アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 頸城山塊 ・ 最高峰を制す!  ~ 火打山 登頂篇 ~  #3

2018.07.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

とことん
つづき ♪


ではここで
頸城山塊の最高峰 ・ 火打山頂上から
繰り広げれらる


8:26
8:20 ~ 11:40の3時間20分に及ぶ
天空の絵画に酔いしれるコーナー


8:26
~ Bird VIEW Time 頸城山塊篇 ~
  火打山バージョン

をお贈りしていこう☝


まずは日本海側から
反時計回りで紹介する
第一発目は・・・、


8:30
 いといがわし
糸魚川市 ( → ☆ )
所属都道府県   新潟県
所属地方      中部地方 ・ 北陸地方 ・ 甲信越地方 ・ 信越地方
面積         746.24km2
総人口        42315人 ( 2018年4月1日現在 )
人口密度      56.7人/km2
市の木        ブナ
市の花        ササユリ
市の鳥        カワセミ
市の石        ヒスイ
を一望してから
こんどは・・・、



ただ今、賢者モードを一旦おとなしく保ち続ける
頸城山塊の現役活火山


8:30
にいがたやけやま
新潟焼山 ( → ☆ )
標高       2400.3m
所在地     新潟県糸魚川市 、 妙高市
山系        頚城山塊 ( → ☆ )
種類       成層火山 ・ 活火山ランクB ・ 噴火警戒レベル1 ・ 常時観測火山、溶岩ドーム
火山グループ 富士火山帯
         ※ 富士火山帯のほぼ北限
この山の特徴
気象庁が24時間体制で観測を行う全国47の常時観測火山の一つである
「 焼山 」 というネーミングが 「 駒ケ岳 」 と同様に全国に散らばっているため、
  「 新潟焼山 」 というネーミングで名づけられている
③ 妙高山と火打山ともに 「 頚城三山 」 とも呼ばれている
④ 山頂は 「 溶岩ドーム 」 で成立ち、3000年前に火山活動がスタートした若い火山である
⑤ 我が国におけるライチョウの分布北限
⑥ 近年の噴火史としては・・・、
  1962年 ・ 1963年 ・ 1974年 ・ 1983年 ・ 2016年と度重なる噴火を繰り返しているので
  入山の際は最新の情報と、細心の注意が必要である!
  さもないと1974年のケースみたいに、
  火山弾に直撃して死んじまうぞ・・・!?💀

という感じだ。
形相からして興味をそそるが、
ただいま火口半径1km圏内 ・ 立入禁止なんで
ヨロピクちゃん♪



次に紹介する
頸城山塊の山々は
これまた日本百名山に選ばれている山で


8:31
あまかざりやま
雨飾山 ( → ☆ )
標高       1963.2m
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     新潟県糸魚川市 、 長野県北安曇郡小谷村
山系        頚城山塊 ( → ☆ )
備考      日本百名山のひとつ
雨飾山の主な特徴
山頂は360度の展望があり、二等三角点が設置
② 長野県側からは小谷温泉から、新潟県側からは雨飾温泉から、それぞれ主要な登山道がある
  なお、小谷温泉からの登路は荒菅沢奥壁となる「布団菱」を眺めながら比較的楽に登頂できるが、
  雨飾温泉側からは急登が続く薬師尾根を登らねばならない
③ 山頂は「猫の耳」と呼ばれる双耳峰となっており、南峰には標柱と三角点が、北峰には石仏が並ぶ。
  北峰、南峰はそれほど離れておらず標高差もさしてない
火打山の頂上から雨飾山を眺めると
2000m級の山々に挟まれているようにあって
本当に眺望がいいのかと疑いたくなる感じ。

だけど行ってみたい気はするが
関東圏からだとアクセスが大変そうなり。



お次の山からは
北アルプス ・ 北部白馬エリアを
順々に紹介!

まずは・・・・、
「 雪 」 のつく山の最高峰


8:32
ゆきくらだけ
雪倉岳 ( → ☆ )
標高      2611m
         ※ 「 雪 」 の字の山の最高峰
         ※ 標高2600m台の北限

所在地     新潟県糸魚川市 、 富山県下新川郡朝日町
山系       飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
雪倉岳の主な特徴
「 雪 」 という漢字を用いる山名の最高峰
標高2600m台の北限
積雪期には雪の間のところどころに岩が顔をのぞかせ、
  その岩を地元猟師らが「倉」と呼んでいたこと
から、
  「雪倉岳」と命名される
④ 高山植物の宝庫で、白馬岳連山高山植物帯のひとつで
  静かな山歩きが楽しめるコースでもある
なんか・・・、
北アルプスのベテラン ・ クラスだけあって
いまのオレには、まだお呼びでない!?



お次は
北アルプス ・ 北部エリアの聖地


8:32
 しろうまだけ
白馬岳 ( → ☆ )
標高      2932.2m
         ※ 国内第26位
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     長野県北安曇郡白馬村 、 富山県黒部市 、 富山県下新川郡朝日町
山系       飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
種類      褶曲 ・ 隆起
白馬岳の主な特徴
① 南に続く後立山連峰の山々とともに、
  南北に伸びる稜線の両側の傾斜が著しく異なる
  非対称山稜が発達している特徴的な山容を持つ
山頂を含む南北700 mの地帯は県境が設定されていない
③ 東側の谷筋には冬季の膨大な積雪と周囲の山塊からの雪崩が集積した
  日本最大の雪渓である白馬大雪渓がある
④ 雪渓の上部は夏期には日本有数の高山植物のお花畑が広がる
雪渓、お花畑、岩場、山の温泉と様々に楽しめる要素があり、
  交通の便も比較的良いことから、夏季にはたくさんの登山者が訪れて混雑する
⑥ 山頂直下に位置する白馬山荘日本最大の収容人員を誇る山小屋である
夏期の登山者の大半は大雪渓を経由して登るため
  夏休みの時期には大雪渓上は長蛇の列となることが多い
雪渓上は数年ごとに落石事故によって死傷者が出ているので、注意が必要である
⑨ 「白馬」は「しろうま」の当て字であるから「はくば」と読むのは本来は誤りだが、
  地元で「白馬」を「はくば」と読むことは古くから行われている
⑩ 山の上部は森林限界のハイマツ帯でライチョウの生息地となっている
ここは、上記の紹介文のように
北アルプス ・ 北部の憧れの地だけ
あるんだねぇ。。。



お次は
白馬岳登山で必ず経由する
これまた憧れの地


8:32 
しろうまだいせっけい
白馬大雪渓 ( → ☆ )
全長      約3.5km
標高差     約600m
山系       飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
種類      雪渓 ( → ☆ )
白馬大雪渓の主な特徴
① 長野県北安曇郡白馬村にある雪渓で、日本三大雪渓のひとつ
全長3.5km、標高差600mある国内最大規模の雪渓
③ 登山口の猿倉から大雪渓までは白馬大雪渓遊歩道になっており
  約1時間半で到着するため大雪渓ケルンまでは手軽にハイキングが楽しめる
④ 大雪渓末端に白馬尻小屋があり、
  雪崩による倒壊を避けるため毎年営業終了後の秋に山小屋は解体され翌年の春に組み立てられる
大雪渓後半は傾斜がきつくなり、それより先は白馬岳への本格的な登山コースとなる
⑥ 雪上には歩行コースを示す赤い粉がまかれており、これにしたがって歩行する
2016年は、例年にない速さで雪渓の雪融けが進み所々にクレバス ( → ☆ )発生
  同年9月1日より雪渓内が一時通行止となった
ここも夏場は
多くのハイカーが訪れるベテラン ・ ルートのひとつで
真夏でも冬山装備必携エリアなんだねぇ。。。



次に紹介する山は
「 白馬三山 」 のひとつに数えられる


8:32
 しゃくしだけ
杓子岳 ( → ☆ )
標高      2812m
         ※ 国内第60位
所在地     長野県北安曇郡白馬村 、 富山県黒部市 、
山系       飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
杓子岳の主な特徴
① 白馬岳 ・ 鑓ヶ岳と併せて 「 白馬三山 」 と呼ばれている
② 後立山連峰の主稜線上にあり、登山道は西側の山腹を巻くトラバース道がメインとなっており
  その途中に頂上へと至る道に分岐する
斜面は概ねガレており、特に長野県側は大きく落ちている
④ 崖の下部には大きな杓子沢があり、積雪期には山スキーをするために訪れる者もいる
山頂周辺はコマクサの群落地
この山もまた
北アルプスのベテラン級だけあって
尾根筋がカミソリの刃みたいに鋭い・・・!
ひぇぇぇ~~~っ><



次に紹介する山もまた
北アルプスの尾根筋で
カミソリの刃のように鋭いことで有名な

・・・かどうかは知らんけど、

8:44
からまつだけ
唐松岳 ( → ☆ )
標高      2696m
         ※ 国内第92位
所在地     長野県北安曇郡白馬村 、 富山県黒部市 、
山系       飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
唐松岳の主な特徴
① 登山としては八方尾根からが最も容易である
② 麓には国内最大規模のスキー場、 「 八方尾根スキー場 」 がある
③ 登頂にあたっては八方アルペンライン(リフト)利用により標高1800m付近区まで上がることができ、
  山頂まで標高差800mの楽なアプローチで登山時間も短く、
  途中に難所もないため初級者に人気がある
  だが、もっとも楽なアプローチといえど高山であるので
  充分な装備のないまま安易に登ると事故の可能性はある
④ ほかのコースとしては、
  山頂を経由して南の五竜岳方面、白馬鑓ヶ岳方面の縦走路もあるが、
  いずれも岩場や鎖場が多く八方尾根よりは難易度が高い
⑤ 特に白馬鑓ヶ岳 ( → ☆ )に至る縦走路不帰嶮と呼ばれるキレットを通過する難コースである
⑥ さらには、唐松岳頂上山荘より西に向かって、
  祖母谷温泉を経て黒部峡谷鉄道の欅平駅まで標高差2000m以上の長大な登山道もあり
⑦ 7月中旬から8月上旬までは
  長野県内の中学生が授業の一環として行う「集団登山」で利用され、大変な賑わいを見せる
⑧ 途中の八方池付近などからは白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳の白馬三山が望めるなど眺めも良い
・・・そうなんだねぇ
ルートによっては、
シック ・ ウルトラプラスに勝てるかも ( ?・? )



お次に紹介する山は
日本三大キレット ・ 八峰キレットを持つ


8:44
ごりゅうだけ
五竜岳 ( → ☆ )
標高    2814m
       ※ 国内第57位
       ※ 日本百名山のひとつ
所在地   富山県黒部市
        長野県大町市
山系     飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
初登頂   三枝威之助1908年7月
五竜岳の主な特徴
① 旧字体による表記は「五龍嶽」
② 最寄りの駅はJR東日本大糸線神城駅で、
  中部山岳国立公園内にあり、後に紹介する鹿島槍ヶ岳と並んで、
  後立山連峰の主要峰の一つである
③ 両山は丁度吊橋の支柱の様に日本三大キレットの一つである八峰キレットを挟む形で鎮座している
④ 両山はそれぞれ逆側(鹿島槍ヶ岳は南側から、五竜岳は北側から)からは登りやすいが、
  両山を縦走するためには難所である八峰キレットを通過しなければならない
⑥ 山頂部は濃飛流紋岩型の溶結凝灰岩、山腹は黒雲母花崗岩からなり、
  山頂部は森林限界を越える高山帯で、多くの高山植物が自生している
山頂の岩場は360度の展望で、
  西に黒部川を挟んで対峙している立山連峰、南には鹿島槍ヶ岳を望むことができる
ここもまた
いまのオレの登山スキルでは
丸っきりお呼びではなさそうだぁ・・・><



この次紹介するのは
北アルプス ・ 北部部門のラスト


8:45
  かしまやりがたけ
鹿島槍ヶ岳 ( → ☆ )
標高     2889.08m
        ※ 国内第36位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    富山県黒部市 ・ 立山町
        長野県大町市
山系     飛騨山脈 ・ 後立山連峰 ( → ☆ )
種類     褶曲・隆起
鹿島槍ヶ岳の主な特徴
後立山連峰の盟主とされる鹿島槍ヶ岳は、
  山頂が標高2889mの南峰標高2842m北峰からなる双耳峰であり、
  吊尾根と呼ばれるなだらかな稜線で繋がっている
② 山頂部は森林限界を越える高山帯で、多くの高山植物が自生している
剱岳、立山と並び、日本では数少ない氷河の現存する山である
④ 山名の 「 鹿島 」平家の落武者が住んだと伝えられている麓の集落の地名であり、
  その鹿島は周辺の地域を襲った大地震や水害を避けるため鹿島明神を勧請したことに由来している
⑤ 地質的由来は、フォッサマグナ ( → ☆ ) に西縁に位置し、隆起により山脈が形成され、
  大部分の山体は角閃石黒雲母花崗岩からなる。
  また東面は日本海の北西から季節風により大量の積雪があり、
  氷河期の氷河により氷食作用で急峻な斜面が形成されている
⑥ 西面斜面は東面と比較するとならだかで非対称山稜となっている
⑦ 北峰から延びる天狗尾根の北側に万年雪あり
⑧ 天狗尾根の北側には「カクネ里」と呼ばれカール地形のU字形の谷部があり、遅くまで雪渓が残る
いまのオレの登山スキルで唯一
マイカー登山が可能そうな場所なりにけり♪



北アルプス部門の山々の紹介のつぎからは
頸城エリアの山々に移り
まずは・・・、


8:46
  とがくしふじ    ・  たかつまやま
戸隠富士 ・ 高妻山 ( → ☆ )
標高    2353m
       ※ 戸隠連峰最高峰
       ※ 日本百名山のひとつ
所在地   新潟県妙高市
        長野県長野市
山系     戸隠連峰 ( → ☆ )
種類    隆起
       ※ 270万年前 ~ 30万年前の海底火山からのマグマの貫入によるもの
戸隠富士 ・ 高妻山の主な特徴
① 戸隠連峰の最高峰で戸隠裏山の一峰
② 戸隠キャンプ場からのコースは、麓から山頂までは4時間以上かかる
③ また戸隠山 ( → )への縦走路も延びており、
  特に 「蟻の塔渡り」 ( → 要観覧注意! ) というステージは
  オレは行ったこともないし、挑戦する勇気さえないが
  真面目な話しオッカナイ・・・・・!(><)
「蟻の塔渡り」とは、
  山の形状が屏風形であるため切り立った崖状の縦走路であり、
  幅50cm前後しかない両側が断崖絶壁状の尾根筋をいう

戸隠キャンプ場から弥勒尾根新道使用でのピストンのみであれば
  上記のような恐怖体験をせずに快適登山を楽しめる
  その場合、当然のことながら、戸隠山方面へは絶対に立入ろうとはせず
  興味本位で深入りしないことを断固たる決意のもと自分自身に徹底する必要がある

ここはいつか
登頂しとこ~っと。
だけど 「蟻の塔渡り」 には
行くことはないかなぁ・・・。



途中・・・、

8:47
富士山と八ヶ岳連峰を
一望したあとは・・・、



つぎ紹介する山は
頸城エリアのマニアックそうな山のひとつ


8:47
いいづなやま
飯縄山 ( → ☆ )
標高       1917m
所在地      長野県長野市 、 長野県上水内郡飯縄町 、 長野県信濃町
山系        妙高火山群
種類       多重式成層火山
活動時期    約25万年前 ~ 約5万年前
火山グループ 富士火山帯
飯縄山の主な特徴
① 長野市中心部から北北西へ、直線距離で10キロメートル余りに位置する
  妙高火山群に含まれる成層火山である
② 現在から約25万年前に噴火を始めた二重式火山で、約5万年前までを最後に
  現在は休止している
③ 古くから山岳信仰の霊山である
④ 戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山とともに、北信五岳のひとつに数えられる
⑤ 飯縄山の名称は、「飯砂(いいずな、飯のように食用となる砂の意)」に由来する
・・・まぁ、
遠い関東圏からわざわざ出向いて
どれだけの方々が、好き好んで立入るのであろうか?



さて、こんど紹介する
天空の貴婦人さんは
かつてオレが気になって
火遊びがてら、実際にちょっかい出した、遊び相手のひとり


8:47
      Black Princess
ブラック ・ プリンセス ( → ☆ )
年齢       約250000歳くらい
          ※ 人間でいうと、たぶん250歳くらいの
            おばあちゃんってとこかな?
標高       2053m
邦名       信濃富士 ・ 黒姫山 ( 長野県 )
所在地      長野県上水内郡信濃町 、 長野県信濃町
山系        妙高火山群 ・ 西頸城山地
種類       多重式成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ ( 中央火口丘付き )
活動時期    約25万年前 ~ 約4万年前
火山グループ 富士火山帯
頸城エリアの貴婦人
ブラック ・ プリンセスさまの主な性格

① 南東方向より見た整った姿から郷土富士として信濃富士とも呼ばれている
② それと同時に・・・、
  なぜか彼女は馬蹄形カルデラ溶岩ドーム状の中央火口丘を隠しもっている
  ※ この画像を参照すると分かりやすいかも (→☆)
標高2000mに達しても登頂するまで毛深い樹林帯に覆われていて
  容易にこころを開かない
④ 黒姫高原スキー場から立入れはするが、こ奴は臆病な性格なのか
  登山道が分かりづらくて、親切心がまるでない。
⑤ 街中からだと越後富士 ・ 妙高山と寄り添うようにそびえ立つが
  登山中はほとんど妙高山を確認できなかった。
  こ奴は、妙高山とは不仲なのか???
ブラック ・ プリンセスの頂上ピーク
  なぜかカルデラ外輪山のとこに存在する
ブラック ・ プリンセスの頂上ピークから
  越後富士 ・ 妙高山がなぜか見えない
  それ以外の主などうでもいい山々は、一応・・・、一望できる。 
⑧ ブラック・プリンセスのおヘソである
  御巣鷹山 ( 小黒姫 ・ 標高2046m )へのルートは存在せず
  深い剛毛に覆われ尽くされている。
⑨ 遊んでみて感じたことは
  ミステリアスで容易に心を開かない
  性格腹黒いブスキャラお婆ちゃん

   っていうことにしておこう。。。


そして
今Bird View Time を飾る
頸城山塊の代表格は


8:49
 えちごふじ     ・  みょうこうさん
越後富士 ・ 妙高山 ( → ☆ )
標高       2454m
          ※ 日本百名山のひとつ
所在地      新潟県妙高市
山系        頚城山塊 ( → ☆ )
種類       多重式成層火山 ・ 馬蹄形爆発カルデラ ( 中央火口丘付き )
          溶岩円頂丘 ( → ☆ )
活動時期    約30万年前 ~ 2800年前
火山グループ 富士火山帯
越後富士 ・ 妙高山の主な特徴
北信五岳 ( → ☆ ) の最高峰
現在のカルデラが形成される前は、標高3000mほどの成層火山
  富士山のような単体ではなく、4つの独立した成層火山が積み重なっている多世代火山である
         ↓
  その後、度重なる噴火 ・ 山体崩壊を繰り返し、現在の地形に至る。
③ 馬蹄形をした爆発カルデラ外輪山と、中央火口丘となる最高峰の溶岩ドームから構成され、
  活火山のランクCに指定されている
④ 山頂である中央火口丘ルートには、クサリ場が存在
⑤ 眺望は360度で、周りのすべての山々が一望できる
⑥ 山頂からいま居る火打山コースへとも通じており
  独立峰ではない
かつて登頂したことある
越後富士 ・ 妙高山の裏側は
こうなっていたんだねぇ。。。



カルデラ外輪山に覆われた
越後富士 ・ 妙高山は


10:33
ここからの眺めは
破局噴火の状態を物語っている。。。


ではここで
参考資料映像を
ご覧になって頂こう☝

富士山噴火のフルパワーを1とした場合
火山集
( → 要観覧注意! )



10:57
・・・ちゅう訳で
まだまだ山頂に居たいのは
やまやまだけど、




11:37
そろそろ
宴たけなわで恐縮のなか

※ 自分自身に恐縮って・・・。



11:39
下山開始
するのであった。


まだまだジャンジャンと
つづくでぇ!♪
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.