アロー独走

Changing The Future , NOW♪

父の背中を追いかけて

2014.04.30

category : ・ 走術研究発表会 矢吹バージョン

高尾山走術研究所
第26回 横浜駅伝参戦記
“俺たち Dream Fighters”


4月29日(火) 昭和の日の今日
俺にとって3回目の参加となる“横浜駅伝”
早速だけど、レポートといくかな!

今回俺は
選手としての参加ではなく
サポートとしての役目に徹した。

それは主に
走るみんなの写真撮影だ。

AM8:30に綱島駅に集合して、9:00には会場入りする。
今日もSMRCさんのみなさんと一緒に行動をともにした。
10:00には駅伝がスタートし、
観戦を兼ねて
所長さんのカメラにて
みんなの走る勇姿を
写真に収めていったのであった。。。



4月29日の今日は
横浜駅伝♪




例年通り
SMRCチームと一緒に
参戦だ!



レース前の
ひと時




レース前の
高尾山走術研究所所員のみなさんと
写真中央の所長さん♪





写真中央は
元実業団ランナー ヒロセさんだ!

彼女は某会社の元実業団エリートランナーで
現役を離れて、一般市民ランナーとしても
今もなお、フルマラソン2時間40分前半で走破する
ママさん最強?!ランナーのひとりだ!
ちなみにヒロセさんは
俺の小学校の歳の近い先輩である。




もがく者さん、SAWAくん、ぎりけんくんの3人
今回の走りに期待のかかる三人!♪

とくに写真中央のもがく者さん
2日前の捻挫を押しての強行出走で
みごとなまでに男らしい勇敢な走りを披露する。
もがく者さんは
この駅伝にかける想い入れは人一倍に強く
ケガの痛みを気合でふり払う
男の意地を発揮する力強い走り
ここにあり!



そして
俺・矢吹♪
参上!




SMRCさんの方々と
2ショット




最後は
ウルトラマラソンの女王・エリカ秘書と♪




レース前のひとときは終わり、
10:00AM・・・、




選手たちが集合し、



レースは始まるのである・・・!♪


レース中の俺は・・・、
所長さんから手渡されたカメラで
みんなの走る勇姿を撮っていくのだけど
これまた結構むずかしくて、何回も逃したりして
上手く撮れたか定かではないが
選手側の立場とちがった状況を体験できたので
俺としてはかなりの刺激になった。

所長さんからカメラを渡されて
写真撮影しているとき
俺にとって
いろんなある昔の記憶が甦ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学生のときかな
俺の父親が、当時PTAをやっていて
体育祭や合唱祭、入学式・卒業式の
写真撮影をやっていたんだな。

断っておくが
俺の父はプロのカメラマンではないのだけど。

当時は今みたいに
デジカメやスマホなんていうものはなく
おれの父は
一眼レフの望遠レンズで撮影してくれていた。。。

騎馬戦で相手を睨みつけて突進していく様や
リレーでの受渡しの一瞬の出来事
応援合戦の勇姿など
ここぞという場面を見逃さない描写が
今観ても新鮮で凄まじく
そして、美しい

撮影された写真が
文化祭で展示販売されていて
生徒たちには
当時大盛況だった。。。

今回は
所長さんから任されたからには
父の背中に近づこうと思いながら
写真撮影に挑んだのだけど
当時の父親に近い写真は撮れたのかな?

それはやっぱし
父の背中に近づけるには
程遠いのかもしれないけど
カメラを渡されて撮っているとき
俺の傍らに
亡き父がそばにいてくれているような
そんな・・・
懐かしい気分を味わいながら

みんなの頑張る
走りを観ていたのであった。


その結果・・・、



俺たち
Dream Fightersは




そう・・・



全チーム入賞という
今までない快挙を果たすのである




それでは
その模様をお伝えしていこう♪




男子第7位 高尾山走術研究所 頂
2゜21’48”




深キョンと所長さん



男子第10位 高尾山走術研究所 夢
2゜24’01”




混生第2位 高尾山走術研究所 光
2゜25’09”




女子優勝二連覇達成!
高尾山走術研究所 翼
2゜44’58”




写真撮影に徹したおれも
うれしいぞ!!



最後に
集合写真だ!♪



【4月29日(火)の練習】
22:00~23:15
八王子駅前コース 10300m


【4月30日(水)の練習】
22:10~23:15
八王子駅前コース 10000m


【4月の走行距離】
301.48km
2014年度計   301.48km 4月始まり
マラソン総累計 50219.84km Since April.1 1990th

凡例 
   
    累計 300km未満 白
        500km未満 
        500km以上 


編集後記
今回
我が高尾山走術研究所は
4チームすべてが入賞を果たすという
今までにない快挙を成し遂げた。
「実体のない組織団体」
とはいえ
優勝するんだ!
という強い信念を志すスピリットは
ものすごい組織力を発揮するに至ったのでは
なかろうか。

そのくらい
チームとしての結束力は固く
素晴らしかったんじゃないかなと思う。。。

年に一度の
こういった集いならではなのかもしれない。

一方の俺は
所長さんの大切なカメラを手渡されたとき
亡き父との久々の対面を
果たした気分になってしまったのであった。


来年
こういったきっかけがあったら
また写真撮影を行いたいと思う。

このような気持ちを
俺自身今後も、大切にしていきたい

今日は俺にとって
そんな一日であった。

それでは最後に
一曲おとどけしよう

小柳ゆきで
be alive ( ←クリックしてね♪)

おやすみなさ~い。。。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.