アロー独走

Changing The Future , NOW♪

待ちに待った、マラソン ・ 駅伝競技、最盛期時代突入へ・・・。

2015.03.15

category : ・ Dream Highway EKIDEN

2015年 3月15日 (日)
矢吹 ♪ 2015 Fighting Conscious For EKIDEN #9


この日は
我が住まいの八王子市最大のマラソンの祭典・・・、

  第65回 八王子全関東“夢街道”駅伝
All KANTOH & HACHIOHJI Dream Highway EKIDEN Relay Race
が、やってきた!
早速だが
前回の写真を元に
こんかいのレースを
報告していこうと思う




こんかいの
走ろう会 ・ Aチームの面々

ひだりから
一区 俺 ・ 矢吹 ♪
四区 SAWA練習リーダー長
二区 Hiraさん
三区 ゴテくん



俺・矢吹♪
八王子・夢駅伝 担当区間 1区 4700m


駅伝開始前
この日の朝7時半・・・に、
八王子駅北口に程近い
南多摩高校に集合する。
オレがこの会場に着いたころは、すでに受付は終了してくれていた。

10時に競技開始されるのに先立つにあたり
開始時間一時間半前にて
浅川の土手でアップを30分ばかし行う。

アップの時点で感じたことは
このときから足取りが重い。
なんせ、トップスピードを追求する練習は
なにひとつ行ってこなかったから。
その点においては、学生ランナー以外は
みな共通だろう。
この時期はフルに向けての練習がメインだから
この度のキョリの短い駅伝なんかでは
不利要素満載であるのが、実情なのだ。

・・・まっ
そんなことを思いながら
スタートラインに向かうのであった。


スタート~八王子警察署

八王子駅北口・スタート地点
3月 15日 (日) 10:00AM
この地点よりレースは開始される。
襷のカラーで種目がわかり
・青   一般男子
・緑 大学生男子
・赤 高校生

といった感じに分類される。



スタートしてすぐの
甲州街道との交差点

スタートしてまもなく甲州街道との交差点に差し掛かる。
スタート直後のみんなの飛び出しがすさまじいのは
もちろんのことだが
なんせ今年は参加チームが多いせいか
一区スタートした段階で
とてつもない人口密度増を感じてしまうような
すべり出しであった。

そんなことを思いながら
周りのみんなに同調されず
自分のペースをつくっていったのである。



八王子警察署~追分五差路

八王子警察署前を通過する選手たち
このあたりでだいたい1kmちょっと。
マラソンシューズでの走行にて
3’17”/kmで通過する。
こんかいはオレのGPS時計の受信感度がわるいせいか
正確なラップを刻めそうにない。




2km地点くらいのとこ
この間までは、やや平坦。
ちょうどいいラビットを探しながら・・・、
といいたいところだががみつからず。
青タスキのランナーを抜かしていきたい・・・、
とは思うが
その青タスキのライバルたちがみんな速くて
まえを走るライバルたちの差が
なかなか縮まっていかない。

・・・・・・・・・・・・・・・

そのいっぽうで
緑タスキの大学生選手のカタマリが前方に見えてはいたが
その学生たちもまた
野獣のような走りを魅せながら
コマを進めていくのである。


追分五差路~散田架道橋・中継地点


追分交差点から


写真のような
高尾山方向に向かって、ひた走る

ここいらで
ダラダラ登りに差し掛かる。
ここまでカラダに感じる登りに差し掛かるペースは
たぶん体感的に
3’25”~3’30”前後/km のペースを刻み続けると
思われ、この場においては正直かなり辛い。
ただ最近の俺は・・・、
平日においてのスピード練習がこなせてない中で
3’30”/kmペーを刻むのは、きわめて難しい。


では、
ここから
ラスト・スパート・・・。



残り1kmを切ったあたりの
サンクス ♪ ( ← クリックしてね☆ )
から
啖呵を斬るように
勝負を吹っかるさなか・・・、

こんかい故障で見送った
ひろさんと、ひろさんの奥さんから
力強い声援を頂くが
せっかく声援いただいても
スプリント ・ ダッシュをかませず
期待にお応えできなく
なかなか発揮しない、オレの走り。



そんななか
走りが重くって
ダッシュ発揮できない状態で
ここの交差点を左折して


散田のアンダーパスを
潜りぬけて



第二走者の
こんかいの代走・Hiraさんに
襷リレー!♪





俺の1区タイム
16’40”53
 1km 3’18”
 2km 2’36”
 3km 3’25”
 4km 5’43”
 残り 1’36”

【2015年 3月 15日 ( 日 ) の走行】
第65回 八王子全関東“夢街道”駅伝 10:00AM ~ 12:00PM
・ 回送アップ3800m
・ 河川敷アップ4000m
・ 駅伝競技 1区 4700m
  ※ タイムとラップは、上記を参照のこと

【2015年 3月走行距離】
日計 12.5km
累計 138.5km




これは昨年の画像で、6位入賞果たしたが
こんかいは24位で入賞を逃す。


こんかいの駅伝一区を
総括

我が八王子走ろう会 ・ Aチームの記録
24位 Aチーム 1:15:51
去年は、1゜11’34”というタイムで
一般男子6位入賞を果たした!
それに少しでも入賞圏内進出を視野に入れて
みんなが少なかったスプリント系の練習量のなかでも
僅かな望みを、その走りに託して
入賞をめざしてがんばってみるも
現状として、こんかいの一般男子総合の
6位入賞タイムは、1゜08分台だった。

これはなにが言えるかというと
全区間が20.8kmというハーフマラソンに近い距離を
4人でタスキを繋いでいくなかで
要は全員が、全区間で100%コンスタントに
3’20”/km = 5000m 16’40”以内で
走破する走力が備わっていなければ
入賞自体、断じて成し得れない!

ということに相当するのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうはいうても
改めて感じたことは
この駅伝一区を走らせて頂いて
オレを前行く選手たちの
トップ層のレベルのクオリティーを高さだ!

オレ自身が現在ではなく
記録的 ・ 走力的にマラソン全盛期だったときは
残念ながらマラソンや駅伝は
マイナーなスポーツだった。
とはいえ、ここ10年くらいまえから
走るスポーツ全般が、世間に浸透し始めている
ときといえようか。

それよりむかしに遡れば
ましてやオレが走り始めたときなんて
「 走ってて何が楽しいの? 」
って世間やご近所どもから
揶揄されていた時代だった。

・・・いまの若い世代に
そんな精神的苦痛を受けながら
オレ自身が走っていたなんて
きっと君等にはピンとこないかもしれないが、

オレが中学時代は、バブル最盛末期のころで
お金の掛かる趣味がブームだった時代で
また、初フルを達成した19歳のときも
まだまだマラソンがマイナーで
やっとこさ、Runnetが大会にて
チップ計測による自己記録のネット配信等が
行われたときだと記憶する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ときは経過し
市民マラソン界が更なる日進月歩を遂げて
これから先、マラソンがいまや
時代の先端を突き進んでいくなかで
こんかいのレースに至っては
世情としてクリック合戦が強いられているなかで
ここ最近の一般個人レースの申し込みが困難ではあるのだが、
そんななかでも全国的に市民ランナーの走力が
飛躍的向上しているのが
この駅伝一区を走ってみて
目の当たりできた。

夢駅伝にて
6位入賞圏内に組み込むのが
本当に困難を極めるなか
それと同時に
逆説的にいえることは
何なのか?

それはトップ層の人口増加による
マラソン ・ 駅伝においての
市民権獲得につながっていること
すなわち
走る競技全般で
とくにトップ層を中心に
ようやく世間に認められたと同時に
高貴なる評価に繋がった証でもあるのだ!

今回は残念ながら
いい成果を収められなかったかもしれないが
オレは、そういった昨今の現状を
垣間見ることができて
なんだか無性に嬉しさを感じた一日であった。


第65回 八王子全関東“夢街道”駅伝
All KANTOH & HACHIOHJI Dream Highway EKIDEN Relay Race
                    

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.