アロー独走

Changing The Future , NOW♪

信州の魔性 ・ The Black Princess   #2

2015.09.24

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial

つづき ♪


そうは言うても
僅かな眺望の利く、越後富士 ・ 妙高山が観られたのは
やっぱしこの上なく嬉しい。。。

だけど・・・、
この信濃富士 ・ 黒姫山から見える妙高山スポットは
悲しいかな・・・、
この樹木に囲まれた外輪山尾根からの一カ所のみなんだな。

そして
標高2000m台の
樹林帯地獄の外輪山尾根を
やっとの思いで駆け抜けた先に、ようやく・・・、




俺 ・ 矢吹 ♪
信濃富士 ・ 黒姫山、登頂成功!☆

したのであるが、
これ・・・、実はヘベレケ状態の
造り笑顔であるのだ。



では、ここからはしばし
AM10:05 ~ AM10:30は

~ 信濃富士 ・ 黒姫山からの、Bird VIEW Time ~


山頂到達時の
タイム ・ リザルト




山頂から真南方向へは
飯縄山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ        いいづなやま
標高       1917m
所在地      長野県長野市
           上水内郡飯綱町・信濃町
山系        妙高火山群
種類        二重式成層火山
火山グループ  富士火山帯
が、聳え立っており、



山頂からちょうど真東側には
さきほど紹介した野尻湖と、斑尾山が。




そして黒姫高原方面は
こんな感じ。




山頂から南西方向へは
古くから修験道場や戸隠流忍者の里としても有名な

戸隠山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ      とがくしやま
標高      1904m
種類      隆起 ・ 火成岩
         海底火山からのマグマの貫入と急激な隆起によるもの
所在地    長野県長野市
山系      戸隠連峰
が、怪しげな形相で
こちらをみるように聳え立つ。




こんどは、
黒姫山頂上からだと、戸隠山の右隣
地図上では戸隠山の真北に位置する、

俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 25
戸隠富士 ・ 高妻山
( ← クリックしてね♪ )
よみ     とがくしふじ ・ たかつまやま
標高    2353m
所在地   新潟県妙高市・
       長野県長野市
山系    戸隠連峰




さらに北部方向へ
視線を変えると、昨日紹介した
写真左から

新潟焼山 ( ← クリックしてね☆ )
よみ       にいがたやけやま
標高       2400.26 m
所在地     新潟県糸魚川市、妙高市
山系       頸城山塊
種類       成層火山
          活火山ランクB ・ 噴火警戒レベル1(平常) ・ 常時観測火山
最新の噴火   1983年4月14日 ~ 15日
と、

火打山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    ひうちやま
標高    2461.77 m
所在地  新潟県糸魚川市、妙高市
山系    頸城山塊
備考    頸城山塊最高峰
      または、火山ではない
が、こちらを見つめるように
聳え立っている。



というわけで短い時間ではあったが
Bird VIEW Time は
これにて終了

それにしても黒姫山は
本当に頂上以外に眺望の利く場所がないというのは
オレにとって誠に予想外であったし
ほかのコースから攻めてきたハイカー情報でも
この黒姫山は、どのコースからでもすべて樹林帯のなかを越えてこない限り
眺望の利くエリアはないとのことである。


The Final Chapter of Transfer Operation
For Kurohime High Plain Mountain Pass
黒姫山頂上 ~ 黒姫高原登山口駐車場 7480m

小泉山道を使用 ・ オオシラビソの林経由
AM10:30 ~ PM12:19

   1km  22’43”
   2km  17’24”
   3km  23’58”
   4km  14’21”
   5km  11’47”   1゜30’16”
   6km   9’04”
   7km   4’53”
  のこり    2’51”   1゜47’05” ( 16’49” )
・ 下山後のダウンジョグ2200m
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測


最後はこの山頂をあとにして
狭いカルデラ平原へと下山する。



まっ、参考までに
読者のみんな、ここをクリック
してみてお分かりのように
このお淑やかスタイルの黒姫山には
爆発カルデラ形状を隠し持っているんだな。


そのカルデラ内部は
こんな感じだ。

写真はその内部の「峰の大池」だ。



こちらは
峰の大池からみた、
カルデラ内部の溶岩ドーム ・ 御巣鷹山 ( 小黒姫山 ) だ。

この中央火口丘 ・ 溶岩ドームの標高は、2046m。
しかしながら、この樹林帯に覆われた山に登山ルートは存在しない。



こんどは、そのとなりの湿地帯は
七ツ池のある湿原だ

広いようにみえて、実は酷狭な黒姫カルデラ



写真手前が
その池の一部なり




七ツ池の湿原から望む
溶岩ドーム ・ 御巣鷹山




その溶岩ドーム ・ 御巣鷹山の背後には
山頂を構えるカルデラ外輪山が聳え立つ




カルデラ内部を抜けると
あとは長い樹林帯のなかを
駆け下りて、




樹林帯を抜けたら



黒姫高原がみえてきた☆

滑走路にむけて着陸するように
ペースを揚げて下山すると




こんな光景に出くわした
だいぶ降りてきたけど
このヒトたちのために
観光リフトは動いていたんだねぇ。


さらにつづく。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.