アロー独走

Changing The Future , NOW♪

2017年 ・ 元旦走り初めトレイル ~ 丹沢山塊 ・ 最西端篇 ~   #1

2017.01.01

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

2017年 1月 1日 ( 日 ) 元旦
矢吹 ♪ 2017 Earth Conscious ZIPANGU   #1
ブログ作成場所 ルートイン清水インター レンタルパソコン
         The Making system by acer TravelMate P455


                2017年 元旦
           謹賀新年 
   今年も“アロー独走”をヨロシク♪☆



2017年の元旦走り初め
トレイルの舞台は・・・、

正真正銘 ・ 丹沢山塊最西端エリアだ!

そのこんかいの
モデル的 ・ 役者マウンテンは
      こちら♪
        👇
        👇
        👇


山中湖湖畔にある
山中湖交流プラザ ・ きららから眺める

鉄砲木ノ頭 ( ←クリックしてね♪ )
よみ   てっぽうぎのあたま
別称   明神山
標高   1290.82m
所在地  神奈川県足柄上郡山北町
      山梨県南都留郡山中湖村
山系   丹沢山地
種類   山塊
備考   丹沢山塊 ・ 最西部
と、


同じく
山中湖交流プラザ ・ きららから眺める

三国山陵 ( ← クリックしてね♪ )
よみ      みくにさんりょう
所在地    神奈川県 ・ 静岡県 ・ 山梨県
上位山系  丹沢山地
最高峰    大洞山 1383.5m
総延長    7km
種類      山塊
と、さらに、


さらに同じくして
山中湖交流プラザ ・ きららから
本当の意味での丹沢山塊 ・ 最西端

籠坂峠 ( ←クリックしてね♪ )
よみ    かごさかとうげ
標高    1104m
所在地  山梨県南都留郡山中湖村
       静岡県駿東郡小山町
だ!
ちなみに写真中央の切れている籠坂峠を境に
向かって左側の尾根が丹沢山塊で
向かって右側が、富士山本体の裾野の部分である。

さぁ、これから
丹沢の西の最果て
丹沢山塊 ・ 最西端の世界へ誘うトレイルの
はじまり始まりぃ~


題して

矢吹♪ Mt.Fuji Collections 48
The Trail Edition

2017年 ・ 元旦走り初めトレイル
走る似非セールスマン 矢吹 ♪ ~ 丹沢山塊 ・ 最西端篇 ~



2017年 ・ 元旦は
ルートインコート甲府石和の朝から
開始される!

ホテルの予約時期が遅く、もっと近いところにすればいいものを
きっと空いているわけないという先入観と、
確実に空いていそうな石和をえらんだ結果、
富士五湖地域から追いやられたところからのスタートになってもうた。

山中湖エリアからの紅富士は昨日観たし
無理くり早起きしてまで初日の出を見る気ナシのオレは
普通にホテルの朝ごはんをいただいて
ふつうに朝7:40ごろ、ホテルをチェックアウトし、一路 ・ 山中湖方面に
クルマを走らせる

かくかくしかじかと時は過ぎ
河口湖大橋を横断したあと・・・、



8:35
2017年初の富士山と
ご対面♪

今日、なんかいい日になりそう☆



8:57
やがて山中湖湖畔を反時計回りに
平野地区のきらら駐車場をめざす途中
最初のターゲットマウンテン ・ 鉄砲木ノ頭とご対面




9:12
そして石和を出発して、1時間半後
クルマを停めるきらら駐車場より
丹沢山塊 ・ 最西端トレイルが、ようやく開始されるのである♪



The First
West TANZAWA Climbing Chapter

山中湖プラザ きらら ☞ 鉄砲木ノ頭 頂上 2320m
9:41 ~ 10:11
   1km    8’52”
   2km   16’01” 
  のこり     5’44”   30’38”     


9:54
開始から県道を横断しやがて
中腹のパノラマ台に到達



9:55
中腹のパノラマ台から
富士山を眺めると、こんな感じ。




9:59
同じくパノラマ台から
御坂山地 ( ← クリックしてね♪ ) を望む
ちなみにこの写真にうつる御坂山地は、今いる丹沢山塊最西部とは
途中の国道413号 ・ 道志みちにかかる山伏峠で切れるため
丹沢山塊とはつながっていない。



10:01
話は元に戻して
パノラマ台をすぎて
鉄砲木ノ頭の頂上がみえてきた☆




10:08
もう・・・、
頂上は目と鼻の先・・・!

そして・・・、



10:11
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年最初の登頂達成だぁ!

~ 人生3度目 鉄砲木ノ頭頂上にて ~



10:12
きらら駐車場からのキョリが短かったのか
かなりあっけなく登頂を果たせちゃった。。。




10:15
鉄砲木ノ頭のてっぺんは
こんなにも開放的なのに
ハイカーやら観光客がまばら。。。

ん~~~~~、じつに勿体ない。



10:17
さて、オレの指差す
こぶになってるところは
江戸時代に大噴火したことでも超有名な

宝永山 ( ← クリックしてね ♪ )
よみ       ほうえいざん
標高       2693m
所在地      静岡県御殿場市
山系       富士山
種類       側火山
火山グループ 富士火山帯
から左にかけての斜面、雪が少ない・・・。


さてさて鉄砲木ノ頭で
ゆったりまったりしたかったけど
汗でカラダが冷えてきているところで・・・、


The 2nd
West TANZAWA Travers Chapter

鉄砲木ノ頭 頂上 ☞ 須走立山展望台 6740m
使用路線 : 甲相国境尾根 ・ 三国山稜
10:27 ~ 12:01

   1km   13’30”
   2km   21’52”
   3km    7’53”
   4km   10’27”
   5km   12’05”   1゜05’49”
   6km   15’16”
  のこり     5’36”   1゜26’42” ( 10’53” )
を、そそくさとおっ始めるのである♪


10:27
こんかいは前回とは逆に
この看板を右折して




10:27
オレにとって
待ちに待った丹沢山塊 ・ 最西端に向けて
まずは写真左端のピーク

三国山 (神奈川県・山梨県・静岡県) ( ← クリックしてね♪ )
よみ       みくにやま
標高       1343m
所在地      神奈川県山北町
          静岡県小山町
          山梨県山中湖村
山系       丹沢山地
名前の由来   丹沢山地の西端、
          神奈川県・山梨県・静岡県の境に位置する山として
をめざしてくのである!



10:29
この急斜面を降りゆくさきに
何があんのか!??




10:31
俺 ・ 矢吹 ♪
興味津々だじぇ~


つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

2017年 ・ 元旦走り初めトレイル ~ 丹沢山塊 ・ 最西端篇 ~   #2

2017.01.01

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

つづき ☆♪


10:35
鉄砲木ノ頭を下りきると
県道の峠、三国峠にさしかかる

さらにそっから
三国山陵へ接続し



10:46
あっという間に
三国山の頂上へ

三国山陵へ入った瞬間から
軽い積雪状態に



10:48
三国山という由来は
相模国 ・ 甲斐国 ・ 駿河国の国境として
名づけられているそうである




10:49
三国山の頂上はこんな感じで
ブナの樹木に囲まれて
眺望自体はそれほど望めない




10:53
ここでもまた三国山の頂上をそそくさと離れて
丹沢最西端をめざしてく




11:03
写真のように
この三国山稜の路面は
絨毯のような雪に覆われいる

そんななか
たまたま見晴らしの利く場所で




11:16
たまたま、
箱根山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       はこねやま
標高       最高峰 : 神山1438m
所在地     神奈川県・静岡県
種類       複成火山 陥没カルデラ
火山グループ 富士火山帯
最新噴火    2015年 ・ 小規模
が一望できている感じ



11:16
オレの指差す
真下の山は、箱根カルデラの最高峰

神山(←クリックしてね!)
標高    1438m
所在地  神奈川県足柄下郡箱根町
山系    箱根山
種類    成層火山・カルデラ中央火口丘
火山Gr  富士火山帯
で、



11:16
そのさらに左側には
箱根カルデラの最高峰である

金時山(←クリックしてね!)
標高      1212.5 m
所在地    神奈川県南足柄市、足柄下郡箱根町
         静岡県駿東郡小山町
山系      箱根山、足柄山地
種類      成層火山
火山Gr    富士火山帯
が、こちらからは
とがったように聳え立つ




11:29
やがてこんどは
大洞山 ( おおぼらやま ) のピークを経由して
引続き、県境ダッシュをつづけていくのである




11:30
写真のような積雪斜面を
アイゼン装着ナシで駆け下りていくと・・・?




11:36
富士山がドデ~んと

勇ましくそびえ立ってるぜぇ~
ここいらの山のトレイルは
地元 ・ 高尾や奥多摩とちがって
いくらでも富士山見放題だじぇ~♪



11:38
それはそうと
もう目の前には、丹沢山塊らしくない
光景が広がりだしている・・・!




11:40
そんでもって
ブナの樹木トンネルを突き進むのはいいが、




11:41
丹沢は火山噴火で出来上がったのでは
ないハズなのに
何なんだ、この光景は・・・?




11:42
それもそのはず
富士山の近くに位置する尾根であるため、
過去の富士山噴火によって堆積した火山性の土壌(スコリア)が
広がっているのである。




11:44
ではこんどは
この山のピークに富士山の観える展望台が
あるとのこでなんで




11:45
さらに立山展望台を
めざしていく




11:46
グリップの利きやすい
積雪斜面を駆け上がった
その先に・・・?




11:59
やっと
立山展望台からの
富士山がお出ましだぁ・・・?!

んで
眺めてみると




12:01
大したことねぇ~



12:01
というわけで
こんどはお待ちかね☆
丹沢山塊 ・ 最西端、籠坂峠コーナーへと
移行していくのであ~る。



さらに
  つづく
   ↓
   ↓
   ↓

2017年 ・ 元旦走り初めトレイル ~ 丹沢山塊 ・ 最西端篇 ~   #3                                         The Final Tracks

2017.01.01

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

これで
最後 ♪


The Final Chapter of Transfer Operation
For Yamanakako plaza KIRARA

立山展望台 ☞ 山中湖プラザ きらら 7800m 
経由地 : 丹沢最西端 ・ 籠坂峠
   1km    9’24”
   2km    9’43”
   3km   10’20”
   4km    5’16”
   5km    9’38”   44’24”
   6km    9’47”
   7km    7’44”
  のこり     8’22”   1゜01’57” ( 17’33” )


12:09
さぁ、ここから
下山に向けた着陸態勢に入っていくぜ



いざ

Sonic Landing の 開始だ!☆
( ☝ 成田バージョン ・ クリックしてね♪ )

いくぜ



12:13
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




12:15
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞





12:16
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




12:24
Minimum.
❝Landing!✈❞        




12:25
籠坂峠付近に無事着陸!♪
というか、墓地に不時着だったりして???

籠坂峠に向かうには
この墓地を通り抜けないと行けないんだけど
籠坂側の登山口・・・、
登山口なのに墓地って、不謹慎じゃねぇ?


・・・まぁ、それはともかく



12:26
これが籠坂峠
ようやくお出ましだ




12:30
ここが・・・、
正真正銘 ・ 丹沢山塊最西端

籠坂峠になりにけり♪
・・・とはいうものの
  そんな実感、まったく沸かねぇ




12:41
籠坂峠をはなれてから
ようやく山中湖湖畔と合流する




12:47
山中湖湖畔にて
富士山と




12:47
正反対側の
鉄砲木ノ頭を観てから
きららに向かって湖畔沿いを走り出す。




12:51
湖畔沿いを走っていると




12:53
京王の中央高速路線バスが
ここで休車中である・・・のかな。




12:54
こんな富士山がドでかく観えるとこまで
京王バスは来てるんだねぇ
富士山見ながらのバス乗務、うらやましいぞ?


そんなこんなで



13:15
俺 ・ 矢吹 ♪
山中湖プラザ ・ きらら駐車場に到着☆!

新年早々の観光トレイルは
無事にするのである。

【 2017年 1月 1日(日) 練習内容 】
9:30 ~ 13:20
丹沢山塊 ・ 最西端トレイル 16860m
   ※ ラップタイム等は、本文参照のこと

【 2017年 1月走行距離 】
日計 16.86km
累計 16.86km




【2017年登山登頂リザルト】
新規登録         1件
 1月 1日 ( 日 ) 鉄砲木ノ頭 ・ 三国山陵 & 籠坂峠
既存増量         0件
軒先累計         1件


【 2017年 1月 1日 ( 日 )累積高低差 】
556.0m

   内訳 山中湖きらら    →   鉄砲木ノ頭頂上      301.0m (  990m → 1291m )
       三国峠        →   三国山頂上         170.0m ( 1170m → 1340m )
       三国山頂上     →   大洞山頂上          44.0 m( 1340m → 1383m )
        アザミ平       →   立山展望台           41.0m ( 1267m → 1308m )
                            合計       556.0m


では最後は、精進湖湖畔からの
紅富士 Magic Hour Challenge!
さぁ・・・、うまくいくかな?


16:31



16:40



16:51



17:00



17:11



17:24


【2017年 1月 1日 ( 日 )の運行仕業】
ルートインコート甲府石和 ~ 広瀬交差点 ・ 左折 ~ 国道20号 ・ 甲府バイパス ~
国道137号 ・ 御坂みち ~ 河口湖大橋 ・ 横断 ~
国道138号 ・ 旧鎌倉往還へ 東恋路交差点 ・ 左折 ~ 山中湖交流プラザきらら駐車場 ~
国道138号 ・ 旧鎌倉往還 ~ 国道139号 ・富士パノラマライン ~ 赤池交差点 ・ 右折 ~
精進湖湖畔 ~ 赤池交差点 ・ 右折 ~ 国道139号 ・ 富士宮道路 ・ 西富士道路 ~
宮島東交差点 ・ 右折 ~ 国道1号 ・ 富士由比バイパス ~ ルートイン新清水インター 20:44到着


【2017年 1月 1日 ( 日 )の運行距離】

158.0km
全ルート ・ 一般道使用

運行区間 : ルートインコート甲府石和 ~ ルートイン新清水インター


さて、あとがきは
富士山大自然を目の当たりに
丹沢山塊 ・ 最西端はどうだったか?

富士山のそばに連なる丹沢山塊 ・ 最西端は
みなさんがイメージする一般的な丹沢とは
かなりかけ離れた感じだ。

一般的な丹沢のイメージは
たぶん丹沢大山や塔ノ岳や蛭ヶ岳をもつ丹沢主脈といった
開放的な森林限界をイメージするのだろうけど
ブナの森林をはじめ、至近距離からみる迫力満点の富士山を目の当たりにしたり
最西端部分の富士山からの火山灰が堆積するさまをみることができるなど
みなさんがイメージとはやや異なる丹沢を
しかも山中湖や静岡側から楽しめる隠れスポット的な存在を味わえてよかったのではなろうか。


トレランてき視点からみて
どうか

鉄砲木ノ頭単発だけでこなすにせよ
三国山陵をプラスアルファーしても走行距離が16km前後と短く、
かつ累積標高差じたいもオレの住んでいる地元 ・ 高尾山と標高が変わらないし
しかも三国山陵じたいのエリアが狭く
コースが非常にわかりやすく遭難リスクがきわめて低いと考えられる
いわは、
初心者には打ってつけのコースと言えそうだ!
しかも富士山一望できるスポット目白押し!
これは初心者には候補にいれてもいいんじゃないかな?
※ ただし各自、自己責任で。


アクセスとしては
どうか?


ひとこと
高速バスアクセスに優れている!♪


おクルマをもっていないトレイルランナーさん必見!
都心23区内に住まわれている方々に
バスタ新宿から便利な


中央高速バスが
便利なり!

ここをチェック☆ ( ← クリックしてね ♪ )


最後のさいごは
丹沢山塊 ・ 最西端の
セールスマンになっちまった。

・・・ということは
バスタ新宿 ~ 山中湖平野間が
定期的に満席になってきたら
その発起人はオレだから
よろしくなぁ!


というわけで
丹沢山塊 ・ 最西端レポートは
これにて終了☆

題して
矢吹♪ Mt.Fuji Collections 48
The Trail Edition

2017年 ・ 元旦走り初めトレイル
走る似非セールスマン 矢吹 ♪ ~ 丹沢山塊 ・ 最西端篇 ~

                     

青空に恵まれなかった、2016年   #1

2016.12.30

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

2016年 12月 30日 ( 木 )
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

【 2016年 12月30日 ( 木 ) の練習内容 】
おうちのまわり 2400m

【 2016年 12月 走行距離 】
累計 148.93km


俺 ・ 矢吹 ♪
2016年 トレイル活動の軌跡

ことし一年をふりかえると
トレイルで始めり、トレイルで終えようとしている。
今度の大晦日にて、年越しトレランを前に
ことし一年を写真とともに振り返りたい。。。


1件目
2016年 1月 1日 ( 金 )




筑波山 (←クリックしてね!☆)
標高   877 m
所在地  茨城県つくば市
山系   八溝山地
種類   堅牢残丘 (←クリックしてね!♪)


2件目
2016年 1月16日 ( 土 )




蛭ヶ岳(←クリックしてね☆)
標高    1672.7 m
よみ    ひるがたけ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊


3件目
2016年 2月21日 ( 日 )




岩茸石山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     いわたけいしやま
標高    792.99m
所在地   東京都青梅市、西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類    山塊


4件目
2016年 3月 5日 ( 土 )




岩茸石山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     いわたけいしやま
標高    792.99m
所在地   東京都青梅市、西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類    山塊


5件目
2016年 3月21日 ( 月 )




岩茸石山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     いわたけいしやま
標高    792.99m
所在地   東京都青梅市、西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類    山塊


6件目
2016年 4月 9日 ( 土 )




棒ノ嶺 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     ぼうのれい
標高    969 m
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
       埼玉県飯能市
山系    奥多摩、奥武蔵
種類    山塊


7件目
2016年 5月 5日 ( 木 )




蛭ヶ岳(←クリックしてね☆)
標高    1672.7 m
よみ    ひるがたけ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊


8件目
2016年 5月14日 ( 土 )




三ノ塔 (←クリックしてね☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊



9件目
2016年 5月29日 ( 日 )






大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) (←クリックしてね☆)
よみ   おおやま
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊



10件目
2016年 6月 4日 ( 土 )


陣馬山(←クリックしてね☆)
標高   854.8m
所在地 東京都八王子市
      神奈川県相模原市緑区藤野町
山系   奥多摩
種類   山塊

つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

青空に恵まれなかった、2016年   #2

2016.12.30

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

つづき ☆♪

11件目
2016年 6月12日 ( 日 )




武甲山 ( ← クリックしてね ☆ )
乱掘前の標高   1336m
現在の標高     1304m
所在地        埼玉県 秩父市、秩父郡横瀬町
山系          秩父山地 ・ 奥秩父山塊
種類          隆起 ・ 石灰岩


12件目
2016年 6月26日 ( 日 )




浅間山(←クリックしてね☆)
よみ          あさまやま
標高          2568m
噴火崩壊前の標高 約2800m
所在地        群馬県嬬恋村・長野県軽井沢町&御代田町
山系          浅間烏帽子火山群
種類          コニーデ型 & 複合三重式馬蹄形カルデラ ・ 活火山ランクA
             噴火警戒レベル2 ・ 火口圏内2km立入規制
火山グループ    那須火山帯


13件目
2016年 7月 4日 ( 月 )




赤城山頂カルデラ
黒檜山
よみ     くろびさん
標高     1828m
        赤城カルデラ最高峰
種類     カルデラ外輪山 ・ 古期成層火山
火山Gr    那須火山帯

赤城山(←クリックしてね!)
標高     最高峰 ・ 黒檜山 1827.6 m
所在地   群馬県前橋市・桐生市
        渋川市・昭和村・沼田市
種類     複成火山(活火山ランク C)
        馬蹄形カルデラ ( ← クリックしてね♪ )
火山Gr    那須火山帯


14件目
2016年 7月30日 ( 土 )



赤城山頂カルデラ中央火口丘
地蔵岳

よみ     じぞうだけ
標高     1674m
種類     カルデラ中央火口丘 ・ 溶岩ドーム
火山Gr    那須火山帯


15件目
2016年  8月15日 ( 月 )




日光白根山 ( ← クリックしてね ☆ )
よみ    にっこうしらねさん
標高   2578m
      ※ 関東地方最高峰
      ※ 日光連山最高峰
      ※ 標高2500m台の北限

所在地  栃木県日光市 ・ 群馬県利根郡片品村
山系   日光火山群 ・ 日光連山
種類   溶岩ドーム ・ 成層火山
種類   那須火山帯


16件目
2016年  8月16日 ( 火 )




俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 26
日光富士 ・ 男体山
( ← クリックしてね♪ )
よみ      にっこうふじ ・ なんたいさん
標高      2486m
所在地     栃木県日光市
山系      日光連山 ・ 日光火山群
種類      成層火山
初登頂    782年 ( 天応2年 )
火山Gr    那須火山帯


17-1件目
2016年  8月21日 ( 日 )




茶臼岳 ( 栃木県 ) ( ←クリックしてね♪ )
よみ    ちゃうすだけ
標高    1915m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系    奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    火砕丘 ・ 溶岩ドーム・ 成層火山
火山Gr  那須火山帯


17-2件目
2016年  8月21日 ( 日 )




朝日岳 ( 栃木県 ) ( ← クリックしてね♪ )
よみ     あさひだけ
標高    1896m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系     奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    成層火山
火山Gr  那須火山帯


18件目
2016年  9月18日 ( 日 )



矢吹♪ 郷土富士コレクション7 アンコール
南部片富士 ・ 岩手山
( ← クリックしてね☆ )
よみ       なんぶかたふじ ・ いわてさん
標高      2038m
所在地    岩手県八幡平市・滝沢市・雫石町
山系      奥羽山脈
           ※ 奥羽山脈最高峰
種類      成層火山 ・ 侵食カルデラ ・ 活火山ランクB
         噴火警戒レベル1 ・ 平常
火山Gr    那須火山帯
最新の噴火 1919年


19件目
2016年  10月10日 ( 月 )




矢吹 ♪ 郷土富士コレクション3 アンコール
会津富士 磐梯山
( ← クリックしてね♪ )
よみ            あいづふじ ・ ばんだいさん
別称           会津磐梯山
標高           1816.29m
所在地         福島県猪苗代町 ・ 磐梯町 ・ 北塩原村
山系           独立峰
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ ・ 活火山ランクB
              噴火警戒レベル1
火山Gr          那須火山帯
最新の噴火       1888年 7月 15日 
               水蒸気爆発 ・ 大規模山体崩壊後、超特大爆裂火口を形成
山体崩壊前の標高  約2000m超


20件目
2016年  10月16日 ( 日 )




尾瀬岩鞍スキー場 山頂 ( ← クリックしてね♪ )
所在地     群馬県利根郡片品村
標高       1703m / 1006m
標高差     697m
コース面積   111ha
コース数    18本
最長滑走距離 3200m
最大傾斜    40度
索道数     14本
ウェブサイト  www.oze-iwakura.co.jp/


さらに、つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

青空に恵まれなかった、2016年   #3   The Final Tracks

2016.12.30

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

これで
最後 ☆♪



21件目
2016年 11月 5日 ( 土 )






蛭ヶ岳 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1672.7 m
よみ    ひるがたけ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊


22件目
2016年 11月12日 ( 土 )





鉄砲木ノ頭 ( ←クリックしてね♪ )
よみ   てっぽうぎのあたま
別称   明神山
標高   1290.82m
所在地  神奈川県足柄上郡山北町
      山梨県南都留郡山中湖村
山系   丹沢山地
種類   山塊
備考   丹沢山塊 ・ 最西部


23件目
2016年 11月26日 ( 土 )






醍醐丸 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    だいごまる
標高    867m
所在地  東京都西多摩郡檜原村
       東京都八王子市上恩方町
       神奈川県相模原市緑区
山系    奥多摩
種類    山塊


24件目
2016年 12月11日 ( 日 )


御岳山 ( 東京都 ) ( ← クリックしてね♪ )
よみ    みたけさん
標高    929m
所在地  東京都青梅市
山系    奥多摩



25件目
2016年 12月11日 ( 日 )





醍醐丸 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    だいごまる
標高    867m
所在地  東京都西多摩郡檜原村
       東京都八王子市上恩方町
       神奈川県相模原市緑区
山系    奥多摩
種類    山塊


【2016年登山登頂リザルト】
新規登録         13件
 1月16日 ( 土 ) 丹沢山 & 蛭ヶ岳
 2月21日 ( 日 ) 高水山 & 岩茸石山
 4月 9日 ( 土 ) 棒の嶺 & 岩茸石山
 5月14日 ( 土 ) 三ノ塔 & 塔ノ岳
 5月29日 ( 日 ) 丹沢大山
 7月 4日 ( 月 ) 赤城山頂カルデラ、駒ケ岳 & 黒檜山
 7月30日 ( 土 ) 赤城山頂カルデラ、地蔵岳 & 鈴ヶ岳
 8月15日 ( 月 ) 日光白根山 ・ 前白根山 ・ 五色山
 8月16日 ( 火 ) 日光富士 ・ 男体山
 8月21日 ( 日 ) 那須連山、茶臼岳 ・ 朝日岳
10月16日 ( 日 ) 尾瀬岩鞍スキー場 ゴンドラ山頂
11月12日 ( 土 ) 鉄砲木ノ頭 & 高指山
11月26日 ( 土 ) 八峰トレイルコース試走 醍醐丸 ・ 陣馬山 ・ 小仏城山など
既存増量         12件
 1月 1日 ( 金 ) 筑波山
 3月 5日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
 3月21日 ( 月 ) 高水山 & 岩茸石山
 5月 5日 ( 木 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
 6月 4日 ( 土 ) 陣馬山 & 高尾山
 6月12日 ( 日 ) 武甲山 & 大持山
 6月26日 ( 日 ) 浅間山カルデラ外輪山
 9月18日 ( 日 ) 南部片富士 ・ 岩手山薬師岳頂上
10月10日 ( 月 ) 会津富士 ・ 磐梯山頂上
11月 5日 ( 土 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
12月11日 ( 日 ) みたけ山トレイルレース ・ 御岳山
12月23日 ( 金 ) 八峰トレイルコース本戦 醍醐丸など
軒先累計         25件


2016年のトレイルは
以上をもって終了という運びだが

読者のみんな、
何かに気づかないか?


それは・・・、
これらの写真でもお分かりのように

ことし一年・・・、
青空に恵まれなかった。。。

せっかく今年も津々浦々お山をまわってきても
シックリとこない光景ばかりだ。


だから明日の大晦日
2016年を締めくくる
天空の絵画

❝ 矢吹 ♪ アート展 2016th 大晦日 ❞
・・・を開催する

2016年最後を
オレの出展作品で
酔いしれてくれぃ♪


そいでは
またあした☆


To Be Continued・・・

Trans TAKAO Highway traverse ~ 八峰トレイル 2016 試走篇 ~  #1   

2016.11.27

category : ・ 矢吹 The Sky High !

comment(0)

EXPERIMENTAL  エクスプリメンタル
この言葉の意味
・ 【形】 実験の、実験用の、実験的な、試験的な
 から言うように、おもに実用商品化に向けられた
 量産先行前の実験機や試験機材、試作車など
 いわばプロトタイプ向けに使われることが多いことばであり
 こんかいについていえば、オレ自身にとって期間限定の
 中距離型トレイル ・ レーサー実用化向けを目指した
 言葉でもある。

そんななかオレは
今までの好き好んでやってきた観光型トレイルから
一時的に脱して
今回は・・・、

去る、2016年 11月 26日 ( 土 )・・・、
Trans TAKAO Highway traverse #26
矢吹 ♪SPEED 2016th  #21 The Trail
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


来月、地元 ・ 八王子で開催される
第2回 TOKYO八峰マウンテントレイル ( ← クリックしてね♪ )
参加 & 完走に向けて
オレ独自でこのレースに向けて
単身にて怒涛のテスト ・ ランを敢行したのであった!



      その舞台は
    もちろんこれ♪
       👇
       👇
       👇


こんかいの 「 八峰トレイル 」 の行動範囲は
ここ、地元 ・ 高尾山エリアだぁ・・・・!

こんかいのストーリーは
この地元 ・ 高尾山の山々が
大都会 ・ 東京から近いからとはいえ・・・、

地元 ・ 八王子在住のオレが驚愕するくらいに
高尾 ・ 陣馬はすげぇなぁって思った内容だ!


みどリのドレスに身を包み
深い樹林帯に囲まれて
ボディーマウントされたその山深いところは・・・、

一歩間違えたら、遭難リスクがバカ高く
「 人喰い山 」 と称されても仕方のないエリアを
縦横無尽に走り継いだ、
全行程34kmの世
読者のみんなも
是非ともご賞味して頂きたい!♪

では、いくぜ

題して

Trans TAKAO Highway traverse 
The Experimental Trail Edition
~ 八峰トレイル 2016 試走篇 ~


簡単にあらすじ
こんかいは、いつもとは大きく異なり
自家用車での移動ではないところに
大きな違和感を抱きながらの移動を強いられた感じだが、
たまにはこういう通常とはちがうというのもなんか新鮮♪

いつものようなクルマでの長時間移動からではないスタートであるだけに
いくぶん気楽な反面、電車での移動と手荷物管理の勝手が
いつもとは全然ちがうだけに、半ばどぎまぎ感は拭えない。

そんななか、早朝5時に起床し
あさ6:50に自宅を出発。
その後、高尾駅に着いたと同時に、
手荷物をコインロッカーに預けて・・・、

7:23
すべての準備が完了し
写真の高尾駅北口から
夕焼け小焼け方面のバスに乗込むのである




7:24
陣馬高原下ゆきの急行バスに乗込んで
夕焼け小焼けバス停に途中下車する筈が
終点までまちがって乗ってしまい・・・、

急行バスの終点 ・ 陣馬高原下から夕焼け小焼けバス停まで
アップ走をする羽目になるというミスを冒してしまう。。。

その数分後、どうにかこうにか
レース開始地点 ・ 夕焼け小焼けバス停に
無事に到着したオレは
予定より30分遅れて八峰トレイルの試走を
おっ始めるのである。


The 1st
Highway traverse Chapter

夕焼け小焼けの里 ☞ 陣馬山頂上 12400m
使用路線 : 奥高尾縦走路 ( 峰見通り ・ 吊尾根 ) 
   1km   6’56”
   2km  10’23” 
   3km   9’16”
   4km   9’23”
   5km  21’57”   57’56”
   6km  14’46”
   7km  19’10”
   8km  16’11”
   9km  12’17”
  10km  21’25”   2゜21’49” ( 1゜23’53” )
  11km  29’52”
  12km  30’54”
  13km  20’11”   3゜34’39” ・ 陣馬山頂上到達タイム
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   778.8m
   内訳 夕焼け小焼けの里   →   市道山分岐   522.0m ( 253m → 775m )
       市道山分岐        →   醍醐丸頂上    92.0m ( 775m → 867m )
       和田峠           →   陣馬山頂上   164.8m ( 690m → 854.8m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間00分
  



8:35
想定外のプチ ・ ハプニングに見舞われて
約30分遅れで、夕焼け小焼けの里より
スタート開始する




8:38
スタート開始3分後
早速、陣馬高原下との分岐に差しかかるが
ここはひとまず直進する




8:42
おとといの54年ぶりの初雪の影響からか
まだ高尾北部は積雪のこってそうだ・・・。




8:47
途中から
登山道方面の林道へと進入していく

ちなみに、夕焼け小焼けの里 ~ 陣馬山頂上ルートへは
オレにとって初めてだけあって
期待と不安とが入り混じった心境だ



8:58
カーブを描きながら
奥へ奥へと突き進んでいくが
一体全体、どんなステージが待ちかまえているのだろうか・・・!?




9:13
途中から林道から登山道へと変わっていき
スタートした夕焼け小焼けの里方向を
ふりかえる。。。




9:18
路線ステージは、「 峰見通り 」 へと変わってはいくなか
ここいらでは、まだまだ雪が残っていたようだ




9:19
地元 ・ 八王子市街へ向けると
こんな感じ。

写真のように標高が1000mを満たないこの光景は
まさにここが低山であることを物語る。



9:21
途中より陣馬山方面へ向かう看板がでてきてきたが、
その陣馬山までの道のりは、8.4km・・・と
途方に暮れるほどに果てしなく長い・・・ ( >< )

しかも景色が全然変わらないから
精神的苦痛を強いられながら
縦走しなければならないのは、ほんとうにツラかった。



9:52
「 峰見通り 」 という名を縦走中、
写真のように雪はバッチリ残ってた・・・!




9:54
市道山分岐点まで
写真のような残雪のところを一歩一歩慎重にいくのである




10:05
林道から登山道に進入して約1時間後
市道山分岐点に差しかかる

ここでの分岐点では直進せずに
写真ではわかりづらいが、左にそれて
こんどは八王子市最高峰 ・ 醍醐丸方面をめざして南下していくのである。



10:05
市道山分岐点の看板
どうやらここは、ハセツネカップの11.7km地点のようだ




10:21
醍醐丸に向けての
残雪地点・・・、

並行する林道の脇を登山道と足跡をたどりながら行くのではあるが
トレランシューズでは、脚がかじかんで冷たい。。。



10:36
いま走っているところは
「 吊尾根 」 もしくは 「 奥高尾縦走路 」 と呼ばれる登山道であるが、

写真のように、高尾 ・ 陣馬エリアの北側斜面での残雪が、ハンパない。



10:47
ようやくここで
八王子市最高峰の 「 醍醐丸 」 という
山名がでてきたぞ!




10:47
さぁ
オレが住んでいる街、
八王子市の最高峰どんな場所なのか・・・!??



つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.