アロー独走

Changing The Future , NOW♪

奥秩父山塊 ・ まじハンパねぇ 2019th ~ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 篇~ #1

2019.05.06

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

読者諸君!
ゴールデンウイーク ・ 満喫してたかい?

オレは
飛び飛びで満喫してたよ~♪

令和元年を迎えた
第一発目・・・、

「 奥秩父山塊 マジ ハンパねぇ 」 シリーズ
第4作品目を迎えた

去る、2019年 5月 4日 ( 土 )、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#30
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

オレはとある
奥秩父山塊の山々に赴く
それはこれだっ!
         👇
         👇
         👇


昨年のゴールデンウイークから引きつづき
こんかいで3度目の制覇した・・・、

こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2475m
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     埼玉県秩父市
         山梨県山梨市
         長野県川上村
山系      奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
種類      山塊
と、

その周辺の山々たちだぁ

では、こんかいも行くぜ!♪
題して・・・、


甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路
トラベル ・ スカイランニング編

Trans OKUCHICHIBU Highway traverse 
The Oku-chichibu
midrib traverse way Edition

奥秩父山塊 ・ マジでミラクル恐るべし・・・!? 
奥秩父主脈縦走路 ・ 雷雲 ⚡ 逃走劇
だっ・・・!



18:13
こんかいの簡単な
あらすじ

山行前日
5月 3日(金 ・ 祝) 18:10自宅出発
を果たし、

いつものように高速 ・ 有料道路は一切使わず
国道20号 甲州街道などを伝って
西沢渓谷登山口めざしてクルマを走らせて
やがて、


山行前日の
2019年 5月 3日 ( 金 ・ 祝 ) 21:55
「 道の駅みとみ 」 に到着を果たし
そのまま車中泊をし、翌日に備えるのだった。



【 2019年 5月 3日 ( 金 ・ 祝 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 、18:10 出発 ~
八王子市街 ~
散田架導橋アンダーパス ☞ 国道20号 ・ 甲州街道へ接続 ~
国道20号 ・ 甲州街道 ・ 笹子トンネル通過 ~
柏尾交差点 ・ 右折 ☞ 県道38号へ接続 ~
等々力交差点 ・ 右折 ☞ 国道411号へ接続 ~
西広門田橋南交差点 ・ 左折 ☞ 県道38号へ接続 ~
新隼橋北交差点 ・ 右折 ☞ 国道140号 ・ 雁坂みちに接続 ~
道の駅みとみ 21:55到着 ☞ そのまま車中泊


【 2019年 5月 3日 ( 金 ・ 祝 )の運行距離 】

103.6km
全ルート ・ 一般道を使用

        東京都八王子市    山梨県山梨市     
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅   ☞   道の駅みとみ

奥秩父主脈縦走路トレイル当日の土曜日、
こんかいで2度目の縦走にして

道の駅みとみ ☞ 甲武信ヶ岳頂上 ☞ 雁坂嶺 ☞ 雁坂峠 ☞ 道の駅みとみ
という感じで昨年とは逆回りでめぐる行程・・・、
やっぱし緊張感とワクワク感が入り乱れるなか
目的地に到着し、
あすのセミロング ・ トレイル、
ちゃんと熟せるかという若干の不安に駆られながら
車中泊をしたのち
やがて夜が明けて
道の駅みとみから
とりあえずは
甲武信ヶ岳頂上
めざしていくのである・・・!




5:30
出発直前の
甲武信ヶ岳頂上をめざす
道の駅みとみにて

ちゅう訳で
いっちょ、向かうべぇ~



Chapter of Departure
Sky Vertical Flight ✈
For Mt.KOBUSHIGADAKE Top

道の駅みとみ ~ 甲武信ヶ岳頂上 7800m
使用路線 : 徳ちゃん新道 ・戸渡尾根 ・ 奥秩父主脈縦走路
経由地  : 木賊山頂上 
5:35 ~ 8:40

   1km    7’38”
   2km    8’57”
   3km   19’40”
   4km   19’42”
   5km   26’41”    1゜22’41”
   6km   36’02”
   7km   38’07”
  のこり    25’17”    3゜02’08” ( 1゜39’27”)
平均ペース : 23’23”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1365m
   内訳 道の駅みとみ   →   甲武信ヶ岳頂上   1365m ( 1110m → 2475m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約6時間35分




5:51
こんかいもダイレクトに甲武信ヶ岳へ向かうルートは
もちろん
「 徳ちゃん新道 」 から攻め揚げるのであ~る♪




6:05
徳ちゃん新道に入ると
いきなしゲキ坂を登らされて・・・、




7:13
東京都最高峰 ・ 雲取山と同じ
標高2000mに達してもなお・・・、




7:13
写真のような
密林地帯がつづくのだか、




7:52
やがて標高も2200mそこらを越えると
一瞬だけ開けたとこにたどり着き、




7:52
またすぐに
樹林帯の奥へと入っていく




7:58
標高約2300mくらいになって
ここいらで
「 14本爪 ・ チェーンスパイク 」 を装着する・・・!

その訳は・・・、



7:58
甲武信ヶ岳 & 木賊山周辺一帯は
写真のように積雪ハンパないから♪




8:06
やがて、奥秩父主脈縦走路との
分岐点に差しかかって
木賊山 ☞ 甲武信ヶ岳方面へと向かう




8:11
甲武信ヶ岳の手前
標高2469mの木賊山のピーク・・・、

昨年に増して積雪多し (><)




8:13
ここから甲武信小屋方向に向かって
急降下すると・・・、





正面に
「 刈込み ストライプ 」 の入った
円錐形したキレイな甲武信ヶ岳の雄姿が
もう・・・、目の前に!




8:25
ようやく
甲武信小屋付近に差しかかったら
甲武信の頂上まで
目と鼻の先だっ👊




8:35
満天の青空のもと
約1年ぶりに・・・、




8:39
しかも頂上では
2月に丹沢 ・ 塔ノ岳でご一緒した
都心ハイカーさんとバッタリお会いし




8:39
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 10件目
       &
軒先累計 ・ 第12件目
甲武信ヶ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったぁ♪

そんでもって今回も
ご出演 ・ どうもありがとう!☆

という訳で次へ

つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

奥秩父山塊 ・ まじハンパねぇ 2019th ~ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 篇~ #2

2019.05.06

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

ではここで、いつものように
8:40 ~ 9:20は


8:35
~ Bird VIEW Time 甲武信ヶ岳篇 ~
         2019th

と、行ったるでぇ~♪ 

まず始めは
甲武信ヶ岳グループのひとつで、


8:43
山頂部分が
ニワトリのトサカにそっくりな

 とさかやま
鶏冠山 ( 山梨県山梨市 ) ( ☞ ☆ )
標高     2177m
所在地    山梨県山梨市
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
鶏冠山の特徴は、
西沢渓谷口から 「 山と高原地図 」 に載っていない
道なき道 ・ バリエーションルートを介して頂上をめざすこの山は
クサリ場メインの岩峰めざすお山なり。

よほどの経験者でないと
立入そのものを控えたほうが良さそうな山だと思われる。

ではここからは
時計回りに
順番に紹介していこう☝




8:43
こんど紹介するのは
いま居る甲武信ヶ岳と反対側の山、

けんとくさん
乾徳山 ( ☞ ☆ )
標高     2031m
所在地    山梨県山梨市
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
だっ!
乾徳山の主な特徴は・・・、

① 西面には岩壁がそびえる岩山で、南アルプスや奥秩父の山々富士山が遠望できる
② 奥秩父山塊のなかでは開放感に満ち溢れ、標高1000mそこらで森林限界
  そこから上は、クサリ場中心のエキサイティング ・ ステージだっ!
いやぁ、これは奥秩父山塊を語るには
一度は立入るべきお山のひとつだね☆




8:43
次に紹介するのは
西沢渓谷口からアプローチできて
うまくすれば乾徳山とハシゴできそうな山、

くろがねやま
黒金山 ( 山梨県 ) ( ☞ ☆ )
標高     2232m
所在地    山梨県山梨市
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
だっ!
黒金山の主な特徴は・・・、

① 登山口が日本の滝百選にも選ばれている
  西沢渓谷の終点
七ツ釜五段ノ滝 ( → ☆ )
  からのスタートであり・・・、

   クルマを停めている道の駅みとみから5km ~ 10km近く渓谷沿いを
   走らないと登山口に入れない

② 山頂にたどりつくまで
   ひたすら樹林帯が続き登頂するまで眺望はない
③ 山頂は樹木に覆われて眺望が利かないが
   すこし北に離れたとこに北面に向けての眺望在り
   そこには笛吹川源流の谷間と奥秩父主脈の核心部の眺望を得ることが可能
なんだそうである。



8:43
こんどは更に右旋回し
奥秩父山塊の主役級の
山々を紹介していくぜ!♪




8:43
まず始めに紹介する
標高2601m ・ 奥秩父山塊の最高峰

北奥千丈岳 ( ☞ ☆ ) の頂を隠し持つことでも有名な
 こくしがたけ
国師ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高     2592m
所在地    山梨県山梨市
        長野県南佐久郡川上村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
だっ!
国師ヶ岳の主な特徴は・・・、

① 奥秩父山塊の主脈にある山の一つで、花の百名山山梨百名山に選ばれているが、
  残念ながら日本百名山には選定されていない。
大弛峠から入るのが最も容易で、語弊かのしれんが、
  大弛峠からなら小学校低学年でも登頂が可能だ
道中の展望台「夢の庭園」では眺望が開けている
④ 他には甲武信ヶ岳方面への縦走が可能で、
  その気になれば雲取山方面へのアプローチも可能
  ・・・だけど、雲取山方面は水戸黄門を想わせる長期間の縦走を強いられる覚悟を持つ必要あり!
まっ、金峰 & 瑞牆と同様に
数少ない奥秩父山塊の展望スポットであることに
間違いはなさそうだ。




8:43
さてさて・・・、
こんど紹介する、国師ヶ岳と金峰山の狭間に存在するのは・・・、

日本最高所の車道峠で有名な
おおだるみとうげ
大弛峠 ( ☞ ☆ )
標高          2360m
             ※ 日本最高所の車道峠
所在地         山梨県山梨市
             長野県南佐久郡川上村
山系          奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
通過する交通網   山梨県県営林道川上牧丘線
             長野県川上村営林道村道秋山・川端下線
である。
日本最高所の車道峠 ・ 大弛峠の
主な特徴は・・・、

① ・ 山梨県側・・・例年12月頭ごろから5月末ごろまで
  ・ 長野県側・・・例年11月頭ごろから5月末ごろまで

  上記の時期は積雪等により冬季閉鎖
長野県側悪路が続くため一般向きではない
  そのため、SUV系の全輪駆動車やオフロードバイクが多い。
山梨県側の林道は完全舗装されてはいる
  すれ違い困難で道幅が泣きたくなるほどクソ狭い
ただ、標高2400m弱まで
舗装された林道が通じており、
金峰山方面へのアプローチが容易であるに間違いない

但し、深夜3時には満車になるんで
ここで車中泊を試みるもの、くれぐれも心して置くように。。。(><)


さっ、お ・ ま ・ た ・ せ ♪
かつてオレが2度は登頂果たしており
誰もが憧れる、
奥秩父山塊のスーパーアイドル☆
こと・・・、


8:43
 きんぷさん
金峰山 ( 山梨県 ・ 長野県 ) ( ☞ ☆ )
英語表記  The Mt. Golden Peak
標高     2599m
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    山梨県甲府市
        長野県南佐久郡川上村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
だっ♪
黄金の山 ・ The Mt. Golden Peak
主な特徴は・・・、

山頂部は開けていて360度の展望があり、
  「五丈岩」という大きな岩がある
日本海側の千曲川太平洋側の釜無川の源流を発する中央分水嶺である
③ 眺望は奥秩父山塊で唯一、「 東アルプス 」 という眺めにもっともふさわしき場所である!
まっ、奥秩父山塊で最も 「 日本百名山 」 の地に
相応しき場所なんで、
山好きならせめて一度は登頂してほしい山である☆



さらに今度の
奥秩父山塊の主役級を後にした先に
聳える山は


8:44
奥秩父山塊の西端に位置する
 めしもりやま
飯盛山 ( 長野県南佐久郡 ) ( ☞ ☆ )
標高     1643m
所在地    長野県南佐久郡南牧村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
である。
飯盛山の特徴は、

山頂付近はどの方向も草地となっているため、
  眺望がよく、近くの八ヶ岳だけでなく、条件がよければ、浅間山、富士山も見える。
中央分水嶺上にある山のひとつ
③ 北斜面一帯はスキー場になっている
とのことで
よそったご飯を裏返しにした形状で
聳えている山から名づけられたことでも有名な山である。




8:44
さてお次の
奥秩父山塊グループの山は、

おがわやま
小川山 ( ☞ ☆ )
標高          2418m
所在地         山梨県北杜市
             長野県南佐久郡川上村
山系          奥秩父山塊
種類          山塊
所属路線       奥秩父主脈縦走路など
雲取山頂上からの
   主な経由山岳 甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山
だ。主な解説としては、
① 近辺は花崗岩の岩盤で構成されていて、
  1980年代以降、フリークライミングのメッカとなっている。
  しかしながら、フリークライミングでは大きな岩の塊を攀じ登ることに喜びを見出すが、
  この地域では手や足が掛かるように岩を彫ってしまうチッピング行為が、
  自然破壊または後から来る人にとっての喜びの場を台無しにするマナー違反として問題
になっている。
「日本のヨセミテ」という異称もある。麓は白樺、唐松の森となっている。
③ 登るには、廻り目平キャンプ場、金峰山荘に宿泊してから朝出立するとよい。
④ 山頂は樹林に覆われ展望は全くない。
とのことのようである。


~ Bird VIEW Time 甲武信ヶ岳篇 ~
        2019th

ラストを飾るのは、埼玉県の最高峰でお馴染み!
・・・かどうかは知らんが、


8:46
高低差だいたい・・・、130mそこらの
急斜面・・・、

 さんぽうざん
三宝山 ( ☞ ☆ )
標高      2483m
         ※ 埼玉県最高峰
所在地     埼玉県秩父市
         長野県南佐久郡川上村
山系      奥秩父山塊
種類      山塊
所属路線   三国尾根
だ。解説としては
① すぐ隣の甲武信ヶ岳よりも、わずかながら8mだけ高い
② 眺望はまったくと言っていいほど無いが、すぐ近くの三宝岩に行けば眺望が良い
③ 三宝山のみを目指して登山しようという者は稀で、
   多くの登山客は、甲武信ヶ岳とセットで登山しているようである。
④ 三宝山山頂のすぐ近くに、三宝岩という岩場があり、眺望が良い
  ただし登山道から僅かに外れたところにあり、登山道からの分岐は注意していないと素通りしやすい
  岩場の一番上まで登ることもできるがハシゴはかかっておらず滑落に注意が必要。
とのことのようであるが


9:14
こんかいは
昨年4月末頃とはちがって
霞んでて沢山の山々を紹介できなかったのが
心残りだが・・・、




9:15
時間も差し迫ってきているんで
ここからは
雁坂峠 ☞ 道の駅みとみへの
波乱に満ちたロング ・ トラバースの旅に
出るのであった・・・! (><)



さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

奥秩父山塊 ・ まじハンパねぇ 2019th ~ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 篇~ #3

2019.05.06

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


The Sky Traverse Flight
         &
Transfer Operation Chapter ✈
For The station on the way MITOMI
甲武信ヶ岳頂上 ~ 道の駅みとみ 15840m

使用路線 : 奥秩父主脈縦走路 、 国道140号 ・ 秩父往還登山道
経由地  :  木賊山頂上 ・ 破風山頂上 ・ 東破風山頂上
         雁坂嶺 ・ 雁坂峠
9:20 ~ 14:20

   1km   26’35”
   2km   28’59”
   3km   26’00”
   4km   31’41”
   5km   27’05”   2゜20’23”
   6km   36’16”
   7km   21’55”
   8km   21’51”
   9km   20’11”
  10km   17’14”   4゜17’52” ( 1゜47’29” )
  11km   11’05”
  12km    5’10”
  13km    6’32”
  14km    4’52”
  15km    4’59”   4゜50’32” ( 0゜32’40” )
  のこり     5’32”   4゜56’05” ( 0゜05’32” ) 
平均ペース : 18’42”/km

9:21
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   347m
   内訳 破風山避難小屋   →   西破風山頂上   238m (  2080m → 2318m
       2180m地点     →   雁坂嶺頂上     109m ( 2180m → 2289m
       合計累積標高差                  347m

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約6時間40分



9:23
まずは
同じ甲武信ヶ岳グループのひとつ

とくさやま
木賊山 ( ☞ ☆ )
標高       2469m
所在地     埼玉県秩父市
          山梨県山梨市
山系       奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
方面をめざしていき、



9:30
甲武信ヶ岳と木賊山の
途中にある山小屋・・・、




9:31
そう・・・、
ここいらで有名な
甲武信小屋に立寄って

というかここでは何もしなかったけど、



9:39
木賊山へ向かう
急斜面を攻め揚げている
途中・・・、

後をふり向くと・・・?



9:39
甲武信ヶ岳付近・・・、
なんか、ドンヨリしてきている (><)




9:45
来るとき通った
木賊山の樹林帯に覆われた頂上を
通過して




9:49
とりあえす予定通りに
雁坂峠方面をめざすことに

ただ、天候が悪くなりそうな兆しなんで
この先の 「 賽の河原 」 あたりで
どうするか様子見ながら慎重に進んで見ることに。。。




10:04
賽の河原に来てみたが
待ってれば雲が明けそうなんで
ちょいと様子見。。。




10:22
雲がいったん晴れて
これから縦走予定の前方の・・・、

はっぷさん
破風山 ( 奥秩父 ) ( ☞ ☆ )
標高       2318m
別名       西破風山
所在地     埼玉県秩父市
          山梨県山梨市
          長野県川上村
山系       奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
種類       山塊
が見えてきたところで、 



10:22
何とかなるかなぁと判断し、



10:25
チェーンスパイクを外して
縦走続行 ✈




10:40
標高2080mの
甲武信 ~ 雁坂峠間の尾根筋でいちばん低い場所
「 破風山避難小屋 」 より




10:42
さらに
破風山頂上に向けて
攻め揚げる!




10:56
甲武信ヶ岳方面をふりかえると
山の上は雲がドンヨリ・・・。




10:58
さっきいた
破風山避難小屋が
もうあんなに下にある・・・!




11:01
午後に天気崩れる予報なんだけど、
まだ、なんとか天気が保っているなか・・・、




11:05
高低差だいたい・・・、130mそこらの急斜面を攻め揚げて
なんとか 「 西破風山 」のピークに
たどり着く。




11:07
樹木に囲まれ尽された、西破風山の頂上に着いたとたん
雨がポツリ ポツリと
降り始めてきた・・・ (><)

この辺から
真面目ににカッパを着用し始めて
恐怖の 「 カミナリ ⚡ からの逃走劇 」 が
開始されるのであ~る


またまた
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

奥秩父山塊 ・ まじハンパねぇ 2019th ~ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 篇~ #4

2019.05.06

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

またまた
つづき ♪



11:18
西破風山 ~ 東破風山間の
縞枯れ状態の尾根筋にて

このあたりから
じつは
カミナリ ( 雷 ) が鳴り始めて
ラムネサイズの氷が降り始める・・・。




11:22
北斜面には残雪があるものの
アイゼンを既に外してしまっているが
なんとか慎重に渡れて一安心。。。




11:26
奥秩父主脈縦走路の尾根筋から見た
黒金山 & 乾徳山方面

こちらはまだ空がかなり明るいので
雷は鳴っていても
まだ落雷の気配はない




11:27
標高2180mの
東破風山の頂上にて




11:27
奥秩父主脈縦走路の尾根筋といい・・・、
東西の破風山といい・・・、
標高2200m台の尾根筋のクセして

「 東アルプス 」 という異名があるクセして
ここいらの樹林帯に囲まれた尾根筋

マジで、クソつまんねぇ

しかも雷なってるし。



11:45
雷が不気味に中途半端に鳴り響く中
縞枯れ状態のこの尾根筋は
危険なのか安全なのか分からんが

とりあえずは難を逃れたいんで
いちおう急行する

この間、雁坂峠方向から、甲武信小屋方面に向かう
カッパを着用する一般ハイカーさんたちや、
道の駅みとみ方向から、雁坂小屋方面に向かう
登山者さんたちと
結構な割合ですれ違ったんだなぁ



11:54
そんでもって、この写真の場所で
ベテラン登山者らしき方が
カミナリ鳴りやむのを待っていたご様子だったんで
オレもそれに習って待機することに・・・。

ここでは金具製のチェーンスパイクの入っているザックを身体から外して
着ていたカッパを脱いでザックを覆って、いったん待機を試みて
20分くらいしてから鳴る回数の減少と、空が明るくなり始めてきたんで
またここから再出発をし始める。



12:22
やがて標高2289mの 「 雁坂嶺 」 にたどり着き
雁坂峠まで目と鼻の先になってきたころ・・・、




12:22
一応は・・・、こちらの空はだいぶ明るくなってきたが
しぶとくカミナリは中途半端に鳴り響く。。。




12:22
雁坂嶺の頂上付近から
こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ ) 方向を振り返ると
空はかなりドンヨリとしており
しかも・・・、徳ちゃん新道方向の尾根筋に
落雷発生・・・ (><)

オレ・・・、
もし予定を変更して
「 徳ちゃん新道 」 方向にコースを短縮してたら
リアルに落雷寸前か、その状況を
目の当たりにしていたのかもしれない。。。

事実・・・、下山完了直前に
徳ちゃん新道方向に向かって
消防車 ・ パトカー ・ 救急車なんかが
国道140号線をひっきりなしに通過していてたからねぇ。。。



12:28
何でもいいけどさぁ・・・、
カミナリが不気味に鳴り響くなかの
この・・・、縞枯れった光景を縦走すんの

・・・もういい加減、
ウンザリなんだけど。。。




12:42
やっと
甲武信ヶ岳頂上から
3時間20分そこらで




12:46
雁坂峠だぁ。。。

普通・・・、このコース
「 一泊二日 or 二泊三日 コース 」
なんだろうけど・・・、




12:47
今までの訳わからん
丹沢なんかの長距離トレイルの練習の成果が発揮されたのか

甲武信ヶ岳頂上から
ここまで楽勝で縦走できちまった、俺 ・ 矢吹 ♪




12:47
ではこの雁坂峠から
ふもとの 「 道の駅みとみ 」めがけて
高度なランディングに入っていくのである


ラストへ
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

奥秩父山塊 ・ まじハンパねぇ 2019th ~ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 篇~ #5                                                                             The Final Tracks 

2019.05.06

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ♪



12:49
ではまだ・・・、
カミナリは鳴り響いているが
ふもとの 「 道の駅みとみ 」めがけて
高度な・・・、



12:49
⚡⚡⚡Sonic Landing の 開始だ!✈✈⚡⚡⚡
( ☝要観覧注意! )

いくぜ


12:55
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




13:30
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




13:47
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




13:59
Minimum.
❝Landing!✈❞        




14:18
俺 ・ 矢吹
Nice Landing(><) 
【 2019年 5月 4日 ( 土 )練習内容 】
5:35 ~ 14:20
・ 甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路 トラベル・スカイランニング 23640m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 5月走行距離 】
日計         23.64km




18:02
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録          2件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳              ( 御坂山地 )
 4月 28日 ( 日 ) 笠取山                    ( 奥秩父山塊 )
既存増量         10件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 3月  9日 ( 土 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔         ( 丹沢山塊 )
 3月 17日 ( 日 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 3月 31日 ( 日 ) 竜ヶ岳                     ( 天子山塊 )
 4月  6日 ( 土 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 4月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 5月  4日 ( 土 ) 甲武信ヶ岳                ( 奥秩父山塊 )
軒先累計         12件

2019年 5月総累積高低差
           1712m (  1.71km)

2019年 年間総累積高低差
          14573m ( 14.57km)



【2019年 5月 5日 ( 日 )の運行仕業】
道の駅みとみ 6:30出発 ~
国道140号 ・ 雁坂みち ~ 国道140号 ・ 雁坂トンネル ( 有料区間 ) 通過 ~
上野町交差点 ・ 右折 ☞ 国道299号へ接続 ~
国道299号 ・ 正丸トンネル通過 ~ 小谷田交差点 ・ 右折 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅 16:20帰宅


【 2018年 5月 5日 ( 日 )の運行距離 】

127.4km
            山梨県山梨市      東京都八王子市     
輸送区間 : 道の駅みとみ ☞ 八王子 ・ 自宅


あとがき
こんかいは
楽しかったというよりも
カミナリからの逃走劇を強いられたんで
辛口な内容だった感が非常に強かった・・・(><)

いつもなら、「晴天 ・ 降水確率0% 」 というように
安全第一を最優先することをモットーとしている筈なのに
こんかいは・・・、
・ トレラン後の2日間はゆっくり過ごしたい
・ カミナリを伴う雨天は、夕方頃なんで大丈夫
・ どうしても試験的に去年の逆回りの行程をたどってみたかった
みたいな理由で、いづれにせよ
安全面よりもスケジュール性や私利私欲を最優先したり
ちょっと山に慣れてきたからって過信して調子に乗ったスケジューリングを組んだから
起るべくしてそういった目に遭遇したんだろうなぁと思ってしまったんだな。

だから・・・、
天気図 ・ 天気予報をよく確認して
日を改めるなりして、時にはコース短縮するなどの処置を施すべきだった、かもしれない。

けど後者のように
安全面を最優先して妥協した工程を組んで
連休を明けてから
オレは果たして
リフレッシュできたと思えたか?

きっと答えはNOであり
悶々とした気持ちを残したまま
通常業務にあたってしまってるんだろうな、たぶん。

いずれにしても
こんかいはオレ自身が無事に生還できたのが
何よりであるけれども
「 趣味を思う存分楽しみたい 」 ということに対して
もっとオトナの対応とその考えをしっかり持つべきだろうねぇ。

こんかい山から教わった経験は決して無駄ではなかったけど
まぁ、苦い経験だったよ。

「 ヒトはこういった経験を積んでいくことで強くなるもんだ 」

たしかに
それはそうなんだろうけど 
出来ることなら、
無駄に苦労や労力を強いられるような経験を
趣味の世界で
したくはない、そしてする必要性もない。

それがこんかいの正直な感想である。


甲武信ヶ岳 & 奥秩父主脈縦走路
トラベル ・ スカイランニング編

Trans OKUCHICHIBU Highway traverse 
The Oku-chichibu
midrib traverse way Edition

奥秩父山塊 ・ マジでミラクル恐るべし・・・!? 
奥秩父主脈縦走路 ・ 雷雲 ⚡ 逃走劇

                    

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #1

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

2019年 ・ ゴールデンウイークに突入し
平成時代最後の
トラベル ・ スカイランニングの日を迎えた・・・、

去る、2019年 4月 28日 ( 日 ) 、
矢吹 ♪ 2019 Earth Conscious ZIPANGU #7
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
オレは
とある奥秩父山塊の山に赴く!

それは・・・、

オレたち東京都民の水源である
多摩川源流の山でお馴染み!!

         👇
         👇
         👇


かさどりやま
笠取山 ( 奥秩父 ) ( ☞ ☆ )
標高       1953m
          ※ 多摩川水源の山
所在地     埼玉県秩父市
          山梨県甲州市
山系       奥秩父山塊 ( → ☆ )
だっ!
そんな多摩川源流の笠取山の
主な特徴は・・・、

① 南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林 ・ 東京都水源林である
② 山頂に 「 東京湾まで138km 」 と書かれた看板が建っている
③ 笠取山頂上からは富士山や大菩薩嶺が望めるらしい
という感じだ!♪

君たち読者諸君よ
オイラ都民の水源がどんなとこか
知りたいじゃろ ( ?・? )

ではお贈りしよう☆
題して・・・、


俺 ・ 矢吹 ♪
The Deep CHICHIBU
Group of isolated mountains
The Tama River、water source Quest

~ 奥秩父山塊 、多摩川源流をめぐるたび ・ 笠取山篇 ~
なのだ。

いやぁ・・・、
オレのなかでは
笠取山といえば、取っ掛りが大変そうで
そうカンタンに行けるなんて夢にも思わなかったが

まぁ・・・、
少々ネタ切れぎみってこともあったし、
逆モヒカン型の笠取山の雄姿?をひとめでも見てみたい♪☆

と思ったオレは・・・、
前日の土曜日の23:40に自宅出発し、
下記のような行程・・・、
        👇
        👇
        👇

【2019年 4月 27日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 、 深夜23:40時出発 ~ 八王子市街 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入橋交差点 ・ 左折 ☞ 都道169号 ・ 新滝山街道へ接続 ~
東京サマーランド前交差点 ・ 直進 ☞ 国道411号 ・ 滝山街道へ接続 ~
万年橋南詰交差点 ・ 直進 ☞ 都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
古里駅前交差点 ・ 左折 ☞ 国道411号 ・ 青梅街道へ接続~
笠取山登山口 ・ 作場平駐車場 2:25到着

【2019年 4月 27日 ( 土 )の運行距離】

85.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    山梨県甲州市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ☞  作場平駐車場

・・・をたどり、


6:49
笠取山の駐車場に深夜到着後、
3時間ほどの短い仮眠の末、
多摩川の水源地でもある笠取山の頂上めがけて
トラベル ・ スカイランニングに挑むのであった♪




Kick off
Chapter of Departure
作場平駐車場 ~ 笠取山頂上 4840m

所属路線 : 一休坂登山道など
経由地  : 笠取小屋 ・ 笠取分水嶺
6:50 ~ 8:45

   1km   17’33”
   2km   20’37”
   3km   17’28”
   4km   18’08”
  のこり    39’47”    1゜53’45”
平均ペース : 23’29”/km

6:51
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   643m

   内訳 作場平駐車場   →   笠取山頂上   643m ( 1310m → 1953m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間55分



6:53
東京都水道局が水源林として管理している笠取山の登山道・・・、

序盤は東京都水道局が設置した
水源に関した説明文の看板読んでいきながら
写真のような樹林帯を行き、




7:13
一休坂分岐に差しかかり
一休坂登山道へと進入していくと、




7:20
おぉっ?
早くも森林限界か?!!




7:38
・・・という訳には
当然いかない
さすが奥秩父山塊!

と、思ってたら、



7:50
開始から1時間そこらで
ハイカーたちで通年賑わう
「 笠取小屋 」 に到達し、




7:51
とくに立寄ることなく、



7:53
さらに上をめざす



7:57
人工的な木道を伝って行くと



8:00
写真の右前方に
笠取分水嶺がみえてきて




8:05
3つの大きな河川
多摩川 ・ 荒川・・・、




8:06
そして富士川の
分水嶺であるようだ




8:07
分水嶺をすぎると
前方に笠取山の本体が
見え始めてくる・・・!




8:08
と同時に
富士山もキレイなりにけり☆




8:11
オレは
予てから
この山の雄姿が観たかったのだ・・・!♪

バリカンで刈られたような
剃り込み斜面を・・・☆




8:14
よっしゃぁ
バリカン山の
剃り込み斜面を
攻めたるぞぉ~


つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #2

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪


8:16
高低差だいたい・・・、130mそこらの
急斜面・・・、




8:18
刈りこみされたような
奇天烈極まりない
ふざけた急斜面。。。




8:23
どうして
この斜面だけ
キレイに剃り込まれているのだろうか!??

・・・とムダな疑問に直視しながら・・・、




8:23
うしろを振り返ったら
これだもんねぇ~




8:36
ゼぇゼぇ
はァはァと・・・、




8:44
ちんたらチンタラ
時間をかけて

やがて・・・、




8:48
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、新規登録 ・ 2件目
       &
軒先累計 ・ 第11件目
笠取山 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。


さらに
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.