アロー独走

Changing The Future , NOW♪

The My starting point of Fascination !

2014.12.13

category : ・ 矢吹 Mt FUJI Collections

Fascination
この言葉の意味 : 「魅惑」
魅惑とは・・・人の心をひきつけて、人間の理性を失わせる精神状態

12月13日(土)
今日は、「魅」ということばのなかの
俺自身の、山岳に魅せられた部分である
“魅惑”の原点に立ち返ってみたいと思う


けど
本題に入るまえに
簡単ではあるが、練習会の報告をさせて頂こうと思う

走ろう会 ・ 土曜日強化練習
10000mペース走 + 200mダッシュ × 3本


練習リーダー Katu副会長 ハーボー副会長 俺 ・ 矢吹 ♪
練習時間   9:00AM ~ 11:00AM
練習場所   八王子 ・ 富士森競技場
参加者     20名


さて今日の富士森競技場は
毎年のことながら、使用制限が課せられる




そんな訳で
先週同様、アスファルト走路を使用するのである。




先週のタイムトライアルより
今日はなぜかタイムがいい!

今回は、3’40”/kmを意識したつもりでいたので
18’40”くらいで走れればいいかなと思っていた。


【今日の練習】
走ろう会 ・ 土曜日強化練習
9:00AM ~ 11:00AM 八王子 ・ 富士森競技場
・ アップ2000m 体操
・ 第二アップ 2000m ( 舗装路500m × 4 )
・ 10000mペース走 ( 舗装路500m × 20 )
  1km  3’31”
  2km  3’34”
  3km  3’36”
  4km  3’40”
  5km  3’39”  18’02”
  6km  3’41”
  7km  3’40”
  8km  3’40”
  9km  3’40”
 10km  3’34”  36’20” ( 18’18” )
・ 200mスプリント × 3本 (リカバリ200m × 2 )
・ ダウン1000m


【12月走行距離】
日計 16.0km
累計 117.3km


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてここから
ようやく本題へと入っていこうと思う


俺 ・ 矢吹 ♪
My Mt.Fuji Collections 35th

The My starting point of Fascination
From edition of YAMANASHI Prefecture


この時期に入ると
キレイな富士山を
観にいきたくなるのであるが

練習会が終わって
帰宅してからテレビ見ながら
富士山のライブカメラ映像を確認する、俺 ・ 矢吹 ♪

お昼前後の時点では
かさ雲が掛かってて眺望が望めそうにないと
判断せざるを得ないと思われたが・・・、

14時の時点で
なんと雲が消えていた!
これは願ってもないチャンス!

と思い、
14時過ぎに八王子 ・ 自宅を強行出発するのである。

中央道をかっ飛ばして
まずは、俺の山梨県側の
いちばんのお気に入り
千円札の場所をめざす!

そして
千円札の場所に
到着!

その画像が、これ♪
      ↓
      ↓
      ↓


15:38
千円札の場所で有名な、本栖湖から観た
俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 23 
富士山
( ← クリックしてね☆♪ )
標高       3776.24m 国内最高峰
所在地      静岡県 : 富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町
          山梨県 : 富士吉田市、南都留郡鳴沢村
山系       独立峰
種類       コニーデ型成層火山・活火山ランクB・常時観測火山
火山グループ 富士火山帯
初登頂     663年(役小角)
登録区分    文化遺産
登録年     2013年




松の木をまぜると
なんとも風流。。。


本当はここいらでゆっくりしたかったが
この時間になると
暮れていくのも早いから
そそくさと今度は
精進湖へと移動するのである。

・・・なんか
富士五湖まで足を運んで
配送ドライバーみたいなこと、すんのかぁ
とほほ。。。



16:01
自家用マシーン ・ 銀ちゃんと一緒に
精進湖からの富士山を眺める。。。




銀ちゃんなしでの
精進湖 & 富士山のキレイな眺め♪

毎年ながら再三述べているが
山中湖をのぞく富士五湖からの富士山眺望をするのに際し
俺は絶対に14時 ~16時台にしか選ばない。
その理由は
山梨 ・ 富士五湖側からは、日中の午前中からお昼すぎにかけては
もろに逆光であるため
“晴天なのに、日影”
といった感じに、はっきし行ってキレイではない。

ベストを狙うのなら
この2時間が撮影の勝負なのだ。

そしてまた
配送業務のような
慌ただしい移動の末、




16:18
今度は西湖に到着する



西湖にて
銀ちゃんとコラボ♪




西湖湖畔からの富士山は
まさに噴火崩壊まえの

東洋のセントへレンズ ( ← クリックしてね☆ )
に、そっくりかもしれない
米国のセントへレンズ山が
1980年当時以前、
その優美な風貌から
“アメリカの富士山”
と持てはやされていたころを知っているアメリカ人が
この景色を目の当たりにしたら
さぞ感無量に思えて仕方がないであろう。
・・・とはいえ
俺は実際に、セントへレンズを見たことがない。



これも同じく
西湖からの眺望




16:24
さてここから観る富士山が
頬をまっ赤に染める、マジックアワーの始まりだ!




こちらは去年の画像で
朝霧高原からみた

16:40ごろの
紅富士 ・ マジックアワータイム


さて
そうなると
ちょいと疑問が浮かぶ。

それは・・・、


マジック ・ アワーの反対側では
なにが起こっているのか!?

それを教えてしんぜよう。。。
・・・って、去年もやってたな。

というわけで
西湖から17km
朝霧高原からだと、30km離れた
山中湖へと急行する




暮れていく
富士山とデパートを
すこし鑑賞しながら




日没までの
時間との真剣勝負、山中湖まで
あと、もうひとがんばり!

富士吉田市街の渋滞に
もまれながら
やっとの思いでたどり着いた・・・、

邪悪なる富士山の景色は
これだぁ~~~~~っ
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
読者諸君よ
そんなに観たいか?
夜、眠れなくなっても
オレさまは責任取れないぜ!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
みなの衆、覚悟はいいな!?
  いくぞ♪!!!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
これでも、くらえぇ~~~~~っ




17:14

じゃん☆



17:15
気持ちわりぃ~



17:18
怖すぎる~



17:23
やめてぇ~



17:28
はやく消え失せろ~


・・・はいっ、画像はコレまで。



【12月13日(土)の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 散田架導橋 ~ 国道20号 ・ 甲州街道 ~ 圏央道 ・ 八王子西IC ~
圏央道 ・ 中央道 ・ 八王子JCT ~ 中央道 ・ 河口湖IC下車 ~国道139号 ~本栖湖 ~
精進湖 ~ 西湖 ~国道139号 ~ 山中湖 ~国道413号 ・ 道志みち ~
ゆりのき台団地 通過 ~ 八王子 ・ 自宅

【12月13日(土)の運行距離】

205.6km


あとがき
ことしは本当に、大自然の魅力を堪能した一年だった。
とはいってもまだ2014年は、まだすこし残っているが。
けど、俺が山自体に興味をもったきっかけに至ったのは
紛れもなくこの富士山である。

おおよそ30年くらい前の
小学校4年に上がろうとする頃
自分が通っいてた小学校の真上の
丘の上からみた富士山がとてもキレイで
大きく雪化粧した富士山がとても印象的だった。

その頃
母方の実家の祖父から当時いただいた
カラー版の山渓から創刊された
「日本の山々」 というのを観て
山に興味を当時はもちだしたのだ。

それから何年か経過して
22歳のときに走ろう会にすでに在籍してたのをきっかけに
“富士登山競争”というレースに初めて出場した。
その22歳のときのレース前の試走のときに
オレはそこで
初めて富士山を登頂を果たす。

それからほぼ毎年のように
22歳から29歳までの7年間
富士登山競争に参加しては
試走 ・ 本戦ともに年に2回~4回の富士山登頂を果たすような
ハードな日々を送りながら
今日(こんにち)までの登頂回数が、16回までに至るのだが
28歳と、29歳のとき、
当時の会の行事にて
山梨側の富士登山競争と
静岡側の富士登山駅伝をかけ持ちすることになる。

当時の富士駅伝では
2回ともに山頂区を担当させていただいていた。

ハードなときで
競争と駅伝を2週連続こなし
富士山登頂が2週連続・・・、なんてことがあったりしてか
それ以降
脚の故障に大きく悩まされて
一時、トレーニング休止までに至ったときもあった。

それから
富士山のレースには参加しなくなり
ときどき走ろう会の練習で登るなんてこともあったけど
観る側の立場にまわったのも
このころだったかな。。。

競技者として
選手としての、富士山登頂する立場とは
大きく異なり
観光客として観る富士山の風貌は
まさに麗しく、魅惑に満ちた存在に思えていた。

そのころから
富士山に対する魅力を追っかけ始めてみて
富士山しか知らない一生を終えるのは
持った得ないと思い始めて
郷土富士めぐりを敢行するのである。

「富士山よりも美しい
俺のこころを満たす山はあるだろう
かならずどこかにあるだろう」
ということを信じて・・・。

そんなことをしている間に
麓から眺めるだけでは
当然ながら満足しなくなって
いつしか
トレランを開始する。

だけどなかなか
存在感あふれる
霊峰 ・ 富士を越える
麗しき風貌のすがたを誇る
郷土富士などの山々は
いまだ俺の中で、見つかってはいない。

それらを探し求めていきながら
いつの間にか
レースにエントリーするより
トレランする回数が増えていき
オレは大自然の
魅惑の世界へと
足を踏みいれていくのであるが

そんな風に
山の中を駆けまわれるのも
そう長い年月は
続けられんだろう。。。

年齢に応じた
魅惑の追及を
とことん続けていけたらなぁ
なんて思っている
今日この頃である。

さて
みんなにとっての
“Fascinetion” は
いったいどんなものなのかな。

“Fascinetion” を感じるのが
明日への人生の活力と信じて
この歌を送ろう!


美空ひばりで
魅惑のワルツ ( ← クリックしてね☆ )

合掌

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.