アロー独走

Changing The Future , NOW♪

2016年 5月走行距離 & 月末集計

2016.05.31

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

2016年 5月 31日 ( 火 )
矢吹 ♪SPEED 2016th  #18
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

俺 ・ 矢吹 ♪  自主強化練習
1000m Interval × 3本 
     For 3’30”/km


【 2016年 5月 31日 ( 火 ) 練習 】
八王子 ・ 冨士森競技場 20:40 ~ 22:00
・ アップ1000m
・ 2000m第二アップ ( 400m × 5 )
   1km  4’29”
   2km  4’17”   8’46”
・ 200mジョグ
・ 本練習 1000mインターバル × 3本 ( リカバリ 400m × 2 )
   1本目  3’29”
   2本目  3’30”
   3本目  3’32”

・ ダウン2200m ・ 帰宅ジョグ含む


【 2016年 5月走行距離 ・ 月末集計】
走歴          27年2ヶ月    Since April.1 1989th
累計          205.88km
2016年度計    415.08km    4月始まり
マラソン総累計   58292.16km Since April.1 1990th

凡例 
    累計 300km未満 白
        500km未満 
        500km以上 


今日は・・・、
都内にての研修業務のため、普段よりも帰宅が若干早く
時間に余裕があり、ひさびさにスピード練習を実施。
最近は、ロード ・ トレイルともに
レースでの目標がないので
練習そのものに力を注いでいなかった。
そんなんで、月間300km越えのこだわりさえも持たず
観光トレイルさえ楽しめればいい、と思いながら
現在も走り続けている感じ。

スピード練習としての走りは

これは、1000mラスト1本のリザルト
なのだが、

トレイルに走りが慣れきっりつつあるせいか
平行移動が難しくなってる感じ。
トップスピードで力ずくで押すのではなく
持久力でカバーして推力を保持している感じだった。

説明が難しいけど
かつてのロードレーサーから
ますます変化していくオレの走り、
今後どうなっていくのだろうか。

丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 ~ Tanzawa Charisma Stage ~ #1 

2016.05.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

2016年 5月 29日 ( 日 )
矢吹 ♪ Charisma Climbing Stage 2016th #12
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


2016年 5月 29日 ( 日 )
先々週にひきつづき
こんかいも丹沢シリーズのトレイルを楽しんだ☆
しかし
丹沢上半期シリーズとしては
今回をもって
最終章とさせていただく。。。


当初は・・・、
この日に丹沢方面に出向こうか、散々迷った。
ひとつは天候的な問題で、芳しくなければ、前回で最後と考えていたのがその理由。
もうひとつは、2週間後に控えている武甲山トレイルレースの試走に行こうとも考えていたこと

ただ結局は
武甲山の試走については
来週の走ろう会40周年記念行事イベント 「 八王子88景たすきラン 」の
トレイル区間を任されていたこともあり、前週に疲れを残すまいと思い
武甲山トレイルは、こんかいは回避した。

ではなぜ
こんかいをもって
丹沢が最終章・・・、なのか?

理由は簡単!
山蛭の猛威を避けるため。

前回なんかでも、たしかブログ記事で紹介したかもしれないが
丹沢の山蛭がとくに猛威を振るうのは
来月の梅雨時期から秋口終了にかけての時期だそうで
季節的なケジメをつける意味でも
今年上半期は、今日で最後にしたかった。

そんでもって
表丹沢のオレ自身の未踏の地は
残すところ


大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) (←クリックしてね☆)
よみ   おおやま
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊

だけとなった!


以前、オレの母から
「 丹沢大山は、阿夫利神社で有名だ 」
ということで、オレ自身、興味津々だ


そんな
「 丹沢の主役は
 このオレだ!」
と自己主張最強の威厳を誇る
丹沢最終ステージ ・ 丹沢大山は
いったい全体、どんなヤツなのか

こんかいは
その真髄に迫るっ!!


題して    俺 ・ 矢吹 ♪
丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 #29
TANZAWA Charisma Stage Edition

もうひとつの丹沢 ・ 阿夫利神社篇

それでは
丹沢のもう一つの世界、
神様が住む丹沢ステージを
とくとご覧になっていただこう!♪

・・・このヒューチャーの仕方
神様に叱られるかな ( ?・? )

Chapter of Departure
大山第一駐車場 ~ 丹沢大山頂上 4300m

丹沢大山 ・ 表参道を使用
AM7:00 ~ AM8:50

   1km   10’09”
   2km   20’34”
   3km   36’16”
   4km   35’10”
   のこり    6’58”   1゜49’09”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 差引標高差          : 約952m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間15分
  

こんかいは明方3:30に起床し
早朝4:50に自宅出発、

いつものように
国道129号線などを走り継ぎ

早朝6:02には
丹沢大山もご覧のように
上機嫌!




6:14
丹沢大山も至近距離に迫ってくるころ
阿夫利という地名もみえてきた!




6:15
そして
「 オレさまが
  丹沢の総本山だぁ!! 」
と言わんばかりに正々堂々とした、Welcomeアーチ

・・・を潜ってまもなく、



6:31
観光トレラン開始場所の
大山第一駐車場へと到着する

もちろんオレが駐車場へ入った時は
ガラガラだったけど



円錐形した特徴的な丹沢大山
はじめて立入るにあたり、興味津々☆

そしてこの地図を確認後
あさ7時ちょうど
丹沢大山向けトレイルの
はじまり ・ はじまり~




7:08
開始してまもなく
さっそく観光地バリバリの佇まいに
こころ奪われて、




7:11
宿坊のど真ん中を
駆抜けていく




7:15
オレは足掛け5年、観光型トレイルをやってきて
一般登山道でこんなとこを駆抜けるのは
初めてだ!!!

まさに、なんじゃこりゃ的
驚きの光景。。。



7:15
そしてなぜか丹沢大山の登山口である
この伊勢原市内で
どういう訳が
「 北国の元ヤンキー教師 」 が
ヒューチャーされてるぜ・・・・!?

なんでやねん



7:17
そんな丹沢大山の登山口には
丹沢グループとしては唯一
ケーブルカー乗場が存在する・・・。


つまり、
丹沢大山は
ハイカー以外にも
高尾山みたいに
人気者なのかという疑問に
直面する・・・!




7:19
さっ、なんか現れたぞ!?
分岐点が?!




7:19
オレは生まれ変わったら
女性誌の表紙を飾れる女優になりたんで
女坂をチョイス♪

なぁ~んてね。
・・・神様に怒られっかな、お許しを。。。



7:22
さすがに神様が宿る
丹沢大山は
登山というより神社の参拝だ




7:24
お地蔵さんがいたり



7:26
銅像があったりと



7:26
今までの丹沢とはちがい
カリスマ ・ パワー全開だ!




7:29
始めてから30分
高尾山にいるような
この光景。。。




7:29
すでに標高は600mを越えていて
高尾山よりも高い




7:30
ふりかえると
Japan!みたいな光景。。。


さっ、この先は
なにが待ちかまえているのか!?
気合を入れて、いざ

つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 ~ Tanzawa Charisma Stage ~ #2

2016.05.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪


7:31
先ほどのお寺さんをあとにして
山蛭の注意喚起版が現る




7:36
ここでは山の物資を運ぶ人を
遭遇し、


ついに現れたぞ
丹沢大山のスーパー カリスマ ・ ステージ!




7:41
登山道にしてなんなんだ?
伊勢神宮みたいな
荘厳なステージは・・・?




7:43
この長くて険しい階段の先に
いったい何があるのさ・・・ ( ?・? )




7:44
地元 ・ 八王子の景信山と
ほぼ同じ標高の正体・・・、


それは



7:45
これ♪
大山阿夫利神社

写真は下社にあたる



7:47
そしてこれが
大山阿夫利神社 ( ← クリックしてね♪ )
よみ      おおやまあぶりじんじゃ
標高      約700m
所在地    神奈川県伊勢原市大山355
主祭神    本社 ・ 大山祇大神
         奥社 ・ 大雷神
社格等    式内社(小)、県社(旧社格)
         別表神社
創建     伝・崇神天皇の御代
        そうであれば、西暦3世紀ごろとも考えられる
例祭     8月28日

の、Specification だぁ~っ



7:47
んで、ふりかえると
こんな感じ。




7:48
神社境内のなかには
さまざまなものが祀られている




7:48
観光トレイルしながらにして
意外性を富んでいながら、
境内左端の参道を突進んでいき・・・、




7:50
こんどは大山阿夫利神社の奥社へと
突進むんだけど、、、

鳥居を抜けてみると



7:50
神はオレたちに
乗り越えられるキツイ試練を浴びせてくるのであった。。。

「 神は乗り越えられる試練しか与えない 」
そう思って臨めば
こんなエゲツナイ階段
ちょろいちょろい♪



8:01
そんななか
境内トレイルも佳境に向かえて
夫婦杉と遭遇し




8:07
横浜からきた
ハイキング夫婦と
可愛いワンちゃん2匹とふれあう♪!




8:21
人工的なのか自然的なのか
よくわからない参道登山道を
ひた登り




8:25
木道を伝って
丹沢大山の頂上を目指す




8:31
標高が増し
クライマックスを迎えるころ
ぜんかい登頂した

三ノ塔 (←クリックしてね☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊

現る。



8:41
さらに
神社の境内チックな階段の先に




8:45
奥社の鳥居、現る!



8:46
その横に
霊峰 ・ 富士の峰

富士山が観えたのは
きょうはこれだけ。


さらに、つづく
   ↓
   ↓
   ↓

丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 ~ Tanzawa Charisma Stage ~ #3

2016.05.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪



8:49
ついに丹沢大山の頂上の
奥社のお出ましか!?




8:50
どうやらここが
丹沢大山の頂上奥社
のようだ




8:50
距離は短いが
意外に険しくて
時間かかってもうた。。。



というわけで、いつものように
AM8:50 ~ AM10:10は

~ 丹沢大山頂上からのBird VIEW Time ~



8:50
俺 ・ 矢吹 ♪
丹沢大山登頂成功 達成!♪

2016年度 ・ 新規登録
   累計5件目!

したオレだけど



はじめて丹沢大山の頂上に立ってみて
どれが山頂なのか、
じつは不鮮明な場所だった。

登頂してから10分くらい
山頂の看板をマジで捜しちまった。。。



看板側の頂上からは
伊勢原市街側しか見渡せず

丹沢山塊を望むなら
山頂トイレを挟んで
反対側にすこし歩いて
移動しなければならない。

初めてのハイカーには
じつに判りづらかった。。。



んで反対側に移動して
丹沢山塊を眺めてみることに。。。




まずは写真左 ・ 南側から
前回、表丹沢シリーズで登頂を果たした

三ノ塔 (←クリックしてね☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊



そしてこんどは
すこし右側に視線をずらすと
写真中央のピークが、


丹沢ハイカーにとって
メッカな場所で
先週オレが登頂したところでもある

塔ノ岳 (←クリックしてね☆)
標高    1490.94m
所在地   神奈川県秦野市・清川村・山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊

が、この通り
写真左端の三ノ塔から
塔ノ岳に向かう表尾根が、屋根のように聳え立つのをみて
ぜんかい縦走したんだなぁ・・・、としみじみ。



そしてこんどは
写真中央の台形状のピークは
丹沢山塊で唯一、なぜか日本百名山に選定されている

丹沢山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    たんざわさん
標高    1567.1m
所在地  神奈川県相模原市緑区 ・ 山北町 ・ 清川村
山系    丹沢山地
種類    山塊

オレはマジで
なんで特徴もない丹沢山が
日本百名山に選ばれているんだ!?
と、深田久弥氏のセンスを真面目に疑ったけど

あとからWkipediaを読み返したら
深田久弥氏が日本百名山に選んだ丹沢山とは
この山塊中の一峰ではなく、丹沢中央部に連なる山々の総称であるとされている

ということのようなんで
深田久弥氏のセンスを疑ったオレの方が
浅はかなんだと改めて実感したのである。



丹沢山塊を一望できる側の
丹沢大山の頂上は・・・、

けっこう寂しげに
ベンチもなにもなかった・・・。



あったのは・・・、



横浜FMの
電波塔だけだった。。。




10:10
・・・というわけで
ハイカーがぞろぞろと集まってきたところで


The Reverse Chapter of Sonic Landing
For Ohyama First Parking  5300m

丹沢大山頂上 ~ 大山第一駐車場
雷ノ峰尾根 、 丹沢大山 ・ 表参道を使用
AM10:10 ~ AM11:50

   1km  17’16”
   2km  20’55”
   3km  11’16”
   4km  28’48”
   5km  14’34”   1゜32’51”
  のこり    3’34”   1゜36’25” ( 3’34” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 差引標高差          : 約952m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間40分

  

10:21
下山を開始して
眼下には登山口を見下ろす




10:22
ズームアップすると
下山途中で再経由する
大山阿夫利神社がみえる




10:42
復路は雷ノ峰尾根を使用
斜度のキツイ丹沢大山は
下山だってけっこう険しい、それなりに。



10:47
途中の見晴台にて



10:48
けど、見晴台というネーミングのクセして
眺望が効かない見晴台。




10:48
まぁ・・・、さきほど登頂した
丹沢大山を見渡せるということで
見晴台って名づけられているのかな?

んじゃ、そういうことで。

どんどん、つづく
   ↓
   ↓
   ↓

丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 ~ Tanzawa Charisma Stage ~ #4                                                                   The Final Tracks

2016.05.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ☆♪




10:50
見晴台をあとにして
大山阿部夫利神社へと
急行する




10:55
山道は転落防止の措置が取られているようで
フェンスがちゃんと張られている様だ




11:01
途中の二重滝を経由する



11:02
観瀑台は
一応こんな感じみたい。。。




11:02
平坦な山道を
高速通過の後




11:12
大山阿夫利神社を
横切るように経由する




11:13
神社境内には鹿がいた!
可愛いけど、バイバイ👋




11:17
更に険しさの増す
男坂を下り、一気に標高急降下して




11:36
宿坊のなかを
駆抜ける




11:38
なんだかトレイルを中断して
お土産を眺めていたい心境だか、




11:40
お宿のなかを
さらに駆抜けて




11:42
麓の宿坊エリア
これにて終了




11:47
トレラン後に入浴した
旅館の脇を通過して




11:49
自家用マシーン ・ 銀ちゃんの待つ
大山第一駐車場へと舞い戻る




11:49
舞い戻ってみると
駐車場はすでに満車・・・!




11:50
そして全体的に短時間ではあったが
丹沢大山参拝トレイルは




11:52
こうして無事に
こんかいも有意義に終えたのであった

【2016年登山登頂リザルト】
新規登録         5件
1月16日 ( 土 ) 丹沢山 & 蛭ヶ岳
2月21日 ( 日 ) 高水山 & 岩茸石山
4月 9日 ( 土 ) 棒の嶺 & 岩茸石山
5月14日 ( 土 ) 三ノ塔 & 塔ノ岳
5月29日 ( 日 ) 丹沢大山
既存増量         4件
1月 1日 ( 金 ) 筑波山
3月 5日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
3月21日 ( 月 ) 高水山 & 岩茸石山
5月 5日 ( 木 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
軒先累計         9件
本日累積標高差    1904m



【 2016年 5月 29日(日) 練習内容 】
AM7:00 ~ AM11:50
・ 10200m 丹沢大山 セミスカイ ランニング
   大山第一駐車場 ~ 丹沢大山頂上の往復
   ※ ラップタイム等は、本文参照のこと
   ※ 当日累計標高差 : 約1904m

【 2016年 5月走行距離 】
日計 10.2km
累計 191.48km




【2016年 5月 29日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 万町交差点 ・ 直進 ~ 国道16号 ・ 八王子バイパス経由 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
伊勢原交差点 ・ 右折 ~ 県道611号 ・ 大山上粕屋線 ~ 大山第一駐車場の往復

【 2016年 5月 29日 ( 日 )の運行距離 】

88.6km
全ルート ・ 一般道を使用




14:55
写真は帰宅時の7-11より
曇天で淀んだ丹沢大山を望みながら・・・、

最後はあとがき
気が付いたら
こんげつ5月だけで3回もこなした
表丹沢トレラン。
オレ自身の感覚では、2~3か月間に渡ったつもりになっていたけど
年明けて1月に一回、今月にはなんと3回!
オレはどんだけ丹沢に惚れ呑んだんだ!、みたいな。

ことしに入っては
筑波山以外は、奥多摩エリアと丹沢エリアにしか
立入っていない。
9回も大増発してこなしている割には
意外にいろんなエリアに進出していないんだなぁ・・・、と
ただただ実感するばかり。

そんで思ったのは
山の好みって
大きく分けて二分されるってことだろう。

・ ひとつは樹林帯にかこまれた奥多摩タイプ
・ もうひとつは、森林限界の多い丹沢タイプ

オレはやっぱし
後者かな♪
丹沢を通じて
いろんな表情をもつ丹沢を堪能してきた一カ月だった。。。

丹沢最高峰の蛭ヶ岳を登頂したり
三ノ塔から表尾根コースをつかって塔ノ岳をゆくコースは
ゲーム感覚満載で、たけし城に近いものがあったし、
神社仏閣ムード満載のこんかいのコースは
今までにはない丹沢の表情をみられたりと・・・、

多種多様な
異なる丹沢山塊を、表丹沢だけだけど
垣間見えて本当にたのしかった。

今後も山蛭が猛威を振るう時期をのぞいて
年間通して丹沢に通いまくろうかなと思う
今日この頃である。

最後にひとこと
こんどは
浅間山にまた、行きたぁ~い☆

やっぱり
矢吹 ♪ といえば
浅間山なのか!?
ことしはまだ一度も出向いてない。
雲取山も。。。

丹沢シリーズ 2016年上半期最終章 #29
TANZAWA Charisma Stage Edition

もうひとつの丹沢 ・ 阿夫利神社篇
                         

Heavy・・・、2016th 其ノ参

2016.05.28

category : ・ 八王子走ろう会

comment(0)

2016年 5月 28日 ( 土 )
矢吹 ♪SPEED 2016th  #17
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

走ろう会 ・ 土曜日強化練習
5000mタイムトライアル


参加者      24名
練習リーダー  KATU副会長 SAWA練習リーダー長
練習時間    17:00~19:00
練習場所    八王子 ・ 富士森競技場




展開的には・・・、
最初の2kmまでは3’40”/kmで刻めたものの
そこで終わっちまった。

最近のオレは
観光トレイルに力を注いできて
スピード練習を疎かにし過ぎてた。
それがその結果として
自分なりに素直に受け止めている。

ここ最近、観光型トレイルを主体としているなかで
前回の丹沢表尾根ネタでも述べてきたが
オレ自身の観光型トレイルの内容がハードになっていくに従い
走力 ・ 肺活量増強の
更なる強化練習を自分なりに行おうと思う
今日この頃である。

ただ、練習に対して
非常に飽きっぽい性格なんで
3日坊主で終わらぬ様、気を付けよう!!


【 2016年 5月 28日 ( 土 )の練習 】
走ろう会 ・ 強化練習 
17:00 ~ 18:50 八王子 ・ 富士森競技場
・ アップ1000m
・第二アップ 2000m ( 400m × 5 )
・5000mタイムトライアル ( 400m × 12周半 )
   1km  3’34”
   2km  3’43”
   3km  4’01”
   4km  4’06”
   5km  3’58”   19’25”
・ 500mジョグ
・ 自主レンダウン 19:00 ~ 20:00
  八王子駅前コース 9000m


【 2016年 5月走行距離 】
日計 17.5km
累計 181.28km

Heavy・・・、2016th 其ノ弐

2016.05.21

category : ・ 八王子走ろう会

comment(0)

2016年 5月 21日 ( 土 )
矢吹 ♪SPEED 2016th  #16
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


八王子走ろう会 ・ 土曜日強化練習
8000m Build up Drive
      For 4’00” ~ 3’30” /km

練習リーダー KATU副会長 SAWA練習リーダー長  
集合場所   八王子 ・ 富士森競技場
練習時間   17:00 ~ 19:00
参加者     26 名

内容としては
あまり多くを語る気はないが

前回に引きつづき、 ( ← クリックしてね♪ )

今日の大いに
苦しんで、
オレ自身は、ペース走に成り下がった状態で
本メニューをこなしたのだった。


【 2016年 5月 21日 ( 土 )の練習 】
走ろう会 ・ 強化練習 
17:00 ~ 18:30 八王子 ・ 富士森競技場
・ アップ1000m
・第二アップ 2000m ( 400m × 5 )
・8000mペース走 ( 400m × 20 )
   1km  4’03”
   2km  4’01”
   3km  4’04”
   4km  4’11”
   5km  4’14”   20’34”
   6km  4’12”
   7km  4’10”
   8km  4’07”   33’04”( 12’30” )
・ ダウン800m ( 400m × 2 )

【 2016年 5月走行距離 】
日計 11.8km
累計 138.28km


いまの走りをクルマで例えると
フェラーリから、パジェロに変わっちまった
みたいな走りだ。
 
両親とおんなじ団塊世代たちに
駄々抜かれて
オレの走りが変わり果てたなぁ。。。

ちょっとガンバんないとまずいかな。
気長に地道に取組もう!
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.