アロー独走

Changing The Future , NOW♪

御坂山塊 ・ The Forest GranTurismo!  ~ 足和田山篇 ~  #1

2018.01.31

category : ・ 走る、俺♪

GranTurismo  グランツーリスモ
この言葉の意味
自動車のカテゴリの一つであり、略語は GT
本来、グランツーリスモの位置づけは
長距離ドライブに適う高いパフォーマンス及び高いラグジュアリー性を有する車種だったが、
現在はモータースポーツや、市販車スポーツカーレースの一種として使われている言葉

なのだが・・・、
こんかいの準観光型 「トレラン 」 ステージは
まさに富士山を取巻く山々の中で
もっともグランツーリスモ感を抱かせるに違いない・・・・、

そんなトレイルランニング ・ ステージにして
F1レーサーになったような気分にさせる
こんかいのステージは

去る、2018年 1月 21日 ( 日 )に 、
矢吹 ♪ 2018 Earth Conscious ZIPANGU   #4
’18th Wing Sky Access in Misaka mountains #43
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
御坂山塊の本体主峰群から離れて
西湖と河口湖湖畔沿い南岸に
そびえたっていて


オレがかつて中学時代、遠足で登頂したことがあり、
こんかい約30年ぶりに登頂を果たした、
             👇
             👇
             👇


河口湖北岸側からみた
あしわだやま
足和田山 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1355m
所在地   山梨県南都留郡鳴沢村
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
だっ!♪

足和田山の
おもな特色は・・・、

足和田山は、御坂山塊に属しておりながら
主峰から離れたところにあって
富士五湖の西湖と河口湖の南部に存在し、

① 富士山の北に位置し、西湖との間に東西に伸びる山の最高点。
富士山の展望がよいうえに、富士山を最短距離から望むことができる山のひとつ。
③ 別名 「 五湖台 」 とも呼ばれていて
   山頂には富士山はもちろん、御坂山塊の主峰天子山塊南アルプスなんかが、
  超丸見え♪

山頂は広くて、
  眼下には、青木ヶ原樹海が
  大海原のようにとてつもなく広く見える

  ・・・らしい。

そんでもって足和田山の
グランツーリスモを感じさせる
更なる主な特色は、

日本国内で行われている
トレイルランニングの国際規格のレースでお馴染み

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI
   UTMF ( ← Let's Click )
の舞台であり
なおかつ足和田山登山コース全線が
UTMFの大会コースで
あるのだぁ


そんなUTMFの
本コースの一部でもある足和田山の
GTクルーズな世界・・・、

運転士になったような気分で
オレと一緒に、オフロードな世界と、駆抜ける歓びを
ぜひともご体感して欲しい。。。

※ 断っておくが、オレはUTMFには参加しないんで  
  悪しからず。



てなわけで、そろそろ
本題へと行こう ♪
題して

Misaka & Tennshi Mountains stage Part.5
The Forest GranTurismo For - Racing
Mt ASHIWADA Edition
~富士山をとり巻く観光トレラン パート5 御坂山塊 ・ 足和田山 篇~

まずは
あらすじ

読者の皆さんもお気づきかもしれないが
オレの観光トレイルのサイクルは、
2週に一度の割合で行われているが、
月末は所用があり、
その翌週の来月最初の土曜は
人生初の胃カメラ検診に臨まなければならず
2週連続 ・ 前倒しで行われた、こんかいのトレイル・・・、

2週連続は
きついでぇ~。。。

初老の仲間入りを果たしてしまった
華の40代のカラダに
二十歳代 ・ 三十歳代のような若さはなく
かつての獣のような戦い志す闘争心が無いなかで
こんかいは久々にトレイルの強化練習的テイスト満載な
内容になってもうた。

まぁ・・・、景色 ・ 眺望を期待して山の中へ特攻するオレにとって
ある意味、見事にその期待を大いに裏切られた感のある足和田山トレイル。

こんかいは久々に
運転士気分を味わいながら
駆抜ける歓びを、味わって行こうかねぇ。
・・・まぁ適当に。


そんなことを想いながら
深夜2時半に起床し
明方4:45という・・・、
相変わらず我ながらアホみたいな時間に
八王子 ・ 自宅を出発する。

また今回も一般道のみの行程。

その途中
国道139号線沿いで
富士見型 ・ トラベル ・ スカイランニングの
デビューの地・・・、


6:38
みつとうげやま
三ツ峠山 ( ← クリックしてね♪ )
標高     1786m
所在地   山梨県都留市・
        南都留郡西桂町・富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ←クリックしてね♪ )
を眺めるも・・・
なんだか空がドンヨリしていて
快晴ではなさそう。




6:52
富士吉田市役所付近より
富士山を望むも、この時間は
富士山がまったく見えず・・・。

この時は、トレイルを決行しようか
帰って引き返そうか散々迷ったが
時間が経つにつれて富士山が見え始めてきたんで
諦めることなく、足和田山観光トレイルを決行したのであった。



7:48
やがて・・・、
こんかいのスタート地点 ・ 「道の駅なるさわ」に到着し
逆光する富士山を眺めながら
足和田山トレイルを開始するのであった。




Kick off
Chapter of Departure
The Forest GranTurismo Cruise
道の駅なるさわ ~ 道の駅かつやま 11000m

所属路線 : 国道139号線 ・ 東海自然歩道
  経由地 : 紅葉台 ・ 三湖台 ・ 足和田山頂上
8:10 ~ 14:00

   1km    5’57”
   2km    9’39”
   3km   14’12”
   4km   19’45”
   5km   35’07”   1゜24’42” 三湖台にて写真撮影
   6km   12’23”
   7km   13’28”
   8km   26’48”
   9km    9’56”
  10km   11’58”   2゜39’16” ( 1゜14’34” )
  11km   14’03”   2゜53’21’ ( 0゜14’03” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   360m
   内訳 道の駅なるさわ駐車場   →   足和田山頂上   360m ( 995m → 1355m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間45分



さて、こんかいの
観光トレイル ・ 運行指示書は
以下の通り


こんかいの
観光トレイル臨時便 ・ 路線便運行は
2箇所の「道の駅」とを結ぶ足和田山トレイルの内容は
なんか気分は・・・、運送屋気分だぁ。




8:13
道の駅なるさわ出発直後は
舗装されし国道139号線を伝って行かなければならない

底の薄いトレランシューズでアスファルト道を走るのは
足底への負担が大きくて、真面目なハナシ、嫌々で仕方がないが
ここを2kmくらい走って登山道へと入っていく。



8:23
「紅葉台」という看板が見えてきたら
素直に林道方向へ右折しよう♪




8:29
風情ある松の木を中を
進んでいきながら、




8:30
これから縦走する足和田山の尾根筋を眺めだすも、
なんか・・・、コースが相当ラクちんそうだぁ。。。

まぁ、トレランのレースコースが組めるくらいだから
登山としては、全くもって険しくなく
いわば、小学生低学年レベルとでも云えそうだ。



8:35
なんか・・・、
風情あふれる時代おくれな昭和チックな
「紅葉台」の看板。。。




8:37
うわぁ・・・、
こんな至近距離に・・・、
ジャンボクラスの御坂山塊群が
目のまえに・・・!??




8:38
まずは
足和田山最大の眺望スポット
三湖台をめざしていく。




8:39
傾斜ゆるゆるで
決して山とは言い難い斜面をひた走り、




8:45
ほぼ約30年ぶりくらいに
紅葉台にたどり着くころ




8:46
真後ろを振り返ると
樹海の大海原に浮かぶ
天子山塊・最高峰の毛無山が、
この時間はまだ雲隠れ。




8:50
クルマで来れる
標高1165mの紅葉台




8:56
そこを過ぎて
ちょっといくと
至近距離にジャンボクラスに観える
御坂山塊群を目の前にして




8:57
足和田山最大の眺望スポット
「三湖台」に到着するのであ~る♪



つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.