アロー独走

Changing The Future , NOW♪

高井富士、マジでミラクル、おっかねぇ ( ☆ ・ ☆ )  #1

2017.05.08

category : ・ アタック 郷土富士!

バーチカル Vertical
この言葉の意味
① 垂直なさま。直立したさま。
② 垂直な面や線。垂直な位置。

     
     ↓
     ↓

バーチカル ・ トレイル Vertical Trail
この言葉が用いられる場面
「 山の切り立った正面の垂直移動 」 ということから
ここで端的にいうバーチカル ・ トレイルとは・・・、
・ 走行距離5km前後
・ 高低差ジャスト1000m
の、標高差1000m一気登りをする競技をいう

最近オレ自身が覚えたことで
トレイルの競技は大きく分けて2つに区分けされる

・ ひとつは、ハセツネやキタタン、
 トランス ジャパン アルプスレースといった
 マラソンタイプのトレイル競技
・ こんかい紹介するのが、前者のマラソンタイプとは大きく異なる
 「 バーチカル ・ トレイル 」 だ!

かつてオレが11年前まで打ち込みまくっていた
富士登山競争 ( ← クリックしてね♪ )
ジャンルでいえば完全なバーチカル競技だ
ただ、公式バーチカル・トレイルとは違って
走行距離が20kmで、累積高低差が3003mと尋常でないのは言うまでもないが。


それはともかく
平成29年 ゴールデンウイーク真っ只中
オレにとって2日目の

去る、2017年 5月 4日 ( 木 ・ 祝日 )
矢吹♪ The FASTECH For Vertical Expreimental #6
ブログ作成場所  長野県上田市
            ルートインGrand上田駅前 レンタルパソコン
             The Making system by acer TravelMate P455

                  
            東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
この日オレは、
今シーズン2戦目、半月後に出場予定

たかやしろトレラン ・ バーチカル部門 ( ←クリックしてね♪ )
の、試走に赴く!



           こんかいのバーチカル向け
        走行試験の現場は
            こちら
             👇
             👇
             👇


俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 25   
高井富士 ・ 高社山
( ← クリックしてね♪ )
よみ        こうしゃさん、たかやしろやま
標高        1351.5m
所在地      長野県中野市・
           下高井郡山ノ内町・
           同郡木島平村
種類        成層火山 ・ 複成火山
火山番号     E28
最新活動年  30万 ~ 20万年前
火山グループ 富士火山帯
さぁ、一見おとなしそうに、
そして優しそうもにみえそうな高井富士・・・、

その風貌からでは
まったくもって想像できない
デンジャラス ・ マウンテンぶりを発揮する
高井富士のやんちゃぶりを
読者諸君、ぜひともご賞味いただきたい♪


題して

俺・矢吹♪ 2017th
アタック ザ 郷土富士
      &
Vertical Expreimental Flight ✈
怒涛の急斜面トレイル
 
~ 高井富士、マジでミラクル、おっかねぇ 篇 ~
なのだ。


まずは
まえがき

前日の上田バーチカルの疲れが抜けきれていないなか
ムクムクと7:30に起きあがり、準備を済ませて
あさ9時に宿泊地 ・ ルートイングランド上田駅前を出発する。

登山口のスキー場、スポーツハイム ・ アルプまで
片道約80km離れたところまで、2時間ほどかけて運転しなければならない
上田市の隣町、中野市だっちゅうのに
どんだけ広いんだ、長野県!


その途中
かつて登頂した有名どころの山々たちに
お会いする


9:43
一つ目は、こちら
四阿山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ        あずまややま
標高        2,354m
所在地      長野県上田市、須坂市
           群馬県嬬恋村
種類        成層火山 ・ 溶岩ドーム ・ カルデラ
火山グループ  那須火山帯
火山番号     E23
最新噴火    約90万年前 ~ 30万年前
          ※ 約30万年前にプリニー式噴火 ( → ☆ )発生
四阿山は、カルデラ外輪山上に
標高2354mの最高峰を持つ、カルデラだ

標高は2354mで、東北地方最高峰 ・ 燧ヶ岳2356mと、ほとんど変わらないが
んがしかし、30万年前に起こった大噴火により形成された
周囲長約20kmを誇る、広大なカルデラを隠し持つ!
この写真の風貌からでも、それが想像できそうだ ( ?・?)

いつかは、四阿山カルデラ周囲一周をこなしてみたい☆
なんて密かに夢見る、俺 ・ 矢吹 ♪
なのである。




10:22
そしてお次は
志賀高原近郊にそびえたち、
かつてオレが登頂を果たした2つの峰であり、

富士火山帯の北限
郷土富士の、スーパー ・ ツートップ ・ コンビ




10:22
新潟県代表、頸城山塊所属の
漢字の「山」という文字に似ている
郷土富士コレクション No.1 Encore
越後富士・妙高山
(←クリックしてね☆)
よみ         えちごふじ ・ みょうこうさん
標高         2454m
所在地       新潟県妙高市
山系         頸城山塊
種類         馬蹄形爆発カルデラ ・ 成層火山 ・ 活火山ランクC
火山番号      E48
火山グループ   富士火山帯
最新噴火      1600 ~ 1300年前の間

と、


10:23
長野県代表、妙高火山群所属の
カルデラ外輪山上の最高峰と
内部に神秘的小型カルデラと、溶岩ドームを隠し持つ

郷土富士コレクション No.2 Encore
信濃富士・黒姫山
(←クリックしてね☆)
よみ       しなのふじ ・ くろひめやま
標高       2053m
所在地      長野県上水内郡信濃町
山系       妙高火山群 ・ 西頸城山地
種類       成層火山 ・ 爆発カルデラ ・ 溶岩ドーム
火山グループ  富士火山帯
火山番号    E47
最新噴火    約25万 ~ 5万年前
主な活動期  中期更新世 ~ 後期更新世
これらの2つの山々については・・・、
読者各位
ここをクリックして
てきとうに空想してくれ給えぇ~




10:24
さらに郷土富士ツートップ ・ マウンテンの
左隣にそびえたつのは

飯縄山 ( ← クリックしてね♪ )
よみ        いいづなやま
標高       1917m
所在地      長野県長野市
           上水内郡飯綱町・信濃町
山系        妙高火山群
種類        二重式成層火山 ・ 溶岩ドーム
火山グループ  富士火山帯
火山番号     E46
主な活動期    中期更新世
最新噴火    約34万 ~ 15万年前
たちの雪化粧した
山々のお出迎えを受けて・・・、




10:34
さぁ、見えてきたぞ!!



10:55
トレイル用の食料を買い込んだ
7-11から観る・・・、

高井富士 ・ 高社山 ( ← クリックしてね♪ )
の、雄姿
7-11のおねえさん曰く
「 つい2週間前まで、雪化粧していたよ☆彡 」
だそうだ。
・・・、つぅことは、バーチカル練なのに
アイゼン必携かぁ?


11:08
だんだんと登山口のゲレンデに近づくが
見たところ・・・、
残雪がこびりついているんで
アイゼン持参を一応、決意する。




11:55
そしてやがて・・・、
来島平スキー場内

スポーツハイム ・ アルプ に到着し
恐怖のバーチカル ・ フライトを敢行・・・するのである ( >< )



Chapter of Departure
Vertical Expreimental Flight ✈
For Takayasiro top
アルプ駐車場 ~高社山頂上 4300m

来島平スキー場使用
12:00 ~ 13:45

   1km   10’54”
   2km   14’09”
   3km   20’13”
   4km   47’39”
  のこり    7’55”   1゜40’51”
累積高低差  864m
  内訳 アルプ駐車場  →  高社山頂上   864.0m ( 487m → 1361m )


今日の試走における
バーチカル ・ フライト ・ スケジュールは
以下の通り
      👇
      👇
      👇


当初は、アルプ駐車場を起点に
高社山頂上往復するフライト ・ スケジュールを考えたが

実際には、思った以上のハードさに見舞われて
この通りにはいかなかった。
※ 詳細は、記事本文参照のこと

そして
不安とワクワクが
混同するなか



12:02
俺 ・ 矢吹 ♪

高井富士の山頂めがけて
Take off ✈

( ↑ Lufthansa Cargo MD11F Edition クリックしてね♪ )
だぁ~っ👊



12:06
まずは
ゲレンデ滑走から開始され、




12:11
やがて序盤の
来島平メインのスキー場を突っ切って、




12:19
本格派 ・ 急斜度へと
禁断ルートへと突入していく・・・。




12:22
「 ここでいいのか? 」 と
試行錯誤し、




12:30
高度が急激に上昇していきながら



12:35
「 落石 滑落 入山禁止 」 の看板を
強行突破し、禁断の急斜面を
攻め揚げる👊




12:41
情け容赦なく降りそそぐように
襲いかかる
最大斜度40度の、泣き入る急斜面・・・、




12:41
これにエントリーしたことと
いまここに居ることを
今ごろになって猛烈に後悔しだす、俺 ・ 矢吹 ♪




12:49
未だかつて経験したことのない
急斜面を目の当たりにし
驚き立ち竦み、なかなか一歩が進みだせない。。。




12:53
そんな 「 たかやしろバーチカル 」 の急斜面
バーチカル ・ ソルジャーたちの期待を絶体に裏切らない
傾斜角度だった。。。



さぁ・・・、
この先の運命は
いかに・・・?
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.