アロー独走

Changing The Future , NOW♪

雲のなかの、空中散歩  #1

2014.11.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

11月30日(日)


2014年のスカイ ・ ランニングとしては
標高1000m台ラストと掲げた
今回の舞台




前回の愛鷹山登山 ( ← クリックしてね♪ ) とは大きく異なり
今回は、愛鷹山南部を攻める
※ こんかいは前日に、御殿場警察署へFAX送信したんで
  現地直行するのである。



愛鷹山の生立ちをたどる
愛鷹山セミ ・ スカイランニングの
真髄・・・、とは至らなかった模様を

これから
お届けしていこうと思う。

では、参ろう!

俺 ・ 矢吹 ♪ Semi Sky Runnning
矢吹♪ The Sky High Part.10
雲の中の、空中散歩 愛鷹山 ・ 位牌岳篇



あらすじ
前日の20時半に就寝し
わずか5時間の睡眠時間の後の
深夜1時半に起床する。

食事 ・ 用意をすませて
深夜3時ちょうどに
八王子 ・ 自宅を出発する。

高速および有料道路は一切使わず
登山計画書もすでに御殿場警察署へFAX済みなので
登山口へ直行し・・・、


早朝6時
水神社登山口に到着するのである。

手前のクルマが、自家用マシーン “銀ちゃん”

ここの山自体
不人気なのか
早朝から車の台数が少ない。。。

Chapter.1
水神社登山口 ~ 愛鷹山頂上 4200m

  1km  11’58”
  2km  9’58”
  3km  21’27”
  4km  22’09”
  残り   6’08”   1゜11’42”


水神社からスタートして暫くは
林道をてくてく進んで




ようやく
まともな登山口へと進入してくのだが、




登ってさっそく
侵食崩壊を目の当たりにする・・・。




いたるところでこんな状態じゃ
そのうち10何年先には
入山禁止になっちまうんじゃないのぉ!?




登山地図では、点線ルートではないが
愛鷹山の登山道は
全体的に森林限界チックなとこを除いては
こんな感じの枯れ草のなかを行くとこが多い



そんでもって
ルート不明瞭なとこを
リボン頼りに標高を稼いでいく感じだ

写真の部分は
“枯れ沢”とよばれているあたり



標高1000mを越えたあたりで
こんな感じ

森林限界チックなとこを南下して
愛鷹山頂上をめざす



振り返ると
壮大な富士山の眺め!
・・・と言いたかったが

先に述べてしまうのは難だか
写真左下の雲が
山全体に押し寄せてきて
このような眺望は、残念ながら
そう長くは続かなかった。。。



8:00AMちょうど
愛鷹山の頂上に到達する




このときは
絶好の富士山の眺望がたのしめたんで
当然、この状態がつづくと
そう思っていた。




「次なる頂
めざせ、位牌岳!」
とせっかく意気込んでも




誠に残念なことに
四方八方から、雲が上から下から
愛鷹連峰を覆いかぶさるように




山全体を
雲が塞いでいくのであった。。。



Chapter.2
愛鷹山頂上 ~ 第一展望台 ~ 位牌岳頂上
         6450m

  1km  22’02”
  2km  17’02”
  3km  23’06”
  4km  23’20”
  5km  24’42”  1゜50’14”
  6km  22’53”
  残り   10’55”  2゜24’02” ( 33’48” )


愛鷹山の頂上をあとにして
途中の袴腰岳に向けて
尾根筋を北上する

この尾根筋を登るにあたり
前日以前の雨により
路面がぬかるんでいて、且つ急なんで
真面目な話し、困難を極めた。



「ひさびさに雲海最高!」
なんて思ってたら
この曲者が結果的に
押寄せてきやがったんだ・・・(><)




いったん袴腰岳の山頂から
第一展望台を激しく下って




せっかく第一展望台に着くも



本当はこう見えていたはずの、刃渡りやせ尾根
( ↑ クリックしてね☆ ! )
なんにも見えず、俺 ・ 矢吹 ♪
意気消沈。。。


つづく・・・
  ↓
  ↓
  ↓

雲のなかの、空中散歩  #2

2014.11.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

第一展望台をあとにして
袴腰岳を経由して



ふたたび尾根筋へ
一服峠を経由する




天気よければ
絶景なんだろうな~
と思いながら尾根筋縦走するのだが




標高1300mあたりは
すでに雲の中




下から
雲が通過していく様をみながら




雲の中を空中散歩して
やがて・・・、




景色の望めない



位牌岳に到達するのである



樹木に囲まれている
位牌岳の頂上の様子




愛鷹山の頂上から
相当な時間をかけてしまったのが
うかがえる



ただ頂上から
すこし西に目をやると



この位牌岳頂上から
刃渡りやせ尾根と、
ドデ~ンと構えた富士山が一望できる
はずなんだけど




それにしても
この看板の書いてある内容
マジで怖い・・・

ここからは刃渡りやせ尾根を縦走する玄関口であり、
前回登頂を果たした、愛鷹連峰の最高峰
越前岳方面へのルートであるが、
本気で行こうとするのなら
本当の意味での
決死の覚悟が必要だ!

まっ、滑落したら
ゲームみたいに
コンテニューはできないぜ。


Final Chapter
位牌岳頂上 ~ 水神社登山口 4700m

※ 経由地 : つるべ落しの滝
  1km  31’10”
  2km  47’13”
  3km  31’49”
  4km  10’23”
  残り   2’36”   2゜03’13”


位牌岳をあとにして
下山工程に移ってから




つるべ落しの滝方面へと
コマを進めていく




ここのルートも
不明瞭な状況を極めていて
リボン頼りに下山してく




沢の脇を突き進んでいき



つるべ落しの滝に出会う



登山の途中に通過した
つるべ落し方面の登山口




登山口の様子は
林道らしいロケーション




そして
俺自身、無事に下山を果たすのであった。



【2014年登山登頂リザルト】
新規登録 9件
既存増量 7件
軒先累計 16件


【11月30日(日)の練習】
6:45AM ~ 13:00
愛鷹山セミ ・ スカイランニング 15350m
※ ラップタイム等は、本文確認のこと


【11月走行距離 ・ 月末集計】
累計          323.68km
2014年度計     2587.56kmkm 4月始まり
マラソン総累計   53148.85km Since April.1 1990th

凡例 
    累計 300km未満 白
        500km未満 
        500km以上 


さらに、つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

雲のなかの、空中散歩  #3

2014.11.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで、最後 !♪


位牌岳頂上からの
下山終了直後のタイム



~ トレラン後の、水神社のお参り ~

















~ 帰路の途中 ~



国道246号線沿いの、御殿場市街から観た
富士山とは大きく異なる歪な形相の

愛鷹山(←クリックしてね!)
よみ    あしたかやま
標高    最高峰 越前岳 1,504 m
所在地   静岡県富士市・沼津市
           長泉町・裾野市
山系    愛鷹連峰
火山Gr  富士火山帯
種類    成層火山



その右どなりに
キレイにそびえる
富士の峰




その背後に
箱根の山々が、そびえ立つ

帰りは、渋滞中の246号は使わず
山中湖から道志みちを使って
八王子へと帰ったのであった。



【11月30日(日)運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 橋本五差路 ・ 右折 ~
国道129号 → 金田陸橋 ・ 右折 ~ 国道246号 ~ 沼津市街通過 ~
愛鷹山 ・ 水神社登山口
愛鷹山 ・ 水神社登山口 ~ 国道246号 ~ 県道 ・ 山中湖小山線 ~
国道413号 ・ 道志みち & 城山ダム通過 ~ 東京家政学院前通過 ~
法政大学 & グリーンヒル寺田通過 ~ 八王子 ・ 自宅


【11月30日(日)運行距離】

229.3km
全ルート ・ 一般道使用



あとがき
今回は、せっかく今年最後の1000m以上のトレランを
最後と定めてはりきって望んだのだけど
残念ながら途中から天候には恵まれず
壮大な景色は
そうそう簡単には見せてはくれず仕舞いで
終わってしまった。

強いて言えば、
事故 ・ ケガもなく終われたことが
幸いだったかなと思う。

ただ、
地元の登山者がいってくださったように
駿河湾に面した愛鷹山は
蒸気が沸き立ちやすくて
奥多摩なんかの内陸部の山々とちがって
すぐに雲がたちこめてしまう・・・
というのをすっかり忘れてしまてた。

それほどまでに
愛鷹山が好天に恵まれるのは
5回~10回チャレンジして
1回あればいい方であるらしい。

・・・そういやあ
富士山勝負撮影を
毎年この時期におこなっているが
山梨 ・ 富士五湖側より
この静岡側の方は
いつも困難をきわめているもんな。。。

何はともあれ
気象に関する認識が
俺自身、甘すぎた!

次回以降からは
天気図確認して
最高の大穴を引き当てたい!

太平洋に面した
この辺でいう丹沢山塊もふくめて
キレイな眺望を臨むにあたり
雲が沸き立ちやすいことを
肝に銘じた上で
いつかまた
愛鷹山から観る
富士山撮影を
いいカタチで
リベンジしたい

いまの俺は、そう思っている
次第である。

雲のなかの、空中散歩
愛鷹山 ・ 位牌岳篇
    完


雲の中の、空中散歩  #0

2014.11.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

11月30日(日)
今日は、この山をアタックした



俺 ・ 矢吹 ♪ Semi Sky Runnning
矢吹♪ The Sky High Part.9
雲の中の、空中散歩 愛鷹山 ・ 位牌岳篇
        序章










申し訳ないが
詳細は、また後日
おたのしみに♪


A Hard Day's Week

2014.11.29

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

11月29日(土)現在

俺・矢吹♪ の
今週の5 Days 
11/25tue~11/29sat  2014th



【11月25日(火)の練習】
この日の練習は、オフ。

5:45AM起床
7:20AM ~ 22:00 通常勤務
この日は、トラブル等にみまわれて
四苦八苦する一日。
仕事からの帰宅が23時と遅く
当然ながら、ランはオフ。


【11月26日(水)の練習】
この日の練習は、オフ

5:45AM起床
7:20AM ~ 21:30 通常勤務
俺が営業周りする “蒼きプラムの街”にも
ここにきて年末感が漂ってきた感じで
この街のプロフェッショナル集団の
気合とオーラが感じてきた!

冬将軍が接近しているなか
蒼きプラムの
マエストロたち
熱いぜ!



【11月27日(木)の練習】
この日の練習は、オフ

5:45AM起床
7:20AM ~ 20:30 通常勤務
この日は、比較的に早く帰れたものの
本来なら練習も出来たであろうものの
連日の激務と、休日中でのトレランの疲れが出てきてしまい
帰りの通勤時、
同僚を近くのコンビニに降ろした後
おうちからわずか残り1kmの、そのコンビニで
力尽きる。。。

2時間も
そこで仮眠ZZZ...

こんなこと
久しぶりだぁ


【11月28日(金)の練習】
23:00~24:00
八王子駅前コース 8200m

5:45AM起床
7:20AM ~ 22:00 通常勤務



【11月29日(土)の練習】
この日の練習は、オフ。

今日はひさびさに
ドカ寝をしてもうた。
あしたは
標高1000m台のトレラン、
今年最後の予定なんで
おもいっきり楽しんで参りたい。

というわけで
一日ゆっくり過ごしたのであった。


【11月走行距離】
308.33km



今週は
ともかく忙しかった。
走る時間が取れないくらいに。

マラソンシーズン真っ只中
俺の業務は、今年度末まで
繁忙期開催中!

・・・好記録、狙えそうにないねぇ

おやすみなさ~い。

俺 ・ 矢吹 ♪ 南高尾縦走路を行く  #1

2014.11.24

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

11月24日(月 ・ 祝 )

矢吹♪ The Semi Sky High Part. 9
俺 ・ 矢吹 ♪ 南高尾縦走路を行く 篇


【今日の練習】
5:40AM ~ 12:45PM
南高尾縦走 & 高尾山セミ ・ スカイランニング
走移動距離 31030m
※ 走行ルートおよび、タイム等は
  下記本文参照のこと

【11月走行距離】
300.13km



まえがき
11月連休最終日の今日、
前々から地元 ・ 高尾山のトレランを予定していて
今回は過去に一度だけ
走ろう会のトレイルランナー、Higuchiくんと攻めたコースである
南高尾縦走路を
前回とは大きく異なる工程で攻めるのは
今回が初!
今日の準長距離縦走は
俺のソロ ・ バージョンだ




前日に作成した
登山計画書の通り、結構な長丁場が予想される
今回のトレラン

いったいどんな感じだったのか!?

では、参ろう!☆



Chapter 1
八王子 ・ 自宅 ~ 南高尾縦走路 ・ 入口 7000m
経由地 : 高専通り 、 国道20号 ・ 甲州街道

  1km  6’47”
  2km  5’49”
  3km  5’40”
  4km  5’12”
  5km  15’26”  38’56”
  6km  6’03”
  7km  7’24”   52’24” ( 13’28” )

早朝4時に起床し
自宅を早朝5:47に出発する。
週間天気では、今日は絶好の天気を期待していたが
結論から申し上げて
大きく裏切られることとなる。



5:52AM
まだ誰もが寝静まる頃
高専通りを高尾方面にひた走る




6:15AM
高専通りをあとにして
甲州街道にでると
いちょう並木のキレイな街並み




JR側の高尾駅の駅舎
ここいらの交番で先ほどの登山計画書を提出し
かつ付近のコンビニで食料を買い込む。



甲州街道沿いの
中央東線の鉄橋の真下には・・・、

このような渓谷っぽい眺望が
楽しめる♪



京王高尾線の終着駅に架かる
鉄橋が見えてきた



さぁ
そろそろ
レアな縦走路の
始まりじゃぞ~!♪




高尾山の玄関口の信号機
大概のハイカーたちは、ここを右折するのだが
写真左のマイクロバスが停まっているところを
左にまがっていくのである。



えっ!?
ここが登山道!??

というところに到達した段階で



Chapter.1は
ここでおしまい。




自宅からちょうど7km。
かかった時間は、52分。



Chapter. 2
南高尾縦走路 セミ ・ スカイランニング
高尾山口 ~ 小仏城山頂上 10700m

  1km  13’02”
  2km  13’58”
  3km  17’17”
  4km  11’16”
  5km  10’26”  1゜05’54”
  6km  8’03”
  7km  16’25”
  8km  16’23”
  9km  12’54”
 10km  16’22”  2゜16’04” ( 1゜10’10” )
 残り    12’17”  2゜28’21”


まずは
写真のような住居の脇を
走り抜ける

初めてここの脇を走り抜けるとき
「えっ、マジで!?」
とうぜんながらに思った。
「こんなところに登山道が・・・」
という不思議な心境だったのも
記憶に新しい。。。



すこ~んと激しく登って
わずか300m進んでこの看板




住居のわきに入ってからすぐ
さっそく登山道ぶりを発揮する

といってもこの画像は
住居登山口から2km行ったとこ
写真左側のフェンスは・・・?



なんと
拓殖大学の
敷地内!

どんだけ広いのじゃ、拓殖大学。



そこから観える
なんかのビル群




草戸峠の見晴台



右正面にみえるのは



高尾山の主脈と思わし尾根



こんどは
草戸山の頂上にたどり着く




草戸山 標高364mから観える
館清掃事業所

八王子南部のランドマークのひとつ
かつて小学校3年のときに
社会化見学で行った場所。
地球環境に考慮して、燃やしたガスを水蒸気ににして
排出することで当時は話題になった。


つづく・・・。
  ↓
  ↓
  ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 南高尾縦走路を行く  #2

2014.11.24

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき♪


そして正面に
城山湖 ・ 本沢ダム ( ← クリックしてね☆ )
が、みえてきた


さらに先へ
進んでいくと・・・、




この看板が登場して



山道のなかに
五差路があらわれだす




ふり返ると
こんな感じ




登山口から4km。
だけど、目的地の小仏城山まで
まだまだ長い・・・。

正直、いつになるんだぁ、って
おもっちまった。

それでもめげずに
さきへ進むと




ここでようやく



南高尾縦走路 ・ 唯一の



見晴台の
お出ましだ♪

正面に見えるのは、津久井湖の一部。
天気がよければ、富士山が見えるが
見えるのは8合目以降の上の部分だけとのこと。

それにしても
この尾根筋は
走るのには森林浴できて
気持ちよくて心地いいが
あくまでお断りしておくが
眺望を期待してこの尾根筋を攻めようとすると
痛い目にあうぞ。

殺風景なんで。

さて、気をとりなおして

登山道の途中に
なにやら鉄塔が。

その持ち主は・・・?




旧 ・ 国鉄!



電線はつづくよ
どこまでも




そして
尾根筋の真下には




なんと
そこには道路が現れた!?




甲州街道にかかる
橋をわたる




橋の上から見た
甲州街道




いったん甲州街道に出てから
ふたたび登山道に入る




さっ
目的地の小仏城山をめざして
激しく登って




下って



さらにまた登る



登りきった先に
整備された木道と突き当たる。
ここを左折した先に・・・?


さらに、つづく!
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.