アロー独走

Changing The Future , NOW♪

湖畔に浮かぶ丹沢山塊 ~ 丹沢最西端 篇 ~  #3   The Final Tracks

2016.11.14

category : ・ 矢吹 The Sky Access

これで
最後 ☆♪



12:23
さて次なるコーナーは
山中湖から

俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 23 
富士さぁ~ん?
( ← クリ・・・、り~ん♪ )
標高       東京スカイツリー × 6倍 = 3804m弱
所在地      静岡県 所有で
          山梨県 に 8000000$でリースしてるっていう噂?
          たぶん嘘八百だけど
山系       独立峰 かどうか、この写真からでは判別不能
種類       曇ってて
          ど~せ見えやしないんだから、
          何だっていいだろう!?そんなもん。
火山グループ 富士火山帯だっけ?
初登頂     自分で調べてくれ
登録区分    文化遺産
登録年     2013年ごろ。
・・・コレクションするのは
  今日はもうムリなんで



お次は、
お楽しみお助け企画♪

俺 ・ 矢吹 ♪
鉄砲木ノ頭 Mild Collection

へと参ろう・・・☆!



12:23
じつはこんかいのトレイルが終わってから
富士山コレクションではなく
特徴的な鉄砲木ノ頭コレクションをつくってみたかった!

写真は、山中湖交流プラザ きらら からの
鉄砲木ノ頭の雄姿



14:46
山中湖交流プラザ きらら 駐車場で
この時間まで仮眠をしたあと




15:00
こんどはクルマで
山中湖湖畔を一周しながら眺めてみることに

写真は、富士山ガーデンホテル周辺から観た
鉄砲木ノ頭の雄姿



15:24
山中湖北部
桂川取水口付近からみた
鉄砲木ノ頭




15:24
かなり離れた場所から
鉄砲木ノ頭をみると
湖畔に浮かんだように見える




15:27
こんどは鉄砲木ノ頭を左端において
湖畔に浮かぶ丹沢山塊最西部を撮影

写真にうつる尾根は、丹沢山塊のひとつである三国山陵だ


さらにこんどは
写真を右側、すなわち西側に
カメラアングルを合わせた写真こそが

              👇
            👇
            👇


15:27
写真中央の切れている部分が
正真正銘の丹沢山塊最西端
籠坂峠 ( ←クリックしてね♪ )
よみ    かごさかとうげ
標高    1104m
所在地  山梨県南都留郡山中湖村
       静岡県駿東郡小山町
である。
ちなみに写真中央の切れている籠坂峠を境に
向かって左側の尾根が丹沢山塊で
向かって右側が、富士山本体の裾野の部分である。



15:35
いっぽうの富士山は
時間によっては、このように時々見えたりしたが
すぐに曇ったりしてたんで、富士山コレクション組むのは、
今日はムリだろう




16:00
最後は
山中湖村役場側から、鉄砲木ノ頭を眺める。。。




16:09
夕陽に暮れていく
山中湖湖畔越しに、鉄砲木ノ頭は
静かに闇夜にむかって沈んでいくのであった・・・。。。



【2016年 11月 12日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 久保沢交差点 ・ 右折 ~ 国道413号 ~
三ヶ木交差点 ・ 左折 ~ 青山交差点 ・ 右折 ~ 国道413号 ・ 道志みち ~
平野交差点 ・ 左折 ~ 県道730号 パノラマ台 ~ 山中湖交流プラザきらら駐車場 ~
山中湖湖畔一周 ~ 平野交差点 ・ 右折 ~ 国道413号 ・ 道志みち ~ 青山交差点 ・ 左折 ~
三ケ木交差点 ・ 右折 ~ 国道413号 ・ 城山ダム通過 ~ 久保沢交差点 ・ 左折 ~ 八王子 ・ 自宅


【2016年 11月 12日 ( 土 )の運行距離】

152.9km
全ルート ・ 一般道使用

運行区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ 山中湖交流プラザきららの往復


あとがき
こんかいはオレ自身ほんとうに
丹沢山塊の知られざる世界を堪能できたと同時に
ますます丹沢山塊が好きになり、更なる興味を持ちだしてきた。

地元八王子の高尾山や陣馬山をふくめて
樹木や森林で眺望の少ない
山全体がボディーマウントされている奥多摩などの山々より
個性豊かな丹沢山塊に大いに魅了されたことだろう♪

年に6回も丹沢に訪れて
丹沢主脈 ・ 表丹沢 ・ 丹沢大山 ・ そして今回の西丹沢最西部と
異なる丹沢を見てまわってきた。

神奈川県の面積の1/6とはいえ奥多摩 ・ 奥秩父山塊より狭く
コンパクトにまとめられている丹沢山塊を、
オレはもっと更に知り尽くしてまいりたい。

なんか感想になってない感想のような気がするが
いままで八王子や横浜などの街中からしか眺めたことのない丹沢を
まさか山中湖湖畔から丹沢が見られたりするなんて夢にも思わなかった。

けど、山中湖の湖畔から見える丹沢って
オレたちの住んでいる街中からは
見ることのできない丹沢なんだよね。

そういえばオレの若い会社の上司が
こんなことを言ってたが
「 知らないこと、分からないことを知ろうとするほど 
  面白いものはない!♪ 」

好奇心のあるべき姿は
まさにこのことなのだと思う。

こういう気持ちを大事に
今後の人生を遺憾なく充実していきたい。




矢吹 ♪ Sky Romance 2016 #33
Art is an explosion Tanzawa midrib Edition
              &
Yabuki♪ Mt.Fuji Collections 46

2016th 紅葉香る 秋の丹沢シリーズ 続編
湖畔に浮かぶ 丹沢山塊 ・ 最西部篇
           完

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.