈❞        




15:58
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2018年 9月 9日 ( 日 )練習内容 】
7:00~ 16:00
・ 丹沢表尾根 トラベル ・ スカイランニング 18010m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2018年 9月走行距離 】
日計          31.54km
累計          31.54km




16:14
【2018年登山登頂リザルト】
新規登録         15件
1月  1日 ( 月 )竜ヶ岳               ( 天子山塊 )
1月 13日 ( 土 )長者ヶ岳 ・ 天子ヶ岳       ( 天子山塊 )
2月 12日 ( 月 )富山 ・ 伊予ヶ岳        ( 房総丘陵 )
3月  4日 ( 日 )宝篋山              ( 八溝山地 ・ 筑波山地 )
3月 31日 ( 土 )両神山              ( 奥秩父山塊 )
4月 29日 ( 日 )甲武信ヶ岳           ( 奥秩父山塊 )
5月  5日 ( 土 )破風山 ・ 甲武信ヶ岳     ( 奥秩父山塊 )
5月 20日 ( 日 )大菩薩嶺            ( 奥秩父山塊 ・ 大菩薩連嶺 )
6月  1日 ( 金 )諏訪富士 ・ 蓼科山      ( 八ヶ岳連峰 )
6月  8日 ( 金 )鳳凰三山            ( 南アルプス ・ 赤石山脈 )
7月  1日 ( 日 )武尊山             ( 独立峰 )
7月 15日 ( 日 )火打山             ( 頸城山塊 ・ 最高峰
7月 21日 ( 土 )聖 岳              ( 南アルプス ・ 赤石山脈 )
8月 13日 ( 日 )大朝日岳            ( 朝日連峰 ・ 最高峰
9月  2日 ( 日 )巻機山             ( 三国山脈 ・ 越後山脈 )

既存増量         4件
1月 21日 ( 日 )足和田山              ( 御坂山塊 )
3月 18日 ( 日 )鉄砲木ノ頭 ・ 三国山陵    ( 丹沢山塊 )
4月  8日 ( 日 )雲取山              ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
9月  9日 ( 日 )丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔  ( 丹沢山塊 )
軒先累計         19件


2018年 9月総累積高低差
            2603m  (  2.60km)

2018年 年間総累積高低差
           21573m (  21.57km)



【2018年 9月 9日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 万町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
大倉登山口駐車場 の往復
※ 2018年 9月 10日 ( 月 ) AM6:35帰宅


【2018年 9月 9日 ( 日 )の運行距離】

108.3km
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市   神奈川県秦野市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ 大倉登山口駐車場の往復



南アルプス代替えトレイル
丹沢表尾根めぐりの
あとがき

こんかいもまた
残念ながら、とある3000m峰へ出向くことが
果たせなかったが・・・、


こんかいは
今まで見たことがない
丹沢の光景を目の当たりすることができ



天気が好天に転じて
この日の後半は
楽しいトレイルになったのだった☆




大都市と打ち解け合うように
そびえ立つ丹沢山塊を
この先、自分が歳を重ねて




オレがいつか
おじいちゃんになっても
カラダの動かせ続けられる限り・・・、




そしてオレは
生まれ育った八王子に
現在でも尚、住み続けられている限り・・・、

丹沢山塊を
ホーム ・ グラウンド ・ マウンテンとして
これからも、いつまでも
ずっと愛し続けていこうと
心のなかで決心したスカイランニングであった。



俺 ・ 矢吹 ♪
2018th The Table TANZAWA
in Metropolitan area
Semi Sky Traverse Edition

俺 ・ 矢吹 ♪ 、南アルプス代替えトレイル  
       ~ 表丹沢縦走篇 ~

                     
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.