アロー独走

Changing The Future , NOW♪

雨のなかでの富士登山

2014.06.28

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(0)

走ろう会 ・ 富士登山試走 2014

【6月28日(土)の練習】
8:30~12:40
富士登山試走 20200m 
          パインズパーク~富士山五合目・佐藤小屋の往復
          吉田口登山道を使用
※タイムは、時計持出し忘れのため計測なし
メンバー) ハーボーさん tatedaさん Zakiさん ワンダさん Nagachanさん
       Kitaさん 亀三さん 俺 ・ 矢吹♪


【6月走行距離】
313.4km

6月28日(土)
6:00に八王子市役所に集合して、
ZAKIさんのクルマで一路、富士山へ向かう。

今回も毎年恒例の富士登山試走。
とはいっても、今年も富士登山競争に
エントリーはしていないけど
練習には今年も参加した。

だって俺は
富士山が好きだから☆

今回のコース
パインズパーク~五合目 ・ 佐藤小屋の往復
20200m 吉田口登山道を使用


今回は
前回以前以上に
走りに集中してみたかったから
写真はちょっと少なめだけど

今日は当初から雨天。



今日の馬返し
雨天だけあって
クルマ少ない



馬返しより
登山道を望む





佐藤小屋にて
左からKitaさん
Zakiさん
俺・矢吹♪



吉田口登山道・五合目、佐藤小屋
こんな雨でも、ランナー多し



佐藤小屋の標高
この標高の数値は
北海道の最高峰、大雪山・旭岳とだいたい同じで
東北地方の出羽富士・鳥海山とは、ほぼ同一の高さ。
すべての北海道の山々を凌ぐ、富士山五合目の標高。



でもここは
富士登山の中間地点

ここいらで
あったかいコーヒー吞んで
俺たちは下山を決意する。

そんな中
久々にアーミーさんにあって
アーミーさん一行は
競争本番直前に、登頂・・・・・を
目指すんだそうな。。。

さて彼女らは
どこまで登ったのかな?


本当は
年に一度の富士山登頂を
したかっかけど




これでは
ムリだろう。

話によれば
7合目・標高2800mで
風ぴゅーぴゅーだったらしい

富士山登頂ならずで
残念だったけど
次の機会に楽しみにしておこう!

新規世界遺産の地で、グロッキーになった俺・矢吹♪

2013.06.30

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(0)

        走ろう会有志 ・ 富士登山試走 2013


去る2013年 6月29日(土)
6:00に八王子市役所に集合して、ZAKIさんのクルマで一路、富士山へ向かったのであった。



今日の富士山、
山頂に雲がかかっている・・・。




中央道の料金所を下りるころ
富士山、見えはじめた!☆



今年も“吉田口登山道”の1合目の馬返しから
富士山山頂の往復練習をおこなうのであった!

それではその模様をお伝えしよう!



いつもここに停める
馬返しの駐車場・・・。
AM8:20の時点でごったがえしている・・・!




それにしても、
富士登山競走の人気・・・、
すごいなぁ。。。

馬返しに停められないクルマは、
このように道の路肩に停めるのを余儀無くされるのだ。
だから、この1~3kmくらい下の“中の茶屋”にも
富士登山の試走と思われるクルマでごった返していた。
俺が初めて富士登山の試走に参加したのは、1999年。
かれこれ14年前の話に遡るのだが、
当時はそれほど世に知られていないマイナーなレースで、
マラソンが今みたいにここまでブームでなかった頃だから、
富士登山競走の話をしただけで変わり者扱いされるくらいに参加者が少なかった。

いまは5合目コースの完走実績を予めにつくっておかないと、
山頂コースにエントリーできない。
ただ、俺が富士登山競走に出ていた頃は
今ほど参加者が多くなかったんで、
実走経験がなくても誰でも山頂コースにエントリーできた。

ただ、レースの制限時間は昔も今も4時間半と決まっているので、
11:30を迎えた時点で競技は打ち切りとなる。

さて本題へ戻ろう。


試走前の俺・矢吹♪
今年も昨年同様、本レースにはエントリーしていないが
試走に参加をしたのであった。



今日の走ろう会・試走メンバー



試走してしばらく
5合目の佐藤小屋まで樹林帯がつづく・・・。



その途中、
なんと・・・!?



ここ、新規世界遺産の地・富士山で
トレラン友達とご対面☆♪


なんと彼女・Yukiさんは
グレートピレニーズ犬「すずちゃん」と富士山でお散歩。。。

今日はYukiさんとすずちゃんは、馬返し~6合目を往復したそうだ!
ちなみに彼女とピレ犬「すずちゃん」はよく頻繁に奥多摩の山を散歩していて、
最遠でも雲取山の往復をしている強者だ!
さらにすごい、というか驚いたのは、
このワンちゃん、北アルプスも攻めているスゴイ・ワンちゃんなのだ☆
彼女のカワイイ・ワンちゃんブログにぜひおじゃましてみてね!♪
華たんとすずたんのドタバタ日記(←クリックしてね☆♪!)



さて
五合目佐藤小屋に到達するも・・・



俺はグロッキー状態に陥ってしまう。。。


馬返しから6km











同じく7km










あと2km











残りあと1km!












この鳥居を・・・、



潜ったさきに・・・?



やっと山頂に到達だ!


馬返しからの山頂到達タイム。。。

ちょっと時間かかりすぎたかな。。。





山頂での僅かな時間のひと時。














山頂から~馬返しまでの下り。

下山道はロープが張られていたので
仕方なく登山道を下山する。

カラダに酸素が充分まわっていないせいか、登山も下山もきつかった。
登山では意識が朦朧としている中、一歩一歩の足が出て行かず、
下山でも朦朧としているなか、何度も岩場でこけそうになった。

かつて俺がこの登山競走に参加していたときの試走でも、
本戦では好タイムをマークしてても、
試走ではいつも遅れをとってしまってた。
毎年のこと、その年最初の試走では
決まってグロッキーになっちゃうんだ。。。

最近当レースへのエントリーをしていないが
このレースで一番辛いのはレース中ではなかった。
スタートの富士吉田市役所~富士山山頂を行く鉄人レースなのだが、
僅か3時間半ちょいで走破した後、
一気にスバルライン側の5合目に自力で下山したあとの
市役所行きのバスの車中がいちばん辛い。。。

スバルライン走行中ヘアピンカーブに揺られて、
カラダがシェイクされまくって、
吐きそうになるくらいにグロッキー状態に陥るんだ。
レース中なんて、無我夢中でトランス状態になったかのように
富士山を攻撃的に攻めるから、ゴール後の身体への代償が強烈なんだ。。。

でも、
そんなつらい想いしてまで
半自殺行為まがいなことを冒してまで
なぜこの戦いにみんな挑むのだろう。

それは
偉大なる富士山と共存して
天高く聳える富士山を自分自身の等身大に見立てて
己に勝つために
自分自身に負けないために
強い自分を手に入れるために
この闘いにアスリートたちは挑むのだろう。
だから、富士登山競走はフルマラソンとは訳が違うんだ!
己に勝つ充実感と優越感
そして、達成感をもとめて・・・。

憧れの地、富士山に
俺たちは勝つために・・・。



富士山山頂~馬返し・下山タイム

今日はなんとか富士山登頂を果たせて本当に良かった。
登頂を果たせるとそれだけで幸せを感じるな。
やっぱし俺は富士山が大好きだ!
帰宅して富士山登頂の回数を日記帳を元に数えてみた。

矢吹 ☆ 競一郎
生涯富士山登頂回数

  15回! 1999年~2013年
※ 但し2000年~2002年10月まで日記帳の記載がない為、この間の登頂回数を含めると
  推定20回は超えていると思われる。


【昨日の練習】
・回送アップ3200m
・富士登山試走 10000m 登り 8:30~
   馬返し~富士山山頂 吉田口登山道を使用
   タイム 4゜07’16” 
      24’43”/km
   1km 12’41”
   2km 14’59”
   3km 25’59”
   4km 17’01”
   5km 16’50” 1゜27’30”
   6km 23’08”
   7km 34’44”
   8km 36’50”
   9km 32’00”
  10km 33’00” 4゜07’14”(2゜39’44”)
・富士登山試走 10000m 下山
   富士山山頂~馬返し 吉田口登山道を使用 
   1km 19’57”
   2km 13’19”
   3km 15’21”
   4km 21’26”
   5km 18’36” 1゜28’42”
   6km 8’21”
   7km 4’09”
   8km 15’57”
   9km 10’28”
   10km 7’55” 2゜17’49” 
  

【6月走行距離】
日計 23.2km
累計 304.98km

【2013年度6月走行距離】
今月の累計   304.98km
2013年度計   945.9km 4月始まり
マラソン総累計 47267.0km Since April.1 1990th
凡例 
   
    累計 300km未満 白
        500km未満 
        500km以上 

目指せ! 富士山頂♪

2012.07.16

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(0)

              走ろう会有志 富士登山トライアル2012 Vol.1
            馬返し~富士山五合目・佐藤小屋


去る7月14日(土)
走ろう会有志で、富士登山の試走を行った。
今回のメンバーは、富士登山競争に参加するZAKIさんたち総勢5名。
俺は富士登山競争には参加しないが、試走に参加させていただくことに。

それでは早速ではあるが、レポートへと参ろう。



ねじりはちまきを巻いているようにかさ雲がかかっている!
富士山の上は強風が吹き荒れているのであろうか!?
なんだか心配だ・・・。



久しぶりの富士登山に不安を隠せない俺。。。



吉田口登山道・一合目



こんなかんじの山道をひたすら登る



富士山山頂まで、あと8km。
山道の8kmは、むちゃくちゃ長い



これがあの有名な「佐藤小屋」



六合五尺目からみた山中湖



このあたりから森林限界が終わり、
さらに山頂へとつづく・・・。

読者のみんな!
↓へGO☆

天空の世界へとつづく道

2012.07.16

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(0)

              走ろう会有志 富士登山2012 Vol.2
         富士山五合目・佐藤小屋~山頂直前




6合5尺をすぎると、こんな感じの砂地がしばらくつづく



辿り着きそうに見えて、なかなか辿りつかない



こんな岩場を登った先には・・・



標高2700mの7合目の山小屋へとたどり着くが・・・、
この時点くらいから8号5尺くらいまで、台風並みにつよい強風にさらされる。。。



落石注意
はい、ごもっとも。




さらに険しい岩場と登って・・・


9合目の富士山ホテルにたどり着く。
俺は遅れをとってしまい、ZAKIさんを待たせることに・・・。
「矢吹♪くん、かぜ強いけど、登るかい?」とZAKIさんに聞かれるが、
俺は「もちろんです!
   こんな強風、どってことありません!」と答えてみんなと一緒に最後の力をふりしぼった。



もう天辺が見えてきた☆



うしろを振り向くと雲海が。



最後のさいごで、
この鳥居をくぐると・・・?
そこは?????????



更につづく
↓↓↓

山頂到達♪

2012.07.16

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(0)

             走ろう会有志 富士登山2012 Vol.3
              山頂到達 そして下山




先ほどの鳥居をくぐり、
やっとの思いで、山頂到着!
実に2008年以来で4年ぶりの快挙



山頂の山小屋



山小屋の食材は



下からこうやって運び込めれる



山頂から観た雲海



噴火口は霧で見えず、
と同時に、突風にやられる



山頂をあとにするまえに
こま犬と2ショットする俺♪


下山途中、NHKの気象予報士の平井アナウンサーに取材を受ける俺。

再来週の27日金曜日の「ゆうどきネットワーク」に俺が映ってしまうかもしれない。

けど、あんまり期待しないでね~

今回の富士山登頂はじつに4年ぶりであったが、久しぶりに果たせて感無量だ。

ZAKIさんをはじめとしてご一緒したみなさん、ありがとうございました☆!

富士きっつ。

2012.07.14

category : ・ Attack the Mt. FUJI Trial !

comment(4)

やったぜ!

2008年以来、

4年ぶりの・・・、

富士登山・登頂成功

で・・・、

毎度、毎度、俺は、

富士登山すると、

必ずといっていいほど、

B型の性格を発揮してしまう・・・

もちろん、今回も☆!


あぁ~、

馬返しから富士山山頂を往復して、今日はもうつかれた。。。

思考能力が停止しそうだ。


あしたもまた、山登り♪

しかもまた朝早い!

奥秩父山塊の“瑞牆山”に登りに行く。


というわけで、

後日報告をいたす。

おたのしみに☆


<今日の練習>
9:20~16:30
20000m 富士山トレイルラン 馬返し~五合目・佐藤小屋~富士山・山頂の往復
     ※ 吉田口登山道を使用
     ※ 富士山・山頂からの下山道、使用せず
 馬返し~佐藤小屋     1゜03’30”         14’29”/km
 佐藤小屋~富士山・山頂 4゜07’22”(3゜03’52”) 30’04”/km
 富士山・山頂~佐藤小屋 6゜24’16”(2゜06’54”) 29’29”/km
 佐藤小屋~馬返し     7゜08’33”(  44’16”) 16’09”/km


<7月走行距離>
日計 20.0km
累計 174.72km

プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.