アロー独走

Changing The Future , NOW♪

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #1

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

GranTurismo  グランツーリスモ
この言葉の意味
自動車のカテゴリの一つであり、略語は GT
本来、グランツーリスモの位置づけは
長距離ドライブに適う高いパフォーマンス及び高いラグジュアリー性を有する車種だったが、
現在はモータースポーツや、市販車スポーツカーレースの一種として使われている言葉

なのだが・・・、
こんかいの準観光型 「トレラン 」 ステージは
まさに富士山を取巻く山々の中で
もっともグランツーリスモ感を抱かせるに違いない・・・・、

そんなトレイルランニング ・ ステージにして
F1レーサーになったような気分にさせる
こんかいのステージは

去る、2018年 1月 21日 ( 日 )に 、
矢吹 ♪ 2018 Earth Conscious ZIPANGU   #4
’18th Wing Sky Access in Misaka mountains #43
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
御坂山塊の本体主峰群から離れて
西湖と河口湖湖畔沿い南岸に
そびえたっていて


オレがかつて中学時代、遠足で登頂したことがあり、
こんかい約30年ぶりに登頂を果たした、
             👇
             👇
             👇


河口湖北岸側からみた
あしわだやま
足和田山 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1355m
所在地   山梨県南都留郡鳴沢村
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だっ!♪

足和田山の
おもな特色は・・・、

足和田山は、御坂山塊に属しておりながら
主峰から離れたところにあって
富士五湖の西湖と河口湖の南部に存在し、

① 富士山の北に位置し、西湖との間に東西に伸びる山の最高点。
富士山の展望がよいうえに、富士山を最短距離から望むことができる山のひとつ。
③ 別名 「 五湖台 」 とも呼ばれていて
   山頂には富士山はもちろん、御坂山塊の主峰天子山塊南アルプスなんかが、
  超丸見え♪

山頂は広くて、
  眼下には、青木ヶ原樹海が
  大海原のようにとてつもなく広く見える

  ・・・らしい。

そんでもって足和田山の
グランツーリスモを感じさせる
更なる主な特色は、

日本国内で行われている
トレイルランニングの国際規格のレースでお馴染み

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI
   UTMF ( ← Let's Click )
の舞台であり
なおかつ足和田山登山コース全線が
UTMFの大会コースで
あるのだぁ


そんなUTMFの
本コースの一部でもある足和田山の
GTクルーズな世界・・・、

運転士になったような気分で
オレと一緒に、オフロードな世界と、駆抜ける歓びを
ぜひともご体感して欲しい。。。

※ 断っておくが、オレはUTMFには参加しないんで  
  悪しからず。



てなわけで、そろそろ
本題へと行こう ♪
題して

Misaka & Tennshi Mountains stage Part.5
The Forest GranTurismo For - Racing
Mt ASHIWADA Edition
~富士山をとり巻く観光トレラン パート5 御坂山塊 ・ 足和田山 篇~

まずは
あらすじ

読者の皆さんもお気づきかもしれないが
オレの観光トレイルのサイクルは、
2週に一度の割合で行われているが、
月末は所用があり、
その翌週の来月最初の土曜は
人生初の胃カメラ検診に臨まなければならず
2週連続 ・ 前倒しで行われた、こんかいのトレイル・・・、

2週連続は
きついでぇ~。。。

初老の仲間入りを果たしてしまった
華の40代のカラダに
二十歳代 ・ 三十歳代のような若さはなく
かつての獣のような戦い志す闘争心が無いなかで
こんかいは久々にトレイルの強化練習的テイスト満載な
内容になってもうた。

まぁ・・・、景色 ・ 眺望を期待して山の中へ特攻するオレにとって
ある意味、見事にその期待を大いに裏切られた感のある足和田山トレイル。

こんかいは久々に
運転士気分を味わいながら
駆抜ける歓びを、味わって行こうかねぇ。
・・・まぁ適当に。


そんなことを想いながら
深夜2時半に起床し
明方4:45という・・・、
相変わらず我ながらアホみたいな時間に
八王子 ・ 自宅を出発する。

また今回も一般道のみの行程。

その途中
国道139号線沿いで
富士見型 ・ トラベル ・ スカイランニングの
デビューの地・・・、


6:38
みつとうげやま
三ツ峠山 ( ← クリックしてね♪ )
標高     1786m
所在地   山梨県都留市・
        南都留郡西桂町・富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
を眺めるも・・・
なんだか空がドンヨリしていて
快晴ではなさそう。




6:52
富士吉田市役所付近より
富士山を望むも、この時間は
富士山がまったく見えず・・・。

この時は、トレイルを決行しようか
帰って引き返そうか散々迷ったが
時間が経つにつれて富士山が見え始めてきたんで
諦めることなく、足和田山観光トレイルを決行したのであった。



7:48
やがて・・・、
こんかいのスタート地点 ・ 「道の駅なるさわ」に到着し
逆光する富士山を眺めながら
足和田山トレイルを開始するのであった。




Kick off
Chapter of Departure
The Forest GranTurismo Cruise
道の駅なるさわ ~ 道の駅かつやま 11000m

所属路線 : 国道139号線 ・ 東海自然歩道
  経由地 : 紅葉台 ・ 三湖台 ・ 足和田山頂上
8:10 ~ 14:00

   1km    5’57”
   2km    9’39”
   3km   14’12”
   4km   19’45”
   5km   35’07”   1゜24’42” 三湖台にて写真撮影
   6km   12’23”
   7km   13’28”
   8km   26’48”
   9km    9’56”
  10km   11’58”   2゜39’16” ( 1゜14’34” )
  11km   14’03”   2゜53’21’ ( 0゜14’03” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   360m
   内訳 道の駅なるさわ駐車場   →   足和田山頂上   360m ( 995m → 1355m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間45分



さて、こんかいの
観光トレイル ・ 運行指示書は
以下の通り


こんかいの
観光トレイル臨時便 ・ 路線便運行は
2箇所の「道の駅」とを結ぶ足和田山トレイルの内容は
なんか気分は・・・、運送屋気分だぁ。




8:13
道の駅なるさわ出発直後は
舗装されし国道139号線を伝って行かなければならない

底の薄いトレランシューズでアスファルト道を走るのは
足底への負担が大きくて、真面目なハナシ、嫌々で仕方がないが
ここを2kmくらい走って登山道へと入っていく。



8:23
「紅葉台」という看板が見えてきたら
素直に林道方向へ右折しよう♪




8:29
風情ある松の木を中を
進んでいきながら、




8:30
これから縦走する足和田山の尾根筋を眺めだすも、
なんか・・・、コースが相当ラクちんそうだぁ。。。

まぁ、トレランのレースコースが組めるくらいだから
登山としては、全くもって険しくなく
いわば、小学生低学年レベルとでも云えそうだ。



8:35
なんか・・・、
風情あふれる時代おくれな昭和チックな
「紅葉台」の看板。。。




8:37
うわぁ・・・、
こんな至近距離に・・・、
ジャンボクラスの御坂山塊群が
目のまえに・・・!??




8:38
まずは
足和田山最大の眺望スポット
三湖台をめざしていく。




8:39
傾斜ゆるゆるで
決して山とは言い難い斜面をひた走り、




8:45
ほぼ約30年ぶりくらいに
紅葉台にたどり着くころ




8:46
真後ろを振り返ると
樹海の大海原に浮かぶ
天子山塊・最高峰の毛無山が、
この時間はまだ雲隠れ。




8:50
クルマで来れる
標高1165mの紅葉台




8:56
そこを過ぎて
ちょっといくと
至近距離にジャンボクラスに観える
御坂山塊群を目の前にして




8:57
足和田山最大の眺望スポット
「三湖台」に到着するのであ~る♪



つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #2

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪

ちょいと足和田山の縦走途中ではあるが
ではここで、いつものように
8:55 ~ 9:30 は


~ Bird VIEW Time 足和田山 ・ 三湖台篇 ~
と、行ったるでぇ~♪


まず始めは

8:58
三湖台から観た
あしわだやま
足和田山 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1355m
所在地   山梨県南都留郡鳴沢村
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だっ♪
足和田山の頂上部分を
簡単にガイドするならば・・・、

① 山頂は意外と眺望が思ったほど望めない
  しかも割かし樹木に覆われてる
② 富士山は見えるが、常時逆光
③ 南アルプス方面は、いちおう観れる。
④ 別名 「 五湖台 」 というネーミングついてるが
  富士五湖全部見れる訳ではないのに
  なんでそんな名前つけとるんだろうか?
  意味不明である。
といった感じで、
あくまでも個人的見解



さて今度の
足和田山山頂部分の左隣は


8:58
ネコ耳型で可愛くそびえる
みつとうげやま
三ツ峠山 ( ← クリックしてね♪ )
標高     1786m
所在地   山梨県都留市・
        南都留郡西桂町・富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だっ!♪
竜ヶ岳中腹から観る
ネコの耳に似た三ツ峠山の特徴は

開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の3つの頂上の総称
古くは奈良時代から修験道の霊山として知られ、
  江戸時代後期の天保3年(1832年)に善應空胎上人によって開山された信仰の山である。

山頂からは眺望に恵まれ、富士山、御坂山地、南アルプスが一望できる。
  条件が良ければ、飛騨山脈の槍穂高連峰を遠望することも出来る。
  この眺望の良さは大正時代に大町桂月が紀行文で紹介されている。

頂上付近からは貝の化石なども発見されている。
山頂直下の屏風岩では、ロッククライミングが行われる。
山頂付近には、 「 エフエム富士 」「 NHK甲府FM放送 」 のアンテナが
  設置されている。

  なお街中や中央自動車道などから、これらを目印にすれば
  三ツ峠山を発見するのは容易である。
とのことだ。
まっ、まず御坂山塊のデビューを飾りたければ
三ツ峠山からがきっと無難だろう。



さて今度の
三ツ峠山の左隣は


8:59
御坂山塊最高峰で有名な
くろたけ
黒岳 ( 御坂山地 )
標高    1793m
       ※ 御坂山地最高峰
所在地   山梨県笛吹市
       山梨県南都留郡富士河口湖町
山系    御坂山地 ( → ☆ )
だっ♪
んで、簡単にガイドすると・・・、

御坂山地の最高峰で、河口湖の北側に位置し、
  更には日本三百名山 ・ 山梨百名山に選定されている黒岳は・・・、
  全国各地にある黒岳と区別するため、御坂黒岳とも呼ばれている。

東側は、甲府盆地から河口湖へ向かう交通路であった御坂峠を隔てて三ツ峠山と対峙し、
  西側には節刀ヶ岳、鬼ヶ岳、王岳など、
  御坂山地の主脈の山々が連なる。北西には釈迦が岳の岩峰がある。

登山および眺望については
  河口湖の北、御坂トンネル入口から、御坂峠を経て山頂まで約2時間30分。
  一等三角点のある山頂は樹林に覆われていて展望はないが、
  南へ5分ほど行くと富士山が見える場所がある。

とのことのようである。
ん~~~~~、いつかは行ってみたいが
如何せん、駐車場が分かりづらいという話だそうなんで
暫らく見送りになりそうだろう。。。



さてさて・・・、
こんどの御坂山塊中央部にして
いかにも怪しくそびえる


8:59
ある種 ・ 「 山梨県の妙義山 」 と申しても
過言ではなさそうな

御坂山塊いちの
💀デス ・ マウンテン?💀こと、

じゅうにがだけ
十二ヶ岳
標高     1683m
所在地   山梨県南都留郡富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
さぁ・・・、
その、死に直結しそうな
デスマウンテン振りを、敢えて解説するならば・・・、

こうだ!👊
まず、山と高原地図から抜粋すると・・・、
急斜面あり
クサリ岩稜状 ・ 危険
十一、十二ヶ岳のコルに
  つり橋 ・ 鎖 ・ ロープあり
  稜線北部は冬季凍結注意

岩場混じりロープあり
カヤト斜面あり
毛無山 ~ 十二ヶ岳 ~ 鬼ヶ岳間は、上級者向け
ん~~~~~、
ちょいと自分の気持ちに余裕が出てきたら
挑戦しても・・・、いいかなぁ
みたいな欲望は、辛うじてあるのだが

まぁ・・・、当然ながら
こんな危険そうなリスキー マウンテンを
UTMFのコースには、しなかったんだねぇ。。。
しみじみ。



こんどはの御坂山塊デンジャーゾーンの
左隣もまた、御坂山塊 ・ 危険区域でも
有名な・・・、


8:59
おにがだけ
鬼ヶ岳
標高     1738m
所在地   山梨県南都留郡富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だ!♪
なんかネーミングからして怖そうな感じだが
主な特徴は、

全般に穏やかな御坂山地のなかで険しい様相を見せる鬼ヶ岳は、その核ともいえる山である。
山頂からの眺めは富士山の展望を見ることができ、登道後半のブナの林も素晴らしい。
山頂には鬼の角のような一本岩が突き立っており、
  狭い場所ではあるが、甲府盆地をめぐる山々を一望できる。

特にポピュラーな縦走ルートとしては・・・、
  西湖 ~ 雪頭ヶ岳 ~ 鬼ヶ岳十二ヶ岳 ~ 毛無山 ~ 毛無山登山口
  といった感じで、相当アクロバティックで 「 風雲たけし城 」の「 ジブラルタル海峡 」
  を想わせるルートも存在するんで
  上記のコースを辿りたいんであれば、それなりの勇気と覚悟を決めないと、こなせないかも(?・?)

④の解説として追記するんであれば・・・、
  ハシゴありいの ・ 狭いつり橋ありぃの ・ 長いクサリ場ありぃの・・・
  「 なんじゃこりゃ? 」感が味わえんの間違いなし?

まぁ、何つぅか、
甘いマスクをした御坂山塊をナメてかかると
「 いったいどうなるのだろう (?・? )」
・・・と云いたいのかねぇ

しっかしまぁ
至近距離からの御坂山塊群は
標高がさほど高くはないが
本当にそんなスゴイ場所なのだろうか?

地味っぽく見える反面、興味も掻き立てるなぁ



さて御坂山塊を紹介する山々としては
これで最後となるのが、


8:59
おうだけ
王岳
標高     1623m
所在地   山梨県南都留郡富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だ!♪
主な特徴は・・・、

主にポピュラーな縦走ルートとしては
  精進湖 ~ 女坂 ~ 王岳 ~ 鍵掛峠 ~ 西湖 といったようなルートが主流である。
  上記のルートをこなすのに、一般登山で約6時間を要する。

ガイドブックによっては山頂は木々が生い茂っていて展望が良くないなどと書かれているようであるが、
  山頂の木々はきれいに刈られており、見事な展望が広がっている
、らしい。

②に関連してか、尾根筋には富士山や富士五湖とった絶景を堪能しながら縦走ができる♪
御坂山塊の尾根上の顕著なピークといえば、東の節刀ヶ岳(せつちょうがたけ)と西の王岳であろう。
んだそうだ。
まぁ・・・、
健脚な方々は御坂山地全部を日帰りでこなす強者もいるそうだが
今となっては自ら無理難題な計画はせずに
オレは気軽に気楽に楽しみたい性分なんで、
分割してこなしたいって感じかな。



さて低くそびえる
御坂山塊越しのその先にあるのは・・・?


8:59
ここ最近ながら
毎回紹介しているような気がする

みなみアルプス      あかいしさんみゃく 
南アルプス ( 赤石山脈 ) ( ← クリックしてね♪ ) 群を、
所在地  長野県 ・ 山梨県 ・ 静岡県
最高峰  北岳 ( → ☆ ) 3193m ・ 国内第2位
総延長  約120km
最大幅  約40km
ここでは代表的な
赤石岳と荒川岳のみを
紹介♪




8:59
写真左の
あかいしだけ
赤石岳 ( ←クリックしてね♪)
標高    3120.53m
       ※ 国内第7位
所在地   長野県下伊那郡大鹿村
       静岡県静岡市葵区
山系    赤石山脈 ( 南アルプス ) ( → ☆ )
種類    氷食尖峰 ( → ☆ )
       隆起 ( → ☆ )
と、
写真右の

あらかわだけ
荒川岳 ( ← クリックしてね♪ )
標高     3141m
        ※ 国内第6位
所在地    静岡県静岡市葵区
        長野県下伊那郡大鹿村
山系      赤石山脈
初登頂   1909年 ・ 記録上小島烏水ら
についてガイドしていくと・・・、
赤石山脈(南アルプス)中央部にある荒川岳は
前岳 ・ 中岳 ・ 悪沢岳(東岳)の3つの山の総称である。
   ・ 前岳  (荒川前岳) 標高3068m
   ・ 中岳  (荒川中岳) 標高3084m
   ・ 悪沢岳(荒川東岳) 標高3141m ※ 日本第6位

それにしても
明日が雪の予報なのか
この日の青空は、蒼々と
透きとっちゃあいない(><)



さて今度は
南アルプス連峰群からすこし離れたとこにあり
青木ヶ原樹海越しに威風堂々たる姿をする


9:28
前回 12月30日(土)トレイルねた ( → ☆ )
の時にも登頂を果たした、
天子山塊 ・ 最高峰の

 けなしやま
毛無山 ( 天子山塊 ) ( ← クリックしてね♪ )
標高      1964m
         ※ 天子山塊最高峰
所在地     山梨県南巨摩郡身延町
         静岡県富士宮市
山系      天子山塊 ( → ☆ )
だ♪
いやぁ・・・、こんかいオレはねぇ、、、
ここから眺める毛無山の全景を
観てみたかったのだよ~☆

正直なハナシ、足和田エリアからの富士山なんか
後にも述べるけど、
どうせ逆光なんだから
見えたって見えなくったって、どうでもよかったが
富士山とは種類が対照的な毛無山の雄姿に惚れ呑んだせいか
足和田エリアからの天子山塊 ・ 毛無山をどうしても観たくて
こんかい足和田山を選んだんだよね。

この日当初は雲隠れしていた毛無山だったが
次期に雲は晴れるだろうと心待ちにして
この三湖台で寒いなか待機していたんだな。

でも、観えてくれてよかったぁ、霞んでるけど。


さてここまでくると
段々と富士山に近づいていき
こんど紹介するのは
富士山の側火山としても有名で、


9:28
足和田山エリアから樹海に
火山島のように浮かぶ、

おおむろやま
大室山 ( 富士山 ) ( ← クリックしてね♪ )
標高        1468 m
所在地       山梨県南都留郡富士河口湖町
山系        富士山側火山
種類         スコリア丘
最新噴火     約3000年前
火山グループ   富士火山帯
である。
富士山版 ・ 大室山を解説すると・・・、

① 富士山が持つ多くの側火山のひとつで、
  なだらかな富士山の麓にあるため外見は独立峰に見える。
② 頂上部には火口の窪みがある。が、いまとなっては草ぼーぼー。
③ 青木ヶ原樹海の南側に位置し、
  周辺には本栖風穴、大室風穴、神座風穴などの風穴が点在する。
④ 大室山への登山道はなく、頂上部は樹林に囲まれ眺望は悪い。
⑤ 鳥獣保護区・国立公園特別保護地域に指定されているため、
  昆虫や野草の採集などは禁止されている。

とのことであるようだが
この火山の独特なカタチを俗に・・・、

スコリア丘 ( →☆ )
とも呼ばれている。

足和田山エリアから観る富士山版 ・ 大室山は
ほかの場所からだとどうしても富士山に抱きかかえられて見えるのが
至って普通の光景だけど、
単体で見る富士山版 ・ 大室山は
実際にみてみると、けっこうデカい・・・!


さて今度の、富士山版 ・ 大室山の
左どなりの小さなコブ状の寄生火山は・・・、


9:29
時は平安の世・・・、
じょうがんだいふんか
貞観大噴火 ( ←クリックしてね♪ )
によって、かつての大型湖沼 ・ 剗の海を埋め尽くして
青木ヶ原樹海を造り上げた
張本人の主犯格・・・!!

 ながおやま
長尾山
標高        1424m
所在地       山梨県南都留郡富士河口湖町
山系        富士山側火山
種類         スコリア丘
最新噴火     西暦864年 ~ 西暦866年 平安時代
火山グループ   富士火山帯
だぁ!(><)
ここから見る長尾山は
富士山に対する知識がなければ
きっとスルーされるんだろうけど・・・・、

かつての大型湖沼 ・ 剗の海を埋め尽くしたとされる
主犯格メンバーの姿は
意外にも小ぶりで
いかにも悪さを犯しそうにない姿で
静かに佇んでいたんだとさ。

めでたし、めでたし。。。


さてさて・・・、
Bird VIEW Time 足和田山エリア篇も
これでラストを迎え、


9:29
最後を飾るのは
我が国の最高峰で
日本国民なら誰もが知る、

ふ じ さん
富士山 ( ← クリックしてね☆♪ )
に決まりっ♪
・・・って、あれっ?
出たよ、逆光だよっ
見え方が小汚ねぇ~


という訳で

~ Bird VIEW Time 足和田山 ・ 三湖台篇 ~
は、これでおしまい。



9:30
さて、そろそろ
足和田山 ・ 三湖台を出発するころ
なんちゃら貯水池みたいに見える

 さいこ
西湖 ( 富士五湖 )
所在地     山梨県南都留郡富士河口湖町
面積       2.10km2
周囲長     9.85km
最大水深    71.7
平均水深    - m
貯水量     0.08085km3
水面の標高  900m
種類       堰き止湖
成分       淡水
湖沼型      -
透明度     8.2m
火山グループ 富士火山帯
をあとにして
足和田山 ・ 五湖台に向けて
出発だぁ!♪



9:31
さぁ、ここから先の
グランツーリスモな世界・・・、




運転士気分を味わえる
足和田山トレイルの全面展望は


9:42
乗り物で例えるなら・・・、
こんな感じ🚅 ( ←クリックしてね♪ )



9:47
足和田山の尾根筋は
何度も細かいアップダウンをくり返しながら




9:48
枝間の隙間からの
富士五湖湖畔を時々
眺めながら縦走していく




9:53
高尾や陣馬の尾根筋みたいなとこを
攻めているうちに
「 足和田山 」 の頂上まで、あとわずか。




10:00
そしてやがて
この緩やかな坂を
登りつめた先に・・・、




10:07
俺 ・ 矢吹 ♪
2018年、既存増量
軒先累計 ・ 第3件目
足和田山登頂達成ぇ~っ♪
 
したのであった。が、

往路の目的地、
「 道の駅 ・ かつやま 」は
まだあと3kmも先なのだぁ・・・。


10:10


さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #3

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

さらに
つづき ♪


それにしても
足和田山頂上は
狭くてあまり眺望自体が、望めない(><)




10:17
・・・しかも
逆光で、富士山がテカテカだぁ



足和田山頂上をそそくさと離れて
河口湖方面へと縦走をつづけていくと



10:20
枝間の隙間から
富士五湖でもっとも標高が低く、
富士五湖第二の面積を誇る、

かわぐちこ
河口湖 ( ←クリックしてね♪ )
所在地     山梨県南都留郡富士河口湖町
面積       5.48km2
周囲長     19.08km
最大水深    14.6m
平均水深    - m
貯水量     0.053km3
水面の標高  833m
種類       堰止湖
成分       淡水
湖沼型      -
透明度     7.0m
火山グループ 富士火山帯
が、見えてはいるが
山の尾根筋からの、にっぽんの湖沼は
西湖と同じく、「 なんちゃら貯水池 」 みたく
かなり狭く見えて仕方がない。

※ あくまでオレ自身の個人的な感想だ。



10:31
足和田山頂上から、
河口湖方面へは、写真のようなフラットなとこを走っていきながら
段々と高度を下げていくと・・・、




10:38
河口湖の全景と
写真正面の・・・、

みつとうげやま
三ツ峠山 ( ← クリックしてね♪ ) が、
標高     1786m
所在地   山梨県都留市・
        南都留郡西桂町・富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
くっきりとキレイに
見え始めていて、


さらに
三ツ峠山の右隣りに見える山は


10:38
御坂 & 天子山塊グループから分離する
道志山塊グループに属する

 しゃくしやま
杓子山 ( クリックしてね♪ )
標高    1597.6m
所在地  山梨県富士吉田市、都留市、忍野村
山系    道志山塊 ( → ☆ )
である。
折角なんで、カンタンにガイドすると・・・、

UTMFのコース上の山々のひとつ。
都留市二十一秀峰の一つ
山頂からの富士山の眺めの良い山の一つで
  尾根越しの山中湖をセットに観られると、それは大変に素晴らしい。。。

とまぁ
そんな感じ。




10:47
さきほどの眺望地点をすぎると
今度は河口湖湖畔に向けての
本格的な下山が開始される。




10:49
段々と標高を下げてきて
神社の脇を通過すると・・・、




10:53
フラット状なコースを
気持ちよく駆抜けていき、




10:57
河口湖湖畔と御坂山塊が、
くっきりはっきり見えてきたぞ☆

そして、いつものように
着陸点呼を
済ませたところで




10:59
いざ!

本日第一回目の
Sonic Landing の 開始だ!☆ ( ← クリックしてね♪ )
( ☝ Boeing747-400 Many AirCraft Edition )

いくぜ♪



11:00
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




11:02
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




11:04
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




11:05
Minimum.
❝Landing!✈❞        




11:06
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
※ この日第一回目 、 無事成功!!



11:06
初回 ・ 第一回目の足和田山縦走は
約3時間くらいかかったよ~♪



自家用マシーン ・ 銀ちゃんの待つ
道の駅 「 なるさわ 」 までの
折返し便 ・ 出航前のひととき。。。




11:08
河口湖湖畔から眺める
御坂山塊群たち・・・。




11:08
山の尾根筋からではなく
湖畔からの御坂山塊は
景色が変わって、もはやもう、
何の山だかよく分からない(><)




11:10
そして、折返し便の出航前・・・、
本日二度目の縦走フライトを前に、
これからまた駆け巡る

あしわだやま
足和田山 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1355m
所在地   山梨県南都留郡鳴沢村
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
の尾根筋を湖畔の底から
じっと眺めているのであった・・・。
 


どんどんと
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #4

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

またまた
つづき ♪


足和田山全景を
湖畔から眺めたあと・・・、



11:21
道の駅 「 かつやま 」 飛行場にて
折返し便に向けてのジェット燃料を
体内に注ぎ込んで、

離陸点呼を
済ませて・・・いざ、


11:42
Takeoff Gliding の開始だぁ ✈✈✈
( ☝ AIR FRANCE Concorde Edition ・ クリックしてね♪ )


いくぜ!♪



11:46
V・・・・・1 ( 離陸決定速度 )



11:51
VR ( ローテーション速度 )



11:53
V2!✈✈✈・・・、 ( 安全離陸速度 )



The Final Chapter of
AutoReverse Transfer Operation
For The Forest GranTurismo Cruise
道の駅なるさわ ~ 道の駅かつやま 11000m


12:09
所属路線 : 東海自然歩道 ・ 国道139号線
  経由地 : 足和田山頂上 ・ 三湖台 ・ 紅葉台
11:45 ~ 13:55

   1km   13’31”
   2km   16’42”
   3km   13’51”
   4km   19’27”
   5km    7’42”    1゜11’15”
   6km    9’00”
   7km   17’07”
   8km    9’32”
   9km   10’00”
  10km    7’21”    2゜04’17” ( 0゜53’02” )
  11km    8’24”    2゜12’42” ( 0゜08’24” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   508m
   内訳 道の駅かつやま駐車場   →   足和田山頂上   508m ( 847m → 1355m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約4時間10分




12:17
折返し便 ・ 足和田山GTクルーズ
開始から約30分後の
富士山方向は、ガスって曇って
すでに見えない・・・(><)




12:20
河口湖湖畔を出航して
早速、足和田山の頂上部分が
見えてきた☆♪




12:20
緩やかな切替し状の
山道を登っていって
やがて・・・、




12:46
湖畔から開始して
ちょうど1時間後・・・、




12:46
足和田山頂上に
到達する。




12:47
足和田山頂上で寛ぐことなく
クルマの待つ道の駅をめざしている最中
早速、「 三湖台 ・ 紅葉台 」 の地名が出だしたぞ!




12:48
復路は眺望を眺めることはせず
ペース配分を気にしながら
足和田山の尾根筋を縦走する。

ペースとしては、1kmを10’00”前後かそれを斬るペースを意識しながら
巡航していた。



13:08
そしてやがて
復路の回の眺望スポット ・ 三湖台まで
もう、あとわずか




13:11
さっ、お昼下がりの三湖台、
どんな眺めがお待ちかねなのか???




ではここいらで
折返し便の縦走途中ではあるが
13:15 ~ 13:18 ・ 3分間ばかしの

~ Bird VIEW Time
  足和田山 ・ 三湖台篇 Mini ~

と、行ったるでぇ~♪



13:15
午後をまわると
ときは既に遅しと言わんばかりに

みつとうげやま
三ツ峠山 ( ← クリックしてね♪ ) 方面は
すでに霞んでいた。




13:15
一方の御坂山塊 ・ 西部側は、こんな感じで
南アルプス方向は、全然見えやしない。




13:15
さらに樹海の大海原の先の
天子山塊 ・ 最高峰、

 けなしやま
毛無山 ( 天子山塊 ) ( ← クリックしてね♪ ) も
残念ながら姿をみせず雲隠れ。。。




13:18
そんななか・・・、
ふ じ さん
富士山 ( ← クリックしてね☆♪ ) だけは
ちょいとご機嫌に姿を現す!♪

空が霞んでいくなかの、すこし嬉しいできごと☆



13:25
足和田山 ・ 三湖台を
そそくさと離れて、目の前の紅葉台駐車場に差しかかるころ
クルマの待つ道の駅に向けて

着陸態勢に入っていくぜ
いざ
Sonic Landing の 開始だ!☆
( ☝ 成田バージョン ・ クリックしてね♪ )
いくぜ

じゃんじゃんと
  つづく
   ↓
   ↓
   ↓

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #5                     The Final Tracks 

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

これで
最後 ☆♪



13:32
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




13:35
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




13:35
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




13:54
Minimum.
❝Landing!✈❞        




13:58
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 

【 1月 21日 ( 日 ) 練習内容 】
8:10 ~ 14:00
足和田山 観光トレラン 22000m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2018年 1月走行距離 】
日計 22.00km
累計 ・・・・・・ km




14:05
【2018年登山登頂リザルト】
新規登録         2件
1月  1日 ( 月 )竜ヶ岳 ( 天子山塊 )
1月 13日 ( 土 )長者ヶ岳 ・ 天子ヶ岳 ( 天子山塊 )
既存増量         1件
1月 21日 ( 日 )足和田山 ( 御坂山塊 )
軒先累計         3件

2018年 1月総累積高低差
           2235m ( 2.24km)

2018年 年間総累積高低差
           2235m ( 2.24km)




15:54
【俺 ・ 矢吹 ♪ 日本百名山登頂リザルト】
登録件数         26件/100件中
達成率           26%
新規追加登録  ※ 新規増量なし
※ 下記日付は、初回登頂年月日を指す
蝦夷富士 ・ 後方羊蹄山 2014年  7月30日 ( 水 )  北海道
津軽富士 ・ 岩木山    2012年  7月26日 ( 火 )  青森県
南部片富士 ・ 岩手山   2012年  7月28日 ( 土 )  岩手県
蔵王山            2014年  7月23日 ( 月 )  山形県
会津富士 ・ 磐梯山    2012年  7月22日 ( 日 )  福島県
那須岳           2016年  8月21日 ( 日 )  福島県 ・ 栃木県
谷川岳           2017年  8月19日 ( 土 )  新潟県 ・ 群馬県
越後富士 ・ 妙高山    2015年  9月22日 ( 火 )  新潟県
日光富士 ・ 男体山    2016年  8月16日 ( 火 )  栃木県
日光白根山        2016年  8月15日 ( 月 )  栃木県 ・ 群馬県
赤城山           2016年  7月 4日 ( 月 )  群馬県
草津白根山        2000年  9月24日 ( 日 )  群馬県
四阿山           2015年 10月10日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
浅間山           2013年  5月 4日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
筑波山           2014年  2月28日 ( 金 )  茨城県
常念岳           2017年  7月 8日 ( 土 )  長野県( 北アルプス )
雲取山           2014年 11月15日 ( 土 )  東京都 ・ 山梨県 ・ 埼玉県
金峰山           2013年  9月14日 ( 土 )  山梨県 ・ 長野県
瑞牆山           2012年  7月12日 ( 日 )  山梨県
丹沢山           2016年  1月16日 ( 土 )  神奈川県
富士山           1999年  7月24日 ( 日 )  山梨県 ・ 静岡県
天城山           2017年  7月29日 ( 土 )  静岡県
空木岳           2017年  9月 9日 ( 土 )  長野県( 中央アルプス )
剣山             2017年 10月 8日 ( 日 )  徳島県 ( 四国山地 )
九重山           2014年  5月 4日 ( 土 )  大分県
薩摩富士 ・ 開聞岳   2011年  7月28日 ( 木 )   鹿児島県


【2018年 1月 21日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 散田架導橋アンダーパス ~ 国道20号 ・ 甲州街道 ~
都留高校南交差点 ・ 左折 ~ 国道139号 ・ 富士みち ~
富士見バイパス南交差点 ・ 右折 ☞ 国道139号 ・ 富士パノラマラインへ接続 ~
道の駅なるさわ駐車場・・・・の往復


【2018年 1月 21日 ( 日 )の運行距離】

20:50
178.2km
全ルート ・ 一般道を使用

        東京都八王子市  東京都八王子市     
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅  ☞  八王子 ・ 自宅



GTクルーズ気分を
思う存分味わえた、足和田山トレイルの
あとがき

観光テイストに些か乏しく
陸上競技の派生型 「 トレラン 」 の練習場所だった足和田山
について・・・、


まず感想文に入る前に
「スカイランニング」と、「トレイルランニング」の相違点を考えたい

スカイランニング Skyrunning ( ←クリックしてね♪ )とは、

① 山岳や超高層ビルを駆け上がる
  (駆け下る)スピードを競うスポーツ
② 標高2000m以上の高所山岳、
  もしくは急傾斜の山岳におけるランニング形式の快速登山を指す
③ ステージとしては、樹林帯ではなく森林限界がメイン
  と、されており
  大分類としては
登山にあたる。

一方の
トレイルランニング Trail running
( ☝ クリックしてね♪ )とは、

① 起伏に富んだ不整地や樹林帯を走るランニングスポーツ
② ランニングスポーツとして
  水平距離や超長距離走がメインである。
  距離内容は15km ~ 160km超とさまざまである。
③ トレランは未舗装路を「走る」という
  水平方向への移動が基本要素である。
  したがって、基本的には走行に適したトレイルや砂漠など
  未舗装路全般がコースとして使用される。

  つまりトレランは登山というよりかは
  どちらかというと
陸上競技 の派生型という
  意味合いの方が強い



そういう意味から
UTMFを始めとするトレラン競技は

日本アルプスや御坂山塊のようなのハードなコースは
選ばれないような気がするなか
UTMFで巡る山々は、決して険しくはなく
標高2000m未満の準低山をめぐるコース取りになっていると思われるが

そうは言うても
UTMFはトレラン界のエリートを決める
我が国唯一の世界選手権だ!

オレ自身、断片的ではあるが
UTMFのコースの一部の2峰を攻めて思ったが
弧を描くようにコース設定されているUTMFは
天気が快晴であれば、常時 ・ 富士山見物を堪能しながら
競技に参戦できる上に、富士山を取巻く山々を見ながら
風光明媚なところを巡っていけるGTクルーズを味わえる
レーシング ・ スポーツだ。

自分のカラダ ・ 五感を使い果たしながらの
駆抜ける歓びは
きっと参加された、これからご参加される選手たちには
完走後、忘れられない想いでになるであろう・・・!♪

まぁ一方のオレは・・・、
ここ最近、競技から遠退いているので
UTMFソルジャーらには
遠く及ばないが、

久しぶりに懐かしく競技気分のような
駆抜ける歓びを味わえたグランツーリスモ ・ クルーズを楽しめた
トレイルランニングであった。

Misaka & Tennshi Mountains stage Part.5
The Forest GranTurismo For - Racing
Mt ASHIWADA Edition
~富士山をとり巻く観光トレラン パート5 御坂山塊 ・ 足和田山 篇~
                     

FLY! DOHT ✈✈✈  #1

2017.06.30

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

DOHT
この言葉の意味
Double Over Head Mt.Tanzawa TOUNODAKE Edition
から取った、オレ自身の新たなるトレイル練習に向けてのキャッチコピー

その内容は・・・、
今後の更なる難易度を増す観光トレイルに対し、
オレ自身がトレイル練習として
丹沢 ・ 塔ノ岳もしくは蛭ヶ岳方面にて
新たに 「ホームグラウンド」 として定めた自主強化練習の一環である。

おもな内容は、
大倉バス停辺りを起点に
塔ノ岳の往復もしくは、W往復を行う観光トレイル向け強化練習を指す。

つまり、DOHTいえるには
大倉 ~ 塔ノ岳頂上を2往復熟さなければならない。
まぁ、世間一般てきに 「 塔ノ岳ダブル 」 の別称といった感じか。

だから、今かいのネタみたく、
一往復しか熟せなかった場合は、
Single Over Head Mt.Tanzawa TOUNODAKE
で、終わってしまうのである。

ちなみにDOHTの語源は・・・、
自動車用語でお馴染みの

Double OverHead Camshaft
( ☝ クリックしてね♪ )
から取ったものである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても
DOHCという響き ( ← クリックしてね♪ )
Twin cam 24Valve なんていってたころが懐かしいのう
( ☝クリックしてね♪ )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな
去る、2017年 6月 24日 ( 土 ) 、
矢吹♪ The FASTECH For DOHT Operation #10
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
            The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ )

オレは丹沢 ・ 大倉尾根に乗込んで
新たに定めたトレイル ・ ホームグラウンドの地で
更なる新天地をめざして
観光トレイル向け強化練習に勤しんだのだった!

題して

矢吹♪ The FASTECH For DOHT Operation
Take 1

観光トレイル向け強化練習 ・ 丹沢塔ノ岳 往復篇
である。


まずは、あらすじ
本当はこの日、奥秩父山塊の瑞牆山か大菩薩嶺の観光トレイルに行きたかったのだが
天気が思わしくなく、けどトレイルのブランクを空けたくなかったので
前回の武甲山トレイルから2週間後のこの日に、塔ノ岳トレーニング敢行する。

練習として行うなら
可能な限り毎週おこなえる方が理想だが
そんなことしてたら疲労ばかり溜っていって
本来行いたい観光トレイルがおぼつかない。
だから観光 ・ 練習トレイル含めて、隔週でできるだけ熟せることを視野に入れている。
つまり、隔週でトレイルを行うということから
景色 ・ 眺望が望めず、けど曇天で降雨に至らなそうであれば
コースを熟知している丹沢 ・大倉尾根で
ハイレベルな練習を積み重ねていこうというものである。

練習開始直前
までの行程

前日 ・ 金曜日の業務終了後の22時に準備をすませて
23時ごろ、八王子 ・ 自宅を出発し
その一時間半後の深夜0時半ごろ、
大倉バス停まえのコインパーキングにて車中泊をし一夜を明かす。
あろうことか寝すぎてしまったのか、
あさ7時に起床し、食事等を済ませてたら・・・、

8:22
トレイルの開始・・・、
遅くなっちゃったぜぇ~


という訳で
こっからは

Kick off
Chapter of Departure
神奈中 大倉バス停 ~ 塔ノ岳頂上 7200m

使用路線 : 大倉尾根
8:20 ~ 10:13

   1km    8’29”
   2km    9’45”
   3km   19’20”
   4km   15’35”
   5km   13’42”   1゜06’54”
   6km   23’47”
   7km   18’01”
  のこり     1’24”   1゜50’08” ( 43’14” )      
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   1191m
   内訳 大倉バス停前駐車場   →   塔ノ岳頂上   1191m ( 300m → 1491m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間30分

へと移行するのである。


8:24
走り始めて2分後
いつも停めている 「 大倉山の家 」
を通過し、




8:26
大倉尾根の登山口へと
入っていくのである。




8:48
練習という名目で
丹沢山塊に進入すると




8:49
なんか気持ちが引き締まると同時に
強化練習という名目からか
プレッシャーも感じてしまう




8:53
この日は
走っていて何か疲れていたのか




9:09
気が乗らず
スピードが出ない




9:11
駒止茶屋通過直後
さん の とう
三ノ塔 (←クリックしてね☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊
は、アタマの部分が
雲隠れ。。。




9:14
その左隣の
丹沢表尾根もアタマの部分が
雲に覆われていて
縦走するには、ちょっこし危険かも。




9:34
さらに高度が増し
標高1000m地点でも
こんな感じで、眺望に恵まれず

だんだんガッツを失う
俺 ・ 矢吹 ♪




9:42
それにしても、この日は
湿気ムンムンで
サウナ風呂のように
クっソ暑い (><!)

水分奪われ、疲労蓄積していく最中、



9:50
花立山荘に到達するも

・・・あれれ?
青空満天なこの状況に・・・、


9:55
オレはマジで
驚き隠せない!




9:56
富士山方向は
湯たった雲なんかで
見える訳もない

その後・・・、

神奈川県の最高峰であり
おなじく丹沢山塊の最高峰でおなじみの、
ヤツがある種憎たらしくそびえ立つ


     そう・・・、
     ヤツの名は

     👇
     👇
     👇


9:58
ひる が たけ
蛭ヶ岳 さま (←クリックしてね☆)
標高    1672.7 m
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
だぁ~っ
こんなにキレイにそびえてんだったら
もっと早く
おっ始めてるんだったじぇ~



そしてその右隣りには
こんかいのターゲット ・ マウンテン


9:58
とう の だけ
塔ノ岳 (←クリックしてね☆)
標高    1490.94m
所在地   神奈川県秦野市・清川村・山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
が、キレイに
ひょっこりと顔を出す




10:00
そんな塔ノ岳トレイルごときに
クタクタになり
手古摺りながら




10:11
やがて
そして・・・、




10:12
・・・ついに



10:13
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、既存増量 & 軒先累計 ・ 第13件目
丹沢 塔ノ岳 ・ 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。


  つづく
   ↓
   ↓
   ↓

FLY! DOHT ✈✈✈  #2

2017.06.30

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪

ではここで、いつものように
10:15 ~ 10:45は


10:23
~ Bird VIEW Time 塔ノ岳 山頂篇 ~
だぁ~ッ ♪



10:26
大倉 ~ 塔ノ岳間を
時間かけ過ぎてしまった
俺 ・ 矢吹 ♪




10:26
日本アルプスを思わせし
丹沢 ・ 塔ノ岳の頂上からの・・・、




10:31
富士山方向は
沸立つ雲で見えやしないのは
勿論のこと




10:31
当然ながら
富士山そのものも
見えなかったばい。。。




10:36
一方の丹沢表尾根方向の
三ノ塔や丹沢大山方向は・・・、




10:36
これが不思議なことに
完全にガスってて
丹沢表尾根そのものが、
塔ノ岳山頂からは全くもって、この日は見えなかった。




10:40
ただ、塔ノ岳頂上から
写真のように蛭ヶ岳は、くっきりと見えていて

一瞬魔がさして
このまま縦走しようか
この場で散々迷ったが、



10:42
やがてこのあと
雲が沸立ち、視界不良になるのではと
判断したオレは

塔ノ岳頂上をそそくさと
離れることを決意し、
断腸の想いで
下山開始をするのであった。



さらに、つづく
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.