アロー独走

Changing The Future , NOW♪

試練と訓練の山塊 ・ おくたま 2017th Take.1  #3

2017.01.23

category : ・ 走る、俺♪

さらに
つづき ♪


では、ここでいつものように
11:55 ~ 12:25は

~ 岩茸石山頂上からの
  30分ほどのBird VIEW Time ~


11:58
それではここからは
街と都会に隣接した
奥多摩の玄関口たる山塊
青梅市側の奥多摩の魅力を
思う存分に、ご賞味していただこう♪




11:58
つい先日、初めて登頂を果たした
伊豆大島 ・ 三原山とはちがう、東京都の山塊、




11:59
写真中央の富士山みたいな台形状の山で・・・、
奥多摩ファンにとって超有名!
一度は絶対に足を運んでみたい
あの名優 ・ ヤツの名は、そう・・・

棒の嶺 ( ← クリックしてね♪ )
よみ     ぼうのれい
別名    棒ノ折山
標高    969 m
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
       埼玉県飯能市
山系    奥多摩、奥武蔵
種類    山塊
さまだぁ ♪
写真に映る棒の嶺は、昨年4月に登頂を果たしてはいるが
山頂部分は開放的で広い反面、
北側の秩父方面の山々しか望めず
意外に期待外れだったような記憶がある。

ちなみに、この今いる岩茸石山頂上から
東京都の最高峰 ・ 雲取山を経て
奥秩父山塊を伝って金峰山 ・ 清里方面を縦走しようとする場合、
この写真に映る棒の嶺頂上必ずを経由し、長沢背陵を通過しなければならない。

余談だが
オレの登山の知り合いで
清里から金峰山や瑞牆山、甲武信ヶ岳を経て
さらに雲取山 ・ 長沢背陵 ・ 棒の嶺 ・ 青梅丘陵を経由して
自宅を構える青梅市内まで一週間かけて縦走した強者がいるんだな
マジで!

・・・オレには到底
   マネ出来っこねぇ。。。


そして今度は
棒の嶺の左どなりの
スタイリッシュなお山は・・・?


12:00
川苔山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ       かわのりやま
標高       1363.3m
所在地     東京都西多摩郡奥多摩町
山系       奥多摩
種類       山塊
だ!
どうだ、かっこいいだろ?
オレ自身、この写真にうつる川苔山へ足を運んだことはなく
かつ、いつかは必ず都民のひとりとして
登頂してみたい山のひとつだが、
奥多摩玄関口の山塊としては、結構に奥まったところに存在し
標高そのものは1300m台と高くはないものの
アクセスがよろしくないそうで、そうそう簡単に行ける所ではないほどに
奥多摩って山が深いんだなぁ・・・、っていうのが
この写真からでも伺えそうだ。。。

そんでもって
2017年1月21日時点では
「 積雪 20cm 登山道はガチガチに凍結、
 アイゼン必携!」

・・・だ、そうだ。


さらに視線を
南側へと移してみると・・・、


12:01
岩茸石山 ・ 通算登頂5回目にして
大岳山(←クリックしてね♪)
よみ     おおたけさん
標高     1266.5 m
所在地   東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
が奥多摩山塊のなかで
最も特徴的な表情で、そびえ立つ!

オレが住んでいる八王子や、
または職場を構える青梅市街からでも、キューピーちゃんのように
わかり易い格好でそびえ立つ 「 キューピー山 」 こと
大岳山からの眺望は、富士山が開放的にみえることでも有名だ!


そんでもって
2017年1月21日時点では
「 積雪 10cm 
 鋸尾根で60cm積もっている箇所も見られる」

・・・だ、そうである。

・・・まぁ、、、要は
東京都の山々でも積雪具合については
相当な覚悟が必要であるとともに
アイゼン不必要なエリアは、青梅丘陵 ・ 岩茸石山エリアに限定・・・、
と考えておいたほうが良さそうだ、さくらの咲き誇る春先までは。

もちろんこの日
オレは小さなトレランザックに
6本爪アイゼンを一応携行したのだが
幸い使用に至らなかったものの
こんかいの山行で、厳冬期ならではの醍醐味を体感している次第ではある、一応は。


さて、薄くうっすらと積もる
岩茸石山の頂上にて


12:05
青梅市街を始めとする
関東平野を一望してみると

その視線の先に
先ほど経由した



12:06
東京スカイツリー方面を望む
写真正面の

高水山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ    たかみずさん
標高    759 m
所在地  東京都青梅市
山系    奥多摩
種類    山塊
を望む。

ちなみに写真に映る高水山は
今いる岩茸石山と、
写真には納めなかった惣岳山 ( そうがくさん )を総称して
「 高水三山 」 として呼ばれている

今居る岩茸石山頂上のハイカーたちの
一般的な高水三山ルートは
青梅線 ・ 軍畑駅 ( いくさばたえき )からスタートし
逆時計回りで、高水山 ~ 岩茸石山 ~ 惣岳山 ~ 青梅線御岳駅と伝う
コースを取るのだそうである。

という訳で
奥多摩の玄関口の山塊
岩茸石山からの眺望は、いかがだったかな♪?

標高800mも満たない低山ハイクではあるものの
都会と本格的山塊に挟まれた岩茸石山の眺望を
まだまだ浸っていたいのはやまやまだけど
そろそろ下山しなくっちゃ、と思い、



12:22
食事をはさんだ30分という短いひとときだったが
この景色を最後に
クルマの居る、太陽と風の子広場へと
引き返すのである。



The Final Chapter of Transfer Operation
岩茸石山頂上 ~ 風の子太陽の子ひろば
14000m

青梅丘陵ハイキングコースを使用で、KFC設定によるコース
12:25~ 15:00
※ 高水山頂上は経由しない

   1km   10’53”
   2km   10’51”
   3km    9’22”
   4km   10’37”
   5km    6’32”   47’57”
   6km   15’04”
   7km    7’19”
   8km    8’12”
   9km   13’09”
  10km   11’18”   1゜43’02” ( 55’02” )
  11km    9’05”
  12km    6’31”
  13km    6’15”
  14km    8’13”   2゜13’08” ( 30’06” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間05分
   


12:26
岩茸石山頂上から
戻り便回送仕業からまもなく
急斜面を駆け下りていき、




12:32
高水山頂上方面と
巻き道との分岐に差しかかり
左方向を行き、巻き道を突っ走る




12:34
いくぶん積雪ある巻き道を
突っ走り、




12:36
高水山常福院の
裏側より境内へと進入する




12:36
境内のなかを
高速通過したのち、




12:38
KFC設定の
登山地図に載っていない
高水トレイル公式コースである
バリエーションルートへと進入していく、俺 ・ 矢吹 ♪




12:42
整備されたような感じの
登山道をオレてきに苦手意識を持ちながらも
疾風如いスピードでかっ飛ばし、




12:51
臨時非常用ヘリポートのある
なちゃぎり林道を走り継いでさらに、




12:58
本格派下山道へと
接続してく。




12:59
さらに
こんなようなとこを駆け下りていき、




13:03
一瞬間違えて直進しそうなとこを
気を付けながら写真の路地を右折後
やがて・・・、




13:06
難なくバリエーションルートは終了し
白岩地区の民家のそばを突っ走り
都道を経由し、青梅丘陵へとつながっていくのである


どんどんと
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.