アロー独走

Changing The Future , NOW♪

讃岐平野の大自然 ~ 讃岐七富士コレクション 2017th ~  #1

2017.10.22

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

 さぬき なな ふじ
讃岐七富士 ( ←クリックしてね♪ )
この言葉の意味
讃岐七富士とは、読んで字のごとく
讃岐の国 ・ 香川県の讃岐平野上にそびえ立つ
7つの郷土富士のことである


その讃岐七富士の
代表格なのが
みんなご存じ、誰もが知っている・・・、
      こちら♪
        👇
        👇
        👇


矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 12 Encore
 さぬき  ふじ    ・  いいのやま
讃岐富士 ・ 飯野山 ( ← クリックしてね♪ )
標高   421.87m
所在地  香川県丸亀市・坂出市
山系   独立峰
種類   ビュート
・・・でもって
それらを始めとする
讃岐七富士めぐりを

去る、2017年 10月 9日 ( 月 ) 、に
2017th
Sanuki Plains, 7th HometownFuji Collections #36-1

ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
敢行した・・・、
こんかいの物語にして
前回ネタ ・ 四国山地スカイランニングの翌日への続編

題して

俺 ・ 矢吹 ♪ プレゼンツ 
讃岐七富士
Neo Beauty Collections

~ 讃岐平野に広がる、霊峰 富士山たち篇 ~
を、お贈りしていこう♪


東京都在住にして 「 八王子ナンバー 」 代表
自家用車でめぐる

讃岐七富士めぐりまでの
あらまし

四国放浪 ・ 3泊四日の旅路
3日目のなかび・・・、

前日のハード ・ コアな、四国山地 ・ 観光型スカイランニングから
心身共に疲れ果てていたオレは
お昼下がりの午後2時まで、ホテルで寝そべってしまっていた。

だが、せっかくオレに年休を与えてくれた会社の仲間たちに
お土産を買ってあげたいと思っていたオレは
土地勘のない四国の街中をクルマ走らせて繰り出さなければならなかった。

14時半という遅い出発をおっ始めてもうた、マヌケなオレ!♪
時間にルーズで計画性のない

世界に誇るB型男児、俺 ・ 矢吹 ♪
と・・・、感心している場合じゃないぞ!
と、思いながら・・・、なんとなくルートイン坂出インターを出発し
午後3時台に会社向けのお土産を購入する。

そして・・・、さらに計画性の悪いオレは
お土産をゲットした 「 坂出イオン 」 で
更にクイック ・ マッサージ 1時間コースを受けてしまう。。。

だってしょうがない
カラダだるかったから。。。

そんなクイック ・ マッサージのあと
オレはここで思いつきの讃岐七富士巡りを
敢行するのであるが

時はすでに午後4時半!
どこまで巡れるのか
俺 ・ 矢吹 ( ><)

日没の迫るこの時間から、
オレさまは讃岐平野を東奔西走する
・・・のであった。



てなわけで

こんかいは
この道路地図を交えて
お贈りしていくぞ



讃岐七富士 ・ その①
誰もがご存じ!


16:35
矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 12 Encore
 さぬき  ふじ    ・  いいのやま
讃岐富士 ・ 飯野山 ( ← クリックしてね♪ )
標高   421.87m
所在地  香川県丸亀市・坂出市
山系   独立峰
種類   ビュート
だ!

讃岐富士 ・ 飯野山は
オレにとって過去1度、
讃岐七富士のなかで
唯一、登頂したことある山だ!

じつは、讃岐七富士めぐり自体も
今回が初めてではなく、2013年の夏休み、
自家用車で四国上陸したときに行ったことあり。
そんでもって讃岐富士 ・ 飯野山は
身近な低山として人気を集めており、
高齢社会を迎えた昨今、体力づくりもかねて登山者が増えている。

とのことである。
標高が421mと低いが、
実際に登頂果たしてみると、標高のわりにはそれなりに険しいのを記憶する。
眺望は山腹から広陵な讃岐平野を一できて素晴らしいが
山頂には自治会っぽい建物らしきものや、樹木に囲まれていて
山頂からの眺望は、まったくなかったような。。。

まっ、そんなような場所だった。

ただ、讃岐富士のまわりには
かつての灌漑用のため池が数多く存在し
それらをセットに撮影を試みると
けっこう良いのが撮れそうだぜ!

讃岐国のナショナル ・ フラッグ ・ マウンテン、讃岐富士
ノスタルジア漂わせる眺望、ここにあり!



讃岐七富士 ・ その②

16:58
矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 13 Encore
 はゆか ふじ    ・ つつまやま
羽床富士 ・ 堤山
標高   201.55m
所在地  香川県綾歌郡綾南町
だ。

羽床富士 ・ 堤山は、
さきほどの讃岐富士に比べると
大きくはないがスマートなカタチ♪

地図で見たとおりに田んぼのど真ん中にそびえ立つ堤山は
夕方とはいえ、こんかいの讃岐七富士のなかで一番キレイに撮れた一枚かもしれない。
カンタンなガイドとしては
登山道は しっかり しているが
夏場は笹が生い茂っているそうだ。
登山用の駐車場はなく
路肩の広いところに停めるしかなく
なおかつトイレはない

んだそうだ。
くわしくは
拾い物資料を参考にしてくれ給え
( → ☆彡 )



讃岐七富士 ・ その③

17:32
矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 14 Encore
 あやがみふじ   ・ たかはちやま
綾上富士 ・ 高鉢山
標高   512.02m
      ※ 讃岐七富士 ・ 最高峰
所在地  香川県綾歌郡綾上町
であり、讃岐七富士のなかで
最高峰に君臨する。


しかしながら
綾上富士 ・ 高鉢山の撮影は
前回もこんかいも、苦戦を強いられた。

地図のように
山々に囲まれた綾上富士 ・ 高鉢山は
土地勘のないオレにとって
絶景スポットを捜し当てるのが大変だった。

讃岐平野を自家用車でドライブしていると
讃岐七富士以外の似たような山々が
星の数ほど点在していて
どれが綾上富士 ・ 高鉢山なのか、正直分からなくなることが多かった。

だけどそれでもカーナビの画像を頼りに
なんとか捜し当てることに成功する。

しかしまあ
これがカーナビ社会ではない昭和の時代だったら
「 どうしよ~ 」 って感じだよな、真面目に。

さてさて、ガイドとしては
駐車場あり トイレあり 登山後は もみじ温泉で汗を流すことも可能なりにけり!♪
キャンプ場から 丸木の階段の登山があって
とっても 整備されているから ハイキングがてら登れるぜぃ!!
山頂からの眺望は・・・、
各自、登頂果たしてみてから判断してくれぃ

とのことだ。

格好としては
讃岐七富士のなかで最も背丈が高く
とってもスタイリッシュかもしれない。
詳しくは、
拾い物資料参照のこと
( → ☆彡 )



讃岐七富士 ・ その④
この日最後の讃岐七富士めぐりの山は、
これ♪


18:07
矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 15 Encore

 みまやふじ     ・ むつめ やま
御厩富士 ・ 六つ目山 ( ← 拾い物資料を参照のこと ♪ )
標高   約317mぐらい
所在地  香川県綾歌郡国分寺町、高松市檀紙町
であり、高松自動車道に隣接した
御厩富士 ・ 六つ目山、


撮影していたときは
前回同様、真っ暗だった。

前回もこんかいも
この日ラストを飾る御厩富士 ・ 六つ目山を撮った当時は
ヘッドライトを照らさないとダメなくらいに
すでに暗闇だったころに撮れた最後の一枚だ

ん~~~~~~、
時間的に、シルエット ・ ロマンス状態に
なっちまったなぁ。。。

地図で見ると
高松自動車道に沿って・・・、
ではなくて、六つ目山に沿って高松自動車道が
結ばれているのが分かるって感じ。

日中に高松自動車道を走りながらの鑑賞は
ある種、迫力満点な光景であり
関東在住のオレらに馴染みのないだけに
意外性に富んだ眺めであるに違いない!

ガイドとしては
駐車場 無し  
トイレ無し
最適登山時期  春 秋 冬
途中 補助ロープを使って登るところあり
要手袋 長ズボン 
服装はトレッキングシューズ又はそれに似たスニーカー ステッキ又はそれに代わる杖

なんだそりゃぁ~


という訳で
この日の讃岐七富士めぐりは
これにて・・・、

Time Up!


【2017年 10月 9日 ( 月 )の運行仕業】
ルートイン坂出インター 14:30出発 ~ 坂出市街 ・ 坂出イオン立寄り ~ 県道21号 ~ 県道33号 ~
中央町交差点 ・ 右折 ~ 川津交差点より、国道438号へ接続 ~ 岡田交差点 ・ 左折 ~
国道32号 ~ 新羽床口交差点 ・ 右折 ~ 国道377号 → 長田交差点 ・ 右折 ~
県道17号 ・ 府中造田線 ~ 内田交差点 ・ 右折 ~ 国道438号 → 岡田交差点 ・ 右折 ~
国道32号 ・ 綾南バイパス ~ 西山崎町交差点 ・ 左折 ~ 県道44号 → 県道178号 ・ 山崎御厩線 ~
県道12号 ~ 新名交差点 ・ 右折 ~ 支所前交差点左折 ~ 国道11号 → 川津交差点 ・ 右折 ~
坂出市街 ~ ルートイン坂出インター ・ 18:49帰庫

【 2017年 10月 9日 ( 月 )の運行距離 】

18:49
81.7km
全ルート ・ 一般道使用



翌日へと、つづく
   ↓
   ↓
   ↓

讃岐平野の大自然 ~ 讃岐七富士コレクション 2017th ~  #2                  The Final Tracks

2017.10.22

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

これで
最後 ☆♪


前日は4峰しかこなせなかった
讃岐七富士めぐり、
3泊四日の最終日の

去る、2017年 10月 10日 ( 火 ) 、に
2017th
Sanuki Plains, 7th HometownFuji Collections #36-2

ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
のこり3峰撮影は
持ち越された。

この日の早朝6時ごろ
八王子への帰りの時間を考えつつ
そそくさとチェックアウトをし、
まずは一路・・・、

讃岐七富士 ・ その⑤

6:44
矢吹♪ 郷土富士コレクションズ 16 Encore
 とうさんふじ    ・  しらやま
東讃富士 ・ 白山 ( ← 拾い物資料を参照のこと )
標高   202.65m
所在地  香川県木田郡三木町
目指しては、
鑑賞にすこし浸るのである。


帰りの時間を考えては
遠望して手抜きしてとった一枚は
朝陽に映えるキレイな一枚

この日は晴天とはいえ
朝から四国を離れた9時台でも
四国をふくめた西日本は
スモッグに覆われたような天候だった。

東讃富士 ・ 白山のガイドは
琴電長尾線 ・ 白山駅のまえから
登山口 ・ 白山神社があり
整備しつくされた登山道を登りつめた先に
300度ちかく広がる山頂を有し
七富士の中でもっともアクセスがよく、眺望はバツグンである

とのことのようだ。

まぁ、琴電線も通っていることだし
いうことないんじゃないかい?!



讃岐七富士 ・ その⑥
今度は高松自動車道に乗込んで
善通寺あたりまで移動なり
その名は・・・、


7:21
矢吹♪ 郷土富士コレクション17 Encore 
  たかせふじ   ・ とかみやま
高瀬富士・爺神山 ( ← 拾い物資料を参照のこと )
乱掘まえの標高   226.6m
現在の標高       71.6m
所在地  香川県綾歌郡飯山町・丸亀市・坂出市
なのだ。

この讃岐七富士のなかで
かつては最も富士山を思わせる麗しき
讃岐平野にたたずむ郷土富士だったようだが・・・、

奇しくも
オレの住まいにほど近い
秩父の名峰 ・ 武甲山と同じ運命を辿るかのように
砕石が進んで、乱掘されつくされて
今となっては、痛々しい姿に
成り下がる。。。

むかし、この山に爺神山城というお城があり、詫間弾正景長というお殿様が住んでいたそうだ。
そして現在、 昔の美しさを取り戻す為の 復元計画があるようである。

元々あった大自然のすがたに取り戻すことは
人間技で成し得ることは、果たして可能なことなのか?



そしてラストを飾る
讃岐七富士 ・ その⑦は

高瀬富士 ・ 爺神山にほど近く
観音寺市内で瀬戸内海に面した


7:52
矢吹♪ 郷土富士コレクション18 Encore 
 ありあけふじ    ・  つくもさん
有明富士 ・ 江甫山 ( ← 拾い物資料を参照のこと )
標高   153.1m
所在地  香川県観音寺市
なのだ。

瀬戸内海の港町に面した
有明富士 ・ 江甫山 は・・・、

室本の町内にある皇太子神社から 登山道がある。 
途中まではミニ88ヶ所の参道を利用して  
一年通じてファミリー登山が楽しめる山である。
登山の後には、天然温泉 ・ 琴弾廻廊で疲れを癒しすことも
可能である。

とのこと。
オレがかつて制覇した、九州鹿児島の薩摩富士 ・ 開聞岳とおなじく
海岸線を眺めながら楽しめる郷土富士のひとつなのだろう。

という訳で
讃岐七富士めぐり
これにて終了し



9:21
あさ8時に観音寺を出発し
自家用車で初めて
瀬戸大橋を渡って・・・、




17:53
山陽道 ・ 名神 ・ 新名神 ・ 伊勢湾岸道 ・ 新東名
東名 ・ 圏央道とひたすら乗り継いで




やがてオレは
八王子 ・ 自宅に
帰宅するのであった。。。



【2017年 10月 10日 ( 火 )の運行仕業】
ルートイン坂出インター ~ 坂出市街 ~ 国道11号 ~ 東山崎町交差点 ・ 右折 ~
県道10号 ・ さぬき東街道線 ~ 氷上交差点 ・ 左折 ~ 県道38号 ~
高松自動車道 ・ さぬき三木IC乗車 ~ 高松自動車道 ・ 三豊鳥坂IC下車 ~
国道11号 ~ 新名交差点 ・ 左折 ~ 観音寺市街 ・ 室本漁港 折返し ~ 観音寺市街 ~
高松自動車道 ・ さぬき豊中IC乗車 ~ 坂出JCT → 瀬戸中央自動車道 ・ 瀬戸大橋通過 ~
倉敷JCT → 山陽自動車道 ~ 神戸JCT → 中国自動車道 ~ 吹田JCT → 名神高速道路 ~
草津JCT → 新名神高速道路 ~ 亀山東JCT → 東名阪自動車道 ~
四日市JCT → 伊勢湾岸自動車道 ~ 豊田東JCT → 新東名高速道路 ~
御殿場JCT → 東名高速道路 ~ 海老名JCT → 首都圏中央連絡自動車 ~
首都圏中央連絡自動車 ・ 高尾山IC 下車 ~ 高専通り ~ 八王子市街 ~
八王子 ・ 自宅 21:30帰宅


【 2017年 10月 10日 ( 火 )の運行距離 】

21:30
834.8km

          香川県坂出市         東京都八王子市
輸送区間 : ルートイン坂出インター  ➡  八王子 ・ 自宅


こんかいの
3泊四日の旅の
あとがき

今回から一週間の長期連休を頂かず
細切れピーポイント ・ スケジュールでこなした
四国の旅

自分のこなしたかった四国山地スカイランニング一本に
的を絞り、無理なくこなせて感無量である。

コストも最小限に抑えられて
天候急変における変更も可能でスリムに済ませられて
ムリなく無駄なくとことん楽しめたと思う。

今後もこんな感じで
遠方ピーポイント攻撃をこなしながら
見知らぬ美しく麗しき
日本百名山たちと好きなだけオレは
戯れて参りたい!♪

やっぱ今のオレは
開放的な森林限界の眺めそのものが
随一唯一の
心のよりどころである。

そういう意味では四国山地を始めとする
四国大陸は、オレの第二の
ノスタルジアな場所なのかもしれないと感じた場所であったような
気がしてならない。

そう思えた
3泊四日の旅であった。



Trans SHIKOKU Highway traverse 
The Shikoku mountains
   Elevated peneplain Collection

~ 四国山地、「 隆起準平原 」 の広がる世界篇 ~
            &

俺 ・ 矢吹 ♪ プレゼンツ 
讃岐七富士
Neo Beauty Collection

~ 讃岐平野に広がる、霊峰 富士山たち篇 ~
            完

標高1300m台の、雪化粧   #1

2017.03.20

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

前作、御嶽山 ・ 雪化粧からの続編 ( ← クリックしてね♪ )
去る、2017年 3月 19日 ( 日 )

2017th Yabuki The Winter fantasy The Final #5
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


7:40
ルートイン長浜インターの部屋より
朝焼けの、この日のターゲット ・ マウンテンを望む

オレはこの関西地区からの
雪化粧 ・ 勝負撮影に赴く・・・・!



さっ、
こんかいのターゲット・マウンテンは

こいつだぁ!!♪
         👇
      👇
      👇


東海道本線 ・ 近江長岡駅付近からみた
関西随一の雪化粧マウンテン

郷土富士コレクション外伝 6
伊吹山
( ← クリックしてね♪ )
よみ     いぶきやま いぶきさん
標高     1377.31m
         ※ 滋賀県最高峰
         ※ 伊吹山地最高峰

         ※ 国内ランキング ・ 約562位 ( ← ウソだと思ったら、各自で数えろ!)
所在地   滋賀県米原市岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町
山系    伊吹山地
種類    堆積岩 ・ 石灰岩


では、こんかい
なぜ伊吹山を選んだか


高校生時代から
オレは予てから伊吹山の存在を知っていて、




鉄道雑誌に走るゆく列車をバックに映る
伊吹山の写真を見ていたオレは
いつか伊吹山の雪化粧を観てみたいと思っていた。。。




だけど本当は
ぜんかいの年末年始時で勝負撮影を吹っかけたかったんだけど
日本海と太平洋にほど近い伊吹山をはじめとする関ケ原エリアは

厳冬期の時期は、関東地方とはちがい
安定感の無い天候に見舞われやすい。



それはそうと・・・、

たかだか標高1300m台で
ここまで立派に雪化粧する山は
ほかにあるのだろうか・・・?


読者のみんなも
下の表をみて比較してみたい

日本列島 ・ 全国標高1300m台マウンテン一覧
木ノ又大日     標高1396m 丹沢山塊
榛名富士      標高1390m 関東山地
斑尾山        標高1382m 上信越高原
菰釣山        標高1379m 丹沢山塊
鶴見岳        標高1375m 阿蘇くじゅう
秋田焼山      標高1366m 奥羽山脈
川苔山        標高1363m 奥多摩
箱根駒ヶ岳     標高1327m 富士箱根
恵庭岳        標高1320m 北海道支笏湖
ニセコアンヌプリ 標高1308m 北海道 ニセコ火山群
取立山       標高1307m 両白山地
武甲山       標高1304m 秩父山地
簡単に全国津々浦々の
高い順で標高1300m台マウンテンを洗い出してみても・・・、
富士山バリに雪化粧する山は
そうない・・・。

という訳でこんかいは
武甲山や奥多摩とそう標高が変わらないにも関わらず
なぜ、伊吹山は雪化粧するのかに迫る・・・!

題して
2017th Yabuki The Winter fantasy The Final #5

俺・矢吹♪
郷土富士コレクション外伝 6
近畿地方の雪化粧の名優 ・ 伊吹山

「なぜ伊吹山は、
 雪化粧するのかについて考える」 篇



Snow Beauty Chapter.1
In 米原市街 & 関ケ原エリア

10:40 ~ 13:00
実を言うと、チェックアウトのオレの気持ちは
かなり意気消沈ぎみだった。
朝を迎えてからというものの
宿泊した滋賀県琵琶湖周辺の天候が
春霞みがハンパなくって、
本当のこといって、伊吹山の撮影をあきらめて、古都 ・ 京都へ向かおうかな・・・、

って、考えていたんだけど・・・、
神社仏閣に一切合切興味のないオレは
自己セカンドオピニオン的志向に従うことなく、または誤作動することなく
当初の気持ちを曲げずに
伊吹山撮影を敢行するのである!・・・が、

10:39
こりゃ、だめかな?
と思いながら、米原市街へクルマをとりあえず走らせる。。。




10:50
変な農道に迷い込みながらも
近づいてみれば、なんとなく見える伊吹山




10:50
撮影した農道・・・、
明らかに、これは迷惑行為?




10:56
さらに田舎道のトラップに迷い込んで
八王子ナンバー代表のオレ、まじで四苦八苦 (><)




11:01
なんとかトラップを抜け出して
麓の近くまでくると
これまた、どデカい伊吹山の雄姿に
オレと銀ちゃんは圧倒される




11:11
この写真ではちょいと分からないかもしれないが
この写真の左斜面は
住友大阪セメント(株)滋賀鉱業所  伊吹鉱山なんだそうで
関東でいう武甲山とおんなじ境遇をたどっているんだねぇ。。。


・・・たしかに。
ふもとの関ケ原エリアや米原市街の田んぼのなかに
やたらとセメント工場が多かったような。




11:58
ちょっと東へ関ケ原エリアから伊吹山を眺めてみると
伊吹山が独立峰ではないのが、
このようによくわかる。




12:22
しっかしまぁ・・・、
この日の午前中は、こんな感じで
ドンヨリぎみだったわい。



Snow Beauty Chapter.2
In 三島池近郊エリア

13:00 ~ 15:00

13:11
つづいてのコーナーは
    👇
    👇
    👇


15:02
三島池 ( ←クリックしてね♪ )
よみ      みしまいけ
所在地     滋賀県米原市池下
面積       0.039km2
周囲長     0.78km
最大水深   1.2m
種類      人造湖 ・ 灌漑用
築造年     西暦1200年ごろ
成分      淡水
からみた伊吹山だぁ♪


三島池の駐車場で
2時間の昼寝ぶっこいたあとは・・・、




15:08
午後になると
快進撃をかますかのように
スッキリ・・・、とまではいかないが、




15:10
琵琶湖の東側、近江盆地からみた伊吹山は
前日みた御嶽山より、キリマンジャロってる感じ。




15:13
それにしても
田畑で恵まれた、この近江盆地と関ケ原エリアは
こんないい山がある割に、
富士五湖エリアみたく観光地化されていなく
比較的ひっそりとしている感じ・・・、なところがオレは好きだ☆




15:21
本格的な厳冬期には、豪雪に見舞われる伊吹山麓エリアは、
日本海まで直線距離にして、100kmも離れていない

だからという訳ではないが、こんかいのこのエリアは、
オレたちが住んでいる関東地方とは大きく異なり
高い日本アルプスに護られている訳ではなく
そして遮るものは何もなく
伊吹山をはじめとする伊吹山地の山々は、
日本海からきた低気圧のダメージをまともに受けるしかないというのは、
この地域特有の運命(さだめ)なのだろうか。

そんでもって、太平洋にも近いこのエリアは
晴天がつづけば、雪解け自体も
スピード感があるかのように、めちゃくちゃ早い

ルートイン長浜インターの受付の方々は
口をそろえるかのように
「 伊吹山は、よく積もり解けるのも早い 」
なぁんていってたが、オレたち関東の人間には
そんなこた言われても、ピンとはこないだろう。。。


Snow Beauty Chapter.3
In 東海道本線 近江長岡駅近郊エリア

16:00 ~ 17:00


16:07
こんどは鉄道撮影のメッカとしても
超有名な、東海道本線 ・ 近江長岡エリアからお送りしていこう♪




16:18
東海道新幹線と伊吹山
とっても絵になる光景だけど



16:38
雪にひ弱な東海道新幹線は
関ケ原の豪雪に、まともにダメージをくらうことでも超有名で




16:43
東海道新幹線開業前は
この関ケ原エリアに路線は通さず、
鈴鹿山脈を貫通して関西方面へ通す予定だったそうだが、




16:47
鈴鹿山脈に20kmを超える長大トンネルを掘削する技術なんて
開業前当時にはなく・・・、

1964年の東京オリンピックまでに間に合わせなけれならなかった当時は
そのときの有力政治家 ・ 大野伴睦氏の斡旋により
関ケ原ルートが完成したというのも有名な話であろう。


つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

標高1300m台の、雪化粧   #2   The Final Tracks

2017.03.20

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

これで
最後 ♪


では最後は、三島池からの
伊吹山 Magic Hour Challenge!
さぁ・・・、うまくいくかな?




17:06



17:28



17:55



18:11



18:20



18:41


さて、あとがきは
伊吹山の雪化粧目の当たりにしてみて
どうだったか?

ここで改めて書き記すことは
特になく、本文の通りであろう

・・・まぁ、生まれてはじめて
伊吹山の雪化粧を観れたので、一応は感無量・・・、
と言いたいところだが、
次回はこんかいのような春霞みではなくて
満天の青空のもとで、改めて伊吹山の雪化粧撮影に望みたい!

時期としては、来年の正月あたりを考えている。

その前に、ことしのゴールデンウイーク過ぎに
伊吹山は山開きするはずだから、それ以降に登頂したい。

そんなことを想いながら
いざ、自宅の構える八王子にクルマを走らせる。。。

関ケ原インターから名神高速に乗込んで
小牧ジャンクション手前で、東名か中央道かどちらにしようか考えた挙句、
オレは中央道をチョイスし、深夜2時には遅くても帰宅できるかな・・・、って思っていたが、



2017年 3月20日 ( 月 )
3:44
あろうことか
迂闊なことに
中央道の内津峠パーキングエリアで・・・、




2017年 3月20日 ( 月 )
3:45
八王子まで自力回送するエネルギーがなく
このパーキングで車中泊してもうた。。。


そして深夜4時に
八王子に向けて再出発をし、




2017年 3月20日 ( 月 )
6:22
中央道 ・ 諏訪湖サービスエリアにて
朝を迎えてしまう。。。






2017年 3月20日 ( 月 )
6:24
中央道 ・ 諏訪湖サービスエリアより
諏訪湖 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     すわこ
所在地    長野県
面積     12.81 km2
周囲長    15.9km
最大水深  7.2m
平均水深   4.7m
貯水量    0.063km3
水面の標高 759m
成因     構造湖 ( 断層湖 )
成分     淡水
湖沼型    富栄養湖
透明度    1.3m
を眺めたあと
さらに帰路の八王子をめざす




2017年 3月20日 ( 月 )
7:07
さらに中央道の
八ヶ岳パーキングエリアにて




2017年 3月20日 ( 月 )
7:07
甲斐駒ケ岳(←クリックしてね☆)
標高    2967 m
      ※ 駒ケ岳としては国内第一位
所在地   山梨県北杜市、長野県伊那市
山系    赤石山脈 (南アルプス連峰)
種類    隆起(花崗岩)
初登頂   1818年(小尾権三郎が開山 )
の雄姿に見惚れる
オレ矢吹 ♪

な~んて言ってる
ヒマはねぇぞ~


オレはこの日
帰宅したらスーツに着替えて
海老名に13時までに行かなくっちゃならねぇ・・・!

しかも
遅刻は絶対に許されない

けど、なんとか八王子までの
安全運行を終わらせて
どうにか帰宅の途につくのである



【 2017年 3月 19日 ( 日 )の運行仕業 】
ルートイン長浜インター ~ 米原市街 ~ 名神高速 ・ 関ケ原IC ~ 名神高速 ・ 中央道 ・ 小牧JCT ~
中央道 ・ 岡谷JCT ~ 中央道 ・ 八王子IC下車 ~ 八王子市街 ~
八王子 ・ 自宅 2017年 3月20日 ( 月 ) 9:20帰宅


【2017年 3月 19日 ( 日 )の運行距離】

630.1km
運行区間 : ルートイン長浜インター ~ 八王子 ・ 自宅


帰宅して
スーツに着替えて
相模線に20数年ぶりに乗込んで
10数年ぶりに海老名にたどり着き
オレは最年長のOBとしての面目は
どうにかこうにか保てたぜぇ。。。




そして雪化粧旅行のあとは
高校時代にお世話になった恩師の
定年式典に参加したのであった。

同好会時代の顧問の先生
谷村新司氏みたいに
相変わらずダンディズムだったぜ♪


2017th Yabuki The Winter fantasy The Final #5
俺・矢吹♪
郷土富士コレクション外伝 6
近畿地方の雪化粧の名優 ・ 伊吹山

「なぜ伊吹山は、
 雪化粧するのかについて考える」 篇
            完

風に立つ独立峰 ・ 東洋のキリマンジャロ  #2  The Final Tracks

2017.03.19

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

これで
最後 ♪


さて、ここからの
10:00 ~ 11:00のコーナーは


10:08
鈴蘭高原からの
~ Bird VIEW Time はじまり 始まりぃ☆ ~
題して

鈴蘭高原
北アルプス ・ コレクション




10:09
まず始めは
鈴蘭高原、岐阜県側からの御嶽山から

女性的にやさしいスタイルで聳え立つ
長野県側の開田高原からとは大きく異なり
鈴蘭高原からは、男らしさその物の感じだ!

ただこの日は
青空いっぱいの岐阜県側からの姿を
思う存分体感できなかったところが残念だったかな。。。



10:09
さらに御嶽山から視線を左にうつすと
こんどは天高くそびえ立つ乗鞍岳の雄姿




10:10
その乗鞍岳に
さらにすこし視線を左にうつすと
こんどは・・・、
北アルプスの最高峰で、国内第3位の

奥穂高岳 ( ← クリックしてね♪ )
よみ   おくほだかだけ
標高   3190m
      ※ 国内第3位
      ※ 北アルプス ・ 飛騨山脈 最高峰

種類    隆起
地質    溶結凝灰岩
所在地  長野県松本市、岐阜県高山市
山系    飛騨山脈 ・ 北アルプス
初登頂  1906年 (阿部郡治)
が、ここからだと
小さくそびえ立つ

穂高岳は、剱岳、谷川岳と共に日本三大岩場に数えられている。
特に、涸沢岳から南岳の稜線の飛騨側には、谷川岳一の倉沢と並ぶ有数の岩場滝谷を擁する。
滝谷は急峻なだけでなく、崩れやすい岩も多く、岩の墓場と形容される。

・・・、という解説のように
もはや・・・、トレランなんて当然ムリな場所っぽい
というかオレの出られる幕ではなさそうな山かもしれんな。。。




10:15
さらに今度は
奥穂高岳から視線を左に移すと
写真では非常にわかりづらいかな・・・、

槍ヶ岳 ( ← クリックしてね ☆ )
よみ     やりがたけ
標高    3180m
       ※ 国内第5位
所在地   長野県松本市、大町市 ・ 岐阜県高山市
山系    飛騨山脈 ・ 北アルプス
種類    氷食尖峰 (←クリックしてね☆)  
初登頂   1828年7月28日(播隆上人)
別名    「 日本のマッターホルン 」
が、肉眼では武器としてつかうランスのような形相で
その名のとおりにそびえ立つ

名前の如く天に槍を衝く形が特徴的な高山であり、
その形から「日本のマッターホルン」とも称される。
登山者でにぎわい、穂高岳などと共に多くの登山者の憧れの的となっていて

登山をしない者にとって日本を代表する山は富士山だが、
登山を愛好する者にとってのそれは
槍ヶ岳である
とのことであるそうだ。
いずれにせよ、オレの手にも足にも及ばないところであることには
間違いなさそうだ。



10:17
さらにその左手には
笠ヶ岳(←クリックしてね☆)
よみ    かさがたけ
標高    2897.48m
所在地   岐阜県高山市
山系    飛騨山脈(←クリックしてね☆)  
種類    氷食尖峰(←クリックしてね☆)
が、クリスタルのように
キレイにそびえ立つ




10:20
そして最後に紹介する
北アルプスの山は、笠ヶ岳の左手

黒部五郎岳 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     くろべごろうだけ
標高     2839.58m
       国内第51位
所在地   富山県富山市 岐阜県高山市・飛騨市
種類    褶曲 ・ 隆起 ・ 花崗閃緑岩
山系    飛騨山脈 ・ 立山連峰
が、ここからだと小さくそびえ立つ
人名のような山名であるが、
「五郎」は、山の用語であるゴーロ、大きな岩がゴロゴロした場所が山名の語源で
それに五郎という当て字をあてているのである。
また、苗字のような「黒部」も、村名が由来であるという。
これは近隣の野口五郎岳についても同様で、黒部村の五郎岳と、野口村の五郎岳という言い方で、
比較的近接している二つの山を区別したものである。
歌手の野口五郎氏の芸名は野口五郎岳にちなんだものであり、
デビュー前には「黒部五郎」も芸名の候補に挙げられていたという

という逸話があることでも
有名である



・・・とまあこんな感じで
天候はイマイチだったけど
それなりにBird VIEW Time が楽しめたところで


11:43
ここいらで
お昼ごはんにあり付けて




13:12
お昼ごはんのあとは
この時間から
3時間ほどの車中仮眠のあと、




15:49
また再度
鈴蘭高原の展望台へ




15:49
でもこんかいは残念ながら
春霞みと高曇りでハンパなく




16:15
ほんとうは
鈴蘭高原からの夕刻からのマジックアワーを
楽しみたかったのだけど




16:15
天気の回復が見込まれないと判断し
早めに鈴蘭高原をあとにして、



Final Generalway Chapter
The Transfer Operation
For Route inn Hotel NAGAHAMA Inter

運行経路
鈴蘭高原 ~ 鈴蘭峠 ~ 県道441号 → 県道437号 ~ 小坂町交差点 ・ 左折 ~
国道41号 ・ 白川街道 ~太田本町4丁目交差点 ・ 右折 ~ 国道21号 ・ 中山道 ~
伊吹山口交差点 ・ 左折 ~ 国道365号 ~ ルートイン長浜インター 22:00チェックイン

というようなルートをたどり
22:00にて滋賀県長浜市内のルートインにチェックインを
果たすのであった。




【 2017年 3月 18日 ( 土 )運行距離 】
494.3km
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ ルートイン長浜インター


あとがき
御嶽山に対する叶わぬ想い

2014年秋に御嶽山が噴火して
たくさんの尊い命が犠牲になってしまったことを
ここでもまたお悔やみ申し上げる・・・。
とはいえ
こんかいもまた懲りずに毎年恒例行事になってしまいつつある、
御嶽山勝負撮影は、最後は夕刻のマジックアワーを撮れず
惨敗してしまった。。。

とはいえ、若き母が登頂を果たした山だし、
オレ自身、一人のトレイルランナーでもあるし
息子としてどんな姿をしていたのか毎度ながら興味があるし
そんでもって、息子として若き母が登頂を果たした木曽の御嶽山の足跡を
今度はオレがトレイルランナーとして
その足跡をたどってみたい♪

しかしその欲求とは
裏腹に
未だ火山灰に埋もれていて
行方不明者が一部みつかっていない状態・・・。

木曽の御嶽山の入山規制は解除されたようだが
火口周辺立入規制は、まだまだ敷かれている状態で
なおかつ活発な火山活動が継続している状態だ。

もはや・・・
オレにとってもう
若き母の道をたどるのは、、、ムリだな
すくなくとも今世中は。

オレも木曽の御嶽山
登頂したかったぜ。


アロー独走
次回告知!♪

さて明日のアロー独走は
正真正銘の雪化粧 ・ 新規参入だ

そのターゲット ・ マウンテンは
いったい何者なのか!!?

お楽しみ☆

という訳で


To Be Continued・・・

冬のファンタジー 2017th 最終話  ~ 浅間山コレクション ~    #1

2017.02.26

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

2017年 2月 19日 ( 日 )
Yabuki The Winter fantasy 2017th #1-2
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


オッス、オラ ・ 矢吹 ♪
君たち、いま最後のネタ
待ちくたびれてるんじゃない?

最後の名女優が、きっと誰だか
みんな知りたいんじゃないかなぁ ( ?・? )


そう・・・、
その最後の主役は
もう…、タイトルチューンで答えをだしてるけんど・・・、


日ごろからガンバって噴火活動の努力が
まったく以て実らず

富士山型のデキ損ないで
至ってソックリ・・・なのかどうなのか
その・・・、本家 ・ 富士山に似ても似つかない
本家 ・ 富士山のような真っ直ぐで凛とした魅力ではなく

どこか火遊びしてそうな・・・、

だけどメイクの仕方を
お化粧の仕方を
どこで、、、どう貴方は間違えたのか・・・、

この雪化粧した山が
もし1人の女性だったなら

きっと女性だったら
妖艶なヒトに違いない!!?

そんな郷土富士扱いされない
なぜか何チャラ富士と名付けられない
この娘は

この一枚の写真からでは想像つかない

得体の知れない
魔性の魅力を
解き放つ・・・、
こんかいの主役は

こいつだぁ!!!
    いくぜぇ
      ↓
      ↓
      ↓


郷土富士コレクション外伝 5
浅間山
(←クリックしてね☆)
性別             渋谷系いけいけギャル☆
よみ             あさまやま
標高            2568m
噴火崩壊前の標高   約2800m
所在地           群馬県嬬恋村・長野県軽井沢町&御代田町
山系             浅間烏帽子火山群
種類             コニーデ型 & 複合三重式カルデラ ・ 活火山ランクA
               噴火警戒レベル・2 ( 火口周辺立入規制 ・ 2017年現在)
火山グループ      那須火山帯
だぁ~!
さぁ、こんかいは
その・・・美貌に迫る
厳冬期企画!



題して
2017th Winter Final Fantasy #1-2

俺・矢吹♪
郷土富士コレクション外伝 5

2017年 第1-2回  お矢吹♪ アート展
軽井沢の名女優 ・ 浅間山篇



この日については
こんかいのオレのルートを
写真交えて報告していこう♪

こんかいもオレらしく、全ルート一般道使用だ!


まずは
出発時から

こんかいは早朝の雪化粧を見に行くわけではないので
ホテル起床がAM7時半と遅め。

朝食の時間ギリギリまで所用を済ませて
AM10時にチェックアウトを済ます。

こんかいもこの時期の浅間山の雪化粧を観にいくのは
もう・・・、毎年恒例で
スタートが群馬県の渋川からなので
榛名経由で、浅間山の北東部 ・ 二度上峠側から
浅間山をめざすのである!


Generalway Chapter.1
ルートイン渋川 ~ 北軽井沢 ・ 嬬恋地区

ルートイン渋川 ~ 渋川市街 ~ 県道33号 ・ 渋川松井田線 ~ 伊香保温泉郷 ・ 通過 ~
三ノ倉交差点 ・ 右折 ~ 国道406号 ・ 草津街道 ☞ 権田交差点 ・ 直進 ~
県道54号 ・ 二度上峠経由 ~ 国道146号 ・ 嬬恋地区 折返し



10:33
ルートイン渋川を出発して30分後
まずは榛名山地区に潜入する




10:35
伊香保温泉へと近寄るにつれて
県道の路面が

こっから先・・・、
どうなっていくのやら???




10:39
いちおう・・・、
伊香保温泉郷は通過して、




10:42
オレと銀ちゃんは
一路 ・ 榛名湖方面へと
クルマを走らせる。。。




10:47
榛名湖方面への県道は
ようやくここにきて
いい感じに雪上路面になってきた☆



やがて
榛名湖方面への県道の
高根展望台までやってきて、


10:51
まずは
高根展望台にて写真中央の

赤城山(←クリックしてね!)
標高     最高峰 ・ 黒檜山 1827.6 m
所在地   群馬県前橋市・桐生市
        渋川市・昭和村・沼田市
種類     複成火山(活火山ランク C)
        馬蹄形カルデラ ( ← クリックしてね♪ )
火山Gr    那須火山帯
を望んでみることに
ここから観る赤城山連峰は
元富士山型を思わせる、フラット ・ マウンテン風な感じだ。



さらにその
左どなりには


10:51
この写真の尖ったピークは
子持山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       こもちやま
標高       1296.1m
所在地     群馬県渋川市 ・ 沼田市
種類       第4期 成層火山
火山グループ 那須火山帯
と、
さらにその左どなりは




10:52
小野子火山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       おのこかざん
標高       1208.3m
所在地     群馬県渋川市 ・ 吾妻郡高山村
種類       第4期 成層火山
火山グループ 那須火山帯
が、奇妙なカタチでそびえ立つ。

そして赤城エリアを離れだして
榛名カルデラ内部に
潜入していく・・・。




10:57
榛名カルデラ ・ エリアに潜入するも
残念ながら・・・、残雪があまりにも少ない。。。




10:59
ほんとうは雪上の絨毯を
70km/h で、バビュ~ンと
かっ飛ばしたかったんだけど・・・、

そう思いながら
とりあえず榛名湖の湖畔をめざしていくのである。



ここでようやく・・・
浅間山への毎度おなじみの経由地点


11:03
たぶん2年ぶりにご対面
榛名湖湖畔にそびえたつ

俺 ・ 矢吹 ♪
郷土富士コレクションズ No.8 Encore 
榛名富士
( ← クリックしてね♪ )
よみ     はるなふじ
標高    1392m
所在地   群馬県高崎市
山系     榛名カルデラ
種類    カルデラ中央火口丘 ・ 溶岩円頂丘
火山Gr   那須火山帯
と久々の再会を果たすも・・・、



11:03
この日の
榛名湖 ( ← クリックしてね♪ )
よみ        はるなこ
所在地      群馬県高崎市
面積        1.24km2
周囲長      6 km
最大水深    12.6 m
水面の標高   1084m
種類        カルデラ湖
成分        淡水
湖沼型      中栄養湖
透明度      5.5m
火山グループ  那須火山帯
の氷結具合は
湖面全体の約80%くらいで
「 微妙ながら時期を完全に
  まちがえた ( >< )」 感が
やっぱし否めない


そんなしっくりこない感想を抱きながら
榛名山をそそくさと離れて
こんどは二度上峠を攻めるのである。




11:31
二度上峠への県道は
まずは乾燥した路面から始まり、




11:38
湿り気のある
濡れた路面へと変化して、




11:47
・・・ようやく
それらしい道になってきた ♪




11:51
一年ぶりの雪上路面に
かなり緊張しながら・・・、




12:00
天空の滑り台を
駆け上がった・・・、

その先に・・・!!?



12:02
ついに着いたぜ!☆
二度上峠 ( ← クリックしてね♪ )
よみ          にどあげとうげ
所在地        群馬県高崎市 ・ 吾妻郡長野原町
通過する交通路  群馬県道54号 ・ 長野原倉渕線
標高         1380m
種類         切通峠



12:02
まずは二度上峠からみた
榛名山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       はるなさん
標高       最高峰 掃部ヶ岳 (かもんがたけ) 1449m
所在地     群馬県高崎市
山系       独立峰
種類       成層火山 ・ 陥没カルデラ
火山グループ 那須火山帯
を眺めてみると
その歪さな風貌に驚愕な印象を
受けながら・・・、

こんどは
また同じ場所から


12:02
こんかいのメイン ・ ディッシュ
ターゲット ・ マウンテン

郷土富士コレクション外伝 5
浅間山
(←クリックしてね☆)
性別             渋谷系いけいけギャル☆
よみ             あさまやま
標高            2568m
噴火崩壊前の標高   約2800m
所在地           群馬県嬬恋村・長野県軽井沢町&御代田町
山系             浅間烏帽子火山群
種類             コニーデ型 & 複合三重式カルデラ ・ 活火山ランクA
               噴火警戒レベル・2 ( 火口周辺立入規制 ・ 2017年現在)
火山グループ      那須火山帯
眺めだすのである!
ここから観る浅間山
一見・・・、キレイで大人しそうだが

ここから先
ヤツはどんな
オテンバ振りを発揮するような形相に
出会うのか?

楽しみだねぇ~☆

という訳で

つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

冬のファンタジー 2017th 最終話   ~ 浅間山コレクション ~ #2                    The Final Tracks

2017.02.26

category : ・ 郷土富士コレクションズ

comment(0)

これで
最後 ♪



12:20
二度上峠をあとにしてから
今度は嬬恋方面に
クルマを走らせる。。。
 
天空のすべり台を
じゅうたんのように積もった雪道をてくてくと
下っていき、



12:24
平坦路に変わると
積雪が少ない、ちょっぴり残念だ
 



12:40
チェックアウトしてから約2時間半後
北軽井沢エリアより
低くみえるが、2000m級のお山で
雪化粧した写真にうつるフラット ・ マウンテンは・・・、

草津白根山 ( ←クリックしてね♪ )
よみ        くさつしらねさん
標高        2160m
所在地      群馬県吾妻郡草津町
種類        複製火山 活火山ランクB ・ 常時観測火山
火山グループ  那須火山帯
最新噴火     1983年12月21日 小規模水蒸気噴火(湯釜、涸釜):降灰
であるようだ。
草津白根山といえば・・・、
山頂の火口湖である湯釜や、
ふもとの草津温泉で有名な場所だが・・・、

草津白根山は、これ♪
という雄姿を、こうやって一望するのは多分はじめてだし
間近でみると、なんだか不思議な光景だ。
美術的観点からして山頂部分が
写真のようにフラットに大きくそびえ立つ山って、そうないからねぇ。

観方によっては、和製キリマンジャロって感じかも☆

そして今いる国道を挟んで
左隣にそびえ立つ山は・・・、


12:43
オレ自身が
以前にも登頂を果たしたことのある
キレイに雪化粧した

四阿山(←クリックしてね☆)
よみ   あずまややま
標高   2,354m
所在地  長野県上田市、須坂市
      群馬県嬬恋村
種類   成層火山
火山Gr 那須火山帯
である。
富士山や浅間山とはちがう感じにそびえ立つ四阿山は
写真のように裾野の角度があまりなく
そんでもって裾野が高い状態で異様に長い・・・、

なんだか
去年の雪化粧めぐりしたときの

2016年 2月 7日 ( 日 )の画像

乗鞍岳 (←クリックしてね☆)
よみ        のりくらだけ
標高       最高峰 剣が峰・3026m
          火山頂・国内第3位
所在地      長野県松本市・岐阜県高山市
山系        飛騨山脈 ( 北アルプス )
種類        成層火山 活火山ランクC
火山グループ 乗鞍火山帯
によく似てそっくりだ。

これらの山々は
四阿山で2300m級の高さを誇り
乗鞍岳に至っては3000m超で北アルプス ( 飛騨山脈 )に属し、
火山としては3番目に高い。

けど、じっさいに麓から眺めると、かなり低く見えているから
これまた観ている者を奇妙な気持ちにさせる、不思議な光景である。



12:43
・・・という訳で
北軽井沢 ・ 嬬恋エリアを離れて
こんどは軽井沢方面へ、クルマを走りだすのである!♪




Generalway Chapter.2
北軽井沢 ・ 嬬恋地区 ~ 小諸市街

国道146号 ・ 嬬恋地区 ~ 中軽井沢交差点 ・ 左折 ~ 国道18号 ・ 軽井沢農道エリア折返し ~
国道18号 ・ 小諸市街折返し


12:55
北軽井沢エリアからの浅間山は、



13:05
北東側斜面のため
当然ながら、晴れた日が多くても
写真のように積雪が多い☆




13:09
・・・とは裏腹に
軽井沢方面へ向かう国道は
積雪少なく、せっかくのスタッドレスタイヤの性能を
遺憾なく発揮できなくて、これまた残念。。。




13:12
中軽井沢エリアに近づくにつれて
浅間山らしい風格にへと変わっていき、




13:46
メイン軽井沢からの
浅間山 ・ オフィシャルてきな眺めは

この通り・・・!♪



14:12
軽井沢エリア
農道原野からの浅間山は・・・、




14:14
一応はみごとだが
去年のようなおもしろさ ( ←クリックしてね♪ ) は、
さしてなかったねぇ。。。




14:21
こんどは
小諸市街への移動中、カタチを変えながらそびえ立つ浅間山雄姿



かつての富士山型から
噴火により変わり果てた風貌に
奇妙なカタチでそびえ立つ


14:48
高原の城下町 ・ 小諸市街からの
浅間山の雄姿・・・。




14:48
Wikipedia で紹介する
小諸市街からの浅間山はこれ♪
( ← クリックしてね♪ ) は
おなじ場所よりズームアップすると、こんな感じ。




15:00
小諸市街までオトナの泥んこ遊びした
自家用マシーン ・ 銀ちゃんのボディーは
こんな感じ。


昼食を摂って


17:39
夕刻にさしかかり
小諸市街を離れだして




18:02
上州のオテンバ娘
浅間山をあとにするのである。

※ ここでいう上州のオテンバ娘とは・・・、
  浅間山の神様は、「むかし、大山祇神が、自分の娘である磐長姫と木花咲耶姫を住まわせるため、
  土を盛って富士山と浅間山を一夜にして造って、土を掘った場所に琵琶湖と諏訪湖できた。
  そして、富士山に磐長姫が暮らし、浅間山には木花咲耶姫が住むようになった」

  という神話伝説より。。。


Final Generalway Chapter
The Transfer Operation
For City of Hachiohji My home.

運行経路
小諸市街 ~ 国道18号 ・ 碓井バイパス ~ 君が代橋交差点 ・ 左折 ~
国道17号 ・ 群馬県庁前通過 ~ 国道50号 ・ 今井町交差点 ・ 右折 ~
国道17号 ・ 上武道路 & 深谷バイパス→ 代交差点 ・ 右折 ~
国道407号線 → 河原町交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~
青梅の職場 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅



【 今回1かい目のみの燃費 】
運転区間   Dr.Driveセルフ八王子 ~ Dr.Driveセルフ八王子
運転距離   660.1km
燃料消費量 58.56L
燃費      11.27km/L


【 2017年 2月 19日 ( 日 ) 運行距離 】

330.9km
全ルート ・ 一般道使用



【 2017年 2月 18日 ( 土 ) ~ 2月 19日 (日) 総運行距離 】
661.4km
全ルート ・ 一般道使用



編集後記
こんかいの雪化粧巡り
について

自分のなかでは、こんかいの日光 ~ 浅間山エリアのプランは
オレとしては臨時鳴きプランに近かった。
ほんとうは今回とは真逆方向の東近畿エリアである
伊吹山 ( ←クリックしてね♪ ) の男らしき雄姿なる雪化粧を
どうせなら一望してみたかった。。。

いつも同様、毎年恒例の場所ではなくて
まだ一度もお目にかかってない雪化粧に出会いたかった。。。

だけど、伊吹山周辺の地域は関ヶ原エリアであるためか
オレらの住む関東エリアと異なり
降雪天候があまりにも多く
この時期の晴天があまりにも少なく
無難にこなせそうな関東エリアを半ば仕方なしに選んでしまった。

まぁ、こんかいの雪化粧巡りも
オレなりにガス抜きができて、気分転換ができた♪

けど、読者諸君
こんかいのネタで
半ばヤル気のないオレを
どうか許しておくれ。。。

ということで、こんかいの2日間の
雪化粧巡りは
これにてお開きとさせていただく




2017th Winter Final Fantasy #1-2
俺・矢吹♪
郷土富士コレクション外伝 5

2017年 第1-2回  お矢吹♪ アート展
軽井沢の名女優 ・ 浅間山篇

              
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.