アロー独走

Changing The Future , NOW♪

2018年 観光トレイル走り納め  ~ 首都 ・ 東京 川苔山篇 ~   #2

2018.12.24

category : ・ 矢吹 The Sky Access

つづき ♪

ではここで
9:40 ~ 9:55は
天空の絵画に酔いしれるコーナー


9:40
~ Bird VIEW Time Part.1 川苔山篇 ~
奥多摩山岳図鑑 2018th Edition Vol.1

           をお贈りしていこう・・・☝

こんかいは
東から西にむかって
順番にご紹介して参りたい♪



9:41
では始めに紹介する山は、
 そばつぶやま
蕎麦粒山 ( → ☆ )
標高     1472.9m
所在地     東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  長沢背稜 ( → ☆ )
で、蕎麦粒山の特色は・・・、
名前の由来は、頂上部分が小さいながら形の良い二等辺三角形をなすことから
  蕎麦の実の形を思わせるところから来たものと考えられる
② 奥多摩の山々の中では比較的標高の高い山であるが、やや奥まった場所にあるため
  付近の山々よりかは訪れる人は少なめで、静かな山歩きが楽しめる
山頂は開けて展望に優れ、特に秋から春先にかけての明るい雰囲気は評価が高い
・・・そうである。
ただ、奥多摩のなかでも、あとにも紹介するが
奥多摩エリアの奥地 ・ 長沢背陵のなかにあるため
アクセスはあまり良くなく、攻めづらい
ところといえようか。




9:42
ではつづいて
真正面にそびえ立つ山々は
前にも当ブログ上で紹介したかもしれないが

東京都と埼玉県の都県境尾根
ながさわはいりょう
長沢背稜 ( ← クリックしてね ☆ )
である。
長沢背稜の主な特徴は
長沢背陵とは、東京都と埼玉県の一部を連ねている稜線
  正確な定義はないが、天目山(三ッドッケ)付近から
  雲取山北方の芋木ノドッケ付近までを意味することが多い
ようである。
片道約20kmの登山道
  比較的山が深く、距離が長く
  山小屋も避難小屋しかないため、歩く人は多くない。

  冬季には、この山域で最も雪の深い場所であり、
  過去に遭難事件も起こっている。

・・・だそうだ。
ちなみにこのフォーマット上で語っていいか分からんが
公務員ランナーで有名な川内優輝氏も

この長沢背陵でマラソン向け練習中に道迷いを招いて
遭難してしまったことでも不名誉な話として有名であるほど
この写真の戸県境尾根は、とくに単独で攻めるには危険な場所であることに
間違いないようだ。
けど、それにしても長沢背陵もまた
キレイに連なっているなぁ。。。



9:42
さて、その長沢背陵上にそびえる
写真の山は、

  みつどっけ
三ツドッケ
別名      天目山
標高      1576.0m
山系      奥多摩
種類      山塊
所属路線  長沢背陵
解説として・・・、
「ドッケ」とは尖った峰を意味する言葉であり
写真でもお分かりのように、尖った峰が3つ連なっていることから
この名がつけられている。
眺望については、ネット上ではあまり情報がないので不詳だか
まぁ・・・、樹木に囲まれてよろしくないらしい。



9:43
そしてその左隣に
そびえている山は、

   いものきドッケ
芋ノ木ドッケ ( → ☆ )
標高     1946m
所在地    埼玉県秩父市
        東京都西多摩郡奥多摩町
山系     秩父山地
所属路線  長沢背陵
である。
芋ノ木ドッケ 特徴としては

① 長沢背陵の西の玄関口で
  雲取山と三峰神社方面との分岐点である
東京都の山の第2位の高さを誇るが・・・、
  樹木に囲まれて眺望なし

③ ドッケとは尖った峰を意味する言葉である
という感じである。
まぁ、実際に昨年、三峰神社側から雲取山をめざした際
ここを経由したのだが
看板はご立派だったが、周囲が何も見えなくて、
地味なピークだった。




9:43
さて続いて紹介する山は
先ほどの芋ノ木ドッケの左隣にある
首都 ・ 東京都の最高峰・・・、

くもとりやま
雲取山 ( → ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
        秩父山地 ( → ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
だぁ!
雲取山は過去6回登頂を果たしているお山だ

・ 2014年 11月15日 ( 土 )
・ 2015年  5月17日 ( 日 )
・ 2015年 11月21日 ( 土 )
・ 2017年 11月 5日 ( 日 )
・ 2018年  4月 8日 ( 日 )
・ 2018年 12月 8日 ( 土 )の、計6回
なかでも5回目のときは、ふもとの小袖駐車場から2時間08分で走破したという
怪力てきな記録をもつ、俺 ・ 矢吹 ♪

雲取山の特色は
昨年の2017年
西暦年号とおんなじ標高2017mの雲取山には
「 雲取山西暦2017年記念 」
という縦長の看板が建っていたことでも有名であるが
現在は撤去されている。

開放的な山頂には
360度までとは言えないが、遠く南アルプスや浅間山
富士山はもちろん、丹沢や付近の奥多摩の山々を見下ろすことができ
大変に眺望がすばらしい。。。
また厳冬期にはきびしい雪原に覆われて立入るのは困難を極めるそうだが
そのときの雪化粧は、北国を思わせる素晴らしさである



9:43
さて次に紹介するのは
雲取山頂上から奥多摩駅まで延び行く・・・、

  いしおねじゅうそうろ
石尾根縦走路 ( → ☆ )
起点 東日本旅客鉄道 青梅線 ・ 奥多摩駅
終点 雲取山頂上
総延長 約20km

所属山岳         六ツ石山    1478.8m
               鷹ノ巣山     1736.6m
               日蔭名栗山  1725m
               高丸山     1733.0m
               七ツ石山    1757.3m
               小雲取山    1937.0m
               雲取山     2017.1m
主なエスケープルート  六ツ石山尾根
               水根沢尾根
               榧ノ木山尾根
               浅間尾根
               赤指尾根
               登り尾根
               稲村岩尾根
               野陣尾根
               長沢背陵 ・ 戸県境尾根
               奥秩父主脈縦走路
石尾根縦走路と名付けられている
奥多摩の幹線路線は・・・、

奥多摩駅 ~ 雲取山頂上を結ぶ
奥多摩エリアで代表的な大動脈路線であり
たとえていうなら奥多摩エリアの東名高速といっても過言ではない。

眺望としては鷹ノ巣山付近から、ゴールの雲取山頂上までの区間は
まさに天空散歩をしているような感じで、
奥多摩ファンにとっては絶大なる支持を受ける大人気路線である!


しっかぁ~し
奥多摩駅から鷹ノ巣山までのルートは
植林されたような杉林に覆われて、
精神が壊れんばかりに糞つまらない路線でもある特色をも
同時に併せもつ

奥多摩の山脈のように延び行く石尾根縦走路を舞台に
オレはかつて奥多摩駅 ~ 雲取山頂上ロングピストンを試みたが
無念にも鷹ノ巣山頂上でギブアップし、石尾根縦走路の洗礼を
まともにくらったことのある、想いで深いルートである



9:44
ではここからは、
石尾根縦走路所属の山々をご紹介していくが
まず始めは・・・、

小雲取山頂上付近より
これから経由する

ななついしやま
七ツ石山 ( → ☆ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( → ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
で、雲取山登山の経由地としての
七ツ石山の特色は・・・、

① 特色と申してもさして語るような要素はなく
  強いていえば、この山を目標にする者は、たぶんいないと思われる
② 小袖駐車場 ~ 雲取山登頂区間
  もしくは奥多摩駅 ~ 雲取山登頂として考えてみても、
  ただの経由地点でしかない七ツ石山ではあるけれど
  けど、眺望そのものは経由地ではありながら、大変に素晴らしい。
富士山が大きく一望でき
  そんでもって雲取山の本体も一望できる。

  ただし、小屋等はいっさいないので
  所詮、経由地でしかない。
といった感じだ。



9:44
次に紹介するのは
石尾根縦走路の名峰こと

 たかのすやま
鷹ノ巣山 ( 東京都 ) ( → ☆ )
標高     1736.6 m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
で、鷹ノ巣山の主な特徴は・・・、
片道20kmの石尾根縦走路の中間地点
② 奥多摩駅 ~ 雲取山登頂区間の石尾根縦走路中央部にあたる鷹ノ巣山を
  目的地とする登山者はけっこう多いことでも有名。
③ ちなみに稲村岩尾根を通る道は「奥多摩三大急登」の一つに数えられており
  約3kmで一気に1100mの標高差を登る勾配約40%非常に厳しいコースが
  立ちはだかることでも有名。
④ 眺望については富士山は一応は一望できるが
  雲取山や七ツ石山ほどは良くはなく
  眺望できるエリアは南斜面側の奥多摩山塊に限られる

かつて数年前に、八王子走ろう会有志でハイキングに出向いた際
稲村岩尾根がガチできつかったのを憶えている。

それ以外でも、単独で奥多摩駅 ~ 雲取山間往復チャレンジに失敗し
この鷹ノ巣山で引き返してしまった苦い想いでのある山でもある。



9:44
では次に紹介するのは
遠く離れてみえる

だい ぼ さつれい
大菩薩嶺 ( → ☆ )
標高     2056.9 m
        ※ 大菩薩連嶺最高峰
所在地   山梨県甲州市、北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 (大菩薩連嶺)
である。
以前より何度も紹介しているが
おさらいとして大菩薩嶺とは

奥秩父山塊グループのなかの、大菩薩連嶺の主脈を構成する連嶺であり
登山ファンにとっては大人気であるほど超有名である。

眺望としては、四国 ・ 西日本の三嶺ー剣山縦走ルートに
ロケーションが近い、あくまで大菩薩嶺の一部分だけ。

ただ連嶺アタックをするにあたっては
片道約20kmくらいはあるので
ナメてかかると痛い目にあうのは間違いなさそうだ。。。

んまぁ、
・・・一応、大菩薩嶺には登頂したけど
山というより公園・・・、だった。




9:44
そして
尾根が馬の背のように延び行く
石尾根縦走路のエントランス ・ マウンテン

 むついしやま
六ツ石山 ( → ☆ )
標高      1478.9m
所在地     東京都西多摩郡奥多摩町
山系      奥多摩
種類      山塊
所属路線   石尾根縦走路 ・ 七ツ石尾根
である。
六ツ石山の主な特色は

① ルートとしては、奥多摩駅から石尾根縦走路をつかって攻めるルートと
  奥多摩湖 ・ 小河内ダム側から攻めるルートの2つである。
  まず奥多摩駅からのルートは山頂付近にて、雲取山方向への本線ルートから逸れて
  支線ルートへ入線して六ツ石山へ向かうルートであるが、ほとんどか雲取山方面を目指すため
  ここを目標にするハイカーは、まず稀だと思われる。
② また、小河内ダム側から攻めた場合、
  「奥多摩三大急登」と呼ばれる斜度40度の急斜面を攻めなければならない。
  初心者単独で攻めるのはお勧めしないコースだとはいえ、
  バーチカル練習なら、打って付けかも
って感じである。



9:45
あとは
富士山が見えてたり、




9:46
その他は・・・、



9:46
たんざわさんかい
丹沢山塊 ( → ☆ )
所在地     神奈川県 ・ 山梨県
最高峰     蛭ヶ岳
          標高 1673m
          ※ 神奈川県最高峰
総延長     東西に40km
          南北に20km
上位山系    関東山地
種類       山塊
が見えてたりと
してたけど、




9:49
この日の川苔山頂上は
凍てつくほど寒く、長居はできなかったんで

たったの15分ほどで
ここを離れて、
まだ16時まで時間に余裕あったんで
本仁田山へ向かったのであった。


さらにつづく
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.