アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪ HEATプロジェクト 、蛭ヶ岳タイムトライアル ~ 第二戦 ~   #3

2018.11.25

category : ・ 走る、俺♪

さらに
つづき ♪


Reverse Semi Sky Traverse
        &
Sonic Landing Chapter
For Kanatyu Ohkura Bus Stop 16290m
蛭ヶ岳頂上 ~ 神奈中 大倉バス停

使用路線 : 丹沢主脈線 ・ 丹沢表尾根 ・ 三ノ塔尾根
通過地点 : 丹沢山頂上 ・ 塔ノ岳頂上 ・ 三ノ塔頂上
12:00 ~ 15:50

   1km   16’46”
   2km   12’16”
   3km   14’05”
   4km   14’32”
   5km   12’40”    1゜10’22”
   6km   13’16”
   7km   21’45”
   8km   15’34”
   9km   26’21”
  10km   17’01”    2゜44’22” ( 1゜34’00” )
  11km   25’04”
  12km   15’41”
  13km    8’34”
  14km    5’10”
  15km    4’01”    3゜42’56” ( 0゜58’34” )
  16km    6’02”
   のこり    1’41”    3゜50’39” ( 0゜07’43” )

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   123m
   内訳   棚沢の頭     →   不動の峰     24m ( 1590m → 1614m
          日高      →   塔ノ岳頂上    30m ( 1461m → 1491m
        烏尾山頂上   →   三ノ塔頂上    69m ( 1136m → 1205m
         合計累積標高差             123m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約6時間30分


こんかいも
バカ尾根下山の完全回避版
塔ノ岳頂上 → 丹沢表尾根 → 三ノ塔経由 ・ 大倉バス停ゆき
コースを辿り、
登山口の神奈中大倉バス停をめざし、



12:00
復路中間通過地点
塔ノ岳の頂上をめざして




12:03
まずは蛭ヶ岳頂上 ~ 塔ノ岳頂上間の
丹沢主脈線をひた走るのである。


首都圏の街並みの
ど真ん中にある山塊だけあって



12:03
写真中央右寄りにある
丹沢東部エリアで、丹沢三峰のひとつで、

ほんまの あたま
本間ノ頭 ( → ☆ )
標高     1345m
所在地   神奈川県愛甲郡清川村
        神奈川県相模原市緑区
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
越しに、
神奈川県の都市群である
相模原市街 ・ 遠くには川崎市街や横浜市街が
一望できる。




12:07
その間、
富士山と檜洞丸に見守られながら・・・、




12:08
丹沢主脈線の
ガレ場ステージのひとつ




12:10
おにがいわのあたま
鬼ヶ岩ノ頭 ( → ☆ )
標高    1608m
所在地   神奈川県相模原市・足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
のアプローチを
難なくクリアして、




12:24
やがて
丹沢山まで1.7kmの看板が現れだすと、




12:25
こんどは・・・、
たなさわのあたま
棚沢ノ頭 ( → ☆ )
標高    1590m
所在地   神奈川県相模原市緑区
       神奈川県足柄上郡山北町
山系    丹沢山塊
種類    隆起 ・ 山塊
が現れだし
そこを難なくクリアすると

やがて・・・、



12:31
丹沢山塊のなかで
唯一、日本百名山の看板のある・・・、

たんざわさん
丹沢山 ( → ☆ )
標高    1567m
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   神奈川県相模原市緑区
        神奈川県足柄上郡山北町
        神奈川県愛甲郡清川村
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
が見えてきた♪


12:31
そんでもって
それと同時に・・・、
写真右端の

 とうのだけ
塔ノ岳 (→☆)
が見えてきたではないかい?!!



12:36
市街地を見渡せる
尾根筋を気持ちよく疾走しながら、




12:38
丹沢山に向けた
これまたガレ場ステージを
ここでも難なく通過し




12:51
丹沢山の頂上に到達するも
ゆっくり寛ぐことなく
そそくさと立去り、




13:03
さきほど紹介した竜ヶ馬場の頂上より
復路中間地点、塔ノ岳を望む

こっから塔ノ岳まで、おおよそ2.5km先




13:03
それと同時に
おなじく竜ヶ馬場の頂上より
復路最終ピーク地点

たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 (→ ☆)
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    山塊
が、小さく微かに
見え始める。




13:16
やがて
復路中間地点の塔ノ岳のピークが
もう至近距離になって、

塔ノ岳へのゲキ坂を
登りきると・・・、




13:26
山頂北側の出入り口より
塔ノ岳頂上に、ようやく到着!♪

・・・って
めっちゃ賑わってねぇ?!




13:29
・・・という訳で
何度訪れても見飽きない
塔ノ岳から蛭ヶ岳を望んだところで・・・、




13:30
復路チャプターの後半戦
「 丹沢表尾根ステージ 」 へと移行し

たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 (→ ☆) へと
ひた走るのであった。。。


またまた
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.