アロー独走

Changing The Future , NOW♪

日本百名山 専用機 、朝日連峰 ・ 最高峰をゆく ~ 大朝日岳 登頂 篇 ~ #2

2018.08.26

category : ・ アタック ザ 日本百名山!!

さらに
つづき ♪


ではここで
朝日連峰の最高峰 ・ 大朝日岳頂上から
繰り広げれらる


8:42
8:35 ~ 9:15の約40分間の
天空の絵画に酔いしれるコーナー

~ Bird VIEW Time 朝日連峰篇 ~
        第一幕
    大朝日岳バージョン

           をお贈りしていこう☝

まずは南東側から
時計回りで紹介する
第一発目は・・・、

大朝日岳頂上から
もう一つの山形市側の登山口
朝日鉱泉側に向かう途中のピーク、


8:42
 みかげもりやま
御影森山
標高     1534m
所在地    山形県長井市 ・ 朝日町
山系     朝日連峰
上位山系  越後山脈 最北部
種類     隆起準平原 
御影森山の主な特徴
① 朝日連峰上の尾根筋の奥地にあたり、
  距離も長いため登りであるため利用する登山者はあまりいない
② 御影森山のブナの巨木群、御影森山山頂の360°パノラマ、などなどといった
  魅力的なルートである
③ 取っ掛りの登山口によっては、大朝日岳 ~ 御影森山コースをたどる
  周回コースの設定も可能
朝日連峰の山々のなかで
尖ったピークを持つ珍しい山の
ひとつである。



次に紹介するのは
東北地方を代表する観光地化された
火山群のひとつ


8:42
 ざおうれんぽう
蔵王連峰 ( → ☆ )
標高       約780m ~ 1841m
最高峰     熊野岳 1841m
          ※ 日本百名山
所在地     宮城県 ・ 山形県
上位山系    奥羽山脈 ( → ☆ ) 
火山グループ 那須火山帯
火山番号    D58
種類       海底火山 → 陥没カルデラ ・ 火砕丘
蔵王連峰の主な特徴 ( 一部を抜粋 )
① 宮城県側に、誰もがご存じ ・ 火口湖でお馴染みな 「 蔵王の御釜 」 が存在
  この蔵王の御釜は、蔵王を代表する観光スポットとして超有名!♪
観光産業としては福島県の裏磐梯とライバル関係であるが、
  蔵王は地元資本が中心であるため、首都圏での営業力がやや弱い
③ 南東北主要都市圏の内、仙台都市圏は夏季にあまり暑くならないため避暑の需要は少ないが、
  他の山形都市圏 ・ 福島都市圏 ・ 郡山都市圏などはフェーン現象で高温となるため、避暑需要がある 
④ 避暑地としては、バブル景気期に高級化したホテルやペンションまたは別荘地が多いため
  宿泊もする者も多いため客単価が高い
秋季は、蔵王温泉、蔵王エコーライン沿い、三階の滝、長老湖などで紅葉が楽しめる
⑥ 冬季は蔵王の名物 「 樹氷 」 や、スキーとしても有名
蔵王連峰は
オレが初めて東北地方で訪れた山塊であり
蔵王の御釜との初対面を果たしたときは
東北地方の雄大さに感化されたのが、懐かしい。。。



次に紹介する火山群も
東北地方を代表する火山群のひとつ


8:42
 あづまれんぽう
吾妻連峰 ( → ☆ )
標高       約1500m ~ 2035m
最高峰     西吾妻山 ( → ☆ ) 2035m
          ※ 日本百名山
所在地     福島県 ・ 山形県
上位山系    奥羽山脈 ( → ☆ ) 
火山グループ 那須火山帯
火山番号    D62
種類       火山ではあるが、詳細は不明
吾妻連峰の主な特徴
火山群だけあって東西20km ・ 南北10kmと広いが
  オレの住んでいる八王子に近い丹沢山塊ほどの広さではない
② およそ南北10kmに2000m級の火山が連なり
  東北の山では数少ない2000m超の高峰群であるが、
  なだらかな山が多く特徴に乏しくて遠くから個々の山を同定するのは難しい
オレの住んでいる八王子からだと
中途半端に遠い福島県内の火山群へは
オレ・・・、何かなかなか行く機会がない。。。



次に紹介する独立峰は
富士山型から大噴火で馬蹄形カルデラに成り替わった
国内屈指の爆裂火口の代表格


8:43
   あいづふじ     ばんだいさん 
会津富士 磐梯山 ( → ☆ )
別称           会津磐梯山
標高           1816.29m
              ※ 日本百名山のひとつ
所在地         福島県猪苗代町 ・ 磐梯町 ・ 北塩原村
山系           独立峰
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ
活火山ランク      ランクB
噴火警戒レベル    レベル1
火山Gr          那須火山帯
火山番号        D64
最新の噴火       1888年 ( 明治21年 ) 7月 15日 ・ 日曜日 
               水蒸気爆発 ・ 大規模山体崩壊後、超特大 ・ 爆裂火口を形成
山体崩壊前の標高  約2000m超
会津富士 ・ 磐梯山の主な特徴
1888年の大噴火以前は、キレイな富士山型であった。
1888年の噴火により、キレイな富士山型の山容は、ことごとく失われ
  えぐれたような爆裂火口が形成される
③ 登山コースとして、数あるコースのなかで
  爆裂火口のど真ん中を巡るコースも存在!!
  「 山と高原地図 」 だと点線ルートだけど、コースは明瞭で迷うことはない
1888年の噴火から
130年間も火山活動を休止している会津磐梯山、
爆裂火口めぐりのハイキングは
実際に出向いたオレが言うけど、それはもう・・・、
迫力満点だぁ・・・><




8:43
では、ここからは
日本海側へと急旋回して
飯豊連峰方面を眺めてみよう☝



まず、日本海側の
東北地方の憧れの地
それが・・・、


8:43
 いいでれんぽう
飯豊連峰 ( → ☆ )
標高       約1400m ~ 2128m
最高峰     大日岳 2128m
          ※ 日本百名山のひとつ
所在地     山形県 ・ 福島県 ・ 新潟県
上位山系    越後山脈 北部 ( → ☆ )
飯豊連峰の主な特徴
ほとんどが花崗岩からなり山頂には一部平らな面もあるが中腹以下は深い谷に刻まれている
② 東北アルプスの異名をもつ飯豊連峰は
  山容が非常に大きく万年雪も残るため、
  山に入る場合はに充分な知識と装備が必要である
ここはどうやら
東北地方の山々の憧れの地として崇められているようだが
首都圏在住のオレにとって行くチャンスは巡ってくるのか、
微妙である。

この飯豊連峰も、朝日連峰と同様に
火山ではなく、「 隆起準平原 」 で構成された山々だ
ただ、夏場でも万年雪があるらしいので
出向く際は、慎重なリサーチが必要となるだろう。。。



さて、ここからは
メインの朝日連峰の山々をスポットに
当ててみよう☝


8:44
いわいがめやま
祝瓶山 ( → ☆ )
標高     1417m
所在地    山形県長井市・西置賜郡小国町
山系     朝日連峰 ( → ☆ )
上位山系  越後山脈 最北部 ( → ☆ )
種類     隆起準平原 ( → ☆ ) ・ 火成岩 ( 花崗岩 ) 
祝瓶山の主な特徴
① 標高は1500mにも満たないが、
  岩陵が発達する極めて峻険な山容を示しているため
  「 東北のマッターホルン 」 とも呼ばれている
② ダイレクトに登頂するんであれば、「 大石沢小屋 」 から攻めるのが最短
  但し、そこまでのアクセスが大変・・・。
大朝日岳方面からの縦走は、上級者向け!
④ 飯豊連峰と朝日連峰の眺めが素晴らしい
この祝瓶山もまた
朝日連峰のなかで尖った鋭峰で、
大朝日岳から目的地にするのも面白いかも。



さてお次は
朝日連峰の主峰群から
大きく離れた日本海側の新潟県村上市に存在する・・・、


8:44
 わしがすやま
鷲ヶ巣山
標高     1093m
所在地    新潟県村上市
山系     朝日連峰 ( → ☆ )
上位山系  越後山脈 最北部 ( → ☆ )
種類     隆起準平原 ( → ☆ )
鷲ヶ巣山の主な特徴 
① 朝日連峰 ・ 主峰群から大きく離れた日本海側にあり、
  取っ掛りは新潟県村上市側からである
② 登山口の岩崩集落へは村上駅からバスの便があり、日帰りも可能
③ 山勢は急峻で、かなり登り応えがある
朝日連峰から大きく離れた場所にあるこの山は
隠されたローカル ・ スポットといえようか。




8:44
では、ここからは
朝日連峰の主峰群を
眺めてみよう👆



いま居る
大朝日岳から尾根筋上に
そびえ立つ


8:44
 そであさひだけ
袖朝日岳
標高     1666m
所在地    新潟県村上市 ・ 山形県小国町
山系     朝日連峰 ( → ☆ )
上位山系  越後山脈 最北部 ( → ☆ )
種類     隆起準平原 ( → ☆ )
袖朝日岳の主な特徴
① 「 山と高原地図 」 上には、登山コースが存在しない
  どうしても行く場合は、西朝日岳から縦走することになるが
  ルートファイティング能力が必要である 
② 西朝日岳 ~ 袖朝日岳間は、
  藪尾根と、冬季に発生する雪庇による崩壊箇所が断続的につづき、大変危険である
③ 山頂は小さな草原状になっており、360度の眺望がすばらしい
この袖朝日岳への尾根筋は
次紹介する西朝日岳から正規の登山道が
存在しないようだ。



次紹介するのは
朝日連峰の本線縦走路上にある
ピークのひとつ


8:44
 にしあさひだけ
西朝日岳
標高     1814m
所在地    新潟県村上市 ・ 山形県西川町 ・ 山形県小国町
山系     朝日連峰 ( → ☆ )
上位山系  越後山脈 最北部 ( → ☆ )
種類     隆起準平原 ( → ☆ )
西朝日岳の主な特徴
① 360度の眺めと大朝日岳への眺望がすばらしい
② 至近距離に朝日連峰の最高峰 ・ 大朝日岳が存在する
③ 大朝日岳 ~ 以東岳間の尾根筋に存在し、経由地 ・ 目的地の対象候補に
  よく挙げられている
④ 厳冬期は豪雪地帯化する
あくまでもここは
大朝日岳 ~ 以東岳間の縦走路の経由地点に過ぎず
ここを目的地にするのは、そう多くないだろう。




8:44
では今度は
さらに日本海側 ・ 北部に向けて
旋回して・・・、




8:46
日本海沿いに
そびえ立つ東北地方の名峰を
紹介していこう☝



まずは
日本海沿いにそびえる
東北地方 ・ 第2位の高さを誇る・・・、


8:46
   でわふじ      ちょうかいさん
出羽富士 ・ 鳥海山 ( → ☆ )
標高           2236m
              ※ 日本百名山のひとつ
              ※ 山形県最高峰
              ※ 東北地方 ・ 第二位

所在地         山形県飽海郡遊佐町 ・ 山形県酒田市
              秋田県由利本荘市 ・ 山形県にかほ市
山系           出羽山地 ( → ☆ )
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ ・ 溶岩ドーム などなど・・・。
              詳しくはこちらを参照のこと ( → ☆ )
活火山ランク     ランクB
噴火警戒レベル   レベル1 ・ 活火山であることに留意
火山Gr         鳥海火山帯
火山番号        D39
最新の噴火      1974年 ( 昭和49年 ) 水蒸気爆発 発生
出羽富士 ・ 鳥海山の主な特徴 ( 一部を抜粋 )
「 出羽富士 」 という異名を放つだけあって
  見る場所によっては富士山と瓜二つの形相を呈している
② 噴火 ☞ 成長 ☞ 山体崩壊 ☞ 爆裂火口形成 ☞ 再び成長 ☞ 別エリアで富士山型を形成 ☞
  頂上部分 ・ 山体崩壊 ☞ 頂上部分 ・ 馬蹄形カルデラを形成 ☞
  頂上部分 ・ 溶岩ドーム形成後、現在に至る・・・・・、
  みたいな感じで、本家 ・ 富士山と大きく異なる火山史の経歴を辿ってきた為か、
  見る場所によっては、超絶までに訳の分からない形相を呈している
③ 山の南側には夏期時、「心」の字の形に雪が残る「心字雪渓」がある
④ 頂上付近には夏場も溶けない万年雪があり、氷河の痕跡として特徴的なカール地形が存在する
厳冬期の市街地から見る鳥海山の雪化粧は、超絶的にキレイである
まぁ・・・、出羽富士こと鳥海山は
東北地方のシンボルのひとつだけあって
存在感が大きい・・・。
しかし八王子在住のオレにとって、遠くて攻めづらい山の
ひとつでもある。



さて・・・、
~ Bird VIEW Time 朝日連峰篇 ~
        第一幕
    大朝日岳バージョン

ラストを飾るのは、山形県を代表する
名峰中の名峰・・・、


8:46
 がっさん
月 山 ( → ☆ )
標高           1984m
              ※ 日本百名山のひとつ
所在地         山形県鶴岡市 ・ 山形県東田川郡庄内町
              山形県最上郡大蔵村 ・ 山形県西村山郡西川町
山系           出羽山地 ( → ☆ )
種類           成層火山 ・ 馬蹄形カルデラ
             ※ 楯状火山ではない
火山Gr         鳥海火山帯
火山番号        D49
最新の噴火      約30万年前
月山の主な特徴
① 湯殿山 ・ 羽黒山と共に 出羽三山 」 のひとつに数えられ
  修験者の山岳信仰の山として知られる
② 山体の姿は山形盆地、庄内平野、最上地方からよく見える
③ 真夏でも豊富な残雪のため、夏スキーが可能な山としても知られる
④ 月山山頂一帯のなだらかな地形部には、氷河の拡張した時代に氷帽氷河 ( → ☆ )
  あったとされ 「 アイスキャップの山 」 とも呼ばれている
⑤ 月山の頂上部の広大な大地は、樹木が極めて少なく、開放的な登山が楽しめる☆♪
オレは肉眼で初めて月山を見たが
超絶的にデカい・・・♪
FB友達の写真では、ガスった月山しか見たこたないが
編集しているうちに行ってみたくなってきた・・・!♪



本当はまだ
折角なんでゆっくりと
大朝日岳の頂上を堪能したかったが
きた時に経由し、また舞い戻るのに再び通る


8:47
こあさひだけ
小朝日岳
標高     1647m
所在地    山形県朝日町 ・ 山形県小国町 ・ 山形県西川町
山系     朝日連峰 ( → ☆ )
上位山系  越後山脈 最北部 ( → ☆ )
種類     隆起準平原 ( → ☆ )
を眺めているうちに
山頂の吹荒れる風が
冷たくなってきてしまったんで・・・、




9:16
お名残り惜しいが
大朝日岳の頂上を出発するのであった。


まだまだジャンジャンと
つづくでぇ!♪
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.