アロー独走

Changing The Future , NOW♪

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #1

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

ぜんかいの越後駒ヶ岳トレイルから
二週間後の・・・、

去る、2019年 9月 1日 ( 日 )、
The Tanzawa table ridge,Waste of time Exercise
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

丹沢表尾根の・・・、


※ 写真は、2018年 9月 9日 ( 日 ) のものを使用
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ )
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    隆起 ・ 山塊

と、


※ 写真は、2018年 9月 9日 ( 日 ) のものを使用
たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1491m
所在地   神奈川県秦野市 ・ 清川村 ・ 山北町
山系     丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊

の尾根筋にて
自主トレ トレイル練習を敢行する

こんかいはその模様を
お伝えしていこう☝

題して・・・、

俺 ・ 矢吹 ♪
ひまつぶし
丹沢表尾根 Exercise



こんかいの
カンタンなあらすじ

残暑どきに丹沢表尾根を
選んだ経緯・・・、

秋雨前線が相模湾沿いに張りだしているこの日 ( ☞ ☆ )・・・、
この日は午後に所用を設けていたということがあってか
消去法てきに自宅から近いエリアを選ぶしかない中で
またいつものように雲取山でもいいが
雲取山はもう・・・、飽き飽きしていたんで
カンタンに熟せそうな丹沢エリアを選んだ。

まぁ・・・、自主トレをダラダラと熟してたんで
この日の午後の所用には間に合わず、後日にスライドしたのは
恥ずかしながら言うまでもないが。

あとは、土日だけの休日だと
連休後の月曜日が遅い午後出勤とかでない限り、
遠いエリアは選べない。

という訳で、眺望ゼロを覚悟のうえで
今回の練習が開始されるのであった



Kick off
Chapter of Departure
       &
Tanzawa table ridge Level flight
For Mt.Tounodake Top
大倉バス停 ・ 駐車場 ~ 塔ノ岳頂上 9740m

使用路線 : 三ノ塔尾根 ☞ 丹沢表尾根
経由地  : 三ノ塔頂上
7:05 ~ 10:30

   1km   10’42”
   2km   17’37”
   3km   12’47”
   4km   16’58”
   5km   27’61”   1゜25’24”
   6km   36’46”
   7km   18’05”
   8km   24’01”
   9km   25’04”
  のこり    16’45”   3゜26’07” ( 2゜00’43” )
平均ペース : 21’10”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1270m
   内訳 大倉バス停 ・ 駐車場   →   三ノ塔頂上   915m (  290m → 1205m
       烏尾山頂上          →   塔ノ岳頂上   355m ( 1136m → 1491m
          合計累積標高差               1270m

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間25分

深夜3:30に起床し
あさ4:40に遅めに自宅を出発して
自宅からさほど遠くはない丹沢エリアに向けて
クルマを走らせて・・・、



7:05
あさ7:05から
大倉バス停からトレイルを開始する




7:05
この時のオレは
高曇りのなかで、丹沢山塊の絶景を眺めながらの
縦走をまだ夢見ていた。。。




7:06
三ノ塔尾根経由なので
このつり橋を渡って
登山道へと入っていく




7:11
・・・とは言うものの
序盤はしばらくアスファルト林道がつづき、




7:19
途中から
横道を逸れるようなカタチで
登山道へと入っていく




7:28
並行してそびえる
丹沢表尾根を眺めながら・・・、




7:29
登山者の少ない
三ノ塔尾根を攻めていく




7:31
一応は 「 日本百名山 」 に選ばれている
この丹沢エリア・・・、

林道と並行する登山道を行きながら




7:46
途中、林道終点に差しかかり



7:46
反り返るように
また再び登山道へと入っていく




7:51
三ノ塔まで2.2kmの
看板を確認しては




8:04
登山道の2/3が平坦な傾斜のなかを
しばらく走っていき




8:28
最後のゲキ坂斜面を
登りつめていき、やがて・・・、




8:37
三ノ塔の頂上が
見えてきた♪




8:37
1時間半ちょいの
時間をかけて




8:39
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 13 - 1件目
       &
軒先累計 ・ 第20 - 1件目
丹沢 ・ 三ノ塔 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったが・・・、



8:39
丹沢 ・ 塔ノ岳方面は
嗚呼・・・、ドンヨリだよ~


つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #2

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪


8:55
気分が
意気消沈していくなか

烏尾山荘のある
からすおやま
烏尾山 ( ☞ ☆ )
標高    1136m
所在地   神奈川県秦野市
山系     丹沢山地
種類     山塊
を経由していくのだけど



9:09
この時期の表尾根って
こんな草ぼーぼーだったっけ?




9:12
烏尾山頂上に
たどり着き




9:13
空霞む
秦野市街をいちおう眺めて・・・、




9:14
ガスが掛かり始める
三ノ塔の雄姿をあとにして




9:18
樹木の生茂りの
ハンパない表尾根をさらに攻めて




9:34
毎度おなじみの
クサリ場ステージをくだって




9:38
ガレ場斜面を登りだす

標高1200mそこらしかない
丹沢表尾根には
高山植物なんて言うものは、目立って自生していなく




せいぜい・・・、
Indian strawberry
ヘビイチゴ ( ☞ ☆ )
種類    バラ科
属性    キジムシロ属
自生場所 畦道や野原などの湿った草地
自生地域 アジア南東部 ・ 日本全土

とか、


9:51
  Fuji Thistle
フジアザミ ( ☞ ☆ )
種類     キク科
属性     アザミ属
花期     8月 ~ 10月
自生地域  富士山および富士山周辺の山地の山地帯~亜高山帯
自生場所  砂礫地や崩壊地周辺
特徴     ・ 高さ20~100cm、葉の長さ30~70cm
        ・ 先端に付く頭花の大きさは子供の拳ほど非常に大きい
        ・ 小花は細い筒状花で紅紫色をしており、稀に白花の個体も見られる
        ・ 総苞片は紫色で、先端は鋭く尖っている
        ・ 日本産のアザミの中では最も大きな花を咲かせる種類である
くらいしか
自生していなかったかなぁ・・・。。。




9:56
やがて
営業休止中の新大日茶屋にたどり着き
丹沢表尾根も終盤戦を迎える




9:58
塔ノ岳まで
わずか1.3kmまで差しかかった頃




10:00
雲の通りみちのなかを
突き進んで行き、




10:04
木ノ又小屋で
ちょいとひと息ついて




10:19
さらに
人工的な木道を突き進み




10:26
やっとこさ
塔ノ岳頂上の 「 尊仏山荘 」 が
見えてきた♪




10:33
往路の全工程
3時間半弱の時間をかけて

やがて・・・、




10:34
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 13 - 2件目
       &
軒先累計 ・ 第20 - 2件目
丹沢 ・ 塔ノ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったが・・・、



10:44
これだけ眺望が利かないと
編集がラクちんだぜぇ~☆(^^♪
とほほほほ、はぁぁぁ


ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

ひまつぶし 丹沢表尾根 Exercise #3   The Final Tracks   

2019.09.01

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

これで
最後 ♪


The Final Chapter of Transfer Operation
丹沢 ・ 塔ノ岳頂上 ~ 神奈中 大倉バス停 6650m

使用路線 : 大倉尾根
12:00 ~ 13:20

   1km   14’02”
   2km   17’52”
   3km   11’45”
   4km   13’17”
   5km   11’29”   1゜05’26”
   6km   10’12”
  のこり     5’31”   1゜21’10” ( 0゜15’44” )
平均ペース : 12’10”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行下山時所要時間 : 約2時間30分


では、いつものように

Sonic Landing の 開始だ!☆
( ↑ Lufthansa MD11F Edition クリックしてね♪ )

いくぜ!♪


12:25
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




12:36
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




13:17
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




13:20
Minimum.
❝Landing!✈❞        




13:22
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2019年 9月 1日 (日 )練習内容 】
7:05 ~ 13:20
・ 丹沢表尾根 ・ セミ スカイランニング 16390m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 9月走行距離 】
日計       16.39km
累計       ・・・・・・・km



2019年 9月総累積高低差
           1270m (  1.27km )

2019年 年間総累積高低差
          24113m ( 24.11km )




13:22
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録          7件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳             ( 御坂山地 )
 4月 28日 ( 日 ) 笠取山                   ( 奥秩父山塊 )
 5月 24日 ( 金 ) 大野富士 荒島岳            ( 両白山地 )
 7月  6日 ( 土 ) 苗場山                   ( 三国山脈 )
 7月 29日 ( 月 ) 白 山                   ( 両白山地 )
 8月 11日 ( 月 ) 雨飾山                   ( 頸城山塊 )
 8月 18日 ( 日 ) 越後駒ヶ岳                ( 越後山脈 )
既存増量         13件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 3月  9日 ( 土 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔         ( 丹沢山塊 )
 3月 17日 ( 日 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 3月 31日 ( 日 ) 竜ヶ岳                     ( 天子山塊 )
 4月  6日 ( 土 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 4月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 5月  4日 ( 土 ) 甲武信ヶ岳                 ( 奥秩父山塊 )
 6月 16日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 7月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 9月  1日 ( 日 ) 丹沢三ノ塔 ・ 丹沢塔ノ岳        ( 丹沢山塊 )
軒先累計         20件


【2019年 9月 1日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 4:40出発~
万町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
大倉登山口駐車場 の往復
※ 2019年 9月 1日 ( 日 ) 17:40帰宅


【2019年 9月 1日 ( 日 )の運行距離】

110.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    東京都八王子市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  八王子 ・ 自宅



俺 ・ 矢吹 ♪
ひまつぶし
丹沢表尾根 Exercise

          

雲取山タイムトライアル Part.4   #1

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

以前にも
どっかで紹介したかもしれないが・・・、

FASTECH  ファステック ( ☞ ☆ )
この言葉の意味
某鉄道会社の新幹線開発における
最高速度360km/hで営業運転を行うためのデータ収集を目的として開発した試験電車の愛称で・・・、

FASTECH 100Tops Mountains Program ( → ☆ )とは、
FAST(速い) とTECHnology(技術)を組み合わせた造語。

したがって、
上記にあやかって
昨年から自主的かつ精力的に続けられている
新天地 ・ 日本百名山の更なる新規登録更新に向けた
観光トレランおよび、トラベル ・ スカイランニングの
強化練習プロジェクト
のオレ自身の練習内容のキャッチコピーである。


観光トレランおよび、
トラベル ・ スカイランニング強化練習の
主な狙い

新天地 ・ 日本百名山登頂に向けた所要時間の大幅短縮
それに向けた登坂走行性能向上の促進
尾根筋走行等における、更なる 「 走りの高速化 」 の実現
早朝出発 ・ 正午下山完了の完全徹底

以上、4本柱を基本に・・・、
去る、2019年 4月 21日 ( 日 )、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#29
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
観光トレイル向け強化練習を敢行する!♪

その観光トレラン向け強化練習の
モデル ・ マウンテンは、こちら!
        👇  
        👇
        👇

東京都最高峰で、
都内唯一の標高2000m峰として名高い


くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
        秩父山地 ( → ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
である。

ではなぜ
こんかい雲取山を選んだのか
 

雲取山タイムトライアルのあとに
青梅のHondaカーズで
ノーマルへのタイヤ交換を予約していたのと、

土日休日しか確保できないこの週末に
精力的なトレーニングを行えるのは
この雲取山でしかないと思ったから

前々から再三と書き記しているが
オレ自身の走る練習は、今はもう平日には行えない生活環境で
且つ、かつてのようなアスリート生活は
今となっては、それほど力を入れていない現状であり
走る全般のトレーニングを現在は
トレイルのみに限定している。

んでこんかいは
従来の丹沢尾根筋で行われている距離走を中心にした
持久力増強版ではなく
限られた時間の中でおこなうバーチカル練習に近いスピード練習を主眼にした
準短距離型のタイムトライアルとして
現状のトレイル ・ スピード力を診るべく、雲取山タイムトライアルを
実行したのであった。
という訳で
題して・・・、

矢吹♪ SPEED FASTECH
For Semi Vertical Operation
Mt.KUMOTORI The Time Trial Part.4

奥秩父山塊 自主強化練習
「 雲取山タイムトライアル パート4」 篇

に、勤しんだのであ~る!


では、こんかいも
あらすじをすっ飛ばして
いきなし本題だっ

超絶簡単に申しあげれば
前日の土曜日に22:00に就寝し
2:30というまたまた奇天烈な時間に起床し
夜中の3:15に自宅出発、
あさ5:40、小袖駐車場にクルマを停めて・・・、


6:45
雲取山タイムトライアルが
開始されるのである。



Chapter of Departure
Mt.KUMORORI The Time Trial
小袖駐車場 ~ 雲取山頂上 10660m

使用路線 : 雲取山登り尾根 ・ 石尾根縦走路 
経由地  : 七ツ石山頂上 ・ 小雲取山頂上
6:45 ~ 9:30

   1km   11’12”
   2km   10’22”
   3km    9’06”
   4km   13’46”
   5km   12’14”    0゜56’41”
   6km   19’31”    
   7km   24’06”
   8km    9’59”
   9km   20’20”
  10km   15’57”    2゜26’37” ( 1゜29’36” )
   のこり   10’02”    2゜36’40” ( 0゜10’02” )
平均ペース : 14’42”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1277m
   内訳 小袖駐車場   →   雲取山頂上   1277m ( 740m → 2017m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間30分




6:48
まずは
いつもの小袖口から雲取山をめざすことに




6:48
雲取山登頂に向けての
一般登山者向けの注意書き

いちおう雲取山は、初心者向けではなく
一泊二日向けのコースであるようだ



6:57
序盤は
廃墟った山小屋?跡を通過して




7:02
比較的平坦なとこを
無難なペースを刻みながら
標高を揚げていくことに




7:22
登山道からは
石尾根縦走路上の山々と思われる山並みが見え始めて
標高が増してくると・・・、




7:40
走って登れないほどの
急斜面に!!




7:43
それと同時に
富士山が見え始めるが
この日は晴天でも、春霞が激しく、キレイな姿ではなかった。




7:54
だんだんと標高が増してきて
やがて・・・、




8:01
丹沢山塊の丹沢山とおなじ標高で
標高1580mの 「 七ツ石小屋 」 に
到達する♪




8:02
七ツ石小屋のメニューは
こんな感じ♪




8:02
七ツ石小屋を
あとにしてからの・・・、




8:09
石尾根縦走路の合流地点への
ゲキ坂が
毎回毎回苦しいなか・・・、




8:10
やがてなんとか・・・、
  いしおねじゅうそうろ
石尾根縦走路 ( ☞ ☆ )
起点 東日本旅客鉄道 青梅線 ・ 奥多摩駅
終点 雲取山頂上
総延長 約20km
に到達する!



8:15
ここまでくると樹林帯が終了し
登山道は森林限界だっ♪




8:16
標高1757mの
七ツ石山頂上に到達して、




8:16
くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
の頂をめざして行くのである・・・!♪


つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.4   #2

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪


8:19
七ツ石山頂上からは
写真のような石尾根縦走路の尾根筋を
快走していこうと思うのだが・・・、




8:20
その間、オレの大好きな光景
ひりゅうさん
飛竜山 ( ☞ ☆ ) 、
の光景に毎度ながら癒されたり、




8:20
春霞で
どれがなんの山だか区別し難い
南アルプスの光景を堪能しながら・・・、




8:30
ダンシング ・ ツリーあたりから
地味にキツい石尾根縦走路を
走っていく・・・。




8:41
正面の小雲取山の手前に
ヘリポートが見え始めると・・・、




8:47
そのそばには
東京都側の石尾根縦走路上に存在する、唯一の山小屋
「 奥多摩小屋 」 が・・・、

あれっ・・・!!!??




8:49
あっちゃぁ・・・、
「 閉鎖 」 ってかぁ。。。

しかもしっかり書いてあるよ~
「 テント張り ・ 厳禁! 」 と・・・。




8:50
テント100張はれる
石尾根縦走路唯一のテント場

開放感バツグンで
夜とのなれば星空がキレイで眺望バツグンなテント場
小屋閉鎖に伴って、張れなくなっちゃったんだねぇ

まぁ、これによって
雲取山頂上付近でテント張れる場所は
東京都側・・・・七ツ石小屋
埼玉県側・・・・雲取山荘
に限定されているんだそうだ。

ともに20張前後しか張れず
土日や行楽期なんかは
混雑でごった返すんだそうだ。

そんでもって当の奥多摩小屋はというと
完全撤去なんかに数億円要するそうで
とくに汚物撤去なんかがままならないらしい。。。

まっ・・・、
トラベル ・ スカイランナーのオレには
直接関係ないけど
どうするんだろうねぇ、この問題。

そのうち時が解決することだろう・・・。


9:04
そして
東京都ばなれした急斜面を
苦しみながら登ったさきに・・・、




9:15
雲取山頂上の
避難小屋がみえてきたぞ!




9:16
登頂目前に
タイムトライアルとしては
ブレーキがかかってしまった結果になりそうな中、




9:21
昨年の2時間一桁台に
程遠い結果で終わってしまい、




9:29
平々凡々で
かつ、人様に決して
自慢できないようなタイムで・・・、




9:35
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 9件目
       &
軒先累計 ・ 第10件目
雲取山 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったぁ


さらに
つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.4   #3

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

さらに
つづき ♪



ではここで、いつものように
9:30 ~ 11:50は

~ Bird VIEW Time 雲取山篇 2019th 
          Part.3 ~

と、行ったるでぇ~♪

まず最初に見えたのは

10:01
奥秩父山塊グループに属し
奥秩父の主稜線から離れている

 わ な くら やま
和名倉山 ( ☞ ☆ )
標高    2036.02m
所在地   埼玉県秩父市
山系    奥秩父山塊
種類    山塊
は、なんかいつもよりも
霞んどるなぁ

ちゅう訳で
反時計回りに
順番に紹介していくよ~♪


そんで次に紹介するのは・・・、


10:02
信濃川 ・ 笛吹川 ・ 富士川の源流マウンテンで
州 ・ 州 ・ 州の3県にまたがる
奥秩父山塊の代表格のひとつ

こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2475m
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     埼玉県秩父市
         山梨県山梨市
         長野県川上村
山系      奥秩父山塊
種類      山塊
だが、この日の甲武信ヶ岳は
山頂部分はまだしっかりと
積雪しとるんだそうだ。。。



んで
次に紹介するのは・・・、


10:02
奥秩父山塊の最高峰
標高はなんと・・・、2601mを誇り
そんでもってかつてオレ自身も登頂果たしている・・・、

きたおくせんじょうだけ
北奥千丈岳 ( ☞ ♪ )
標高    2601m
       ※ 奥秩父山塊 最高峰
所在地  山梨県山梨市
山系    奥秩父山塊
も、いつもよりも
かなり遠くに感じるせいか
やっぱし霞んでいるのぅ




10:03
では次にみえる
北奥千丈岳の左隣りで
雲取山からみる威風堂々と佇むこの山は、

ひりゅうさん
飛竜山 ( ☞ ☆ )
標高    2077m
所在地   埼玉県秩父市
       山梨県北都留郡丹波山村
山系    奥秩父山塊 ( → ☆ )
で、この日にくっきりと見えたのは
この写真の飛竜山だったような・・・。




10:06
んで次に紹介するのは・・・、
だい ぼ さつれい
大菩薩嶺 ( ☞ ☆ )
標高     2056.9 m
        ※ 大菩薩連嶺最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   山梨県甲州市、北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 (大菩薩連嶺)
だけど
左側にある富士山が
霞んでて残念ながらよく見えなかった。




10:06
そんでもって
大菩薩嶺の左隣りの
写真に薄く写る・・・、

たんざわさんかい
丹沢山塊 ( ☞ ☆ )、
まぁ、見えているだけマシな状態であった。。。



さて・・・、
ここからの

~ Bird VIEW Time ~ は

10:07
東京都内にそびえ立つ奥多摩山塊を
眺めていこう👆




10:07
まず始めの
東京都側の奥多摩の山々は
帰りにこれから縦走予定の・・・、

ななついしやま
七ツ石山 ( ☞ ☆ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
で、ここからの七ツ石山は
けっこう小さく見えるんだねぇ。。。




10:07
さて今度は
奥多摩駅 ~ 雲取山頂上間に延び行く
奥多摩山塊の東海道本線てき存在
石尾根縦走路の中間地点にして
石尾根縦走路の代表山岳でお馴染み

 たかのすやま
鷹ノ巣山 ( 東京都 ) ( ☞ ☆ )
標高     1736.6 m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
の姿は、
ここから見ると、かなり巨漢なり!




10:08
だけど・・・、
この日に見る雲取山頂上からの山々で

かわのりやま
川苔山 ( ☞ ☆ )
標高       1363.3m
所在地     東京都西多摩郡奥多摩町
山系       奥多摩
種類       山塊
方面も・・・、
写真のように春霞みが激しくて
露出補正が苦戦するほどに
撮影が大変だった。。。



そんで最後に紹介するのは
標高1500m ~ 1800m弱の尾根筋が
山脈のように連なる


10:37
東京都と埼玉県との
戸県境尾根

ながさわはいりょう
長沢背陵 ( ☞ ☆ )
眺め終えたあと、



11:46
気温が高く、春霞みのハンパない
雲取山の頂上を離れはじめるのであった。



ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.4   #4   The Final Tracks

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

これで
最後 ♪


The Final Chapter of Transfer Operation
雲取山頂上 ~ 小袖駐車場 10180m

使用路線 : 石尾根縦走路 ・ 雲取山登り尾根
経由地  : 小雲取山頂上 ・ 七ツ石山頂上
11:50 ~ 13:35

   1km   10’02”
   2km   13’16”
   3km   11’04”
   4km   15’09”
   5km   15’00”    1゜04’34”
   6km    9’45”
   7km    6’25”
   8km    7’19”
   9km    6’31”
  10km    6’36”    1゜41’12” ( 0゜36’38” )
  のこり     1’00”    1゜42’13” ( 0゜01’01” )
平均ペース : 10’02”/km

11:51
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   85m
   内訳 奥多摩小屋周辺  →   七ツ石山頂上   85m ( 1672m → 1757m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分




11:59
下山開始から約10分後
まずは小雲取山方面へのゲキ坂を
下って、




12:08
すぐさま
小雲取山のピークから

ななついしやま
七ツ石山 ( ☞ ☆ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
が見え始めてきたぜ!



12:09
小雲取山の頂上から
奥多摩の山々を眺めると
こんな感じ♪




12:23
石尾根縦走路を
気持ちよく巡航していき、




12:25
復路最大の
山越えに挑んだあと、




12:37
七ツ石山頂上に
到達し・・・、




12:41
着陸点呼を
済ませたところで

いざ
Sonic Landing の 開始だ!✈
( ↑ Air France Boeing777 Edition クリックしてね♪ )


いくぜ!♪



12:47
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




13:05
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




13:30
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




13:31
Minimum.
❝Landing!✈❞        




13:34
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2019年 4月 21日 ( 日 )練習内容 】
6:45 ~ 13:35
・ 雲取山往復 タイムトライアル 20840m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 4月走行距離 】
日計          20.84km




13:34
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録         1件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳              ( 御坂山地 )
既存増量         9件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 3月  9日 ( 土 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔         ( 丹沢山塊 )
 3月 17日 ( 日 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 3月 31日 ( 日 ) 竜ヶ岳                     ( 天子山塊 )
 4月  6日 ( 土 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 4月 21日 ( 日 ) 雲取山                   ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
軒先累計         10件

2019年 4月総累積高低差
           3295m (  3.30km)

2019年 年間総累積高低差
          12218m ( 12.22km)



【2019年 4月 21日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 、 深夜3:15時出発 ~ 八王子市街 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入橋交差点 ・ 左折 ☞ 都道169号 ・ 新滝山街道へ接続 ~
東京サマーランド前交差点 ・ 直進 ☞ 国道411号 ・ 滝山街道へ接続 ~
万年橋南詰交差点 ・ 直進 ☞ 都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
古里駅前交差点 ・ 左折 ☞ 国道411号 ・ 青梅街道へ接続~
雲取山登山口 ・ 小袖駐車場 5:40到着
雲取山登山口 ・ 小袖駐車場 12:55出発 ~
国道411号 ・ 青梅街道 ☞ 古里駅前交差点 ・ 右折後、都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
青梅市民会館南交差点 ・ 右折 ☞ 都道5号 ・ 青梅街道へ接続 ~
箱根ヶ崎西交差点 ・ 左折 ☞ 国道16号 ・ 東京環状 ~
エネオス ・ 瑞穂バイパスSSにて、スタッドレスタイヤの空気圧充填 ~
冨土原交差点 ・ 左折 ~ 栗原新田交差点 ・ 左折 ☞ 都道179号へ接続 ~
青梅新町交差点 ・ 左折 ☞ ホンダカーズ青梅新町店にて、タイヤ交換実施 ~
都道5号 ・ 青梅街道 、箱根ヶ崎西交差点 ・ 左折 ☞ 国道16号 ・ 東京環状 ~
エネオス ・ 瑞穂バイパスSSにて、ノーマルタイヤのエア抜き ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 八王子市街 ~
八王子自宅 ・ 21:03帰宅


【2019年 4月 21日 ( 日 )の運行距離】

21:03
144.5
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    東京都八王子市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  八王子 ・ 自宅



こんかいの
雲取山タイムトライアルの
あとがき

去年の晩秋から今回まで
山岳トレーニングに力を注いだ冬シーズンは・・・、

ぜんかいの丹沢ネタのあとがきでも書いたが
ことしに入ってからは
去年とは打って変わって
標高の幾分高く、なおかつコース慣れしている雲取山や丹沢エリアでの
自主強化練習に勤しんだ。

雲取山タイムトライアルは距離が短く
バーチカル要素が色濃く、トレイル持久力よりも
山岳スピード力が求められるものだが
丹沢エリアでの尾根筋巡航におけるペース走に走りが慣れきったせいか
雲取山タイムトライアルでは、山岳走行におけるトップスピードを刻むことが出来なかった。

それでも2時間30分台で無難にタイムを纏められたが
ただ単にそれで終わった結果に至った訳だ。

それはそうと
これからゴールデンウイークに突入する訳だし
春先 & 夏山シーズン向けの
観光トレイル仕様の山岳トレーニングは
そろそろこの辺で正直、最後にしたい。

いい加減、雲取山やら丹沢エリアでの
計算ドリルのように行う練習、マジメに飽きてきた。。。

そこそこ山岳走行に自分なりに自信がついてきたんで
これからは純粋に山行を楽しんで参りたい♪

矢吹♪ SPEED FASTECH
For Semi Vertical Operation
Mt.KUMOTORI The Time Trial Part.4

奥秩父山塊 自主強化練習
「 雲取山タイムトライアル パート4」 篇

                    
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.