アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪ 丹沢表尾根をゆく  #4 The Final Tracks

2016.05.14

category : ・ 矢吹 The Sky Access

これで
最後 ☆♪



12:41
先ほど休憩した木ノ又小屋より
ふもとの大倉 ・ 秦野市街を一望

中央の谷を挟んで
右側が大倉尾根、左側が三ノ塔尾根



12:41
ふりかえると
S字を描くように
先ほど登頂果たした三ノ塔が
ご覧のようにそびえ立つ

ここから丹沢表尾根を縦走してきたんだなぁ。。。
としみじみ。



12:45
距離にして約1kmを切っただんかいで
塔ノ岳頂上は・・・、




12:46
もう目と鼻の先だ!♪



12:47
最後の急登場面を
どうにかクリアして

ついに・・・、




12:50
人生4度目
本日2カ所目の
塔ノ岳登頂を果たすのだぁ


それにしても・・・、
三ノ塔頂上から、たかだか5km弱の距離を
2時間40分も掛けるなんて
トレイルランナーとしては、遅すぎだ (><)

・・・まっ、一般登山者に抜かれまくりながら
あそびまくっちゃったかな、てへっ (^^)

というわけで、いつものように
PM12:50 ~ 14:20は

~ 塔ノ岳登頂頂上からの
長時間にわたるBird VIEW Timeをお送りしよう ~



お昼すぎで
たくさんの登山者で大賑わいの
丹沢 ・ 塔ノ岳山頂

写真は北側の尊仏山荘の山小屋方向だ



同じく
塔ノ岳頂上を南側にみた
大賑わいのようす




丹沢 ・ 塔ノ岳頂上は
いろんな方面へ分岐する
天空の交差点でもあるようだ




曇天とはいえ
付近の山々は
このようにある程度は一望できていた
写真は、神奈川県 ・ 丹沢山塊最高峰の

蛭ヶ岳(←クリックしてね☆)
標高    1672.7 m
よみ    ひるがたけ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊

である。
ここでも、先週登頂果たしたんだよなぁとしみじみ。。。
というか、いつもなら中間地点の塔ノ岳が
往路最終目的地になるのは
正直、なんかシックリこないし中途半端で
こころ半ばみたいな心境だけど、

景色はそれなりによかったし
それなりに充実感でいっぱいだった、一応は。



でも
富士山は残念ながら見えなかったけど




こんかいの目的ではある
丹沢 ・ 表尾根コースを思う存分
縦走できたから、いいではないか!?

と想いかえしながら
最終章 ・ 下山篇へと
移行してくのである



The Final Chapter of Sonic Landing
For Kanatyu Ohkura Bus Stop 7200m

塔ノ岳頂上 ~ 神奈中 大倉バス停
大倉尾根登山道を使用
14:20 ~ 16:00

   1km  17’48”
   2km  24’11”
   3km  16’38”
   4km  10’11”
   5km  11’51”   1゜20’40”
   6km  4’47”
   7km  6’26”
  のこり   0’54”    1゜32’48” ( 12’08” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 差引標高差           : 約1200m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間20分
 



14:20
この時間になると
ぼちぼちと下山するハイカーが
増え始める

写真は塔ノ岳山頂付近



14:42
途中の花立山荘付近にて
先ほど縦走した丹沢 ・ 表尾根コースをふりかえりながら
向かって左側が

大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) (←クリックしてね☆)
よみ   おおやま
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊


そして
写真中央右寄りのピークが
こんかい縦走するまえに登頂した
丹沢表尾根の

三ノ塔 (←クリックしてね☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊

だ。


15:12
だんだんとこんかいのトレイルは
終盤にさしかかり
写真に写る堀山の家を通過していき




15:20
駒止茶屋付近にて
感慨深く・・・、丹沢・表尾根コースを
静かに眺めだした。。。

先週の丹沢主脈コースとは異なり
眺望には思ったようなイメージではなかったものの
なかなかアトラクション満載で
そういう意味では本当に、楽しませてくれたコースだったな。。。



15:37
標高そのものも高尾山くらいにまで急降下して
秦野市街が目前に迫ってきたいき

そしてやがて
その20分後には




15:54
俺 ・ 矢吹 ♪
無事に下山完了!!

したのである



15:54
こんかいの山行は
コース的にかなりコンパクトに
纏めた割には・・・、

思った以上に
かなりの時間を費やしたような感じだった。
楽しかったのには、もちろん変わりはないが・・・。

とりあえずは
あとがきのまえに
今日のリザルトをここに記す


【2016年登山登頂リザルト】
新規登録         4件
1月16日 ( 土 ) 丹沢山 & 蛭ヶ岳
2月21日 ( 日 ) 高水山 & 岩茸石山
4月 9日 ( 土 ) 棒の嶺 & 岩茸石山
5月14日 ( 土 ) 三ノ塔 & 塔ノ岳
既存増量         4件
1月 1日 ( 金 ) 筑波山
3月 5日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
3月21日 ( 月 ) 高水山 & 岩茸石山
5月 5日 ( 木 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
軒先累計         8件


【 2016年 5月 14日(土) 練習内容 】
AM8:10 ~ 16:00
・ 17740m 丹沢 ・ 表尾根コース セミスカイ ランニング
   大倉側登山口 ~ 丹沢・表尾根コース ~ 大倉尾根コース下山 ~ 大倉側登山口
   表丹沢 ・ 反時計回りの周回型
   ※ ラップタイム等は、本文参照のこと

【 2016年 5月走行距離 】
日計 17.74km
累計 101.94km



【2016年 5月 14日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 万町交差点 ・ 直進 ~ 国道16号 ・ 八王子バイパス経由 ~ 橋本五差路経由 ~
国道129号直進 ・ 新昭和橋経由 ~ 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~
大倉山の家 ~ 震生湖駐車場 ~ 国道246号 ~ 金田陸橋 ・ 左折 ~
国道129号 ・ 新昭和橋経由 ~ 橋本五差路 ・ 直進 ~ 国道16号 ・ 八王子バイパス経由 ~
打越出口 ・ 左折 ~ 八王子市街 ~ 八王子 ・自宅


【 2016年 5月 14日 ( 土 )の運行距離 】

116.0km
全ルート ・ 一般道を使用



あとがき
あとがきとして感じたこと
楽しかったことよりも
体力面 ・ 走力面に劣等感を覚えてしまった
こんかいの山行は


前回の開放感あふれる丹沢主脈コースをつかって
丹沢最高峰 ・ 蛭ヶ岳行きトレイルをおこなったときに・・・、



当初は蛭ヶ岳トレイルとセットで縦走したかった
丹沢 ・ 表尾根コースをいち早く
次週に持ち越し、本日こなせたこと
この上ない充実感と達成感で満ちあふれている!

しかし・・・、

現実はオレのいまのトレイルとしての体力 ・ 走力ともに乏しい状態で
大倉スタート ・ ゴールで、表尾根コースと丹沢主脈線とをセットにするのは
結果的にムリだったように思えて仕方がない。

そういう意味では
いまのオレを基準にして
2週に分けて
丹沢主脈線と丹沢表尾根コースとを
分割してこなしたのは
大正解だったと思える。

まっ、今現在としてオレ自身
ロード ・ トレイルともに、レースやら試合やらで勝つことなどを
一切合切、視野には入れてない。
距離の短い観光トレイルのみを目的とした
今日の楽しみかたで体力 ・ 走力ともに
なんの問題もない。

しかしながら例えばアスリート視点で
キタタン ( ←クリックしてね♪ ) とか
道志村トレイル ( ← クリックしてね♪ ) 等を基準に考えた場合
いまのオレのパフォーマンスでは
大いなる問題に直面する。
これは距離の長い観光型トレイルも同様であるともいえそうだ。

2週続けて
2日間足した45kmの距離を
上記のレースでは一日でこなし
且つ12時間以上、レースでの拘束時間に強いられた状況下で
制限カット時間を気にしながら
時計と睨めっこしなければならない。

いまのオレには
トレイルレースで中堅距離ともいわれる50km ~ 80kmクラスは
到底できっこなく、走りっぱなしの長時間の拘束による
トレイル走は、オレ自身のライフスタイルをふくめても
たぶん不向きだろうし、
オレ自身が潰されると思う、絶対に。

それに・・・、
本格派トレイルアスリートを基準に考えてみても
たかだか2週連続こなした20km / 日 程度のメニューで
グロッキーになっちまった。。。

丹沢表尾根コースは
丹沢主脈線とはちがって
アトラクション ・ ムード満載で楽しめたけど
オレ自身の観光型トレイル自体にも
ハードさが増していく中で
普段のスタミナ造りに、より一層磨きをかけなければいけないことを
強く痛感した。

練習嫌いに成り下がったオレには
苦行を強いられるかもしれないが
精進していくしかないな。

冒険心を抱けつづけて
自分の知らない新天地に向けて
大自然ともっとたくさん戯れて酔いしれたければ
自分のカラダを強化して、スキルアップを図っていくしかない。

こんかいはそれを感じた
山行であった。

現状維持は
厳しいなぁ

矢吹 ♪ Attraction Romance 2016 #28
TANZAWA group of mountains Edition
                  Part.2

俺 ・ 矢吹 ♪ 丹沢表尾根をゆく 篇
                   

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.