アロー独走

Changing The Future , NOW♪

勝つことへの執念が 、 実を結んだ日  #1

2016.04.30

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(2)

2016年 4月 29日 ( 金 ・ 祝 )
矢吹 ♪ 2016th The SPEED RACER #4
  For EKIDEN Grand Prix Edition.
  With Mt.Takao Racing technology research center

ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )



2016年の昭和の日
八王子の秘密結社、高尾山走術研究所の
会合があり、




オレたち高尾山走術研究所は
鶴見川 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       つるみがわ
水系       一級水系 鶴見川
種別       一級河川
延長       42.5km
水源の標高   170m
平均流量    10.11m³/s 観測場所 : 亀の子橋観測所 2000年
流域面積    235 km²
水源       多摩丘陵 ・ 東京都町田市上小山田町
河口・合流先  東京湾 ・ 神奈川県
に、集結!♪



その鶴見川沿いで行われた
28回の歴史ある
横浜駅伝に


なんとオレたちは
ついにオレたちは・・・
15年越しの夢が
叶ったのだ・・・!




それはなんと・・・?




一般男子 ・ 総合優勝という
貴重なタイトルを手にした瞬間
なのである!




こんかいのサクセス ・ ストーリーを
読んでくださる読者とともに・・・、




共感していただければ
我々は何よりも
嬉しい限りなのである!☆



それではオレ自身の
胸の高まりと
高貴なる余韻が
まだ残っているうちに
お送りしていこうと思う次第である


では、いくぜ!

            夢戦士
        Dream Fighters

        高尾山走術研究所
      第28回 横浜駅伝参戦記

     横浜駅伝 ・ 総合優勝 サクセスストーリー 2016th

4月29日(木) 昭和の日の今日
俺にとって5回目の参加となる“横浜駅伝”
昨年は選手としてはなく、サポートとしての役目に徹したが
ことしは3年ぶりに選手として出場だ!

AM8:30に綱島駅に集合し
会場である鶴見川沿いに歩いて移動し
アップ等を済ませて
今回一区に抜擢されたオレはスタートラインに
立つのである


AM10時スタート前の
フヒト選手と、俺 ・ 矢吹 ♪


そう・・・、
この写真のように
我が高尾山走術研究所からは
4チームが出場したのだ!

では、簡単にその紹介へと
参ろう!


高尾山走術研究所 ・ 夢
本チームのエリート部隊のひとつで
または本グループの代表者 ・ モリタ所長が在籍するチームでもある。
冠名の 「 夢 」 とは代表者 ・ モリタ所長のファーストネームから。
高尾山走術研究所とは、実体のない秘密結社てき組織であり
つまり・・・、は
早い話が全国に散らばる仲良しグループチームなのである。
その 「 夢 」 チームには
代表者のほかに
我が八王子走ろう会の練習リーダー長のSAWAくんや
某大御所アパレル店員 ・ もがく者さんも在籍していることから
まさに走術研究所のエグゼクティブ ・ メンバーで構成されたチームなのだ!!



高尾山走術研究所 ・ 猫
このチームは主に若手メンバーに構成されたチームであるとともに
本レースで総合優勝を収めた 「 猫 」 チーム、
そんな音速機ばりに速い彼らは
おなじネコ科の動物でいうなら、もはやもう
ネコではない
ネコというより王者ライオンにふさわしいのかも。
「 猫 」 とは、本チーム監督のカネコさんからとったものだ。



高尾山走術研究所 ・ 光
高尾山走術研究所の女子チーム 「 光 」 とは
もと某企業の実業団女子ランナーとして活躍した
ヒロセさんのファーストネームからとったもの。
しかも本大会で女子部門で総合優勝を果たした強豪部隊でもある。
フルマラソンは全員がサブスリーは当たり前、
2時間50分斬りなんて何のそのという
ほんとうに美しくあり、そして強かな
キレイなお姉さま集団・・・なのである、、、恐るべし!



高尾山走術研究所 ・ 八
男女混成部門として出場した
ファンラン志向のつよい本チームは
主に八王子走ろう会メンバーで構成されているので
「 八 」 という冠名になっている。
そんでもってオレ自身がこんかい所属しているチームでもある。
この駅伝が合計距離がフルマラソンとおんなじ距離設定のなかで
7区間あるなか、7人中4名が我が八王子走ろう会所属だ。
・・・まっ、勝負にこだわる部隊ではなく2軍要素の大きなチームであるが
要は、楽しく走ろう! を基本指針にしたメンバーで構成された
駅伝レースの楽しさそのものを共有するためのチームである。
ちなみにオレは
花の一区を担当だ!



以上4チームから
オレたち高尾山走術研究所は
構成されているのである!




そんな気合入った
チーム自己紹介が終わったあとの
AM10時、定刻通りに




第28回 横浜駅伝の
熱い戦いが
きって繰り広げられるのである☆♪

ではここで
オレが走った、1区 ・ 10kmを
写真とともにお送りしていこう!




スタート直後
上流に向かって1kmいったあと




ここでいったん
折返して




スタートおよび中継地点を
突っ切って




1.5km下流にすすんだところを
再度折返して

また再び上流に向かい
3.5km直進してくのである。




走ろう会のホームグラウンドの
浅川ゆったりロードと異なり
鶴見川沿いは、フラットで走りやすい




べつの区間の折返し場を
いくつも通過しながら
最果ての折返し場所をめざしていくなかで




・・・もちろん
こんなきれいな水面に
見惚れている暇はないわけなんだけど




ちょっとした
写真の坂を登ったさきに




途中何カ所もある
給水場のひとつを経由して




最果てのこの場所を
折返して、3km先の中継地点へと走るのである。




写真のある
新横浜方向の摩天楼をあとにして。。。




往路はもちろん
写真のような復路走行時も
終始、強風に煽られまくり、オレもみんなも
苦戦を強いられていくのである。



つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

勝つことへの執念が 、 実を結んだ日  #2

2016.04.30

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

つづき ♪


強風と練習不足に苛まれながらも
レースはのこり1kmに
差しかかる




のこり1kmのロケーションは
脇の教習所をかすめるように通過し




東急電鉄東横線の鉄橋が
みえてきたらラストスパートだ!




「 じゃあな!
 東急!」
と思いながら




鉄道と国道の橋ケタのしたを
くぐり抜けて




中継地点は
まもなく現れる!




誰もいない途中の場面では
オレ自身、ずさんだったけど
中継地点では、さすがに苦しくても気が抜けない




さっ、中継スポットに
ピットインする俺 ・ 矢吹 ♪




練習不足で苛まれまくった
オレ自身の一区走行は




第二走者に襷をつないで
オレ自身のレースは
ここで終了するのである



【 2016年 4月 29日 ( 木 )走行内容 】
AM8:50 ~ 15:00 第28回 横浜駅伝
・ アップ1600m
・ 横浜駅伝一区 10000m
   1km  3’29”
   2km  3’35”
   3km  3’46”
   4km  3’54”
   5km  4’12”   18’58”
   6km  4’11”
   7km  4’23”
   8km  4’34”
   9km  4’09”
  10km  3’37”   39’54”
・ ロングダウン 8300m
※ この日の累計 : 19.9km


【 2016年 4月 30日 ( 金 )練習内容 】
21:50 ~ 22:30 八王子駅前コース 6100m


【 2016年 4月走行距離 ・ 月末集計】
走歴          27年1ヶ月    Since April.1 1989th
累計          209.2km
2016年度計    209.2km    4月始まり
マラソン総累計   58086.28km Since April.1 1990th

凡例 
    累計 300km未満 白
        500km未満 
        500km以上 


そして
愉快で熾烈な戦いを
あとにして・・・、



それでは
読者のみんな、お ・ ま ・ た ・ せ ♪

まちに待った
表彰式タ~イム ☆!



表彰式
まずは総合優勝を果たした
高尾山走術研究所 ・ 猫チーム




優勝カップを受取る
猫チームのメンバー



ここで改めて
レース結果を報告。。。


一般男子  総合優勝
高尾山走術研究所 猫
2時間16分20秒




祝杯に喜ぶオレたち



15年間の願いが叶い
オレたちは、おおいに歓喜に沸くのである




SAWAくんに抱っこされる
カッパさんの娘さんも
ご満悦!だ♪




そんな俺 ・ 矢吹 ♪
優勝カップで、シャンペン ・ ファイヤーだ☆




このあと
しかもオレたち




ピンクTシャツで
目立ちまくったことから、




ベスト ・ ドレッサー賞
受賞したんだな

一般男子 15位 ベスト ・ ドレッサー賞受賞 
高尾山走術研究所 夢
2時間29分00秒



そして
そのあとは
女子の部の表彰式




一般女子  総合優勝
高尾山走術研究所 光
2時間46分27秒



その他の結果は
以下の通り



男女混成  14位
高尾山走術研究所 八
2時間57分38秒


さらに
 つづく
   ↓
   ↓
   ↓

勝つことへの執念が 、 実を結んだ日  #3  The Final Tracks

2016.04.30

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

これで
最後 ☆♪


表彰式のあとの
最後の宴は



ビール呑み放題の
青空懇親会だぁ




そんなオレは
カッパさんの娘さんと
あそびまくったり




若いメンバーの
お二人も、相当たのしそう♪

左がユンケルくんで、右が走ろう会の若手 ・ カトウくんだ



まもなく始まる
青空懇親会



そして



かんぱぁ~い☆!

と、たのしくて
しあわせなひとときを
みんなですごしたのであった。



こんかいをふり返って
こんかいはオレ自身は3年ぶりに選手として参加させていただいたが
オレの走りとしては、トレイルをメインに走ってきたせいか
ロードレーサーとしての走りが発揮できなかった。
そういう意味では、不甲斐ない成果ではあったので
来年以降また機会があるかもしれないので
それに相応しい走りがふたたび熟せるように精進して参りたい。

あとはオレ自身は直接携わっていないし
唯我独尊的 ・ 一匹狼なオレには
ちょい勤まらないかもしれないが
優勝に向けた取り組みってとっても簡単じゃなくって、
試行錯誤等を絶えずめげずに繰り返さなきゃいけないんだな~
って思った。
ただ足が速いだけでは勤まらなくって
人選 ・ 人脈 ・ 戦略 ・ チーム配置
が、パーフェクトになされてないと
むずかしい。。。

その状況下で総合優勝を果たせえたのは
まさに組織勝ちした大いなる証なのだ。

15年間、長きに渡り
そのあいだ、一度も諦めず
勝負ごとを決して捨てることなく
したたかな気持ちを抱き続けて
いつもながらメンバーが毎年異なるなかで
極めてむずかしい闘いから成功を収めたというのは
ほんとうにスゴイことなのだ。

こんかいオレ自身がすごいなと感じたのは
優勝したのは勿論だが
会則や規約が一切存在しないグループ同志がひとつになり
団結力が遺憾なく発揮したことが
オレにとっては何よりもスゴイと感じたことなのだ。

唯我独尊なオレには
決して舵取りのできやしない
組織力の結晶なのだろうと
思わずにはいられない。

一期一会をモットーとする
実体のない八王子の秘密結社
「 高尾山走術研究所 」
来年の会合はいったいどうなっているのだろうか。

それは
一年後もいまごろ
わかることだろう。。。

   夢戦士
Dream Fighters

高尾山走術研究所
第28回 横浜駅伝参戦記

横浜駅伝 ・ 総合優勝 サクセスストーリー 2016th
               

天狗の宴 練習会

2015.05.10

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

2015年 5月 10日 ( 日 )

高尾山走術研究所 ・ 天狗の宴 練習会
400mインターバル × 10本


ペースメーカー SAWAくん 
練習場所    八王子 ・ 富士森競技場
練習時間    18:55 ~ 20:20
参加者      走術 ・ モリタ所長
          SAWA練習リーダー長
          俺 ・ 矢吹 ♪


今夜の参加した面々
左から、モリタ所長 、 俺 ・ 矢吹 ♪、SAWA練習リーダー長
Photo by モリタ所長

練習までのあらすじ
今日は、走ろう会の総会。
総会までの時間はいつものように例会練習があんのだが
例会じたいが通常よりも30分早い、
という訳ではないが、今朝は起きられなかった。。。

そんなわけで
総会までの時間は
ひとり富士森でちょっこしジョグして
そのあとは総会へ向かう。

走ろう会での総会では
とくに白熱することなく
淡々と事なきを終えた。

総会が終わってから
同じ場所で懇親会を行い
いつもなら二次会 ・ 三次会以降へと流れ込むのだが
今回は断腸の想いで、走ろう会とはこれまで。

そのあとは、とある場所での野暮用を
済ませなければいけなくて
だいたい80%完了したところで
野暮用を切り上げて
富士森競技場に合流するのである。

天狗の宴 練習会とは
高尾の山から降りてきて
富士森競技場に集結し
天狗の宴のように
愉快に走りまわる、といった感じ。

今夜の400mインターバルは
通常は400mリカバリが、競技場半周の200mが普通なのだが
如何せん、スピード練習が日頃から足りてない俺たち。
そんなわけでリカバリが400mと
かなり長めに取られていて
これは本当にありがたい。。。

モリタ所長とSAWAくんは
65秒から72秒を意識して行っていたようだ。
1000mでいう3分一ケタのペースだ。

オレは3’20”/kmを意識した感じで
72秒から80秒を意識する。

10本中7本までは
それをなんとか意識できたが
8本目以降から筋肉痙攣が起こりだし
非常ブレーキが作動する始末だ。

最後はダメダメだったけど
なんとか10本はこなせて
充実感ある週末と練習会を同時に過ごせたと思う。

また機会があったら
こういった練習会に参加したいと思っている。


【 2015年 5月 10日 ( 日 ) の練習 】
自主トレ AM8:45 ~ AM9:50
・ アップ1000m
・ 5000mジョグ ( 富士森競技場舗装路 500m × 10 )
   1km  4’31”
   2km  4’26”
   3km  4’28”
   4km  4’24”
   5km  4’24”  22’15”
・ダウン1000m
・回送ジョグ 3400m 自宅 ~ 労政会館

18:55 ~ 20:20 天狗の宴 練習会
八王子 ・ 富士森競技場
・ アップ1000m
・ 400mインターバル × 10本 ( リカバリ 400m × 10 )
   1本目  85”
   2本目  77”
   3本目  74”
   4本目  73”
   5本目  72”
   6本目  73”
   7本目  74”
   8本目  80”
   9本目  83”
  10本目  80”
・ ダウン2000m ( 400m × 5 )


【 2015年 5月走行距離 】
日計 21.4km
累計 90.7km

勝つことへの執念、そしてむずかしさ  #1

2015.04.29

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

2015年 4月 29日 ( 祝 ・ 水 )
矢吹 ♪ 2015 Fighting Conscious For EKIDEN #11

高尾山走術研究所
第27回 横浜駅伝参戦記
“戦え! Dream Fighters 2015th”


4月29日(水) 昭和の日の今日
俺にとって4回目の参加となる“横浜駅伝”
早速だけど、レポートといくかな!

昨年に引きつづき俺は
選手としての参加ではなく
サポートとしての役目に徹した。

それは主に
クルマを出動させての資材 ・ 人員運搬と
走るみんなの写真撮影だ。

まずはレース会場に向けての
資材 ・ 人員運搬

前日の4月28日 ( 火 )
仕事から帰宅したオレは
明日の待ち合わせに合わせて、21時に就寝し
その翌日の深夜1時に起床し、
深夜3時、SAWA練習リーダー長をクルマにのせて
さらに富士森にて、ネコ監督をのせて
走術 ・ モリタ所長宅へ、深夜3:20にて集結する。

レース当日、深夜3:30
モリタ所長宅にて、駅伝資材 ・ ビール等を
自家用マシーン ・ 銀ちゃんに積みこんで
深夜3:40ごろ、所長宅を綱島にむけて出発する。

そこからまもなく、圏央道に乗りこんで
海老名JCTから東名高速に入り
明方のトラックの多い、わが国の物流の大動脈 ・ 東名高速を
東にむかって走らせる。

【 本日の 横持運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 圏央道 ・ 高尾山IC ~
圏央道 ・ 東名高速 ・ 海老名JCT ~ 東名高速 ・ 横浜青葉IC下車 ~
横浜市内綱島 ~ 横浜駅伝会場近隣パーキング ~
東名高速 ・ 横浜青葉IC ~ 東名高速 ・ 圏央道 ・ 海老名JCT ~
圏央道 ・ 高尾山IC下車 ~八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅

【 本日の 横持運行距離 】

169.0km

車中では
早朝からみんな遠足気分で
モリタ所長をはじめとする面々は
かなりウキウキ!♪

そんなこんなで


5:19AM
会場に到着して、設営開始だ!




4名で旗をたて終ったところ・・・、



早朝5:20の時点で
こんな感じにガラ~ン




朝7:30
ほかのチームも会場入りし
徐々に駅伝ムードが高まる




おなじくして
7:30AMの画像なり




今回、走術チームとしては
初めての旗たてで、4チーム上位入賞に向けて
気合がこもる




せっかくなんで
俺 ・ 矢吹 ♪ も
記念撮影☆




7:59AM
毎度おなじみの大会側の設営も
これにて終了 ♪



この駅伝は・・・、
大会のデコレーションそのものは
かなり質素で地味だが
7区間で合計距離がフルマラソンとおんなじ距離設定で
なおかつ各区間の距離が
全国都道府県駅伝と同一であることかどうかは知らんけど
上位強豪チームが終結し、熾烈な戦いが
毎年繰広げられているのである。

いろんなチームの寄集めで構成されている
八王子の秘密結社 ・ 高尾山走術研究所の
おもな目標は

一般男子 優勝
一般女子 3連覇
混生男女 優勝

以上を柱に目標を半年前から掲げて
みんなで楽しくすごしながら
強豪チームと戦ったのであった。

9時前に
ほかの走術メンバーが到着し




こんな感じに



みんなでだんらん。。。



しょっと大変御こころ苦しい画像で
誠に申し訳ないが・・・、
レース前の集合写真



レース前の走術 ・ 強豪メンバー
向かって右から
高尾山走術研究所       モリタ所長
八王子走ろう会          SAWA練習リーダー長
有名ブランドのアパレル店員 もがく者さん




走術研究所 ・ 女子メンバー
さっ、このなかで
ある種のスーパー兵器が
どこかにいらっしゃる!?

読者諸君、見つけられるかな ( ? ・ ? )



9:51AM
そして、駅伝レースが・・・、



いよいよ・・・、



10:00AM
は ・ じ ・ ま ・ る ・ よ ☆


この間
俺 ・ 矢吹 ♪は
昨年に引き続き
モリタ所長の一眼レフカメラを手渡されて
みんなの勇姿を撮りまくるのである。

オレの力作は
モリタ所長のブログで確認してね ♪
( ← クリックしてね ☆ )


【 2015年 4月 29日 ( 祝 ・ 水 )の走行 】
10:00AM ~ 12:00PM
横浜駅伝撮影ジョグ 5000m

【 2015年 4月走行距離 】
日計 5.0km
累計 286.82km





やがて
カラスかぁ~と
時は流れて・・・、


結果発表!


男子  準優勝
高尾山走術研究所猫
2時間19分43秒




賞状持ってよろこぶ
ポカリおねえさん ♪




ネコ監督も
ご満悦の様子!♪


つづくでぇ~
   ↓
   ↓
   ↓

勝つことへの執念、そしてむずかしさ  #2

2015.04.29

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

つづき
だよぉ~ん ♪



混成 3位
高尾山走術研究所 光
2時間25分26秒












女子  準優勝
高尾山走術研究所 翼
※タイム不明



19位
高尾山走術研究所 夢
2時間29分34秒



こんかいをふり返って
オレ自身がこんかいは完全な裏方にまわって
楽しかったというよりかは、学んだことが多かった一日だった気がする。

まずは会場での場所取り ・ 設営に携わらせていただいて
朝早くからのファンタジーな世界を堪能したこと。
これはオレだけでなく、ネコ監督や所長さん、SAWAくんも
そうだったようで、みんなカラダきついなか
貴重なある種の青春時代のようなときを
過ごしたんじゃないかな☆

遠足みたいな気分だったし♪
なんだか新鮮だった!

あとはオレ自身は直接携わっていないけど
優勝に向けた取り組みって
とっても簡単じゃなくって、
試行錯誤等を絶えずめげずに繰り返さなきゃいけないんだな~
って思った。
ただ足が速いだけでは勤まらなくって
人選 ・ 人脈 ・ 戦略 ・ チーム配置
が、パーフェクトになされてないと
むずかしい。。。

唯我独尊的 ・ 一匹狼なオレには
ちょい勤まらないかも。。。

今回はチームの中に優勝は果たせなかったけど
ほんとうのWinnerは
やっぱし大会主催者だろう。

道路を借切ってレースするなかで
一般歩行者等がいらっしゃるなかで
レースは行われる。
ここ最近、いろいろとスッタモンダがあったなかで
今年の開催自体は壊滅的な状態であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんななか
嬉しいことに開催に至り
オレもみんなも、ほかのチームの方々も
祝福のときをすごしたに違いない。

こんかいの本当の勝者は
横浜駅伝に携わった
オレたち全員なのだ!


高尾山走術研究所
第27回 横浜駅伝参戦記
“戦え! Dream Fighters 2015th”

               

集団組織力を高めろ

2015.03.22

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

comment(0)

2015年 3月 22日 ( 日 )
かすみがうら2015向け 技術開発NOTE その10

高尾山走術研究所 ・ 臨時特別練習
30000m Highway Cluising Drive
          For 4’00”/km


ペースメーカー SAWAくん 
集合場所    八王子市役所 周辺 ・ 河川敷
練習時間    9:00AM ~ 12:40PM
参加者      5 名

今日は・・・、
走ろう会の例会があって
例会メニューは、八王子大学めぐり ・ 創価大学であった中
オレとSAWAくんは、かすみがうらのフルに向けて
別メニューをこなしたのだった。

準備体操までは、走術メンバーも
走ろう会とみんなで行い
そこからは各グループ別での練習に移行する。


今日は
高尾山走術研究所 ・ ピンクTシャツで
練習だあ!

さて
その走術チームのメンバーは
以下の通り
       ↓
       ↓
       ↓


左から・・・、
・ 俺 ・ 矢吹 ♪
・ 高尾山走術研究所 ・ モリタ所長
・ 根津っちさん
・ 元実業団、八王子の女帝 ・ ヒロセ女王様
・ 八王子走ろう会 ・ SAWA練習リーダー長

以上5名である。


30kmペース走のポイント
・ 30kmという距離をきっちり走りきる練習
  その上で、きちんと4’00” /km = 2゜00’00” を走破する
・ 集団での組織的な環境に慣れさせて
 レース中でのオーバーペース予防のための予備訓練
・ 集団組織力づくりにおける
 レース中での集団内のポジション取りおよび
 集団コミュニケーション養成のための走り込み
以上が、こんかいの練習における趣旨と目的である。

コースは
八王子走ろう会公認コースで
八王子市役所 ~ 横山橋の公園 ・浅川ゆったりロードを使用し
そこの往復5kmコースを、ひたすら6往復する。
ある種、忍耐力が伴わないと
とてもじゃないけど、こなせない練習である。


スタート ~ 10km
こんかいは、この5名全員が30km行うのではなく
30kmの予定は、俺 ・ 矢吹 ♪、SAWAくん、根津っちさんの3名のみで
モリタ所長と、ヒロセ女王様は途中で抜ける予定であった。
最初の10kmは、心なしか3’50”/kmという割かし速いペースを刻みながら
みんなとの部活っぽい、心地のいい一体感を感じながら走りつづけていったのであった。

~10kmまでのラップは
以下の通り

   1km  4’01”
   2km  4’02”
   3km  3’52”
   4km  3’57”
   5km  3’52”  19’46”
   6km  3’56”
   7km  3’59”
   8km  3’48”
   9km  3’48”
  10km  3’51”  39’10” ( 19’24” )


~20km
この間の10kmでは、15kmに差しかかるところで
モリタ所長と、ヒロセ女王様が2人で、セミ ・ スプリントダッシュをかまし
15kmでヒロセ女王さまは、集団走から離脱。
そして20kmにて離脱予定のモリタ所長は
15km地点から、かなりのスピードで飛ばしていったのだった。
たぶん・・・ラスト5kmは、3’30”~3’40”/kmペースだったのだろう。。。

あとから聞いた話では
モリタ所長は、昨日の夜勤明けで30km。
きょうは20kmとこなしている・・・!
俺とは大きく異なり、とてつもない走力の持ち主!

んで、オイラは
SAWAくんのペースメイクに則って
キロヨンペース±5秒で、残った3名で
きっちりこなすのである。

~20kmまでのラップは
以下の通り

  11km  3’48”
  12km  3’54”
  13km  4’06”
  14km  3’54”
  15km  3’55”  58’43” ( 19’33” )
  16km  4’05”
  17km  4’11”
  18km  4’03”
  19km  3’59”
  20km  3’55”  1゜18’59” ( 20’16” )


ラスト10km
20km走った直後
予想外のことが起こる・・・!

なんと暑さに参った
SAWAくん、集団から離脱!
そして根津っちさん、小集団から遅れをとる・・・。

あれれ・・・、
オレだけ・・・!!?

仕方がない
マラソンは自分との闘い系スポーツだから
最後に頼れるのは、己だけなのだ。

田舎レースなんかじゃ
こういうのはつき物だし
こういう環境化のほうが
むしろ慣れっこだったりする。

ところが
ラスト5kmで失速。。。

のこり5kmが
いつものレース展開みたいにつらかった。
そんなこんなで

30kmペース走は
無事終了・・・

するのである。

~30kmまでのラップは
以下の通り

  21km  3’56”
  22km  4’10”
  23km  4’02”
  24km  3’59”
  25km  4’02”  1゜39’09” ( 20’10” )
  26km  4’37”
  27km  4’29”
  28km  4’27”
  29km  4’09”
  30km  4’40”  2゜01’34” ( 22’25” )


【2015年 3月 22日 ( 日 )練習】
8:30AM ~ 12:00PM 高尾山走術研究所 ・ 臨時特練
八王子市役所周辺 浅川河川敷
・ 回送アップ 3200m
・ 芝生アップ1180m
・ 30000mペース走 ( 市役所 ~ 横山橋の公園 × 6往復 )
    ※ タイムとラップは
      本文参照のこと
・ 芝生ダウン1180m

【2015年 3月走行距離】
日計 35.56km
累計 239.54km


あとがき
今日はレースに向けての
実践的な練習がこなせた。
こういった練習はきっと、ひとりでこなすのは
結構厳しいかもしれないなかで
SAWAくんからのオススメで行ったのであるが、

日頃、自分の走力に準じた仲間達との
こういった組織的集団走をこなす機会が
なかなか無い中で
貴重な時間を共有できたんじゃないかなと思う。

こんかいの練習のように
小グループでの集団組織力を養えれば
本レースでいろいろと応用できそうである。

こんかい感じたのは
そのくらいかな。

またこういった機会を設けさせていただいて
習得できたことがあったら
その都度、ここにて
遠慮なく書き記しておこうと思う次第である。
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.