アロー独走

Changing The Future , NOW♪

房総のマッターホルン ・ 「 伊予ヶ岳 ! 」  #3

2018.02.24

category : ・ 矢吹 The Sky Access

さらに
つづき ♪



11:58
しっかし、まぁ
房総半島にも
こんなカッコいい山が、あるんだねぇ

・・・小っこいけど。



12:00
じつは、この千葉県 ・ 房総半島内で
唯一 、 「 岳 」 という名前の付く
山であるそうなんだけど、




12:13
整備され尽されたような
人工的な階段を登らされて、




12:15
ついに、
最終ステージ突入だぁ!♪




12:15
そこには・・・、
このオレ様に対して
ハッタリをブチかます看板が。。。




12:16
まぁ・・・・、
何つうか、ほかのサイト等では




12:20
低山ハイクではあるが
「 クサリ場危険!>< 」
・・・ とか何とかと、
恐れられているそうだが、




12:22
まぁ・・・、オレにとっては
「 だから何だ!? 」 くらいにしか感じなかった
カンタンな鎖場をクリアして


やがてオレは・・・、




12:24
俺 ・ 矢吹 ♪
2018年、新規登録 ・ 3-2件目
       &
軒先累計 ・ 第4-2件目
伊予ヶ岳登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。



12:39
それにしても
道の駅 「 富楽里 」 からスタートして
2時間強の長丁場に至ったのは
ちょっと想像外だったかな。



ではここで、
12:24 ~ 12:45は
この日2度目の

~ Bird VIEW Time 南房総 ・ 伊予ヶ岳篇 ~
へと、行ったるでぇ~♪

まず始めに紹介する
房総半島 ・ 北東部であり、


12:42
房総半島および房総丘陵 ・ 最高峰の
 あたごやま
愛宕山 (南房総市) ( ← クリックしてね♪)
標高      408.2m
         ※ 千葉県最高峰
所在地     千葉県南房総市
山系      房総丘陵 ( → ☆ ) ・ 嶺岡山地
種類      丘陵 ( → ☆ )
である。
主な特徴は、

① 山頂の高さは標高408.2m千葉県の最高峰であるが、
  各都道府県の最高峰の中では最も標高が低い
② 県内には他に「愛宕山」と称する山が9箇所も存在するため、
  別名 : 嶺岡愛宕山(みねおかあたごやま)とも称されている。
③ 山頂付近に航空自衛隊の防空レーダー施設(峯岡山分屯基地)が設置されていて、
  山頂脇にある三角点と愛宕神社はこの施設の構内にある。

  施設の敷地内へは無許可で立ち入ることができないが、
  事前に申請することで三角点まで行くことができる。

  施設への出入り口は嶺岡中央林道(嶺岡スカイライン)などを経由して自家用車で行くことができる。
④ 千葉県最高峰の山を制する為には・・・、
  ・ 47都道府県の最高峰の中でも最も低い愛宕山だが、場所が特殊である。
  ・ 航空自衛隊の基地内にあるため、勝手に登ることは許されない。
  ・ 事前予約も必要だが、登っている間は自衛官の方々からの案内同行が必須
  ・ ガイドさんのような解説してはくれず、質問したことに対しては問題ない範囲で答えてくれる。
   ただし、基地内の施設については撮影禁止とのことなので、お目付け役の意味合いが強いようである。
  ・ 最後の登頂証明書をもらうことができる。

なんだか、
47都道府県の最高峰の中で最も低いわりに
立入ることそのものが
大変そうな感じ。




12:42
愛宕山以降の
伊予ヶ岳頂上からの写真で
紹介する山々は、特にないが、




12:42
標高が300m台と
大変に低いが、




12:42
景色が相当に開放的で
吸い込まれそうな位に
標高が高く見えていて




12:42
オレの地元である
高尾山や陣馬山、景信山よりも
標高が極めて低いのが信じ難い
この光景・・・。




12:43
この一枚の写真でも
房総半島および房総丘陵が
太く、長く、バカでかくて、しかも山が深そうなのが
よく判りそうな光景であることが、理解できそうだ。。。


そんなことを想いながら
そろそろ伊予ヶ岳頂上を離れて


12:45
対岸に観える
とみさん
富山 ( 千葉県 )
( ← クリックしてね♪ )
標高      349m
所在地     千葉県南房総市
山系      房総丘陵 ( → ☆ )
頂上を経由して、
自家用車の待つ、道の駅 「 富楽里 」 へと
舞戻るのであった。。。



The Final Chapter of
AutoReverse Transfer Operation
For National highway station 「Furari 」

伊予ヶ岳頂上 ~ 道の駅 「 富楽里 」 9070m
経由地 : 富山頂上
12:45 ~ 15:22

   1km   29’55”
   2km    9’56”
   3km    7’17”
   4km   29’52”
   5km   23’07”   1゜40’08”
   6km   12’52”
   7km    4’36”
   8km    5’35”
   9km    5’05”
   のこり    0’19”   2゜08’37” ( 0゜28’29” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差 254m
   内訳 豊受神社付近   →   富山頂上     254m ( 96m → 350m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 所要時間、不詳




12:48
まず、伊予ヶ岳出発当初は
写真のような鎖場を伝って降りていき、




13:06
途中の分岐点を通過して
やがて・・・、




13:11
横切る県道を渡るとこまで
降りきると、対岸の富山が見えてきた☆



どんどんと
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.