アロー独走

Changing The Future , NOW♪

嗚呼、キューピーちゃん♪

2013.01.03

category : ・ 矢吹 Mt FUJI Collections

正月休み最終日にして、
今日は、俺にとって2013年・走り初めとなった日。
そんでもって、しかもトレラン!
さらに我が人生初の“奥多摩登山♪”

今日は、我が走ろう会の新鋭・Higuchiくんとの奥多摩縦走の模様をお伝えしていこうと思う。
では参ろう!

    矢吹♪ With Higuchiくんとの Hiperトレイル 奥多摩篇
             兼
   矢吹♪ 富士山コレクション19 “奥多摩縦走”篇



朝7時に富士森高校の橋にて待ち合わせし、Higuchiくんのご両親のクルマで、
一路・今回のスタート地点である、都民の森へ向かう。
クルマは特に渋滞も信号待ちもなく、朝8時をすこしまわった辺りに、都民の森に到着する。
準備を整えて、8:25にトレラン練習を開始するのである。

さてここで本題に入る前に、
今回のコースの概要をご紹介させていただく。
・本トレラン練習の全工程距離は、32.0km
・コースは・・・
 都民の森~風張峠~月夜見駐車場~御前山~鋸山~大岳山~
 鍋割山~御岳神社~日の出山~金比羅尾根~武蔵五日市駅という順路だ。

こんかい同行したHiguchiくんは、
俺と歳の近い、走ろう会の本格派トレラン・ランナーだ!
なんと、去年・2012年のハセツネでは、10時間ジャストで走破した実力派!
順位はなんと・・・、
2000人中、ジャスト100位♪
もちろんトレランは、俺以上に遥かに速く、しかもタフだ。

その模様を写真を交えていこうと思う。

前置き、長かったかな?


8:20
都民の森に到着した俺たち一行は、



ここから走り始める
今回のコースは最初から最後まで“ハセツネ”のコースを使用する。



今回同行したHiguchiくん
コース上はごらんのように道幅がかなり狭い



滑落しそうなくらいに、おっかない



おおっ?



キューピー山が見えてきた!?



登ってきた急坂を上から見下ろす



山道を登りつづけると



こんなもんを数多く発見する
どうやらここは東京都の水源であるようだ



険しい登ってきた急坂を、後ろ振り返ると?



うわぁ・・・、



富士山だぁ
奥多摩からの富士山の景色は最高だ



奥多摩の山々の稜線もきれいに観える



さぁ、御前山へGo!



富士山もういっちょ!



素晴らしい。。。



御前山に着くも



ごらんのように、なんもない



あれは、キューピーちゃんか?



それにしても、段々険しくなっていく山道



キューピーたんの頂きはまだか???



とりあえず鋸山に到着



こんどは鎖場を攻めていった先は!?



こんどこそ、キューピーたんこと、大岳山に到着だ☆



キューピーたんから、富士山観れて感無量。。。



山頂のようす



山頂と俺♪



御岳にむけて岩場を下山する



街が観えてきた☆



長谷川恒夫氏の石碑



石碑に刻まれている登山家・長谷川恒夫氏の功績が
記されている





その背後は



長尾茶屋。



遠くに見えるのは筑波山



東洋のマチュピチュ・御岳



次なる最後の山は、あれか!?



その途中に通る、御岳神社



御岳神社の茶屋街



最後の山頂、日の出山



日の出山山頂から観た、キューピーたんこと、大岳山



日の出山から観た、都心



金比羅尾根より、伐採により荒れている



下山をし、街が近づいている



五日市の街がみえてきた
長かったトレランもそろそろ終わる。



坂をずんずん下って



民家が見えてきている



下山するHiguchiくん
反対側からだと分かりづらい登山口



もうゴールまであとわずか



ゴール地点、武蔵五日市駅に到達!



終わったぜ!♪

こんな感じで、
今回のトレランは無事終了したのであった。
今日を含めて、有意義な年末年始をおくれてよかったかな。。。
あしたからお仕事なんで、がんばろう!!


<今日の練習>
・アップ3500m
8:20~16:00
・32000mトレラン 都民の森~奥多摩縦走~大岳山山頂~御岳神社~武蔵五日市駅
  7゜34’45” 14’12”/km
1km 18’21”
   2km 14’15”
   3km 13’51”
   4km 10’37”
   5km 11’47” 1゜08’54”
   6km 9’01”
   7km 15’31” 
   8km 26’01”
   9km 18’38”
  10km 13’01” 2゜31’09”(1゜22’15”)
  11km 15’46”
  12km 19’06”
  13km 16’11”
  14km 11’23”
  15km 15’50” 3゜49’26”(1゜18’17”)
  16km 38’55”
  17km 14’16”
  18km 6’35”
  19km 23’33”
  20km 9’41”  5゜22’28”(1゜33’02”)
  21km 9’15”  
  22km 22’45”
  23km 10’44”
  24km 8’12”
  25km 8’23”  6’21’50”(59’22”)
  26km 9’28”
  27km 9’02”
  28km 8’09”
  29km 8’31” 
  30km 15’19” 7゜12’21”(50’33”)
  31km 10’54”
  32km 11’30” 7゜34’45”(22’24”)


<1月走行距離>
日計 35.5km
累計 35.5km

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんとチビマシン

Blood Type   B型果汁 100%
           フル ・ スペック
           ぎっちぎち!
           イぇ~い☆
         
          へっへっへっ
 
         

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th







自家用マシーン   本田 銀之輔
         ぎんちゃん
・あだ名    Honda
         Accord Waggon 
・出生地    日本国 狭山市
・生年月    2003年10月
・性別       男
・身長     4.75×1.76×1.49m
・体重     1.48t~1.59t
・好物     無鉛ガソリン
         レギュラー仕様
・嫌い物    軽油 重油
         LPG CNG 
・原動機    K24A  i-VTEC
          直列4気筒
         DOHC 16 VALVE
・燃費     8~14km/L
・変速機    電子制御式
         5速オートマチック
・駆動方式  FF(前輪駆動式)    
・サスペンション (前)ダブルウイッシュボーン
        (後)ダブルウイッシュボーン
・総排気量  2354CC
・最大出力  160ps/6000rpm
・使用目的  通勤 レジャー
・活動範囲  山陰を除く全国
・最遠地    (北端)北海道摩周湖
         (南端)鹿児島県指宿
・走行距離  157408キロ
         2015年 10月現在
・最大積載量  景気次第
・その他    見た目は「商業車!?」




生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.