アロー独走

Changing The Future , NOW♪

試練と訓練の山塊 ・ おくたま 2017th Take.1  #1

2017.01.23

category : ・ 走る、俺♪

矢吹 ☆ 競一郎の
引き継がれてく走りの創生

今年もまた2017年という年が明け

2016年度下半期に関する
オレのレース総決算

今春の、高水30kmトレイルに決定

そして本日 ・ 1月21日 ( 土 )から再び、


引継がれる走りの創生、始動する! ( ← クリックしてね♪ )

そしてオレは
40歳の誕生日を前にして
青梅丘陵へと
くりだしたのである!

そんな去る・・・、

2017年 1月 21日 ( 土 )
Challenge!The Future for TAKAMIZU 30km #1
矢吹 ♪SPEED 2017th  #1
ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )


緑のドレスに身をつつむ
首都 ・ 東京の山深い 「 奥多摩 」 という山塊・・・、
の、一部である代表的なコース




こんかいの高水トレイルの舞台
青梅丘陵 ( ← クリックしてね♪ )
よみ   おうめきゅうりょう
始点   青梅鉄道公園
終点   榎峠
距離   約8km
にて


トレイル ・ アスリートとしての
訓練と試練のための、自分みがきの
きつくて険しいトレーニングが
執り行われたのである!


題して

Trans OME Hill Highway traverse 
The Experimental Trail Edition
~ 高水トレイル 2017 試走篇 Take.1 ~



簡単にあらすじ
こんかいは自分の気持ちの中で
高水トレイルをエントリーしようか、気持ちてきに迷いがあったが
去年は親戚に不幸があり、
欠場を余儀なくされた
( ← クリックしてね♪ )
という経緯から、やはりリベンジしたい♪
という気持ちがひしひしと湧きあがり、エントリーするに至ったのである。

だが・・・、
練習日前日の金曜日、雪予報が出されていて
山間部の空がドンヨリしているなか
場合によっては練習中止を視野に入れなきゃいけない状況下で
イチかバチか練習を決行するに至ったのである。

結果的には、とくに目立った積雪はなく
めでたく予定通りに有意義に
トレイル自主強化練習はサクセスしたのであった!

では早速ではあるが
その自主強化練習の模様を
お送りして行こう♪!



Chapter of Outward trip
風の子太陽の子ひろば ~ 岩茸石山頂上 12700m

青梅丘陵ハイキングコースを使用で、KFC設定によるコース
経由地 : 常福院 ・ 高水山頂上経由
9:30 ~ 11:55

   1km    7’11”
   2km    6’15”
   3km    9’26”
   4km    7’19”
   5km   13’04”   43’17”
   6km   10’14”
   7km    9’48”
   8km   11’30”
   9km   16’13”
  10km   13’14”   1゜44’18” ( 1゜01’01” )
  11km   18’27”
  12km   12’50”   2゜15’36” (   31’18” )   
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間55分



9:31
高水30kmトレイルの会場は
この、風の子太陽の子広場から。

クルマを青梅鉄道公園ちかくに停めて
そこまで軽いウオームアップしてから
試走が開始される



9:33
そんでもって
この写真の場所から試走開始だ

レースのスタート地点も
この場所からである。



2016年 3月21日 ( 月 )の画像
試走開始からまもなく
青梅丘陵との合流に向けての急階段現れ、




9:44
階段を登りきると
こんどは青梅丘陵の本線にぶち当たる

写真の林道が支線で、
写真の突当りが青梅丘陵の本線にあたる

青梅丘陵の本線上に
ぶち当たってまもなく・・・、




9:46
ちょっと分かりづらいかな・・・?
「 枝間の富士 」 から
富士山のあたまの部分の雪化粧が
そっと覗かせる。。。

ちなみに・・・、
この青梅丘陵から見える富士山はここだけ・・・・、だと思われる。



9:51
青梅丘陵 ・ 本線を走って20分後の
ビューポイントは、これ♪
写真の方向は、青梅市河辺方面で

河岸段丘 ( ←クリックしてね♪ )
であることが、この一枚からよくお分かりであろう



10:10
そんなこの日の青梅丘陵は
シニア ・ ハイカーたちでいっぱいだった♪



これは、この日に撮った
夕方の写真だけど


青梅街道からみた
青梅丘陵はこんな感じ。

標高にして300m ~ 400m台の丘陵状の尾根が
青梅鉄道公園くらいから
このようにつづいてく。



10:17
やがて東芝の森にたどりつき、



10:17
東芝の森から
秩父の山々、武甲山方向を眺めてまもなく、




10:18
また再び
スピード練習てき試走に
赴くのである




10:20
その途中、
首都圏方向へ目を向けると
関東平野の地平線に遠くそびえ立つ

筑波山 (←クリックしてね!☆)
よみ   つくばさん
標高   877 m
所在地  茨城県つくば市
山系   八溝山地
種類   堅牢残丘 (←クリックしてね!♪)
備考   日本百名山で、いちばん低い山。  
が、肉眼でもくっきりと
見えとるでぇ




青梅鉄道公園付近からスタートして
6km進んだころ、




10:26
緩やかなカーブを
振り子列車 ( ←クリックしてね♪ )のように
青梅丘陵をガンガン攻めゆく俺 ・ 矢吹 ♪




10:27
その途中、こんどは
さっきの関東平野とは逆方向の
御岳方面を眺めだす

普段は樹木に覆われて、眺望は効かないはずだが
古い木々の伐採作業が進められているのか
この日については、眺望がバツグンにいい☆
・・・しかしながら、御岳方面は積雪がありそうだの~。



10:29
青梅丘陵の終点、岩茸石山方面の通過点
榎峠をめざしながら、ジグザグなアップダウンを
くり返しながら行くのだが

こういう下りは
自分てきには、超苦手なんだよなぁ。。。




10:30
さらにその途中
左側へ目をやると
青梅市友田方面が、枝間のあいだから良くみえる♪




10:33
青梅丘陵の中間地点
青梅線 ・ 二俣尾駅方面へのエスケープ ・ ルートが
みえてきたのだが、

ちなみにこの青梅丘陵は
青梅線や青梅街道と平行にコースが走っており、




10:33
オレが住んでいる八王子の山々
高尾 ・ 陣馬とは大きく異なり
多数のエスケープルートが存在する青梅丘陵は
いわば日本一安全な登山コースと言えそうかも。



やがてオレ自身の行程も
青梅丘陵の終点 ・ 榎峠ちかくの雷電山頂上付近にて


10:46
この写真は、青梅市成木方向の採石工場を
コース上から望んだ様子

写真のように
奥多摩 ・ 秩父 ・ 奥秩父山塊の山々は
このような石灰岩等の採石場が数多く点在しており
石灰岩採掘場・・・があるってことは
もともとはこの山々が海底だったということを
物語っているのだろうか・・・?

樹木に囲まれたこの山々にも
数多くの知られざるロマンが隠されているんだねぇ。。。

つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.