アロー独走

Changing The Future , NOW♪

高水トレイルラン 自主トレ強化練習 第1回目 #1

2016.02.21

category : ・ 矢吹 The Sky High !

2016年 2月 21日 ( 日 )
CHANGE!The Future for TAKAMIZU 30km #13
矢吹 ♪SPEED 2016th  #6
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

2月21日 ( 日 )
青梅マラソン当日

昨年同様に
前回の青梅で自己ベスト叩いたその翌日の健診にて
肝機能に異状をきたした経緯があったんで
今回も回避。
このレースで、走ろう会からも
多数のランナーが出場しているので
こんかいオレは、応援にまわったのだ。

ただ、4月上旬に高水トレラン30kmをエントリーしているんで
いい加減、練習しないとマズいと思い
応援のまえに
その練習を行ったのだった。


俺 ・ 矢吹 ♪ Semi Sky Wing Cluising 24
The Trial Experimental Sky Traverse
for TAKAMIZU 30km

~ 第18回青梅高水山トレイルラン ・ 試走篇 ~

2016年 2月 21日 ( 日 )
青梅マラソンに出場する選手たちが
まだ寝静まっているであろう、早朝4時に起床し
早朝5:30に自宅を出発
まだ真っ暗な国道16号を走っていき
早朝7時、青梅鉄道公園の近隣駐車場にクルマをとめて
早朝7:20から、練習を開始する。


Chapter of Outward trip
青梅鉄道公園駐車場 ~ 岩茸石山頂上 12600m

青梅丘陵ハイキングコースを使用
経由地 : 常福院 ・ 高水山頂上経由

   1km  7’39”
   2km  7’06”
   3km  7’45”
   4km  8’00”
   5km  16’43”   47’15”
   6km  11’51”
   7km  9’27”
   8km  14’32”
   9km  7’10”
  10km  9’18”    1゜39’35” ( 52’20” )
  11km  24’20”
  12km  15’46”
  のこり    8’12”   2゜27’55” ( 48’20” )


こんかいの舞台は
奥多摩エリアではあるが、




前回の丹沢とはちがって
大岳山や雲取山等をもつ
この奥多摩エリアは、果てしなく広範囲だ!

こんかいの青梅丘陵をつかっての試走は
エリア的には、まさに氷山の一角。。。



AM7:20
まだレースが開始されていないこの時間から
高水山トレイルレース向けの試走が開始される




青梅丘陵の序盤は
このような舗装路を
いったん突き進んでいく




AM7:34
スタートして15分後の
青梅市街のあさの光景。。。

矢倉台から望む、青梅市河辺方面は
写真のように一目で河岸段丘であることが
この場所からでもはっきりとわかる。



AM7:38
最初に申し上げておくが・・・、
青梅丘陵は、眺望できるところが
はっきし言って乏しく
樹林帯のなかをひたすら駆抜けなければならない。



AM8:00
走り始めて30分、ようやくビューポイントの
東芝の森にたどりつく




東芝の森からみる
写真中央のやまは

武甲山だけど
ここから観る武甲山は
横向きなんだねぇ



ちなみに・・・、
こちらは去年の5月末の写真だが


秩父のまちからみる
武甲山 ( ← クリックしてね ☆ ) は、
乱掘前の標高   1336m
現在の標高     1304m
所在地        埼玉県 秩父市、秩父郡横瀬町
山系          秩父山地 ・ 奥秩父山塊
種類          隆起 ・ 石灰岩
こう見える。



AM8:04
さて話は戻すが
ここから先の目的地 ・ 岩茸石山 ( いわたけいしやま )までは
一切合切、眺望スポットは存在しない



トレイルレース向けのスピード練習としては
急激なアップダウンが多くはないので
比較的に一定ペースを刻みやすかった。




AM8:41
しばらく走り続けると
レース中間関門 ・ 榎峠にたどりつく




スタートしてからの制限時間が90分なんで
上記写真のタイムは、ギリギリであるといえそうだ

・・・っていっても
写真撮ってあそびながら走って
このタイムだから
まっ本番では、もっと早く通過するんじゃないかな。

本来、榎峠からは
地図にないバリエーション ・ ルートを辿るのだけど
青梅マラソンの応援時間もあるので
正規のハイキングコースを使用する。




AM8:54
榎峠からいったん一般道を通行し、



高水山方向へと
突進む




レース当日では通らない
この登山道をてくてく登っていき




AM9:00
砂防ダムのわきを通るのだけど



AM9:13
放射冷却しない
今日のような曇り空は
サウナ風呂のように、クソ暑い (>< )




AM9:26
何故に日の丸掲げられてるか
わからへんが




AM9:28
ようやく経由地 ・ 高水山常福院に
たどりつく




レース当日では
この写真の常福院で、高水山お守り「獅子鈴」を
ゲっトしなければいけないという
特殊ルールが存在するそうだ。

ちなみにここは
高水山の頂上ではないんだな。


常福院をあとにしてから、こんどは

その途中、
高水山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    759 m
所在地  東京都青梅市
山系    奥多摩
種類    山塊
の頂上を経由し、
すぐさきの岩茸石山の頂上をめざすのである


つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.