アロー独走

Changing The Future , NOW♪

第8回 武甲山 Athletic GRAND PRIX  #1

2017.06.25

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

去る、2017年 6月 11日 ( 日 ) 、
矢吹 ♪ The Blue Thunder #7
矢吹♪ The FASTECH For Sky Racing Operation #9
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


俺 ・ 矢吹 ♪ Sky Racing Project
第8回 武甲山 Sky Cluising
     Athletic GRAND PRIX

               参戦記


話はだいぶ前の
ことになってしまったが、


去る、2017年 6月 11日 ( 日 )
      は、

第8回 武甲山トレイルレースに参加
したのである



そんでもってこの日のオレは
    いつもの
 ❝ 矢吹 ☆ 競一朗❞
    ではなく・・・、


からだ中に、特高圧電流が炸裂する
矢吹 ♪ The ブルーサンダー に変身じゃぁ



これを着たとたん
交流25000ボルトの
特高圧電流が
オレの体内をみなぎるぜぇ
⚡⚡⚡




こんかいもまた
写真左端の職場のなかまで
トレランなかまの

yukiおねえさん ( ←クリックしてね☆♪) 親子らと、



その仲間たちとで
参戦じゃぁ~っ♪

まずは
いつものように
簡単にあらすじ

レース当日の深夜4:00に起床し
朝5:50に八王子の自宅を出発する。

これは去年より起床が20分遅く
出発も一時間近くおそくなってしまうことに・・・(><)


7:29
昨年以来に眺める
本日のレースの舞台・・・、
秩父の要塞のようにそびえ立つ

武甲山 ( ← クリックしてね ☆ )
乱掘前の標高   1336m
現在の標高     1304m
所在地        埼玉県 秩父市、秩父郡横瀬町
山系          秩父山地 ・ 奥秩父山塊
種類          隆起 ・ 石灰岩
これから走って登るのかぁ。。。
と、まじまじ・・・・



コンビニでレース約2時間前に
簡単に食事を済ませて・・・、




8:02
職場のトレラン仲間と合流する
レース会場に去年より約40分遅れで到着する




8:17
レース会場およびスタート地点は
武甲山がよく見える羊山公園だ



さてここで
こんかいの特別ゲストを
ご紹介
( ♪ ・ ♪ )

8:50
オレたち、アラフォー & アラフィフ世代にとって
アイドルのように輝かしくて美しい
高尾山走術研究所の秘書でもある
美女系ランナーのこのお方は、




8:50
なんと先週は
奥武蔵のトレイルレース
山奥のなかの78kmを、7時間08分14秒で走ったという
強靭な走りの持ち主!!




9:06
そんな彼女は、



9:06
トレイルランナーでもありながら
じつは別の顔をもっていて、




9:06
ロードでは、フルマラソンの持ちタイムが
3時間12分という自己ベスト記録保持者で
しかも、国際女子マラソンレースの常連者でもある。




9:06
オレと同じロード出身の彼女、
もしもオレ同様、トレイルランニングに両脚突っ込んでなければ
彼女自身も、フルで3時間斬りはおそらく堅いだろう。。。




9:06
オレも彼女も、
お互いトレイルランニングの世界に
両脚突っ込んだ今となっては




9:06
オレとほぼ歳が近く 、



9:06
トレイルの走力が
ほぼほぼ互角で
今やお互い良きライバル♪




9:07
いろんなところでお会いする
この彼女とは




9:07
レース上のフィールドでは
いつだってライバル視全開で
勝ったり負けたりとを
絶え間なく繰り返す。




9:07
ここ最近まで
勝ち越しだったオレに・・・、
彼女はオレに挑戦状を叩きつける

「 今日こそは・・・、
 打倒 ・ 矢吹 ♪
 あいつには、絶対に勝ってやる👊 」



そう・・・
もうここまで来たら
読者諸君、彼女が誰だか
お分かりだね??!



スタート前に
グレートピレニーズ犬と
じゃれまくっていた
そのお方とは・・・、


9:07
エリカおねえさんだぁ~♪!
( 👆 クリックしてね☆ )

さぁ、そのライバルとの
戦の行方は、いかに??!


結果は・・・、

ぼく・・・、
えりかお姉さんに
負けちゃったぁ☆

てへっ


つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

第8回 武甲山 Athletic GRAND PRIX  #2

2017.06.25

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

つづき ♪

やがてレース開始30分を切ったころ
開会式が行われ始め、


2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
レース会場の羊山公園にも
たくさんのチャレンジャーが集い始めてきた。




2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
スタート地点のようすは
こんな感じ。

今にはじまった話ではないのは
読者諸君にもすでにご存じだろうけど
選手たちはスタートとゴールともに、このマットを通過しなければならない



2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
参加者全員のレース記録は大会本部にて
このようにコンピューター管理されており
後日もしくは即日、インターネット配信されるのである
つまり・・・、

「 大会申込者は、大会の映像・写真・記事・記録等において
新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾する
なお、当該大会の映像・写真・記事・記録等の掲載権・使用権は主催者に属する 」

というのがレース参加者の絶対条件として
定められているんだなぁ
まっ、今更どうだっていい話だけど。


やがて
スタート地点に
トレラン仲間 ・ えりかお姉さんと整列し
朝9:30にて運命の


武甲山トレイルレースのときを
迎え撃つのである!




First Sky Racing Chapter
羊山公園スタート ~ 武甲山登山口 10000m

   1km    3’52”
   2km    4’41”
   3km    4’47”
   4km    4’27”
   5km    4’41”     22’30”
   6km    6’11”
   7km    7’25”
   8km    7’37”
   9km    9’08”
  10km   22’10”   1゜15’04” ( 52’34” )

本日、9:35ころ
yukiおねえさんphoto
スタート直後
羊山公園内を力走する

矢吹 ♪ The ブルーサンダー



2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
今年から序盤の山道でもある
琴平ハイキング道は、使用されなくなり、
最初のエイド ・ ステーションの大渕寺までの5km区間は
ロード区間に変更された

いちおう今回についてのことで来年以降は
どうなるか定かでないが
自然保護の観点で従来なら最初のエイドまで
アップダウン激しいハイキング道走行を強いられた訳だが
ことしは照り返しの激しい舗装路に変更された。

とにかくこの日は暑く、しかもオレ・・・、
まちがえて18Lザックを装着したため
最初のエイドまで荷物が重くて堪らなかった・・・。



2015年 6月 14日 ( 日 )の画像  
最初のエイド ・ ステーションで
ポカリと軽食をすこしだけ平らげるが
この時はまだ、えりかお姉さんに
抜かれていない

じょうだん抜きで、練習不足であるオレは
いつかえりかお姉さんに抜かれるであろうと
そわそわしながらなのか
ここで時間を費やさずに、そそくさ最初のエイドを
離れだすのである。



2015年 6月 14日 ( 日 )の画像
やがて登山口へ通じる林道へと進入したころ
この先に行ったあたりで
えりかお姉さんに抜かれてしまう。。。


えりかお姉さんに
可愛い声で
「わんわん

と、ささやかれ

オレはなりふり構わず
遠吠えを上げる

「 わぉぉぉぉぉお~~~~~ん 🐕🐕🐕

それを聞いてた
えりかお姉さん、
めちゃ恥ずかしそうに
オレを抜き去って行ったんだそうな。。。

めでたし、めでたし?




2015年 6月 14日 ( 日 )の画像
えりかお姉さんにあっけなく抜かれたオレ、
2つ目のエイド ・ ステーション
武甲山登山口に到達し、
この後のオレは、自分のペースだけを崩さぬよう

惰性走行を行いながら
武甲山の奥へと突き進み始めていくのである。




Middle Sky Racing Chapter
for climb & traverse
武甲山登山口 ~ 延命水AS 10000m

経由地 : 武甲山御嶽神社 ・ 小持山頂上 ・ 大持山頂上 ・ 妻坂峠
※ 武甲山頂上展望台へは経由しない
   11km   18’00”
   12km   17’29”
   13km   10’27”
   14km   23’03”
   15km   15’01”    2゜39’06” ( 1゜14’02” )
   16km    6’59”
   17km   12’34”
   18km   12’15”
   19km    6’15”
   20km    3’25”    3゜20’32” (   41’26” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   1076m
   内訳 大渕寺AS付近   →   武甲山 ・ 御嶽神社   1055m (  240m → 1255m )
       子持山頂上     →   大持山頂上          21m ( 1273m → 1294m )
                  合計                1076m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約7時間30分



本日、10:53 ころ
2つ目のエイドからの
武甲山頂上へのアプローチは

トレイル ・ アスリートとして
登りを得意とするオレは
ここでの最大の難所で、後半に力を残すことを念頭におきながら
15’00”/kmペースを意識して
急登場面を攻め行くのであるが、

この日の急登斜面へは
オレ自身、思うように攻められず
四苦八苦を強いられる (><)



2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
その途中
これから縦走する写真左のピークの小持山と
写真右のピークの

大持山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1294.1m
所在地  埼玉県秩父市・秩父郡横瀬町
山系    秩父山地
を見ながら登っていき、



2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
秩父の山々を眺めながら
走って登って、
やがて・・・、




本日、11:15 ころ
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、既存増量 & 軒先累計 ・ 第12件目
武甲山 ・ 御嶽神社 ・ 登頂達成ぇ~っ♪

するも・・・、
こんかいのレースの最高地点であって
すぐそばの武甲山の頂上は経由しない。




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
こんどめざすステージは
写真正面の小持山と大持山の
縦走だ。




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
秩父の山の奥へとつづくこの尾根は
まさに自然の宝庫

なんだけど、こんかいの武甲山レースでは
先ほどの急登場面で
出力抑制したせいか
練習不足ながらも、苦戦することなく
自分のペースでどうにか尾根筋を攻められた。



2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
それはそうと・・・、
武甲山 ~ 大持山への尾根筋は
こんな岩の脇をまたいで通過したり




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
オレが最も苦手とする場面での
コース上の岩場にて
ライバルたちに抜かれまくり・・・、




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
とちゅうの通過地点、小持山頂上を経由して



2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
レースを中断して
写真撮影したくなるような
山の上を縦走するんだから・・・、




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
自分で参加しといて
書くのもなんだけど




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
トレイルレースって
つくずくド変態プレーだなぁ~って
毎回ながら思うんだけど




2015年 5月 30日 ( 土 )の画像
さらにこの道を
突き進んで


やがて・・・、





本日、11:58ころ
尾根筋上の
15km地点を通過していくのである。



さらに、つづく
   ↓
   ↓
   ↓

第8回 武甲山 Athletic GRAND PRIX  #3   The Final Tracks

2017.06.25

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

これで
最後 ☆♪



2015年 6月 14日 ( 日 )の画像
やがて縦走ステージは終了し
こんどは延命水エイド ・ ステーションに向かっての
ゲキ下りだ!

ここでの下り坂も、下りきるまで
だいたいこんな感じのロケーションだ。
下り坂好きなランナーにとっては
きっと本当に楽しいステージだろう・・・!

なんせ、スキーの大回転みないに
かっ飛ばせる訳だから。

けど、オレにとっては、下り坂は怖さ以外の
何者でもなかった。

しかも、いま装着中の
イノベント ・ トレランシューズもだいぶヘタってきてるし
スリップ注意しながら慎重に下山し、
やがて
山道の下り坂を完全に下りきって
延命水エイド ・ ステーションに到達するのであった。



The Final Sky Racing Chapter
延命水AS ~ 羊山公園ゴール地点 7000m

   21km    5’17”
   22km    5’48”
   23km    6’50”
   24km    6’25”
   25km    6’19”    3゜51’13” ( 30’52” )
   27km    6’51”    3゜58’05” (  6’51” )

最後から2番目のエイド ・ ステーションを過去ると
こんど現れるのは



2015年 6月 14日 ( 日 )の画像
セメント工場たちのあいだを
駆け下りるステージへの移行だ!

のこり7kmのロードの最初は
秩父の街らしいこの光景。。。
地方のレースらしく、道路の規制は一切されていないこのエリアで
大型ダンプやら、生コントラックが往来するなかでのレースっていうのは
毎度のことながらホンマに奇妙な光景だった。


こんかいは、晴天に恵まれたことにより、
照返しのつよい燦々とした直射日光が
オレたち選手のみんなに直撃した。

20km山業したあとに残り7kmで
日干し地獄に陥るわけだが、
暑さが苦手なオレではあるけれど
こんかいは、本調子でないながらも
少なくとも3時間斬りをしなくてはと意気込んでいたんで
後半7kmを如何にして失速しないよう、務めるかがカギだった。


そうやって思いながら
真後ろをふり返ると・・・、


2016年 6月 12日 ( 日 )の画像
乱掘されて痩せ細ったとはいえ
直下から眺める武甲山の光景・・・、

まさに大迫力!
・・・だったに違いない
たぶん、知らんけど。

そして
ヘベレケ状態に成り下がりながら

ゴールへ向かう
俺 ・ 矢吹 ♪ の様子を
ご覧になって頂こう ☆


本日、13:25ころ
yukiおねえさんphoto




本日、13:25ころ
yukiおねえさんphoto





【2017年 6月 11日 ( 日 ) のレース内容 】
AM9:30 ~ 13:00
武甲山トレイルレース 27000m

記録 3゜58’06” 
種目 27km男子40歳台     44位/148人中
    男女別順位         122位/429人中
    総合順位          132位/492人中
   ※ タイム及びラップは、本文参照のこと



【 2017年 6月走行距離 】
日計 27.0km
累計 48.46km




【2017年登山登頂リザルト】
新規登録         5件
1月 1日 ( 日 ) 鉄砲木ノ頭 ・ 三国山陵 & 籠坂峠
1月17日 ( 土 ) 伊豆大島 ・ 三原山
4月16日 ( 日 ) 川苔山 & 本仁田山
5月 3日 ( 水 ) 太郎山 ( 長野県上田市 )
5月 4日 ( 木 ) 高井富士 ・ 高社山
既存増量         7件
1月21日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
2月 4日 ( 土 ) 岩茸石山 & 棒ノ嶺
3月 5日 ( 日 ) 陣馬山 & 高尾山
4月 2日 ( 日 ) 高水山常福院
5月27日 ( 土 ) 高井富士 ・ 高社山
6月 3日 ( 土 ) 丹沢表尾根 塔ノ岳 & 三ノ塔
6月11日 ( 日 ) 武甲山 & 大持山
軒先累計         12件


【俺 ・ 矢吹 ♪ 日本百名山登頂リザルト】
登録件数         21件
達成率           21%
※ 下記日付は、初回登頂年月日を指す
蝦夷富士 ・ 後方羊蹄山 2014年  7月30日 ( 水 )  北海道
津軽富士 ・ 岩木山    2012年  7月26日 ( 火 )  青森県
南部片富士 ・ 岩手山   2012年  7月28日 ( 土 )  岩手県
蔵王山            2014年  7月23日 ( 月 )  山形県
会津富士 ・ 磐梯山    2012年  7月22日 ( 日 )  福島県
那須岳           2016年  8月21日 ( 日 )  福島県 ・ 栃木県
越後富士 ・ 妙高山    2015年  9月22日 ( 火 )  新潟県
日光富士 ・ 男体山    2016年  8月16日 ( 火 )  栃木県
日光白根山        2016年  8月15日 ( 月 )  栃木県 ・ 群馬県
赤城山           2016年  7月 4日 ( 月 )  群馬県
草津白根山        2000年  9月24日 ( 日 )  群馬県
四阿山           2015年 10月10日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
浅間山           2013年  5月 4日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
筑波山           2014年  2月28日 ( 金 )  茨城県
雲取山           2014年 11月15日 ( 土 )  東京都 ・ 山梨県 ・ 埼玉県
金峰山           2013年  9月14日 ( 土 )  山梨県 ・ 長野県
瑞牆山           2012年  7月12日 ( 日 )  山梨県
丹沢山           2016年  1月16日 ( 土 )  神奈川県
富士山           1999年  7月24日 ( 日 )  山梨県 ・ 静岡県
九重山           2014年  5月 4日 ( 土 )  大分県
薩摩富士 ・ 開聞岳   2011年  7月28日 ( 木 )   鹿児島県


楽しかったレースが終わり
レース会場からすこし離れたとこの


16:20
武甲温泉ちかくからの
武甲山を眺めてから




17:01
武甲温泉にて
入浴 ・ 食事を済ませて・・・
さらに、




21:26
疲れ果てたオレは
大広間で大の字になって
寝てしまい、たたき起こされるハメに。。。


さらに帰宅途中の
職場にほど近い
国道16号線の西多摩郡瑞穂町の
コンビニ駐車場で
日付をまたいで深夜2時まで車中仮眠するという
失態をぶっこいてしまう。

深夜3時ごろ帰宅し
翌朝の7:30に仕事に出かけるのであった。



【2017年 6月 11日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 小谷田交差点 ・ 左折 ~
国道299号 ・ 直進 ~ 正丸トンネル通過 ~ 羊山公園駐車場
羊山公園駐車場 ~ 正丸トンネル通過 ~ 国道299号直進 ~
小谷田交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状
道の駅 ・ 八王子滝山 ~ 八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅


【 2017年 6月 11日 ( 日 )の運行距離 】

137.4km
全ルート ・ 一般道を使用



あとがき
トレイルランナーとしての
今後の取組みについて

こんかいは、ここ最近練習が積めてない中で
よくもまぁ、4時間斬りをなんとか果たし
標準的なタイムを叩きだせたという結果に至った。

ちなみに今年度に入っての月間走行は
以下の通り

【 2017年 4月走行距離 】
走歴          28年1ヶ月    Since April.1 1989th
月計          118.94km


【 2017年 5月走行距離 】
走歴          28年2ヶ月    
月計           84.19km
2017年度計    203.13km    4月始まり
マラソン総累計   59905.75km 

・・・である中で、

フルマラソン時代では月間300km超は当たり前だったが
トレイルランナーへ移行してからは
一回でこなすトレランそのものの疲労がハンパなく
普段の日にこなすジョグを含めるトレーニングをすること自体が
ツラくて仕方ない。

とは云えども
競技トレイル ・ 観光トレイルともにいえることは
欲をだしてそれを満たしていくうちに
更なるトレランとしてのスキルアップは要求されるのは
間違いない。

競技トレイルはここでは置いといて
観光トレイルで更なる美しき光景を求めるのであっても
ここ最近、競技トレイルで培われた急登斜面や尾根縦走において
日本アルプス等を除く、日本百名山クラスのトレイルは
当たり前にこなせなければならない。

つまり、隔週で疲労ぬきに努めながらおこなうのは勿論のこと
かつてのように眺望が望めないからと、
予定していた観光トレイルを潔く諦めるのではなくて
多少曇りで降水確率が低そうなときは
積極的にトレイルの自主トレに望もう!

そのためには
オレ自身の自主トレにふさわしい
トレイル場所を選定するのが先決だ♪

それは
どこかって?

それは次号の
お楽しみ ☆彡

・・・ということで。


俺 ・ 矢吹 ♪ Sky Racing Project
第8回 武甲山 Sky Cluising
     Athletic GRAND PRIX

               参戦記
         完

病み上がりまもない、バーチカル ・ キロメーター #1

2017.05.29

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

去る、2017年 5月 27日 ( 土 )
矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡ #6
矢吹♪ The FASTECH For Vertical Operation #8
ブログ作成場所  長野県中野市
            ルートイン中野 レンタルパソコン
             The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B452/G

                  
            東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


この日は
あさ6時に起床し、7:10に自宅出発を果たし
適当すぎる時間に中央道に乗込んで

いざ、来島平スキー場方面へ
クルマを走らせる




9:40
上信越自動車の
とあるパーキングエリアにて
食事休憩等を取り、




10:41
正面にそびえる・・・、
浅間山 (←クリックしてね☆)
よみ             あさまやま
標高            2568m
噴火崩壊前の標高   約2800m
所在地           群馬県嬬恋村・長野県軽井沢町&御代田町
山系             浅間烏帽子火山群
種類             コニーデ型 & 複合三重式カルデラ ・ 活火山ランクA
               噴火警戒レベル・2 ( 火口周辺立入規制 ・ 2017年現在)
火山グループ      那須火山帯
火山番号         E21
最新噴火         2015年 6月 19日 ( 金 ) 17:00ごろ
を、あとにして
やがて・・・、



みえてきたぜ!♪
この日のレーシング ・ ステージ


11:52
俺 ・ 矢吹 ♪
郷土富士コレクションズ No.25 Encore   
高井富士 ・ 高社山
( ← クリックしてね♪ )
よみ        こうしゃさん、たかやしろやま
標高        1351.5m
所在地      長野県中野市・
           下高井郡山ノ内町・
           同郡木島平村
種類        成層火山 ・ 複成火山
火山番号     E28
最新活動年  30万 ~ 20万年前
火山グループ 富士火山帯
だ!
こんかいのバーチカル ・ レースの
ステージ ・ マウンテンだ!☆



けど、しっかしながら
今月中旬から2週間ほど風邪で臥せってて
まぁ・・・、そのまえから、、、

仕事なんかに追われて、しかも臨時業務が舞い込んできたりと
練習に打ち込む時間がほぼ全く取れなくて
ぜんかいの上田バーチカル付近以降から、ほぼノーランの日々が
つづいてしまってたとさ。

そんな後に参加した
バーチカル ・ トレイルレースの
報告書記事を、ここに記載・・・!

題して

俺 ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder Project ⚡
第1回 たかやしろ
    バーチカル ・ キロメーター

               参戦記
「 病み上がりまもない、バーチカル ・ トレイル」 篇

あさ6時に起床し
中途半端な時間に会場入りしてみると・・・、


12:48
レース開始から1時間を切っているというのに
閑散としているスタート地点




12:49
それもそのはず
なぜなら、男女あわせても、130人 ~ 150人くらいしかいない
ローカルなレースなんで




12:49
だけど、このコジンマリとした感じが
またいいんだよなぁ。。。




13:35
だけど、JSA ( 日本スカイランニング協会 ) 規定に則った
ポイント ・ ゲットに躍起なる
バーチカル ・ ソルジャーたちに溢れてかえっていて、

ローカルなレースとはいえ
その内容は熾烈さを極めていたのは
言うまでもない。


そしてようやく
オレのスタート時間がやってくるのであるが

こんかいのレースも
前回出場したときと同様に
ウエーブ ・ スタート制が導入されていた




13:40
ウエーブスタート
とは・・・、

スタート時の混雑を避けるために
参加者を何組かもしくは、選手ひとりづつ時間をずらしながら出走させるスタート方式。
ボストンやニューヨーク・シティなどはこの方法をとっているが、
日本国内で採用している大会は少ない。

ちなみに本大会のスタート時間は
13:30で、以降10秒おきに一人づつスタートしていく方式が取られている。
ちなみにオレの出走時刻は
13:40:40
であり、
病み上がりのカラダには堪える、
バーチカルレースが開始されたのであった。




矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡
Sky Racing Chapter
たかやしろバーチカル ・ トレイル 4300m

   1km    7’47”
   2km   10’26”
   3km   19’09”
   4km   12’01”
  のこり     3’36”   53’00”
総合順位 : 71位/85人中
男子総合 :  9位/15人中
※ 累積高低差   1000m 大会公式として



13:41
前回試走した
ゲレンデを例のように走って登り、




13:46
病み上がりのカラダには堪えるかな~と
思いながらも
どうにか攻められている、オレ




13:49
また・・・、
前回みたいに
ヘンな急斜面を登らされんのかぁ・・・、
と、ビクつきながらも

あ・・・、あれれ・・・??!




13:54
お・・・、おい、
ど ・ どこ走らせんだよ ( ?・? )




13:54
こんな林道走るなんて
聞いてないぞ。




14:01
・・・でも、よかった。。。
ヘンな急斜面走らせられなくって
済みそうだから♪




14:05
だけど、このジグザグに描く
急・・・、とはいい難い斜面、




14:10
バーチカル ・ キロメーターに則した
斜度40°の傾斜は、ほんとうにあんのか?

ちゃんと練習していれば、100%走って登れそうな斜面だったかも。
まぁ、こんかいは病み上がりってことで
ほとんど歩いしまったけど。



14:10
それにしても
こんかいのバーチカルトレイルは
地元のスキー部の学生の参加が際立って目立っていた

レース中に失礼ながらも、彼らたちをヒヤリングしてみると
中学生から大学生のスキー部の学生 ・ 生徒は
スキーの出来ないこの時期に、トレーニングの一環として
半強制参加を強いられるらしいとのことだが
オレらの住んでいるとこと違って
この辺の学生たちは、ほんとうにやってることが
スゴイんだなぁ・・・、としみじみ。



14:28
そしてやがて
ヘンな急斜面と、リフト乗場に通じる
分岐に差しかかり、




14:33
山頂に通じる尾根伝いを走り
目のまえのゴールの旗が見えてきて
ダッシュをかます、俺 ・ 矢吹 ♪



そしてついに



14:38
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、既存増量 & 軒先累計 ・ 第10件目
高井富士 高社山頂上 ・ 登頂達成ぇ~っ♪

を果たし
病み上がり後のレースは
どうにか無事に終了するのである



つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

病み上がりまもない、バーチカル ・ キロメーター #2

2017.05.29

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

つづき ♪

ではここから
14:38 ~ 14:45は

~ 高社山頂上からの
  Bird VIEW Time ~


14:40
といいたい
ところだが




14:41
この日の高社山は曇っていて



14:42
登頂を果たしても
眺望は恵まれなかった。




14:43
まっ、仕方がない。。。
・・・しかし何でもいいけど
風が冷たくって寒かったなぁ

という訳で
あまり山頂で長居することなく
そそくさと下山を開始するのである。


The Final Chapter of Transfer Operation
高井富士頂上 ~ アルプ駐車場 4300m

14:45 ~ 15:20
   1km   10’28”
   2km   10’47”
   3km    6’01”
   4km    8’08”
  のこり     3’59”   39’25”


14:53
山頂からの下山は
リフトに乗る手段もあるが、




15:03
今回については
傾斜が緩やかそうな
さっき通ったレースコースを下山することに



ではここからは
着陸点呼を行い
いざ・・・、

Sonic Landing の 開始だ!☆
( ↑ Lufthansa A380 Edition クリックしてね♪ )


いくぜ!♪



15:09
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




15:10
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




15:17



15:19
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




15:22
Minimum.
❝Landing!✈❞        




15:22
新たに友達になった
エルワンさんにお出迎えされて




15:38
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 



【 5月 27日 ( 土 ) レース内容 】
13:40 ~ 15:40
たかやしろバーチカルトレイルレース
・ 4300mバーチカルレース
・ 4300m下山走
※ タイム等は、本文参照のこと

【 2017年 5月走行距離 】
日計   8.6km
累計  72.59km



【2017年登山登頂リザルト】
新規登録         5件
1月 1日 ( 日 ) 鉄砲木ノ頭 ・ 三国山陵 & 籠坂峠
1月17日 ( 土 ) 伊豆大島 ・ 三原山
4月16日 ( 日 ) 川苔山 & 本仁田山
5月 3日 ( 水 ) 太郎山 ( 長野県上田市 )
5月 4日 ( 木 ) 高井富士 ・ 高社山
既存増量         5件
1月21日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
2月 4日 ( 土 ) 岩茸石山 & 棒ノ嶺
3月 5日 ( 日 ) 陣馬山 & 高尾山
4月 2日 ( 日 ) 高水山常福院
5月27日 ( 土 ) 高井富士 ・ 高社山
軒先累計         10件


レース後の
表彰式



15:59
こじんまりとした表彰式では
参加者が少ないながらも




16:14
バーチカル ・ ソルジャーたちの
猛者たちでレース内容は
大盛り上がり♪




16:21
それもそのはず!



16:22
みんなの視線の先には・・・、



16:25
バーチカルの皇帝 ・ 宮原 徹氏と
バーチカルの女王 ・ 吉住さんが
タイトルを決めたのだから♪

まさか、このレースに
皇帝と女王様が、本大会を席巻するとは
誰が予感していたのだろうか?

とまあ
こんな感じで
極めてフレンチな内容でお贈りした
オレ自身のバーチカルレポートは
以上である。


【 2017年 5月 27日 ( 土 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 中央自動車道 ・ 八王子IC乗車 ~
首都圏中央連絡自動車道 ・ 八王子JCT ~ 関越自動車道 ・ 鶴ヶ島JCT ~
上信越自動車道 ・ 藤岡JCT ~ 上信越自動車道 ・ 更埴JCT経由 ~
上信越自動車道 ・ 信州中野IC下車 ~ 国道292号 ⇒ 夜間瀬交差点より、国道403号へ接続 ~
木島平 ・ スポーツハイム アルプ 12:20到着
木島平 ・ スポーツハイム アルプ 19:55出発
国道403号 ~ 木島交差点 ・ 左折 ⇒ 県道38号へ接続 ~ 新町交差点 ・ 左折 ~
国道292号 ~ ルートイン中野 ・ 20:25チェックイン

【 2017年 5月 27日 ( 土 )の運行距離 】

298.2km
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 → ルートイン中野


 さらに
  つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

病み上がりまもない、バーチカル ・ キロメーター #3   The Final Tracks

2017.05.29

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

これで
最後 ♪


レース翌日の
去る、5月 28日 ( 日 ) は

9:03
今回宿泊した
ルートイン中野から、八王子 ・ 自宅に向けて
どこにも立ち寄らずクルマを走らせたのであった。

この時の写真は、朝ごはんを終えた直後の
ルートイン中野からの高井富士 ・ 高社山のようす



12:50
ホテルを離れるころ
高井富士は、ほぼクッキリと見えだしたところで
一路 ・ 八王子に向けて出発する。



自宅に向けた帰りの運転は
かなり時間に余裕があったのか
高速等はいっさい使わず
全部一般道のみの行程であるが、




17:16
こんかいはいつものような碓氷バイパス経由で
前橋 ・ 高崎 & 国道17号ルートは使用せず
この無敵戦艦を見たいが為に
わざわざR254ルートで帰ることに。




17:27
やっぱいつ観ても
この東洋の無敵戦艦

荒船山 (←クリックしてね☆)
よみ    あらふねやま
標高    1423m
所在地  群馬県甘楽郡下仁田町
      長野県佐久市
種類    メサ(←クリックしてね!)
かっこええのぉ



18:31
バっカみたいに
時間をかけてクルマを走らせて
深夜0時近くに、無事に帰宅の途につくのであった。



【 2017年 5月 28日 ( 日 )の運行仕業 】
ルートイン中野 ~ 国道292号 ~ 古牧橋交差点 ・ 右折 ~ 国道117号 ~
浅野東交差点より、国道18号に接続 ~ 国道18号 ~ 平原交差点 ・ 右折 ~
国道141号 ・ 跡部交差点 左折 ~ 国道254号 ・ 上野木交差点 右折 ~
国道407号 ・ 河原町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~
八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅


【 2017年 5月 28日 ( 日 )の運行距離 】

23:47
256.6km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : ルートイン中野 → 八王子 ・ 自宅


俺 ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder Project ⚡
第1回 たかやしろ
    バーチカル ・ キロメーター

               参戦記
「 病み上がりまもない、バーチカル ・ トレイル」 篇
               完

果てしなく遠い、26歳レベル  ~ 2017th 上田バーチカル参戦記篇 ~  #1

2017.05.04

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

26歳
それは2003年当時の
オレの年齢
そんでもって、富士登山競争 ・ 山頂男子の現行最高タイム

3時間35分04秒 という破壊的なタイムを
打立てた当時の年齢


2003年当時、26歳だったオレの走りは
いま以上に、競走馬のように速く、強かに、勢いがあり
走れば走るほど記録更新し、
みんなからチヤホヤされる・・・、そういうヤツだった。

また、この年の富士登山競争では
特別な想い・・・、というか
ある種、競技者としては、
いい意味でも、悪い意味でも、不純な動悸が功を奏し
オレ自身の生涯最大の自己ベスト記録を打立てたのである。

その理由は・・・、
※ 本当はここに書き記したくはないが
当時、好きな娘がいて
富士山頂上のきれいな写真を、
ゴール直後にその娘に贈りたかったから。。。

ということから
スタートから富士山登頂までのレース中、終始
そのことから頭がはなれず
そのことだけを想って・・・、霊峰富士を捨身で特攻したのである。

若くて純粋すぎる当時のオレ
その娘を必死に悦ばすことだけに全神経を傾けて
空気が薄かろうが、傾斜がきつかろうが
苦しかろうが何だろうが、
当時のオレは、そんなこと、微塵も感ずることなく
登頂するまで、意識が朦朧とし、生と死を彷徨うような状態でも
一歩も立ち止まらぬことなく、バーザク状態のなか、やがて登頂を果たし
その娘にいち早く写真を送ったのであった。

彼女はそのとき大変に喜んでくれたのだが
このあと、特に実ることはなく

最終的にむなしく
生涯最大の富士登山競争 ・ 自己ベストタイムだけが
取り残される結果にいたったのである。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そしてその14年後
40歳を迎えた今年

世間一般でいう、オッサンとなったオレは

バーチカル ・ エリート種目に参加すべく
日本スカイランニング協会 ( ← クリックしてね ♪ )
に加盟し、

去る、2017年 5月 3日 ( 水 ・ 祝日 )
矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡ #5
2017th矢吹♪ The FASTECH For Vertical Operation #5
ブログ作成場所  長野県上田市
            ルートインGrand上田駅前 レンタルパソコン
             The Making system by acer TravelMate P455




上田バーチカルレースに
参戦
するのである


こんかいは、全盛期だった26歳当時と
いまのオレの自分自身との
向き合い方についてお話したいと思う

題して

俺 ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder Project ⚡
第3回 太郎山登山競争
    UEDA Vertical GRAND PRIX

               参戦記
「 果てしなく遠い、26歳レベル」 篇


まずは
あらすじ

前日は仕事が早上がりだったのにも関わらず
出かける前にいつものように、のんびり過ごすクセがあってか
出発が遅れて、23時すぎの出発になってしまう。

夕食を済ませて深夜0時前に八王子ICより中央道に乗込んで
圏央道 ・ 関越道 ・ 上信越道と乗継いで
深夜3時過ぎに、上田駅前の立体駐車場にクルマをとめて
そこで少しの仮眠をすませて朝を迎えるのである。



5:38
早朝5時台に
今日のレーシング ・ ステージである

太郎山 ( 長野県上田市 ) ( ← クリックしてね ♪ )
よみ       たろうやま
標高       1164m
所在地     長野県上田市
種類        単成火山
火山グループ 富士火山帯
火山番号    E28
を静かに眺めてから



6:21
上田駅をすこし散策
その1時間後に受付を済ます




8:16
やがて時間は経過し
上田駅前広場では




8:17
こじんまりとした会場ではあるけれど
それでも盛大に




8:24
開会式が行われているなか

オレは朝食の場所をさがす。。。




8:35
駅前の朝食場所は
当然ながら限られた場所にしか店は開いてなく、




8:40
・・・仕方なく
レース前に相応しくない感じで
食事を済ます


そのあと
開会式会場から2kmはなれた
スタート地点である大星神社へ
ジョグで移動し、





9:45
さぁ
本日のバーチカルステージ ・ 太郎山が
みえてきたぞ!♪




9:53
スタート地点の大星神社に着くと
すでにレースは始まっていて

小中学生 → 一般男女 ( 真田幸村コース ) →
         エリート男女 ( 猿飛佐助コース )と
         レースは進んでいくのである




9:55
神社の境内に入ったころ



9:56
こんどはバーチカル ・ ショートコース
真田幸村コースにて
順々に出走していく一般女子の選手たち




9:57
こんかいのレースも
前回出場した 「 尾瀬岩倉 」 のときと同様に
通常のロードレース等とは大きく異なり
ウエーブ ・ スタート制が導入されていた




9:58
ウエーブスタート
とは・・・、

スタート時の混雑を避けるために
参加者を何組かもしくは、選手ひとりづつ時間をずらしながら出走させるスタート方式。
ボストンやニューヨーク・シティなどはこの方法をとっているが、
日本国内で採用している大会は少ない。

ちなみに本大会のスタート時間は
9:30で、以降10秒おきに一人づつスタートしていく方式が取られている。
ちなみにオレの出走時刻は
10:44:20
である。



そんでもって
これがウエーブ ・ スタートの詳しいシーン


10:28
各選手たちは
右腕にゴムバンドを取り付けて




10:28
スターターの合図に従い
ゴムバンドを機械にあてて
レースが開始させるのである




10:38
スタート6分前
滑走路出走前の
タキシング中のアスリートたち




10:44
からだ中に、特高圧電流が帯電したオレ、
矢吹 ♪ The ブルーサンダー ⚡ は、
運命の時間を
迎え撃つのである!⚡


さぁ・・・、
この先の運命は
いかに・・・?
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.