アロー独走

Changing The Future , NOW♪

九州本土 ・ 最高峰への、遥かなる旅路  #1

2015.07.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

2015年 7月 30日 ( 木 )
2015th West Japan intercontinental in KYUSYU #6
※ ブログ作成場所 : リッチモンドホテル鹿児島金生町 ・ レンタルパソコン


矢吹♪ The Semi Sky High Part. 15
九州本土最高峰 ・ 遥かなる旅路 “九重連山”編


本日、7月30日(木)
ついに俺は
九州本土最高峰、九重連山 ・ 中岳を制覇!

今日はそれについて
じっくりと語っていこうと思う。



冒頭でも申し上げたように
こんかいの舞台は

遥かなる旅路 ( ←クリックしてね♪)
にのせてお贈りする、

九重連山 ( ←クリックしてね♪)
所在地   大分県
最高峰   中岳 1791m
火山Gr   白山火山帯

である。
写真は、後からも申上げるが、長者原からの九重連山である。


まずは九重連山とは・・・、
この地域の名称として、
「九重」(くじゅう、ここのえ)と「久住」(くじゅう)の2通りの表記及び読みが用いられており、
山群の北麓に九重町(ここのえまち)、
南麓に久住町(くじゅうまち、現・竹田市久住町)が誕生したことから、
それぞれの表記が特定の地域に結びつくことになり、
地域全体を指す時にどちらの表記を用いるかという問題になったが、
現在では、火山群や周辺地域全体を指す場合に「九重山」や「九重連山」を用い、
その主峰である単独の山を指す場合に「久住山」を用いるのが一般的である。
また、近年では、
混乱を避けるためにひらがなの「くじゅう」を用いることも多いことでも知られている。

さらに、「九重山」という固有の山岳は存在せず、
ここある火山群の総称としてその名が用いられている。
※Wikipediaより抜粋


まずは、あらすじ
当初の予定では、おとといの火曜日に行う予定だったが
天候不良によりお流れになった。
スケジュールの都合で、
昨日には鹿児島のホテルにチェックインしなければならず
けど、九州本土最高峰への夢を諦め切れなかった俺は
今日が絶好の晴天であることを理由に強行決行に至る。

今朝6時前に起床し、
6時ちょうどにリッチモンド鹿児島を出発。
片道約300km近く離れた登山口まで
約4時間半かけての大移動の末、
登山開始に至るのであるが
うかつなことに、九州本土最高峰に意気込みすぎたせいで
ガーミン時計を忘れる・・・、という失態を冒してしまうのであった。。。



移動の途中の
阿蘇カルデラの中央火口丘群




そこから
噴煙を巻上げる阿蘇山中岳のようす




広大な阿蘇の台地を走り抜け
九重連山をめざす途中風景。。。




地元の登山者から教えていただいたのだが
写真のような草原風景の種明かしとして
毎年3月にこの広大な草原で、人工的に焼払いが行われているのだそうで
このような牧草地帯を造り上げているそうなのであるが、
一昔前にくらべて、その面積は減少の一途をたどっているそうである。



さっ九重連山がみえてきた☆



登山道入口に



クルマをとめて
トレラン開始♪
※ 奥から3台目が、俺のマシーン ・ 銀ちゃんだ。


Chapter of Outward trip
赤川登山口 ~ 久住山頂上 2660m

10:54AM ~ 12:12PM
所要時間 : 1時間18分



登り始めて約10分後
久住山がひょっこり顔を出す




そしてその約40分後
雄大な形相をした最初の目的地

久住山 ( ←クリックしてね☆ )
よみ     くじゅうさん
標高     1786.5m
所在地    大分県竹田市
山系     九重山系
火山Gr    白山火山帯
が、みえてきた♪



すこし後ろを振返ると
写真中央に

阿蘇山 ・ 高岳 ( ← クリックしてね☆ )
所在地   熊本県
標高    1592m
       阿蘇カルデラ最高峰
種類    成層火山 カルデラ中央火口丘
       活火山ランクA・常時観測火山
火山Gr  霧島火山帯
が、ひょっこり姿をあらわしている。



森林限界をすぎて



あの向こうに
そしてとうとう・・・、




俺 ・ 矢吹 ♪
久住山、登頂成功!



ではここからの
12:12PM ~ 12:30PMは

~ 久住山頂上、Bird VIEW Time ~


久住山頂上からの
阿蘇山 ・ 高岳をZoomUp




その反対のメイン側にて
正面にそびえているのは




三俣山 ( ← クリックしてね☆ )
よみ     みまたやま
標高     1745m
所在地    大分県竹田市
山系     九重山系
火山Gr    白山火山帯
だ。
三俣山は、その山の特徴からか、
九重山といえばこれ♪
みたいな感じで
よく山の本や、パンフレットなんかで代表的な感じに
写されている。



その三俣山の左隣には
硫黄山が煙を常時あげている様子である。


そのあとは
ついに
九州本土最高峰の
九重山 ・ 中岳を
めざしていくのである!!



Second Semi Traverse Chapter
久住山頂上 ~ 九重連山 ・ 中岳頂上 1100m

12:30PM ~ 13:10
所要時間 : 40分




つづいてのステージは



俺が指差す
九州本土最高峰 ・ 中岳を目指していくのであるが

さぁ
そこはどんな
場所なのかいな!??


はりきって、つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.