アロー独走

Changing The Future , NOW♪

哀愁ただよう、風のエオリア ~ 赤城山頂カルデラ篇 ~ #1

2016.07.31

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial


風のエオリア
風のエオリアとは・・・、
1988年2月24日に発売された徳永英明氏の楽曲のひとつ
松下電器産業(現・パナソニック)製エアコン「Eolia」のCMソングで、
「エオリア」とはギリシア神話に登場する風の神のことである。
詩の内容のように
静寂かつ哀愁漂う、みどりのオアシス、

赤城山(←クリックしてね!)
標高     最高峰 ・ 黒檜山 1827.6 m
所在地   群馬県前橋市・桐生市
        渋川市・昭和村・沼田市
種類     複成火山(活火山ランク C)
        馬蹄形カルデラ ( ← クリックしてね♪ )
火山Gr    那須火山帯
に・・・、
オレはまた・・・、
2016年 7月 30日 ( 土 )
2016th Collapse Caldera Scientific Search  #18
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
            The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ )
再び出向いたのである。
ぜんかいの7月 4日(月)に
赤城山頂カルデラの全容解明の失敗を挽回すべく
赤城山頂カルデラ調査のリベンジのために・・・!!



結果的に、オレなりに自分の納得のいく
赤城山頂カルデラの全容解明はつかめたものの
どことなく哀愁漂う赤城山頂カルデラの魅惑に
オレと一緒に、浸ってただこう



俺・矢吹♪
7th Caldera Volcanic Scientific Search
Mt.Akagi Caldera Science Edition 
Part.2

愁ただよう、風のエオリア ~ 赤城山頂カルデラ篇 ~


まずは簡単に
あらすじ
しばらくご無沙汰していた観光トレイル
梅雨明けした今週、週末がまずまずの天候ということで
ひとまず赤城山頂カルデラの調査トレイルを予定し実行に移す

調査トレイル当日の深夜3時半に起床し
早朝5時に、八王子 ・ 自宅を出発
圏央道 ・ 関越道と乗り継いで
高速下りてから給油などで少々の時間が費やされたものの

どうにかして
8:20 ごろには
登山開始場所の、赤城山ビジターセンターに
到着するのである。




到着後、テキパキと準備を済ませて
8:30 には、
楽しみにしていた
赤城山頂カルデラの追跡トレイルを開始するのである。

※ 写真の山が、これから登頂果たす
   赤城山頂カルデラの中央火口丘、地蔵岳である



赤城カルデラ追跡調査 Chapter.1
赤城山ビジターセンター ~ 地蔵岳頂上 1790m

8:35 ~ 9:05
   1km  10’35”
  のこり   19’42”  30’17”   


8:36
走り始めてまずいったん湖畔沿いの道路を走り



8:41
道路沿いから登山道に進入する



8:46
高尾山っぽい登山道を行った先に



8:58
早速もう、森林限界



9:01
さらに、天空の石畳みを突き進み



9:06
走り始めてものの30分くらいで
俺 ・ 矢吹 ♪
赤城カルデラ ・ 地蔵岳 登頂達成!♪

2016年度 ・ 新規登録
   累計7件目! その1

を果たすのである、一応。
※ 写真はセルフタイマー使用で、自画撮り



9:06
登山口からわずか1km強の距離・・・・・って
なんか真面目にあっけない



というわけで、ではここから
9:05 ~ 10:20は

~ 地蔵岳頂上からのBird VIEW 定点観測 ~
地蔵岳登頂をせっかく果たすものの
あいにくの曇り
しばらくここにとどまって
ひとまず晴れを待って定点観測してみることに
果たして地蔵岳頂上から
赤城山頂カルデラの全容を眺めることができるのか!?

では、参ろう。


9:11
地蔵岳のネーミングの通り
お地蔵さんでいっぱい。。。

・・・っていうか
電波塔とお地蔵さんのコラボ、、、
アンバランズだぞ



9:11
地蔵岳頂上には
TBSと国土交通省の2社の電波塔が軒を連ねる




9:15
地蔵岳から赤城大沼を
眺めるも・・・、

梅雨明けしたばっかで、じめじめして湿気ムンムンなのか
雲が沸立ちやすい天候に・・・。



9:33
だけど、
こういうときのパターンは




9:57
太陽に掛かる雲がぬけて
青空を望ませれば、天気は回復するはずだ!




10:03
その甲斐があって
オレの予感は、みごとに的中していくのである・・・☆!




10:07
さぁ、いでよ!




10:11
オレさまの気持ちを
満たしてくれ給えぇ~



そして・・・、

10:16
赤城山頂カルデラ

黒檜山
よみ     くろびさん
標高     1828m
        赤城カルデラ最高峰
種類     カルデラ外輪山 ・ 古期成層火山
火山Gr    那須火山帯
          と、
大沼 ( 赤城山 ) ( ← クリックしてね♪ )
よみ         おおぬま、おの
所在地       群馬県前橋市
面積        0.88 km2
周囲長       約5km
最大水深     16.5m
水面の標高   1345m
成因 ・ 種類   カルデラ湖
成分        淡水
火山Gr      那須火山帯
いざ、見参!!!
するのである。



そんな俺 ・ 矢吹 ♪
地蔵岳頂上で
祝福の歓びの舞 ( !☆! )



つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.