アロー独走

Do wanting to do completely!👊

令和6年版 、東京都内の豪雪地帯をゆく  ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~ #1

2024.03.09

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

ぜんかいの高尾山 ・ 陣馬山トレイルから
わずか1週間後の・・・、

去る、2024年 3月 9日 ( 土 ) 、
Capital TOKYO
Forest & Heavy snowfall Gran-turismo 2024th
for TOKYO Super Heavy snowfall Stage Edition

ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
オレはこの度
都内最大級の豪雪地帯へ向けて
      突進する👊
    そこはもちろん・・・、
          👇
          👇
          👇


The Mt. Get Cloud
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 東京都最西端の地
        ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
である♪

では早速その模様を
お贈りしていこう♪
題して・・・、


Capital TOKYO
Forest & Heavy snowfall
Gran-turismo 2024th
TOKYO Super Heavy snowfall Stage
               Edition

令和6年版 、 東京都内の豪雪地帯をゆく
 ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~

である。


まずは
あらすじ

まぁ・・・、
毎年毎年この時期
オレが住んでいる東京地方では・・・、

なんがんていきあつ
南岸低気圧 ( ☞ ☆ )
The southern coast low air pressure
の襲来したかどうかは
もう記憶がすでに薄いけど
雪まじりのみぞれが降る天気が多発・・・、

することなく
やたら雨天が多かったっ・・・、けなぁ~?


だけど
街中がやたら雨天が多かったっていうことは・・・?

ひょっとしてぇ~?


標高2000mの雲取山は
楽しいたのしい
豪雪地帯パラダイスなのかなぁ~っ!?

・・・どうかなぁ~。。。

んじゃ行ってみっか?!

・・・ということで
・ 当日深夜の2:00に起床し
・ 当日深夜の3:45に自宅を出発して
・ 当日早朝の5:40にて小袖の駐車場に到着を果たして


6:29
たぶん積雪がスゴイであろう
豪雪地帯 ・ 東京都最高峰の雲取山に向けた
雪上スカイランニングを敢行するのであった ✈✈✈



Chapter of Departure
小袖駐車場 ~ 雲取山頂上 10520m

使用路線 : 雲取山登り尾根 ・ 石尾根縦走路 
経由地  : 七ツ石山頂上 ・ 小雲取山頂上
6:35 ~ 10:45
※ 積雪環境につき、登山靴 ・ チェーンスパイク装備

   1km   12’42”
   2km   17’18”   
   3km   13’45”
   4km   18’40”
   5km   16’51”    1゜19’20”
   6km   29’37”
   7km   34’06”
   8km   26’18”
   9km   31’21”
  10km   33’37”    3゜54’20” ( 2゜35’00” )
  のこり    16’43”    4゜11’04”
平均ペース : 23’52”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1277m
   内訳 小袖駐車場   →   雲取山頂上   1277m ( 740m → 2017m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間30分




6:45
こんかいの序盤の廃墟ったとこ
やっぱし雪が多いのか!?




7:26
しばらく進んだらこの状態だけど
一応・・・、トレースは健在!




8:08
標高1500m台地点
七ツ石小屋にて




8:18
七ツ石小屋を離れてから
石尾根縦走路の分岐点めざすも
雪がかなり多い!




8:21
ここで石尾根縦走路の分岐点に
到達だ!




8:21
目的地の反対側、鷹ノ巣山方向・・・、
トレースがほとんどない・・・!

やっぱしよっぽど物好きじゃなきゃ
鷹ノ巣山方向は行かないやなぁ。。。




8:23
こんどは七ツ石山方向へ
向かう様子、このワクワクは堪らない🎵




8:29
あの青空の先の
光景は、どんなもんか!??




8:31
やっと標高1757mの
七ツ石山頂上へ到達だ!🎵




8:31
雲取山の雄姿!🎵
けど・・・、雲が沸いておる(><)




8:32
七ツ石山頂上からの
The TANZAWA Alps
丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
所在地    神奈川県
         山梨県
最高峰    蛭ヶ岳 1673m
範囲     東西約40km
        南北約20km
種類     褶曲 ・ 隆起
上位山系  関東山地 ( ☞ ☆ )
所属公園  丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
この日の丹沢山塊も
雪が多いのかな?




8:32
同じく七ツ石山頂上からの富士山🗻



8:36
七ツ石山頂上付近からの
The Frying Great Bahamut
飛竜山 ( ☞ ☆ )
標高     2077m
所在地   埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  奥秩父主脈縦走路
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
の雪化粧の光景が超絶かっこいいが
飛竜山の先が雲が沸いていて
南アルプス連峰は残念ながら見えてはいない




8:37
ブナ坂分岐点への急降下時
本来の道は雪に埋もれておる




8:38
間違えても
この状態に立ち入ってはいけない

オレは過去に知らないで立ち入ったら・・・、
カラダが胸まで浸かってもうた(><)




8:38
なのでこういう時は
樹木に沿っていくのが賢明だ。




8:38
ちょい振り返る雪景色
狙ってみられるものではない




8:39
陽がさして
雪景色が光るとキレイである🎵




8:40
やっと積雪の急斜面を
下りきるぞ!




8:46
ブナ坂分岐点にて
看板の付け根が埋まっておる




8:47
こんどは
ダンシングツリー🌲方向へむかう




8:59
ダンシングツリー🌲にて
ここでは確実なトレース健在だ




9:18
向かって左から・・・、
丹沢山塊 ・ 道志山塊 ・ 富士山🗻の眺望

上空はぶ厚い雲が覆われる




9:22
雲取山ヘリポートにて



9:29
奥多摩跡地からの
大菩薩連嶺の雪化粧がキレイだ🎵


 つづく ♪
   ↓
   ↓
   ↓

令和6年版 、東京都内の豪雪地帯をゆく  ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~ #2

2024.03.09

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪


9:31
こんどはヨモギノ頭へ向けた
積雪のゲキ坂アプローチ




9:33
この光景・・・、
なんかもう、東京都ではない




9:40
ふり返れば
石尾根縦走路の雪化粧した山々たち




9:42
ヨモギノ頭から
ちょいと樹林帯に入る




9:43
こんかいは写真のように
登山靴 & チェーンスパイク装備!




9:48
周囲の雪の量はハンパないが
登山道はなんとかトレースが健在




10:04
こんどは
富田新道分岐点に向けてのアプローチ




10:08
そろそろ富田新道分岐点だが
頂上に近づくに従っての
曇り具合がハンパない




10:13
ここで
富田新道分岐点にたどりつければ
雲取山頂上はすぐそこだ!




10:14
頂上周辺にきても天気はドンヨリ
そしてこの雪景色に
白のみの奇妙な世界




10:27
普段なら完全な森林限界で
本来ならば解放感な光景が広がるんだが・・・、

写真では分かりづらいかもだけど
じつはこの時、通り雪の降雪に見舞われる(><)




10:30
さらに実は写真では寒そうなんだろうが・・・、

この時は湿気が強くて
ずっと動いていて
サウナ風呂のように蒸し暑くて堪らない。




10:35
さらに頂上避難小屋まで来たら
通り雪が過ぎ去ろうとして
青空が見え始めてきた🎵




10:35
この超絶短時間で
しかも東京都最高峰の地で
こんなにも天気の変わり様が凄くて不思議だ。。。




10:40
雲取山登頂を目前にして
雲が行き過ぎて
青空が現れだすのが
なんだかリアルだ・・・。



DSCB_3418~2
10:41
こんかいは
この積雪の状況だから
4時間以上に至ったのは仕方ないが・・・、




10:45
なんとかどうにか・・・、
俺 ・ 矢吹 ♪
2024年、 軒先累計 ・ 第11件目
雲取山登頂 ・ 第39回目
東京都最高峰 雲取山 登頂達成ぇ~っ♪

したのぜぇ~っ!

さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

令和6年版 、東京都内の豪雪地帯をゆく  ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~ #3

2024.03.09

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


ではここで
10:45 ~ 11:25は、
天空の絵画に酔いしれるコーナー


~ Bird VIEW Time 令和6年版 ・ 雪山ステージ 篇 ~
   東京都最高峰 ・ 雲取山 Edition

            をお贈りしていこう・・・☝



10:48
と・・・、言いたいところだが、



10:51
なんせ
この日のこの時間の
奥秩父山塊方向は、まだ雲が沸いておって




10:52
近隣の
The Frying Dragon
飛竜山 写真中央 ( ☞ ☆ )
標高     2077m
所在地   埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  奥秩父主脈縦走路
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
しか見えておらんかった。



10:55
ちゅう訳で
雲取山避難小屋付近に移動して




10:55
まずはこんかいは細かく紹介しないが
奥多摩方面の山々を眺めることに🎵




10:56
ちょっと見る方面を変えて



10:56
富士山🗻 ・ 大菩薩連嶺方向を
眺めて観ることに🎵




10:56
この日の雲取山頂上からの
The Mt. Great Bodhisattva Ridge
大菩薩嶺 ( ☞ ☆ )
標高     2056.9 m
        ※ 大菩薩連嶺最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地   山梨県甲州市、北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 (大菩薩連嶺)
の光景もまた
雪景色がスゴイ。。。




10:56
さらにこの写真の奥の尾根筋で
この雲取山頂上から眺める・・・、




10:57
The TANZAWA Alps
丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
所在地    神奈川県
         山梨県
最高峰    蛭ヶ岳 1673m
範囲     東西約40km
        南北約20km
種類     褶曲 ・ 隆起
上位山系  関東山地 ( ☞ ☆ )
所属公園  丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
もしこの日に
丹沢山塊に出向いたなら、積雪具合はどうなっていたのかな・・・?




10:57
さて眺めるエリアを
ガラリと変えて




10:56
東京都と埼玉県との都県境尾根こと
ながさわはいりょう
長沢背陵 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
所在地    東京都 ・ 埼玉県
最高峰    芋ノ木ドッケ 1946m
総延長    東西約30.5km   ※ 正確な定義はない
起点     棒ノ嶺頂上       ※正確な定義はない
終点     芋ノ木ドッケ頂上   ※正確な定義はない
おもな山々 棒ノ嶺頂上より西に向けて・・・、
        ・ 棒ノ嶺 969m
        ・ 日向沢ノ嶺 1356m
        ・ 蕎麦粒山  1473m 
        ・ 三ツドッケ  1576m
        ・ 七跳山    1651m
        ・ 酉谷山    1718m ※ 東京都最北端
        ・ 滝谷ノ峰   1710m
        ・ 水松山    1699m
        ・ 長沢山    1738m
        ・ 桂谷ノ頭   1708m
        ・ 芋ノ木ドッケ 1946m ※ 最高峰  
避難小屋  一杯水避難小屋と、酉谷避難小屋の2箇所のみ
山小屋   なし
注意点   ・ 山が深く、距離が長く、山小屋はなく、避難小屋が少ないので
         登山者が極端にすくない
        ・ 冬季には、この山域で最も雪の深い場所であり、遭難事件も起こりやすい
もこの日の積雪量は
たぶん今いる雲取山頂上より凄まじいだろう。

雲取山頂上を始めとする
石尾根縦走路以上に登山者の少ない
長沢背陵の積雪量、想像するのが怖い。




11:22
ちゅう訳で
下山をそろそろ開始するころ
青空が姿を現れだしてきて




11:22
雲取山頂上の三角点付近から
奥秩父山塊の山々がみえてきて




11:22
・・・といっても
クッキリ見えてきたのは

こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2475m
         ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地     埼玉県秩父市
         山梨県山梨市
         長野県川上村
山系      奥秩父山塊
種類      山塊
所属路線    奥秩父主脈縦走路
所属公園    秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
くらいだったけれど



11:24
その他の奥秩父の山々たちは
残念ながら姿を現さなかったが
青空にちょい恵まれ始めたんで
いちおう何とかカッコがついた光景に落ち着いたところで・・・、




11:25
これから来た道を
東京都内の豪雪地帯の中を
駆け下りていくのであった✈✈✈


まだまだ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

令和6年版 、東京都内の豪雪地帯をゆく  ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~ #4

2024.03.09

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

またまた
つづき ♪


The Final Chapter of Transfer Operation
雲取山頂上 ~ 小袖駐車場 10690m

使用路線 : 石尾根縦走路 ・ 雲取山登り尾根
経由地  : 小雲取山頂上 ・ 七ツ石山頂上
※ 積雪環境につき、登山靴 ・ チェーンスパイク装備
11:25 ~ 15:30

   1km   34’06”
   2km   27’02”
   3km   19’03”
   4km   44’03”
   5km   45’31”    2゜49’47”
   6km   17’12”
   7km   13’13”
   8km   11’50”
   9km   11’59”
  10km   14’27”    3゜58’30” ( 1゜08’33” )
  のこり     6’11”    4゜04’41”
平均ペース : 22’53”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   85m
   内訳 奥多摩小屋周辺  →   七ツ石山頂上   85m ( 1672m → 1757m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分




11:26
雲取山頂上から
避難小屋へと移動して




11:28
避難小屋からの
スキー場のゲレンデみたいな斜面を・・・、




11:29
かなり慎重になりながら
進みだす




11:30
天気が回復しだして
この日は当然ながら下山の方が楽しい🎵




11:30
青空の樹氷がキレイ🎵



11:30
対して奥秩父方向は
ドンヨリとしている




11:33
雲取山避難小屋をふり返れば
今ごろになってのキレイな青空🎵




11:41
これ・・・、
登頂する前に見たかったなぁ。。。




11:54
またまた離れ行く
避難小屋方向をふり返れば
すこぶるキレイな雪景色なこと・・・🎵




11:56
富田新道分岐点に差し掛かって



11:56
ここからまた・・・、



11:58
写真の通りの
豪雪急斜面を下ってく




12:06
下山の苦手なオレにとって
この積雪を下るのは
とっても楽しいが苦行でもある。




12:18
ヨモギノ頭からの
ななついしやま
七ツ石山 ( ☞ ☆ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
が見えてきたぜ🎵



12:19
ヨモギノ頭からの
石尾根縦走路の山々たち




12:29
ヨモギノ頭を降りきって
雲取山ヘリポートまできて




12:34
道志山塊 ・ 丹沢山塊方向が
今になってクッキリ見えだしてきた🎵

ほんと山の天候は
出向いてみないと分からないもんだ




12:35
七ツ石山が段々と近づいて来て
さらに青空がキレイに🎵




12:37
ちょっと日陰の樹木の中は
このように積雪量がすんごい




12:52
ここまで雲取山で
積雪量に恵まれるのは
そう滅多にないし、カンタンに狙えるものでもない




12:58
そろそろブナ坂の分岐点だが
ここは夏山時期だと
マルバタケブキがキレイに咲き誇る場所なんだな🎵




13:00
さぁここが
ブナ坂の分岐点だ!!




13:07
七ツ石山の防火帯斜面を
これから攻め揚げるぜ、しかも積雪!




13:18
通常ルートは
写真のように埋もれておるので
樹木に沿って直登する・・・(><)

これ・・・、けっこうしんどい




13:22
しかも雪庇状態が
このように・・・!




13:23
今ごろになって
The Frying Great Bahamut
飛竜山 ( ☞ ☆ )
標高     2077m
所在地   埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  奥秩父主脈縦走路
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
がキレイに映えてるぜぇ~🎵



13:23
七ツ石山頂上の再降臨まで
もうひとガンバ!




13:25
やっと七ツ石山頂上へ再降臨!



13:29
雪景色のキレイな雲取山の雄姿を
あとにして、そろそろ下山の開始である


ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

令和6年版 、東京都内の豪雪地帯をゆく  ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~ #5                                                    The Final Tracks       

2024.03.09

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後♪




13:30
七ツ石山頂上からの・・・、



13:30
丹沢山塊の雄姿と



13:31
キレイな富士山🗻の光景をも
後にして・・・、

いざ!
Sonic Landing の 開始だ!☆
( ☝ Flight shim
  「 Aircraft instrumentation death 」 Edition )


いくぜ!♪


13:48
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




13:49
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




14:00
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




15:29
Minimum.
❝Landing!✈❞        



DSCB_3577~2
15:30
Nice Landing!♪ 
【 2024年 3月 9日 ( 土 )トレイル内容 】
6:35 ~ 15:30
・ 雲取山往復雪上トレイル 21210m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと


2024年 3月総累積高低差
         2404m (  2.40km)

2024年 年間総累積高低差
        13738m ( 13.74km)




【2024年登山登頂リザルト】
新規登録         2件
1月 19日 ( 金 ) 水晶山 ( 笠取山折返 )  ( 奥秩父山塊 )
1月 28日 ( 日 ) 三宝山  ( 甲武信ヶ岳経由 ) ( 奥秩父山塊 )
既存増量         9件
1月 1日  ( 月 ) 甲武信ヶ岳         ( 奥秩父山塊 )
1月 3日  ( 水 ) 川苔山 ・ 本仁田山    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
1月 6日  ( 土 ) 飛竜山            ( 奥秩父山塊 )
1月14日  ( 日 ) 雲取山            ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
2月 3日  ( 日 ) 三ツ峠山            ( 御坂山塊 )
2月 8日  ( 木 ) 竜ヶ岳              ( 天子山塊 )
2月14日  ( 水 ) 雲取山             ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
3月  2日 ( 土 ) 高尾山 ・ 陣馬山       ( 関東山地 )
3月 9日 ( 土 ) 雲取山            ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
軒先累計        11件


こんかいの
雲取山雪上トレイルの
あとがき


オレにとって
幾度となく最も山としては
出向いている回数の多い
東京都最高峰の雲取山




それでも
ここまでの豪雪地帯化した雲取山は
2022年2月以来、こんかいが2度目だが

写真のように降雪に見舞われたと思いきや



お昼過ぎてから
好天に恵まれた、一応。




けど豪雪地帯化して
積雪量に恵まれてかつ
尋常ではない雪の量のときって

ぜったいに青空満開に恵まれない。

それはなぜなのだろうか・・・?




Capital TOKYO
Forest & Heavy snowfall
Gran-turismo 2024th
TOKYO Super Heavy snowfall Stage
               Edition

令和6年版 、 東京都内の豪雪地帯をゆく
 ~ 東京都最高峰 ・ 雲取山 篇 ~

                         

走る、跳ぶ、2024年 ・ 自宅 ~ 陣馬山往復トレイル #1

2024.03.03

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

ぜんかいの雲取山雪原トレイルから
約半月後の・・・、

去る、2024年 3月 2日 ( 土 ) 、
Capital TOKYO Super Gran-turismo 2024th
for Mt.Jinba

ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
トレイル当日は
夕方から夜にかけて所用があるんで
八王子 ・ 自宅スタートにて
地元トレイルに赴く


八王子 ・ 自宅から行った
ターゲット・ マウンテンずは
        こちら・・・・・♪
           👇
           👇
           👇


たかおさん
高尾山 ( ☞ ☆ )
標高     599m 
所在地    東京都八王子市高尾町
山系     関東山地 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
所属公園  明治の森高尾国定公園 ( ☞ ☆ )
を経由して
さらに・・・、




じんばさん
陣馬山 ( ☞ ☆ )
標高     855m 
所在地    東京都八王子市
        神奈川県相模原市緑区
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
の頂上を往復して
往路と同じコースで
八王子 ・ 自宅に舞い戻るという内容である。

では早速
その模様をお贈りしていこう🎵
題して・・・、


Capital TOKYO
Super Gran-turismo 2024th

走る、跳ぶ、2024年 ・ 自宅 ~ 陣馬山往復トレイル


超絶カンタンな
あらすじ

ここ最近は
山以外の所用があったり
または天候的に山に出向かなかったことで
半月ほどのブランクが空いた。

んで、夜8時前から所用があり
クルマで出向くトレイルは厳しく
自宅の玄関スタートで完結できるトレイル練習を実施する。

そんな感じで
かなり久しぶりではあるが
自宅 ~ 陣馬山頂上往復トレイルを開始するのである



Let'go Transfer Operation
For Mt.Kagenobu The Top 20710m

八王子 ・ 自宅 ☞ 陣馬山頂上
使用路線 : 浅川ゆったりロード ・ 国道20号 ( 甲州街道 )
        稲荷山コース ・ 関東ふれあいの道 ・ 奥高尾縦走路         
経由地  : 散田架道橋 ・ 陵南橋 ・ 高尾山口駅 ・ 高尾山頂上
        小仏城山 ・ 小仏峠 ・ 景信山頂上
6:55 ~ 10:55

   1km    6’29”
   2km    7’15”
   3km    7’50”
   4km    7’13”
   5km    8’07”    0゜36’56”
   6km    8’11”
   7km    9’24”

   8km   12’55”
   9km   13’17”
  10km   11’51”    1゜32’36” ( 0゜51’40” )
  11km   17’02”    ※ 高尾山頂上通過、1゜30’12”
  12km   12’59”
  13km   13’51”
  14km   15’03”
  15km   18’03”    2゜49’37” ( 1゜17’01” )
  16km   12’27”
  17km   11’59”
  18km   12’40”
  19km   12’20”
  20km   11’25”    3゜50’31” ( 0゜59’54” )
  のこり     9’55”     4゜00’27”
※ 青字 : ロード区間
平均ペース : 11’37”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   876m
   内訳 八王子 ・ 自宅   →   高尾山頂上   454m (  145m → 599m
       一丁平        →   小仏城山頂上  115m (  555m → 670m
       小仏峠        →   陣馬山頂上    307m (  548m → 855m
       合計累積標高差                876m

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約7時間00分
    ※ ロード区間の歩行速度を、6km/hとして計算



7:03
自宅を出発してから
わずか10分後・・・、
かつてここに

けいおうでんききどう      ・  ごりょうせん
京王電気軌道 ・ 御陵線 ( ☞ ☆ )
所在地    東京都八王子市
起点      北野駅
終点      多摩御陵駅
開業      1931年  3月20日 ( 金 )
休止      1945年  1月21日 ( 日 )
廃止      1964年 11月26日 ( 木 )
路線距離   6.3km
軌間      1372ミリ ・ 馬車軌道
電化方式   直流600V ・ 架空電車線方式
の電車が走っていたことを
思い馳せながら・・・、

浅川の河川敷を
めざして走ってく




7:07
その前に
散田架導橋を潜って




7:10
浅川ゆったりロードに出ると
正面にこれから経由する

たかおさん
高尾山 ( ☞ ☆ )
標高     599m 
所在地    東京都八王子市高尾町
山系     関東山地 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
所属公園  明治の森高尾国定公園 ( ☞ ☆ )
が見えてきて・・・、



7:17
今度は多摩御陵へと向かう
陵南橋を潜って




7:30
風景は
Deep八王子エリアに早変わって




7:42
高尾山口駅付近の
京王高尾線の鉄橋をくぐって




7:44
やがて自宅から自分だけの脚で
京王線終着駅 ・ 高尾山口駅へと
たどりつく




7:46
しばらく来ないうちに
こんなオシャレなお店が
出来ておる🎵

観光地化されていて
なんか気合入っているなあ!




7:47
高尾山麓の
ケーブルカー乗場から・・・、
横にそれてくと
    ☟
    ☟
    ☟


7:48
稲荷山コースの登山口から
入山を開始する




7:53
序盤の樹林帯の光景が
地元の山とはいえ
とても美しい。。。




8:07
しばらくぶりに
階段木道が設置されてるんだねぇ




8:21
琵琶滝コースの分岐点を
通過して




8:27
最後にこの階段を登りきれば
まもなく経由地の高尾山頂上だ!




8:30
これこれ!
久しぶりの光景




8:31
舗装 ・ 整備された頂上がみえてきたが
あさ早いのか
まだ登山客が少ないようだ



DSCB_3202~2
8:31
自宅から1時間半ほどで



8:31
俺 ・ 矢吹 ♪
2024年、 軒先累計 ・ 第10-1件目
高尾山 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった!

つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 FK7と日野デュトロ

座右の銘 やりたいことは全部やれ!👊           


アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.