アロー独走

Changing The Future , NOW♪

碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ ⚡   #1

2016.10.17

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(2)

2016年 10月 16日 ( 日 )
矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡ #1
矢吹 ♪ 2016th The SPEED RACER #5
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

去る、2016年 10月 16日 ( 日 )
      は、

いつもの
❝ 矢吹 ☆ 競一朗❞
ではなく・・・、

・・・とりあえず今日については


からだ中に、特高圧電流が炸裂する
矢吹 ♪ The ブルーサンダー ⚡ に変身じゃぁ



これを着たとたん
特高圧電流が
オレの体内をみなぎるぜぇ ⚡⚡⚡




こんかいもまた
写真左端の職場のなかまで
トレランなかまの

yukiおねえさん ( ←クリックしてね☆♪)
のチームと一緒に、



来春、人生2度目の
二十歳の誕生日を迎えるまえに




標高1000m一気登り
人生初の、バーチカルトレイル ・ レースに
参戦だぁ~


いくぜ

題して


俺 ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder Project ⚡
第2回 尾瀬岩鞍バーチカル ・キロメーター
     Athletic GRAND PRIX

               参戦記
「 ザ ⚡ ブルーサンダー 矢吹 ♪
 碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ! 」 篇
だぁ~


まずは
あらすじ

当初は、トレラン仲間で職場の仲間である
yukiおねえさんに
レースの前日夕方までホテルにチェックインして
前夜祭に参加することを勧められたんだけど・・・、
出発日の夕方17時ごろまで寝込んでいたため
慌ててそそくさ用意を済ませて18時に自宅を出発するも

そんなオレ、
急ぐ気まったくナシ

そんでもって
いつものように、こんかいも
下記のように

【 2016年 10月 15日 ( 土 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 18:00ごろ出発 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 河原町交差点 ・ 左折 ~
国道407号線 ・ 森林公園バイパス経由 ・ 代交差点 ・ 左折 ~
国道17号 ・ 上武道路 & 深谷バイパス ~ 今井町交差点 ・ 左折 ~
国道50号 ・ 本町一丁目交差点右折 → 国道17号線へ接続 ~ 下川田町交差点 ・ 右折 ~
国道120号 ・ 日本ロマンチック街道 ~ 尾瀬大橋交差点 ・ 左折 ~ 国道401号 ~
尾瀬岩鞍リゾートホテル ・ 深夜1時到着

【 2016年 10月 15日 ( 土 )の運行距離 】

180.3km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ 尾瀬岩鞍リゾートホテル
      ☝
      ☝
      ☝

深夜1時に
アホみたいな時間に、チェックインし、



レース当日の
5:33
煌く朝陽をたくさん浴びて
さわやかな朝を迎えるのである☆




7:33
コース下見を兼ねた散歩をして
朝食を摂ったあと




9:38
応援に駆けつけてくれた
yukiおねえさん親子と合流する

写真はホテルからみた日光連山



こんかいのレースは
サロモン社の特別協賛だ




尾瀬岩鞍スキー場のこんかいの会場は
サロモン ・ ブースでいっぱいだぁ



レース出走前
こんかいのレースは
通常のロードレース等とは大きく異なり
ウエーブ ・ スタート制が導入されている



ウエーブスタート
とは・・・、

スタート時の混雑を避けるために
参加者を何組かもしくは、選手ひとりづつ時間をずらしながら出走させるスタート方式。
ボストンやニューヨーク・シティなどはこの方法をとっているが、
日本国内で採用している大会は少ない。

ちなみに本大会のスタート時間は
10:30で、以降10秒おきに一人づつスタートしていく方式が取られている。

ちなみにオレの出走時刻は
11:00:00
である。




10:52
スタート8分前
滑走路出走前の
タキシング中のアスリートたち



そして
運命の時間を
迎え撃つのである!⚡




yukiおねえさんphoto



yukiおねえさんphoto



yukiおねえさんphoto



yukiおねえさんphoto


矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡
Sky Racing Chapter
尾瀬岩鞍バーチカル ・ トレイル 5000m

   1km    9’35”
   2km   13’57”
   3km   10’42”
   4km   15’31”
   5km   15’45”   1゜05’32”
総合順位 : 70位 / 133人中
男子総合 : 65位 / 115人中
※ 累積高低差   1000m 大会公式として
   参考 尾瀬岩鞍リゾートホテル   →    ゴンドラ山頂
         標高1006m            標高1675m


11:04
序盤から、いままで経験したことのない
急斜面のゲレンデを駆けあがる
俺 ・ ブルーサンダー 矢吹 ♪




11:08
斜度約30度の急登斜面



11:09
もはや
走って駆けあがれる坂ではない




11:10
真横から眺める
斜度30度は、こんな感じ。




11:12
真後ろをふりかえると
選手たちが列をなして
駆けあがってくる




11:13
もうすこしで



11:18
初回の関門を
終える所で




11:18
再度、うしろをふりかえる。。。
こんな急登・・・、
マジありえへん。



11:20
出走開始から20分
序盤の急登を終え
最大難関 ・ 斜度40度地点に向けて急降下していくのである



さぁ・・・、
この先の運命は
いかに・・・?
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ ⚡   #2

2016.10.17

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

つづき ♪



11:21
標高差約300m分を
一気に急降下したあと




11:25
アスファルト道の底を
急旋回して




11:27
こんかいのバーチカル ・ トレイルの
最大の難所・・・、




11:34
斜度最大角度 40度の
急斜面が迫ってきたぜ




11:35
いざ攻めてみると



11:35
トップ ・ アスリートでも
走って登れない、変態的なガマン坂




11:37
本格派トレランシューズを装備しても
ぬかるんでいるような柔らかい土に
何度も足をとれるまくって苦戦を強いられる




11:38
それでも挑戦者たちは
我武者羅になって
この峠越えを挑んでいるが




11:39
オレもみんなも
四苦八苦 ( >< )




11:40
そんな斜度40度の急登場面も
そろそろオーラスだ ☆




11:46
斜度40度の急登場面が終わると
こんどはちょっとだけロード場面が現れて
ゲレンデの底に向かって下りだす




11:48
最後のゴールに向けた急登場面を見ながら・・・、
ゲレンデの底に向けて下ってくんだけど




11:49
下っていく途中
名峰 ・ 上州武尊山がみえてきた ♪




11:49
いま写真にみえている
ゲレンデの底を折り返して・・・、




11:51
距離にして残り1kmの急登場面を挑む
オレたち挑戦者たち




11:55
さあ
最後のエイドがみえてきて
ゴールまであとわずか




11:57
こんなリフトに沿ったゲレンデの急登を登っていくのは
生まれて初めてだけど
結構刺激的な経験だ!!




12:01
さぁ、目の前のしろい建物が
ゴール地点だ!♪
そんなとき、応援に駆けつけてくれた

職場のなかまで
トレランなかまの

yukiおねえさん ( ←クリックしてね☆♪) に、
ちっこくだぞ~
・・・って
言われまくっちゃったぜ~?
あらら、オレ
あそびながら登ってたの
バレバレか ( ?・? )



 
yukiおねえさんphoto
さぁ
ゴールのアーチがみえてきた♪




yukiおねえさんphoto
俺 ⚡ ブルーサンダー矢吹 ♪
まもなくゴールだ ⚡




yukiおねえさんphoto
ゴール後の
俺 ⚡ ブルーサンダー矢吹 ♪

おつかれぴょ~ん ☆



12:12
こんな感じで
バーチカル ・ レポートは
これで終了だぁ ☆!



さらに、つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ ⚡   #3

2016.10.17

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

さらに
つづき ♪


てなわけで、ではここから
12:12 ~ 12:30は

~ 尾瀬岩鞍スキー場
  ゴンドラ山頂からのBird VIEW Time ~



12:13
ほんとうはyukiおねえさんから
1時間以内で走破する指示のようなものがあったけど




12:13
まっ、いいよね!??
今回のオレは、バーチカルトレイル初体験だし
「 バーチカルトレイル社会科教育実習生 」
・・・ということで。

なんちゃってぇ



12:18
ゴール地点にて
ゴンドラ山頂に集う選手たち




12:18
ゴールアーチでは
レース終了まで計測活動が行われている




12:20
ゴール山頂にみえる
大きな独立峰は

武尊山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    ほたかやま
別称    上州武尊山
標高    2157.96m
所在地   群馬県利根郡
       みなかみ町、川場村、片品村
山系    独立峰
種類    成層火山
火山Gr  那須火山帯
が、天高くそびえたつ
いつかは登頂してみたい♪




12:23
そしてまたゴール山頂にみえる
上州武尊山の反対側に
天高くそびえたつ日光連山の・・・、




12:23
写真中央の尖ったピークは
このまえの夏休みに登頂を果たした
関東地方最高峰の

日光白根山 ( ← クリックしてね ☆ )
よみ    にっこうしらねさん
標高   2578m
      ※ 関東地方最高峰
      ※ 日光連山最高峰
      ※ 標高2500m台の北限

所在地  栃木県日光市 ・ 群馬県利根郡片品村
山系   日光火山群 ・ 日光連山
種類   溶岩ドーム ・ 成層火山
種類   那須火山帯
であるが、
遠望すると山マニアにしか分からないくらいに
ちっこい。


とまぁこんな感じで

~ 尾瀬岩鞍スキー場
  ゴンドラ山頂からのBird VIEW Time ~

は、これでおしまい。



12:34
てなわけで
ふもとへの移動は、山頂からゴンドラに乗込んで
戻っていくのである




12:37
それはそうと
ゴンドラは早いなあ




13:39
レース会場にもどると
ジュニアトレランが




13:40
元気よく開催されていた♪



13:40
ジュニアトレランの内容は
地元の小中学生対象に
ゲレンデのまわり3kmで競われていた




13:44
オレの住んでいる街や
首都圏の小中学校では、まずありえないレース内容なんで




13:49
山あいに住む児童 ・ 生徒たちの走りは
真面目にすごいなって思った。




13:51
オトナのオレらが
彼らに戦いを挑んで、
速いランナーには、まじめに勝てないかな~って思うくらいに。




13:53
でも、地元の小学生にも
ずぅこちゃんは、大人気☆



というわけで、ではここから
14:20 ~ 15:40は

~ 尾瀬岩鞍バーチカルトレイル 表彰式 Time ~

なのだ ♪



14:21
こんかいの表彰式では



14:47
バーチカル ・ エリート部門では
賞金対象のレースでもあったようだ

オレはまだあんまりよく分からないけど
国内 ・ 世界間でポイント制が導入されているバーチカル部門において
国内3大会での上位獲得ポイントで順位が競われるそうで
そのなかの上位が
このように、おこづかいほどの賞金がゲットできるそうだ。
し・・・、知らなかったぜ!



14:57
そして、可愛いかわいい
こどもたちの表彰が
そろそろ終えるところで


最後は
おまちかね♪☆


怒涛の
ジャンケンぴょん!タイ~む
( ← クリックしてね♪ )


さぁ
豪華賞品を賭けて




これから対決だぁ

勝負の世界
オトナも子供も
関係ないぞ~っ👊


どんどん
  つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ ⚡  #4  The Final Tracks

2016.10.17

category : ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder ⚡

comment(0)

これで
最後



15:29
こんかいのジャンケンお兄さんは
トレイル界の若きエンペラー
宮原 徹 氏だぁ

じゃあぁ~ん👊

けぇ~ん✌



ぴょん👋 ♪



勝ったぁ
よっしゃぁ~~~っ!✌




さぁ
yukiおねえさんは




賞品ゲット
できたのか!??




それは、オレ、
よくわかんな~い
本人に聞いて~っ




15:52
そんなこんなで
楽しかった一日は
あっという間に、終わったのであった♪



【 2016年 10月 16日 ( 日 )練習内容 】
10:21 ~ 13:10
尾瀬岩鞍バーチカルトレイル
・ ゲレンデアップ2000m
・ バーチカルトレイルレース 5000m
記録    : 1゜05’32”   
総合順位 : 70位 / 133人中
男子総合 : 65位 / 115人中
※ ラップタイム等は、本文参照のこと


【 2016年 10月走行距離 】
日計  7.0km
累計  74.02km


【2016年登山登頂リザルト】
新規登録         11件
 1月16日 ( 土 ) 丹沢山 & 蛭ヶ岳
 2月21日 ( 日 ) 高水山 & 岩茸石山
 4月 9日 ( 土 ) 棒の嶺 & 岩茸石山
 5月14日 ( 土 ) 三ノ塔 & 塔ノ岳
 5月29日 ( 日 ) 丹沢大山
 7月 4日 ( 月 ) 赤城山頂カルデラ、駒ケ岳 & 黒檜山
 7月30日 ( 土 ) 赤城山頂カルデラ、地蔵岳 & 鈴ヶ岳
 8月15日 ( 月 ) 日光白根山 ・ 前白根山 ・ 五色山
 8月16日 ( 火 ) 日光富士 ・ 男体山
 8月21日 ( 日 ) 那須連山、茶臼岳 ・ 朝日岳
10月16日 ( 日 ) 尾瀬岩鞍スキー場 ゴンドラ山頂
既存増量         9件
 1月 1日 ( 金 ) 筑波山
 3月 5日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
 3月21日 ( 月 ) 高水山 & 岩茸石山
 5月 5日 ( 木 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
 6月 4日 ( 土 ) 陣馬山 & 高尾山
 6月12日 ( 日 ) 武甲山 & 大持山
 6月26日 ( 日 ) 浅間山カルデラ外輪山
 9月18日 ( 日 ) 南部片富士 ・ 岩手山薬師岳頂上
10月10日 ( 月 ) 会津富士 ・ 磐梯山頂上
軒先累計         20件


【 2016年 10月 16日 ( 日 )の運行仕業 】
尾瀬岩鞍リゾートホテル ~ 尾瀬大橋交差点 ・ 右折 ~ 国道401号 ~
国道120号 ・ 日本ロマンチック街道 ~ 下川田町交差点 ・ 左折 → 国道17号線へ接続 ~
国道50号 ・ 本町一丁目交差点左折 ~ 今井町交差点 ・ 右折 ~
国道17号 ・ 上武道路 & 深谷バイパス ・ 代交差点 ・ 右折 ~ 国道407号線 森林公園バイパス経由 ~
河原町交差点 ・ 左折 → 国道16号 ・ 東京環状へ接続 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~
八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅 帰宅


【 2016年 10月 16日 ( 日 )の運行距離 】
189.5km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : 尾瀬岩鞍リゾートホテル ~ 八王子 ・ 自宅


簡単に
あとがき

こんかいは生涯はじめて
バーチカルトレイルという競技に参加した。
オレ自身、トレイル ・ アスリートとしてまだまだ経験が浅いせいか
自分でもトレイル競技において、何に適しているのか
まだよくわかってない。
ただ自分自身としての得意分野が
直登する走りくらいしかマシな部分がないんで
競技者としては、バーチカルトレイル型がメインになりそうかな。

仕事がらのこともあるんで
距離のながいハセツネ ・ タイプは不向きと断定できそうかと
こんかいの走りで自分なりによくわかった気がする。

尾根縦走型の中 ・ 長距離トレイルは、いまのオレには荷が重いので
こういう短距離型のトレイルレースもあるんだなぁと社会勉強ができたんで
こんかいについては、とってもいい経験だったと思う。

まだまだトレイル ・ アスリートとしては自分捜し段階であるんで
オレ自身において
決して無理のない範囲で更なる社会勉強していきながら
自分に合ったトレイル ・ ライフを存分に楽しんで参りたい♪

いまはそう思っている次第である。



俺 ・ 矢吹 ♪ The Blue Thunder Project ⚡
第2回 尾瀬岩鞍バーチカル ・キロメーター
     Athletic GRAND PRIX

               参戦記
「 ザ ⚡ ブルーサンダー 矢吹 ♪
 碧きイナズマ、ゲレンデを駆けろ! 」 篇
                 

天空のDanger Zone  #1

2016.10.12

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial

comment(0)

デンジャーゾーン Danger Zone ( ← クリックしてね♪ )
この言葉の意味
・ 危険地帯
・ 危険区域

Danger Zoneとは・・・、
1986年5月16日、日本では同年12月6日に公開された
パラマウント映画 「 トップガン 」 のテーマソングだ!
アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた
トム ・ クルース氏主演の航空アクション映画の最高傑作のなかで使われた
ケニー ・ ロギンス氏が歌う映画の主題歌であるとともに
おもに現代を生きるアラフィフ世代から還暦世代にかけて
心臓と血管が興奮するナンバーである・・・、
こんかいのステージは・・・?

福澤 朗氏風に
これだぁ~っ!☆
          ↓
       ↓
       ↓

     裏磐梯からみた

矢吹 ♪ 郷土富士コレクション3 アンコール
会津富士 磐梯山
( ← クリックしてね♪ )
よみ            あいづふじ ・ ばんだいさん
別称           会津磐梯山
標高           1816.29m
所在地         福島県猪苗代町 ・ 磐梯町 ・ 北塩原村
山系           独立峰
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ ・ 活火山ランクB
              噴火警戒レベル1
火山Gr          那須火山帯
最新の噴火       1888年 7月 15日 
               水蒸気爆発 ・ 大規模山体崩壊後、超特大爆裂火口を形成
山体崩壊前の標高  約2000m超
だ!

ではなぜ
会津磐梯山を選んだのか


表磐梯 ・ 猪苗代側からみた
会津磐梯山の雄姿


会津磐梯山には
4年まえの2012年にも登頂を果たしてはいるが

1888年に大噴火して形成された
爆裂火口の真髄に迫れないまま、前回は終了したのがオレのなかでは
どうしても心残りで
2016年 10月 10日 ( 月 )、
Oriental Mount St Helens and Mt Aizu bandai #23
ブログ作成場所 ルートイン会津若松 レンタルパソコン
         The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B451/E

                  &
           八王子 ・ 自宅
         The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
ハセツネCUP 2日目と同日
再チャレンジを執り行ったのである。



では会津磐梯山の
なにがどう、

Danger Zone ( ← 別バージョン ・ クリックしてね♪)
なのか?

それは
自分にとって初挑戦である


爆裂火口壁を直登するという
不安から来ているものだった。




登山地図では、
火口壁ルートは点線ルートにつき
一般的に不明瞭ルートとされているが・・・、

観光協会等に問い合わせてはみたものの
納得いくご回答は得られなかったなかで
だけどどうしても立入ってみたいという欲求から
会津磐梯山の爆裂火口壁 ・ 危険ゾーンに突入する
こんかいのタイトルチューンは

題して


俺・矢吹♪
9th Caldera Volcanic Series

天空の Danger Zone ( ← クリックしてね♪ )                    
   ~ 会津富士 ・ 磐梯山篇 ~






こんかいの話は、まず一昨日の
2016年 10月 8日 ( 土 )に遡る

本来なら、この3連休の中日である9日(日)にて
会津磐梯山トレイルを決行する予定だったが、天候不良の見通しなので
当初の宿泊予定を失礼ながら一日削り、3連休初日は自宅待機。

そして前日である2016年 10月 9日 ( 日 )、
会津若松に向けての出発を迎えるのである。

それも、しかも、一般道で。

この日の日曜日は
移動だけに充てた日なので朝10時にて
のんびりと出発する。

その途中


15:36
国道4号線、矢板市街からみた
日光連山方面のようす

この日の朝9時現在の天気図の気圧配置、
南北に間隔の狭い等圧線が何本もある気圧配置だったのか
雨風が強く、お山の景色が写真のように望めない。。。


だけど次第に夕方にかけて
天候が少しづつ回復していき、


16:20 頃には
このように

高原山 ( ← クリックしてね ☆ )
よみ     たかはらやま
標高      最高峰 ・釈迦ヶ岳 1794.9m m
所在地    栃木県日光市 塩谷郡塩谷町
種類      成層火山 ・ 活火山ランクC
         馬蹄形カルデラ
最新噴火  約6500年前
火山Gr    那須火山帯
が、よくみえとるぞぇ



19:08
国道4号線を離れて
横道それて会津方向の国道を走る途中




19:15
なんと・・・、
季節はずれの花火。




20:55
八王子 ・ 自宅からの
長いながい一般道のみの運行仕業をおえて




20:55
8時間半もかけて
やっとこさルートイン会津若松へのチェックインを果たしたのであった。



【 2016年 10月 9日 ( 日 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 庄和インター交差点 ・ 左折 ~
国道4号線 ・ 新4号バイパス ~ 平出工業団地交差点 ・ 右折 ~ 国道4号 ~
三島交差点 ・ 左折 ~ 国道400号 ・ 会津東街道 → 上三依より、国道121号へ接続 ~
国道121号 ・ 日光街道 ~ 南若松交差点 ・ 右折 ~ 県道64号 ・ 会津若松裏磐梯線 ~
ルートイン会津若松 ・ 20:55到着


【 2016年 10月 9日 ( 日 )の運行距離 】

292.0km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ ルートイン会津若松



【 2016年 10月 9日 ( 日 ) 時間軸表記 】
6:00          起床
10:20         八王子 ・ 自宅を出発
13:00         国道16号 → 国道4号 ・ 新4号バイパスに接続
13:45 ~ 14:40 埼玉県内の国道沿いコンビニにて休憩
16:20         国道4号線、矢板市街にて高原山を眺める
20:55        ルートイン会津若松にチェックイン
深夜1時        就寝


そして今日・・・、
あさ6時に起床後、朝食を摂り
あさ7:40ごろにホテルを出発


6:04
ホテルからの会津若松市街を眺めるも・・・、
秋雨前線等の影響で
天候はイマイチ。。。
だけど天候回復傾向なので
磐梯山登山口へクルマを走らす。



こんかいの会津磐梯山の
登山計画書は、このとおり

前回は、中の湯跡という場所から磐梯山頂上へ直行したが
こんかいは中の湯跡より裏磐梯方向の火口原分岐まで下ったのち
爆裂火口壁を直登するコースを辿り、山頂方面をめざす



8:40
会津磐梯山のメジャールートの
八方台登山口は、クルマが停められないほどに
超満員・・・・・・!!




8:45
なんつっても停められないクルマたちは
写真のように路駐を余儀なくされていた・・・・・ (><)

オレは職業柄、路上駐車すんのが
大っ嫌いなんで
裏磐梯側の登山口にクルマを移動させる途中




8:50
八方台駐車場からすぐ下の
「 こがね平駐車場 」 をたまたま見つけ出し
そこへ停めたのち、会津磐梯山トレイルを開始するのである。




Chapter of Departure
こがね平駐車場 ~ 裏磐梯側 火口原分岐 4640m

八方台登山口 ・ 中の湯跡分岐経由
AM9:00 ~ AM9:47

   47’00” 
※ ラップタイムはデータ消去を冒してしまったため、記録なし
※ 累積高低差   179m
   内訳 こがね平駐車場   →   中の湯跡分岐点   179m ( 1121m → 1300m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間45分



9:08
こんかいは半予想通り、イレギュラーな展開により
前回の磐梯山トレイルスタート地点だった、
八方台登山口を経由地として通過するハメに・・・。




9:20
その12分後
本チャプターの最高地点 ・ 中の湯跡より
こんどは裏磐梯方向に急降下する

写真右側に三角形にそびえている山が
このあと登頂する会津磐梯山の山頂だ



9:40
裏磐梯側に下りながら
これから駆け上がる
爆裂火口壁をマジマジと・・・。

心境としては、期待と不安で胸いっぱいだった・・・、マジで



9:43
下山途中のカルデラ火口湖
銅沼 ( あかぬま ) より、爆裂火口壁を望む

銅沼 ( あかぬま ) というネーミング通り、銅のように赤く
キレイ・・・、だけど、こ汚い沼だったが
鏡にうつる爆裂火口壁を目の前に
きもちはもう・・・、不安的中だ。。。

といいながらも
楽しみでたのしみであったことには
言うまでもない


そして



9:47
いざ




9:51
Danger Zone へ突入じゃぁ~ ☆



つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

天空のDanger Zone  #2

2016.10.12

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial

comment(0)

つづき ♪

The Chapter of Danger Zone
裏磐梯側 火口原分岐 ~ 磐梯山頂上 4030m

爆裂火口壁 ・ 弘法清水小屋岐経由
AM9:50 ~ AM11:35

   1km  11’29”
   2km  22’58”
   3km  31’39”
   4km  36’53”
  のこり    0’41”   1゜43’42”
※ 累積高低差   708.3m
   内訳   裏磐梯側 火口原分岐   →   磐梯山頂上   708.3m ( 1108m → 1816.3m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間20分


9:51
裏磐梯側から爆裂火口壁を望んで
いざ、火口壁トレイルへと赴く!




9:53
火口壁トレイル開始してまもなく
「 噴火口 」 という文字の看板をみるとは
思わんかった。

リアリティーを感じさせそうな案内だけど
富士山や浅間山のような円形のはっきりとした噴火口ではないことは
先に伝えておくとして



9:59
登山地図だと点線ルートだけど
所どころに岩にマーキングしてあるんで
道迷いすることは、一切合切なかった。

ただ、観光協会の方々の話しでは
台風等でまれに道が変わってしまったりとか
写真のように火口壁を直登するという意味合いから
「 猫も杓子も簡単に登頂はできないぜ 」
という意味合いを込めて、地図上では点線ルートになっているんだろう、たぶん。



10:03
裏磐梯側から攻めて樹林帯を抜けると
やがて爆裂火口壁が顔をだす




10:09
写真の場所は
地図上でいう 「 噴気口分岐 」 という場所で
いわばここは、爆裂噴火口の底・・・、
に居るのか・・・? オレは!




10:11
カメラの幅に収まりきれない
会津磐梯山の爆裂火口壁




10:12
いざ!
爆裂火口壁に向けて
出動だ!♪

ルートは、写真左手をたどっていくのが正解で
まれに写真右手方面へ間違えるハイカーがいるそうである。
よくみると、看板があるのがお分かりであろう。



10:14
ここにきて磐梯山頂という
文字が出てきてきた




10:15
点線ルートではあるものの
赤くマーキングしてわかりやすく
オレのなかで、だいぶ不安は取り除かれた




10:15
視線を横へ向けると
迫力満点の爆裂火口壁




10:17
サルでもわかる
福島県の粋な計らいに
俺 ・ 矢吹 ♪ 脱帽!




10:17
このさきどうなってるのか判らない
火口壁トレイル、いかに?!




10:26
裏磐梯側から爆裂火口壁は
思いのほか、登山道が明瞭かつわかりやすく
坂は急だけど、意外と登りやすかった☆




10:35
登山道山腹からみる
大迫力満点の爆裂火口壁




10:37
背後をふりかえると
1888年に噴火してできた爆裂火口は
こんな感じ。

磐梯山噴火 ・ 参考資料 ( ← クリックしてね♪ )




10:43
やがて爆裂火口壁トレイルは終了し
赤埴山方面分岐に差しかかる

磐梯山頂上付近は残念ながら、雲がかかっている ( >< )



10:48
火口壁頂上からの眺望は
こんな感じ。




10:52
同じ場所から
名前のない沼地がキレイに映える




10:54
改めて火口壁頂上から
爆裂火口の底を眺めてみると
128年前の噴火の凄まじさを感じずにはいられない・・・。




10:55
気を取り直して
こんどは磐梯山頂上をめざしていくが

この時すでに山頂はガスがかかっていて
なおかつこの時点で、風がつよく冷たかった。



11:01
背後をふりかえると
現在入山禁止である、標高1636mの櫛ヶ峰が
雄大にそびえ立つ




11:03
そして
爆裂火口壁よ
さらばなり



さらに、つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

天空のDanger Zone  #3

2016.10.12

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial

comment(0)

さらに
つづき ♪



11:07
やがてこんどは
一般登山者が集うメインルート
弘法清水小屋と合流する




11:07
連休最終日だけあって
東北地方の紅葉最盛期であるだけに
会津磐梯山のメインルートは、ごった返していた。




11:09
弘法清水小屋から磐梯山頂上までは
オレの脚で15分そこらで行けそうなところを・・・、




11:21
大渋滞のなかを約40分そこらかけて
やがて・・・、




11:35
俺 ・ 矢吹 ♪
福島県の郷土富士
人生2度目の磐梯山登頂達成!♪

を果たすのである



11:40
会津磐梯山の火口壁トレイル
すんごい楽しかったけど、
神経張り詰めたなぁ。。。

慎重な面持ちで攻めただけあって、かなり長く感じた
火口壁トレイルだった。


てなわけで、ではここから
11:40から10分間の

~ 磐梯山頂上からのBird VIEW Time ~



11:40
それにしても
この人の多さはマジで
尋常ではなく




11:41
大都会の中枢のような・・・、



11:46
銀座やら原宿にいるような



11:47
人の多さだったけど
頂上から景色が一切望めなかったんで
下山を開始するも・・・・・・、


気持ちてきに
諦めきれないバカなオレは、

Round trip Trail Chapter
磐梯山頂上 ~ 弘法清水往復走 2000m

   1km  41’33”
   2km  27’12”   1゜08’45”
※ 累積高低差   216.3m
   内訳 弘法清水 ・ お花畑   →   磐梯山頂上   216.3m ( 1600m → 1816.3m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間00分
に、なっちまった、結果的に



12:01
下山を志すタイミングに
雲が晴れだしてきやがって
裏磐梯が望めるようになってきて




12:21
弘法清水にもどったころ
磐梯山頂上には
雲がぬけていた様子だったんで




12:27
あす早朝から仕事だっちゅうのにも関わらず
福島県まで着といて
往生際わるく諦めきれないオレは




12:54
山頂に結局、



12:55
俺 ・ 矢吹 ♪
またまた山頂に
舞い戻って
しまったじぇ~




12:56
この往復走で
当然ながら何人ものハイカーたちとすれ違い、
オレは半日にして有名人になっちまったのは
いうまでもない。




13:16
山頂に戻ってはみたものの



13:14
こんかいも前回同様に
山頂から猪苗代湖が
観られへんかった・・・。




13:26
つまり・・・、
会津磐梯山 ・ 頂上部門では、0勝2敗ってことを
確信したところで



The Final Chapter of Slower Landing
For Koganedaira parking  6900m

磐梯山頂上 ~ こがね平駐車場
弘法清水 ・ お花畑 ・ 八方台登山口経由
13:40 ~ 15:00

・ 磐梯山下山①  4000m ( 磐梯山頂上 ~ 八方台登山口 )
   1km  32’33”
   2km  17’33”
   3km  24’33”
   4km  11’45”   1゜26’26”
・ 磐梯山下山②  1300m ( 八方台登山口 ~ こがね平駐車場 )
   1km  4’26”
  のこり   2’32”    0゜06’59”
をおっ始めるのであった。


どんどん
  つづく。
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.