アロー独走

Changing The Future , NOW♪

天空のDanger Zone  #1

2016.10.12

category : ・ 矢吹Caldera Volcanic Trial

デンジャーゾーン Danger Zone ( ← クリックしてね♪ )
この言葉の意味
・ 危険地帯
・ 危険区域

Danger Zoneとは・・・、
1986年5月16日、日本では同年12月6日に公開された
パラマウント映画 「 トップガン 」 のテーマソングだ!
アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた
トム ・ クルース氏主演の航空アクション映画の最高傑作のなかで使われた
ケニー ・ ロギンス氏が歌う映画の主題歌であるとともに
おもに現代を生きるアラフィフ世代から還暦世代にかけて
心臓と血管が興奮するナンバーである・・・、
こんかいのステージは・・・?

福澤 朗氏風に
これだぁ~っ!☆
          ↓
       ↓
       ↓

     裏磐梯からみた

矢吹 ♪ 郷土富士コレクション3 アンコール
会津富士 磐梯山
( ← クリックしてね♪ )
よみ            あいづふじ ・ ばんだいさん
別称           会津磐梯山
標高           1816.29m
所在地         福島県猪苗代町 ・ 磐梯町 ・ 北塩原村
山系           独立峰
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ ・ 活火山ランクB
              噴火警戒レベル1
火山Gr          那須火山帯
最新の噴火       1888年 7月 15日 
               水蒸気爆発 ・ 大規模山体崩壊後、超特大爆裂火口を形成
山体崩壊前の標高  約2000m超
だ!

ではなぜ
会津磐梯山を選んだのか


表磐梯 ・ 猪苗代側からみた
会津磐梯山の雄姿


会津磐梯山には
4年まえの2012年にも登頂を果たしてはいるが

1888年に大噴火して形成された
爆裂火口の真髄に迫れないまま、前回は終了したのがオレのなかでは
どうしても心残りで
2016年 10月 10日 ( 月 )、
Oriental Mount St Helens and Mt Aizu bandai #23
ブログ作成場所 ルートイン会津若松 レンタルパソコン
         The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B451/E

                  &
           八王子 ・ 自宅
         The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
ハセツネCUP 2日目と同日
再チャレンジを執り行ったのである。



では会津磐梯山の
なにがどう、

Danger Zone ( ← 別バージョン ・ クリックしてね♪)
なのか?

それは
自分にとって初挑戦である


爆裂火口壁を直登するという
不安から来ているものだった。




登山地図では、
火口壁ルートは点線ルートにつき
一般的に不明瞭ルートとされているが・・・、

観光協会等に問い合わせてはみたものの
納得いくご回答は得られなかったなかで
だけどどうしても立入ってみたいという欲求から
会津磐梯山の爆裂火口壁 ・ 危険ゾーンに突入する
こんかいのタイトルチューンは

題して


俺・矢吹♪
9th Caldera Volcanic Series

天空の Danger Zone ( ← クリックしてね♪ )                    
   ~ 会津富士 ・ 磐梯山篇 ~






こんかいの話は、まず一昨日の
2016年 10月 8日 ( 土 )に遡る

本来なら、この3連休の中日である9日(日)にて
会津磐梯山トレイルを決行する予定だったが、天候不良の見通しなので
当初の宿泊予定を失礼ながら一日削り、3連休初日は自宅待機。

そして前日である2016年 10月 9日 ( 日 )、
会津若松に向けての出発を迎えるのである。

それも、しかも、一般道で。

この日の日曜日は
移動だけに充てた日なので朝10時にて
のんびりと出発する。

その途中


15:36
国道4号線、矢板市街からみた
日光連山方面のようす

この日の朝9時現在の天気図の気圧配置、
南北に間隔の狭い等圧線が何本もある気圧配置だったのか
雨風が強く、お山の景色が写真のように望めない。。。


だけど次第に夕方にかけて
天候が少しづつ回復していき、


16:20 頃には
このように

高原山 ( ← クリックしてね ☆ )
よみ     たかはらやま
標高      最高峰 ・釈迦ヶ岳 1794.9m m
所在地    栃木県日光市 塩谷郡塩谷町
種類      成層火山 ・ 活火山ランクC
         馬蹄形カルデラ
最新噴火  約6500年前
火山Gr    那須火山帯
が、よくみえとるぞぇ



19:08
国道4号線を離れて
横道それて会津方向の国道を走る途中




19:15
なんと・・・、
季節はずれの花火。




20:55
八王子 ・ 自宅からの
長いながい一般道のみの運行仕業をおえて




20:55
8時間半もかけて
やっとこさルートイン会津若松へのチェックインを果たしたのであった。



【 2016年 10月 9日 ( 日 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 庄和インター交差点 ・ 左折 ~
国道4号線 ・ 新4号バイパス ~ 平出工業団地交差点 ・ 右折 ~ 国道4号 ~
三島交差点 ・ 左折 ~ 国道400号 ・ 会津東街道 → 上三依より、国道121号へ接続 ~
国道121号 ・ 日光街道 ~ 南若松交差点 ・ 右折 ~ 県道64号 ・ 会津若松裏磐梯線 ~
ルートイン会津若松 ・ 20:55到着


【 2016年 10月 9日 ( 日 )の運行距離 】

292.0km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ ルートイン会津若松



【 2016年 10月 9日 ( 日 ) 時間軸表記 】
6:00          起床
10:20         八王子 ・ 自宅を出発
13:00         国道16号 → 国道4号 ・ 新4号バイパスに接続
13:45 ~ 14:40 埼玉県内の国道沿いコンビニにて休憩
16:20         国道4号線、矢板市街にて高原山を眺める
20:55        ルートイン会津若松にチェックイン
深夜1時        就寝


そして今日・・・、
あさ6時に起床後、朝食を摂り
あさ7:40ごろにホテルを出発


6:04
ホテルからの会津若松市街を眺めるも・・・、
秋雨前線等の影響で
天候はイマイチ。。。
だけど天候回復傾向なので
磐梯山登山口へクルマを走らす。



こんかいの会津磐梯山の
登山計画書は、このとおり

前回は、中の湯跡という場所から磐梯山頂上へ直行したが
こんかいは中の湯跡より裏磐梯方向の火口原分岐まで下ったのち
爆裂火口壁を直登するコースを辿り、山頂方面をめざす



8:40
会津磐梯山のメジャールートの
八方台登山口は、クルマが停められないほどに
超満員・・・・・・!!




8:45
なんつっても停められないクルマたちは
写真のように路駐を余儀なくされていた・・・・・ (><)

オレは職業柄、路上駐車すんのが
大っ嫌いなんで
裏磐梯側の登山口にクルマを移動させる途中




8:50
八方台駐車場からすぐ下の
「 こがね平駐車場 」 をたまたま見つけ出し
そこへ停めたのち、会津磐梯山トレイルを開始するのである。




Chapter of Departure
こがね平駐車場 ~ 裏磐梯側 火口原分岐 4640m

八方台登山口 ・ 中の湯跡分岐経由
AM9:00 ~ AM9:47

   47’00” 
※ ラップタイムはデータ消去を冒してしまったため、記録なし
※ 累積高低差   179m
   内訳 こがね平駐車場   →   中の湯跡分岐点   179m ( 1121m → 1300m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間45分



9:08
こんかいは半予想通り、イレギュラーな展開により
前回の磐梯山トレイルスタート地点だった、
八方台登山口を経由地として通過するハメに・・・。




9:20
その12分後
本チャプターの最高地点 ・ 中の湯跡より
こんどは裏磐梯方向に急降下する

写真右側に三角形にそびえている山が
このあと登頂する会津磐梯山の山頂だ



9:40
裏磐梯側に下りながら
これから駆け上がる
爆裂火口壁をマジマジと・・・。

心境としては、期待と不安で胸いっぱいだった・・・、マジで



9:43
下山途中のカルデラ火口湖
銅沼 ( あかぬま ) より、爆裂火口壁を望む

銅沼 ( あかぬま ) というネーミング通り、銅のように赤く
キレイ・・・、だけど、こ汚い沼だったが
鏡にうつる爆裂火口壁を目の前に
きもちはもう・・・、不安的中だ。。。

といいながらも
楽しみでたのしみであったことには
言うまでもない


そして



9:47
いざ




9:51
Danger Zone へ突入じゃぁ~ ☆



つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.