アロー独走

Changing The Future , NOW♪

Trans TAKAO Highway traverse ~ 八峰トレイル 2016 試走篇 ~  #1   

2016.11.27

category : ・ 矢吹 The Sky Access

EXPERIMENTAL  エクスプリメンタル
この言葉の意味
・ 【形】 実験の、実験用の、実験的な、試験的な
 から言うように、おもに実用商品化に向けられた
 量産先行前の実験機や試験機材、試作車など
 いわばプロトタイプ向けに使われることが多いことばであり
 こんかいについていえば、オレ自身にとって期間限定の
 中距離型トレイル ・ レーサー実用化向けを目指した
 言葉でもある。

そんななかオレは
今までの好き好んでやってきた観光型トレイルから
一時的に脱して
今回は・・・、

去る、2016年 11月 26日 ( 土 )・・・、
Trans TAKAO Highway traverse #26
矢吹 ♪SPEED 2016th  #21 The Trail
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


来月、地元 ・ 八王子で開催される
第2回 TOKYO八峰マウンテントレイル ( ← クリックしてね♪ )
参加 & 完走に向けて
オレ独自でこのレースに向けて
単身にて怒涛のテスト ・ ランを敢行したのであった!



      その舞台は
    もちろんこれ♪
       👇
       👇
       👇


こんかいの 「 八峰トレイル 」 の行動範囲は
ここ、地元 ・ 高尾山エリアだぁ・・・・!

こんかいのストーリーは
この地元 ・ 高尾山の山々が
大都会 ・ 東京から近いからとはいえ・・・、

地元 ・ 八王子在住のオレが驚愕するくらいに
高尾 ・ 陣馬はすげぇなぁって思った内容だ!


みどリのドレスに身を包み
深い樹林帯に囲まれて
ボディーマウントされたその山深いところは・・・、

一歩間違えたら、遭難リスクがバカ高く
「 人喰い山 」 と称されても仕方のないエリアを
縦横無尽に走り継いだ、
全行程34kmの世
読者のみんなも
是非ともご賞味して頂きたい!♪

では、いくぜ

題して

Trans TAKAO Highway traverse 
The Experimental Trail Edition
~ 八峰トレイル 2016 試走篇 ~


簡単にあらすじ
こんかいは、いつもとは大きく異なり
自家用車での移動ではないところに
大きな違和感を抱きながらの移動を強いられた感じだが、
たまにはこういう通常とはちがうというのもなんか新鮮♪

いつものようなクルマでの長時間移動からではないスタートであるだけに
いくぶん気楽な反面、電車での移動と手荷物管理の勝手が
いつもとは全然ちがうだけに、半ばどぎまぎ感は拭えない。

そんななか、早朝5時に起床し
あさ6:50に自宅を出発。
その後、高尾駅に着いたと同時に、
手荷物をコインロッカーに預けて・・・、

7:23
すべての準備が完了し
写真の高尾駅北口から
夕焼け小焼け方面のバスに乗込むのである




7:24
陣馬高原下ゆきの急行バスに乗込んで
夕焼け小焼けバス停に途中下車する筈が
終点までまちがって乗ってしまい・・・、

急行バスの終点 ・ 陣馬高原下から夕焼け小焼けバス停まで
アップ走をする羽目になるというミスを冒してしまう。。。

その数分後、どうにかこうにか
レース開始地点 ・ 夕焼け小焼けバス停に
無事に到着したオレは
予定より30分遅れて八峰トレイルの試走を
おっ始めるのである。


The 1st
Highway traverse Chapter

夕焼け小焼けの里 ☞ 陣馬山頂上 12400m
使用路線 : 奥高尾縦走路 ( 峰見通り ・ 吊尾根 ) 
   1km   6’56”
   2km  10’23” 
   3km   9’16”
   4km   9’23”
   5km  21’57”   57’56”
   6km  14’46”
   7km  19’10”
   8km  16’11”
   9km  12’17”
  10km  21’25”   2゜21’49” ( 1゜23’53” )
  11km  29’52”
  12km  30’54”
  13km  20’11”   3゜34’39” ・ 陣馬山頂上到達タイム
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   778.8m
   内訳 夕焼け小焼けの里   →   市道山分岐   522.0m ( 253m → 775m )
       市道山分岐        →   醍醐丸頂上    92.0m ( 775m → 867m )
       和田峠           →   陣馬山頂上   164.8m ( 690m → 854.8m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間00分
  



8:35
想定外のプチ ・ ハプニングに見舞われて
約30分遅れで、夕焼け小焼けの里より
スタート開始する




8:38
スタート開始3分後
早速、陣馬高原下との分岐に差しかかるが
ここはひとまず直進する




8:42
おとといの54年ぶりの初雪の影響からか
まだ高尾北部は積雪のこってそうだ・・・。




8:47
途中から
登山道方面の林道へと進入していく

ちなみに、夕焼け小焼けの里 ~ 陣馬山頂上ルートへは
オレにとって初めてだけあって
期待と不安とが入り混じった心境だ



8:58
カーブを描きながら
奥へ奥へと突き進んでいくが
一体全体、どんなステージが待ちかまえているのだろうか・・・!?




9:13
途中から林道から登山道へと変わっていき
スタートした夕焼け小焼けの里方向を
ふりかえる。。。




9:18
路線ステージは、「 峰見通り 」 へと変わってはいくなか
ここいらでは、まだまだ雪が残っていたようだ




9:19
地元 ・ 八王子市街へ向けると
こんな感じ。

写真のように標高が1000mを満たないこの光景は
まさにここが低山であることを物語る。



9:21
途中より陣馬山方面へ向かう看板がでてきてきたが、
その陣馬山までの道のりは、8.4km・・・と
途方に暮れるほどに果てしなく長い・・・ ( >< )

しかも景色が全然変わらないから
精神的苦痛を強いられながら
縦走しなければならないのは、ほんとうにツラかった。



9:52
「 峰見通り 」 という名を縦走中、
写真のように雪はバッチリ残ってた・・・!




9:54
市道山分岐点まで
写真のような残雪のところを一歩一歩慎重にいくのである




10:05
林道から登山道に進入して約1時間後
市道山分岐点に差しかかる

ここでの分岐点では直進せずに
写真ではわかりづらいが、左にそれて
こんどは八王子市最高峰 ・ 醍醐丸方面をめざして南下していくのである。



10:05
市道山分岐点の看板
どうやらここは、ハセツネカップの11.7km地点のようだ




10:21
醍醐丸に向けての
残雪地点・・・、

並行する林道の脇を登山道と足跡をたどりながら行くのではあるが
トレランシューズでは、脚がかじかんで冷たい。。。



10:36
いま走っているところは
「 吊尾根 」 もしくは 「 奥高尾縦走路 」 と呼ばれる登山道であるが、

写真のように、高尾 ・ 陣馬エリアの北側斜面での残雪が、ハンパない。



10:47
ようやくここで
八王子市最高峰の 「 醍醐丸 」 という
山名がでてきたぞ!




10:47
さぁ
オレが住んでいる街、
八王子市の最高峰どんな場所なのか・・・!??



つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.