アロー独走

Changing The Future , NOW♪

那須火山帯の総本山、 茶臼岳 ・ 朝日岳の真髄  #1

2016.08.21

category : ・ 矢吹Active Volcanic Trial

comment(0)

2016年 8月 21日 ( 日 )
2016th Nasu Volcanic zone &
       Active Volcanic Romance #21

ブログ作成場所 八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
            The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ ) 

2016年 8月 21日 ( 日)、夏休み最終日
天気急変の激しい今週、
あすが台風9号襲来するという今日、
オレは、


こんかいの夏休み最終ステージ
那須火山帯の総本山トレイルにチャレンジ!




そんな最終日は
有終の美を飾れる予感がただよう程に
晴天にめぐまれた!☆




そんな最後の那須連峰の
登った山を

ここで2つ、ドドンと紹介!


まず一つ目は

茶臼岳 ( 栃木県 ) ( ←クリックしてね♪ )
よみ    ちゃうすだけ
標高    1915m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系    奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    火砕丘 ・ 溶岩ドーム・ 成層火山
火山Gr  那須火山帯

          と、

もうひとつは、


朝日岳 ( 栃木県 ) ( ← クリックしてね♪ )
よみ     あさひだけ
標高    1896m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系     奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    成層火山
火山Gr  那須火山帯
だ!


さて本題に入る前に
那須連山 ( ←クリックしてね♪ )とは・・・、
奥羽山脈の最南端に位置する那須連山は
栃木県と福島県にまたがる成層火山群の総称であり
代表的な山岳は、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳を指す。
那須連山の最高峰は、こんかいは登頂しなかったが
1916.7mの三本槍岳である。

ちなみに奥羽山脈は
東北地方の中央部を、青森県夏泊半島付近から栃木県にかけて南北に延びる日本最長の山脈であり
総延長は約500km超に及び、
那須火山帯は、北海道の利尻山から蝦夷富士 ・ 羊蹄山や洞爺湖 ・ 支笏湖をふくめて
奥羽山脈を縦断して浅間山 ・ 赤城山 ・ 日光連山まで延びる、日本最大の長大火山帯なのである。

そんな那須火山帯の宗家の
真髄に迫る
こんかいのストーリーは

題して、

俺 ・ 矢吹♪
10th Active Volcanic Romance
in the Nasu mountain range

~ 那須火山帯 ・ 本家総本山の真髄篇 ~
なのだ。


あらすじ
早朝6時に起床し、こんかい泊まったルートイン新白河駅東から
登山道までクルマで30分くらいの距離とのことなので
山行前としてはめずらしく、ホテルで朝ご飯を摂る。
あさ7:30にはチェックアウトして
そそくさと那須岳の登山口へと急行する。


7:58
出発して30分くらいかな
みえてきたぞ! 那須連山!!
※ 写真中央のハゲた山が、茶臼岳だ



8:10
正面のグロテスクな形相は
オレの大好物だ!




8:35
さぁ、着いたぞ!
いざ、活火山トレイル開始だ!♪


いくぜ☆


Chapter of Departure
峠の茶屋駐車場 ~茶臼岳頂上 2750m

峰の茶屋跡 ・ 避難小屋経由
AM8:35 ~ AM9:20

   1km   14’12”
   2km   15’28”
   のこり   12’58”   42’38”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 差引標高差          : 約453m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間35分



8:35
登山口からドデ~んと
朝日岳の雄姿




8:35
まずは小さな鳥居を
潜りぬける




8:45
始めて10分足らずで
もう・・・、森林限界・・・!




8:47
富士登山駅伝時代を
想い出しながら那須岳を攻める
俺 ・ 矢吹 ♪

登山道の形相が、富士山御殿場口にちょい似てるかな?



8:49
始めて20分くらいで
峰の茶屋跡地の避難小屋がみえてきたぞ




8:51
避難小屋へ向かうルートから
視線を右へ向けると
これから登頂する朝日岳が、奇妙な姿でそびえ立つ




8:57
これが峰の茶屋跡地だそうだ
みるからに営業してそうだけど
じつはそうじゃなかったんだねぇ



9:01
まずは、茶屋より左手にそびえる
茶臼岳を攻めてみよう!




9:04
茶臼岳へ向かう斜面から
ふり返ると、奇妙なカッコした
朝日岳がドデ~ん!

未だかつて登頂したことないが
日本アルプスの眺めって、こんな感じなんだろうなぁ~と
しみじみ。



9:09
さて気を取り直して
ガレガレした茶臼岳の斜面を攻めるも・・・、
走れない ( >< )

あたりまえか。



9:10
標高てきに言えば
奥多摩と丹沢と大して変わらないのに
この眺め!




9:12
さぁ
始めて30分弱にして
もう山頂か!?




9:12
そこには
茶臼岳の噴火口跡があり、




9:14
噴火口跡の淵を沿うように
茶臼岳の山頂は・・・、




9:17
もう目の前だ!


そして




9:19
俺 ・ 矢吹 ♪
那須火山帯総本山その1
那須連山 ・ 茶臼岳 登頂達成!♪

2016年度 ・ 新規登録
   累計10件目! その1

を晴れて夏休み最終日、果たすのである!♪


つづく。
  ↓
  ↓
  ↓

那須火山帯の総本山、 茶臼岳 ・ 朝日岳の真髄  #2

2016.08.21

category : ・ 矢吹Active Volcanic Trial

comment(0)

つづき ♪


てなわけで、ではここから
9:19 ~ 9:40は

~ 茶臼岳頂上からのBird VIEW Time ~


わずか40分ちょとで
登頂してからは




天高くそびえる茶臼岳頂上を
すこし満喫することに♪




広くて岩場のごつごつした
茶臼岳頂上は、




ハイカーたちで大いに賑わう



茶臼岳頂上には、このような祠があったり



茶臼岳頂上からは、那須連山の尾根を
眺めることができるくらいに今日は晴天だ!




山頂の鳥居越しに観る
天空の大海原




真っ白な波がしずかになびく
天空の大海原は、美しくてキレイだ




ここから観る雲海は
まるで天空のビーチみたいだ☆

とまぁこんな感じで
茶臼岳頂上からのBird View Time は
これでおしまい。


Second Semi Sky Traverse Chapter
For Mt.Asahidake Top
茶臼岳頂上 ~ 朝日岳頂上 2480m

峰の茶屋跡地 ・ 避難小屋 経由
AM9:40 ~ AM10:25

   1km   21’08”
   2km   18’11”
  のこり    11’20”   50’40”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 当ルート累積標高差     : 約176m  峰の茶屋跡地 ~ 朝日岳頂上
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間10分




茶臼岳頂上から開始して6分たった
9:46
さぁこれから

朝日岳 ( 栃木県 ) ( ← クリックしてね♪ )
よみ     あさひだけ
標高    1896m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系     奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    成層火山
火山Gr  那須火山帯
めがけて
ファイトだぞ~っ!




9:41
ガレ場の多い茶臼岳頂上を
あとにして




9:53
やがて
先ほどの中継地点
峰の茶屋跡地にたどりつく




9:57
峰の茶屋跡地から
茶臼岳頂上をめざすシニアハイカーたち




9:59
峰の茶屋跡地から観たところから
これからめざす 「 ニセ穂高 」 こと
朝日岳を眺める。。。




10:02
峰の茶屋跡地からの朝日岳は
最初は小走りして行けるルートなんだけど




10:04
だんだんとガレ場具合が
激しくなっていき




10:05
駆けあがることそのものが
難しい環境に変わっていく




10:09
朝日岳をめざす途中の
斜面はこんな感じ。




10:09
鎖にしがみついて
登る最中・・・、




10:14
振り返ってみると
こんな感じだ

うわっ
すげっ・・・!



さらに、つづく。
   ↓
   ↓
   ↓

那須火山帯の総本山、 茶臼岳 ・ 朝日岳の真髄  #3

2016.08.21

category : ・ 矢吹Active Volcanic Trial

comment(0)

さらに
つづき ♪




10:12
さてさて
ニセ穂高こと、朝日岳の頂が
みえてきた♪




10:15
このガレガレしたところを上がりきって
「 朝日の肩 」 とよばれる分岐点を経由したのち




10:19
朝日岳登頂への
最終アプローチへと進む




10:22
もう・・・
朝日岳頂上は
目と鼻の先だ!



そして



10:25
俺 ・ 矢吹 ♪
那須連山第二目的地 ・ 朝日岳 登頂達成!♪

2016年度 ・ 新規登録
   累計10件目! その2

を果たすのである。



10:27
茶臼岳頂上 ~ 朝日岳頂上区間の
タイム計測がおわったところで



てなわけで、本日2度目の
10:25 ~ 10:50は

~ 朝日岳頂上からのBird VIEW Time ~

まずは
朝日岳頂上から観る


茶臼岳 ( 栃木県 ) ( ←クリックしてね♪ )
よみ    ちゃうすだけ
標高    1915m
所在地   栃木県那須郡那須町
山系    奥羽山脈 ・ 那須連山
種類    火砕丘 ・ 溶岩ドーム・ 成層火山
火山Gr  那須火山帯
は、火山噴火でできた山とはいえ
なんだか、ナントカ鉱山みたいな形相だ

もちろんスタイルはカッコいいのには変わりないが。


さて
こんどは茶臼岳とは反対側の
那須連峰をみてみることに



そこには茶臼岳方面とは正反対側に
朝日岳頂上より
那須連山最高峰の


写真中央奥の
三本槍岳 ( ← クリックしてね♪ )
よみ      さんぼんやりだけ
標高      1916.9m
         ※ 那須連山最高峰
所在地    福島県西白河郡西郷村
         栃木県那須塩原市
山系      奥羽山脈 ・那須火山群
種類      成層火山
火山Gr    那須火山帯
かろうじて見えていた。
那須連山を攻めるハイカーは
一般的に茶臼岳 ・ 朝日岳 ・ 最高峰の三本槍岳の3点セットを
日帰りでこなすのがポピュラーなのだそうだ。

朝日岳を登頂した当時のオレの体調は
走力 ・ 体力 ・ 気力ともにかなりの余力が残されていて
日数や時間があれば、是非ともこの3点セットをこなし
那須の大自然を大いに味わいたかったが・・・、
今日は休み明け出勤が明日以降に控えていたので
涙を呑むような面持ちで
この朝日岳を引き返さなければ
ならなかった。

そんななか
朝日岳の頂上では




潮騒の波が
こちらへ押し寄せるかのように




オレの目のまえを
激しく波打つ天空の
大海原は




波が叩きつけてくるかのように
雲が湧き始めてきたところで・・・、

下山を開始するのである。


Last Sky Traverse Chapter
       &
Transfer Operation for
Restaurant parking the mountain pass
朝日岳頂上 ~ 峠の茶屋駐車場 2920m

峰の茶屋跡地経由
AM10:50 ~ AM11:45

   1km   21’40”
   2km   17’33”
  のこり    11’09”   50’23”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間15分



10:51
朝日岳の山頂のある祠を
あとにして
下山を開始する、俺 ・ 矢吹 ♪




10:53
まずは茶臼岳方面と、三本槍岳方面の分岐点である、



10:55
「 朝日の肩 」 を経由して



10:57
さっき登ってきた
この急登斜面を




10:59
駆け降り・・・、
られる訳ないよな、こんなとこ。




11:02
すこし螺旋をえがくように
朝日岳を下ってくと
最初に登頂した茶臼岳の本体が
みえてきた♪

おや・・・?




11:11
なんかここからみる
茶臼岳、なんかトトロみたい☆




11:13
すげぇ
なんか・・・、
こっからみる那須火山帯総本山、
ジブリ ・ ワールド全開だ!



どんどん
  つづく。
   ↓
   ↓
   ↓
 

那須火山帯の総本山、 茶臼岳 ・ 朝日岳の真髄  #4  The Final Tracks

2016.08.21

category : ・ 矢吹Active Volcanic Trial

comment(0)

これで
最後 ・・・。



11:20
那須岳のジブリ ・ ワールドを体感して
峰の茶屋跡地がみえてきた♪




11:20
もうこれで
那須連山も、2016年夏休みも
何もかもが、おさらばだ。




11:22
さぁここからは
銀ちゃんの待つ、峠の茶屋駐車場へ
突っ走るぞ!




11:33
じゃあな!
茶臼岳!!




11:34
そして那須岳の山々諸君
次回来た時には
また思う存分、オレさまを楽しませてくれよ♪




11:37
よっしゃ!



11:40
雲んなかへ
特攻だぁ!!👊


そして
その5分後




11:45
峠の茶屋駐車場に無事
下山が完了したのであった。




【 2016年 8月 21日 ( 日 )練習内容 】
8:35 ~ 11:45
・ 那須岳セミ ・ スカイランニング 8150m
※ ラップタイム等は、本文参照のこと
※ 本日累積走行時間 : 2時間13分41秒


【 2016年 8月走行距離 】
日計  8.15km
累計  72.92km



【 2016年 8月 21日 ( 日 )累積高低差 】
629m

内訳 峠の茶屋駐車場   → 茶臼岳頂上   453m ( 1462m → 1915m )
    峰の茶屋跡地     → 朝日岳頂上  176m ( 1720m → 1896m )
             合計             629m



【2016年登山登頂リザルト】
新規登録         10件
1月16日 ( 土 ) 丹沢山 & 蛭ヶ岳
2月21日 ( 日 ) 高水山 & 岩茸石山
4月 9日 ( 土 ) 棒の嶺 & 岩茸石山
5月14日 ( 土 ) 三ノ塔 & 塔ノ岳
5月29日 ( 日 ) 丹沢大山
7月 4日 ( 月 ) 赤城山頂カルデラ、駒ケ岳 & 黒檜山
7月30日 ( 土 ) 赤城山頂カルデラ、地蔵岳 & 鈴ヶ岳
8月15日 ( 月 ) 日光白根山 ・ 前白根山 ・ 五色山
8月16日 ( 火 ) 日光富士 ・ 男体山
8月21日 ( 日 ) 那須連山、茶臼岳 ・ 朝日岳
既存増量         7件
1月 1日 ( 金 ) 筑波山
3月 5日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
3月21日 ( 月 ) 高水山 & 岩茸石山
5月 5日 ( 木 ) 塔ノ岳 & 蛭ヶ岳
6月 4日 ( 土 ) 陣馬山 & 高尾山
6月12日 ( 日 ) 武甲山 & 大持山
6月26日 ( 日 ) 浅間山カルデラ外輪山
軒先累計         17件



11:55
トレラン後
峠の茶屋にてお土産を買ってから
一路、八王子 ・ 自宅へ
家路を急ぐのであった。



その間、2度の給油を済ませながら
全ての行程を一般道だけで走り継いで


17:47
国道16号 ・ 川越付近からの
黄昏の夕陽を眺めながら

やがて・・・、



2015年 8月 21日 ( 日 )
午後8時半、八王子 ・ 自宅へ無事帰宅し、

2016年夏休みのすべての行程が
無事に終了したのであった。



【 2016年 8月 21日 ( 日 )の運行仕業 】
ルートイン新白河駅東 ~ 那須岳 ・ 峠の茶屋駐車場 ~  国道4号 ~ 平出工業団地交差点 ・ 左折 ~
国道4号 ・ 新4号バイパス ~ 庄和インター交差点 ・ 右折 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入町交差点 ・ 右折 ~
ひよどり山トンネル ・ 通過 ~ ENEOS エネオスDr.Driveセルフ八王子SS ・ 給油 ~
八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅 20:30帰宅


【 2016年 8月 21日 ( 日 )運行距離 】

260.0km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : ルートイン新白河駅東 ~ 八王子 ・ 自宅



【 2回目の給油 】
運転区間   ENEOS エネオスDr.Driveセルフ八王子SS ~ ENEOS ウイング西那須野TS
運転距離   507.8km
燃料消費量 49.9L
燃費      10.17km/L



【 3回目の給油 】
運転区間   ENEOS ウイング西那須野TS ~ ENEOS エネオスDr.Driveセルフ八王子SS
運転距離   182.0km
燃料消費量 15.86L
燃費      11.5km/L

【 本旅行における運行距離 】
1334.3km
全行程・・・一般道使用

運行期間 : 2016年 8月 14日(日 ) ~ 2016年 8月 21日(日 )


【 本旅行における平均燃費 】
1322.8km ÷ 119.76L = 11.04km/L

運行期間 : 2016年 8月 14日(日 ) ~ 2016年 8月 21日(日 )


こんかいの
2016年夏休みを総括

毎度ながら、会社からの長期連休をいただいて
いざ、夏休みを迎えるとき
いつも週間予報を確認すると、大概ダメダメだったりすること多くて
なおかつ今回もそうだけど
台風襲来の予報を突きつけられて、楽しみな山行のガッツが削がれていくばかりだった。

伊豆諸島沖から7号から9号の台風が3発も来やがるなか
3本予定していたトレランのうち、どれか1本だけでもこなせれば上々かなと思っていた中
3戦全勝で、どうにか予定していたトレイルは
幸いながらすぺてこなせたのであった。

いままでは会社から長期連休いただいたときは
住んでいる八王子から遠く離れた北海道や東北、九州 ・ 四国地域へ乗込んで
自宅からクルマを走られて、ときにはフェリーを使ったりと
普段行けない地域へ越境して
その地場の山々をやっつけ仕事のように
観光トレイルをガンガンこなしまくっていた。

しかし
コストの問題や、なにも越境してまで登りたい山が特になく
一週間の休みの途中で大事な業務が舞い込んだりと・・・、
いろんなことがあったなか
まだ未だかつて立入っていなかった日光国立公園内の有名どころの山々に
是非ともトレイルしてみたかった。

結果
日光国立公園の山々は
ほんとうに魅力に満ちた山々ばかりで
カラダは疲労困憊なのに
まだまだ行ってみたいところは多くて
些かながらか、消化不良感を覚えるほどに
また何度でもチャレンジしてみたいという気持ちは増大するばかりだ!

だけど、住んでいる八王子からでは
たとえ高速を使ったとしても、日帰りは出来なくないけど
しんどいかな。

だから今回の夏休みは
近距離で密度濃くこなしたかったという節がある。

またチャンスがあったら
日光国立公園内の山々を
思う存分楽しみたい☆

こんかいの夏休みは
そんな感じのバカンスであった。

来年オレはアラフォー世代に突入してしまうが
後悔のないトレイル人生を
どんどん楽しんでまいりたいと思う
今日この頃である。

以上をもって
こんかいの夏休みの
旅の報告は
これにて終わりとさせていただく。

長らくオレとともに
こんかいの旅ネタを
楽しんでくれて、どうもありがとう!♪


俺 ・ 矢吹 ♪
那須火山帯 ・ 総本山と
ゆかいな仲間たち

2016年 夏休み特別版
       完

福島県から、一歩も出なかった一日。

2016.08.20

category : ・ ~矢吹放浪記~

comment(0)

オッス、俺 ・

だよぉぉぉぉ~~~~~ん ♪

2016年夏休み
第二幕 ・ 二日目の

2016年 8月 20日 ( 土 ) 、
ブログ作成場所 ルートイン新白河駅東 レンタルパソコン
         The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B451/E

         The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ )

この日予定していた
那須岳トレイルは
天候不良により、仕方なく断念。

お昼12時まで
拍子抜けしたオレは
ホテルで出不精状態に

仕方なくその代替策として

俺・矢吹♪ 2016th
名瀑百選めぐり in 福島県
 
~ 乙字の滝 ・ 銚子ヶ滝篇 ~
に変更するのである。

福島県内には

名瀑百選に選ばれているのが
・ 乙字の滝
・ 尾瀬の三条の滝
・ 安達太良の銚子ヶ滝
以上3つ



13:03
写真のように山沿いは
天候不良のなか

今日は本当に久しぶりに
滝めぐりを楽しむのである♪



13:32
まずは最初に訪れたのは



乙字の滝 ( ← クリックしてね ♪ )
よみ     おつじのたき
所在地    福島県須賀川市
落差     6m
滝幅     100m
種類     渓流瀑
水系     阿武隈川
備考     日本の滝百選
漢字の 「 乙 」 という字に似ているから
この名が付けられているんだそうだ




13:35
公園のようなところに
観瀑台があり、




13:39
遠目の場所からだと
こんな感じ。




13:41
目線を右にうつすとこんな感じ。



13:47
さらに近寄ってみると・・・、



13:50
水量多くて
豪快だ!




13:55
台風の影響からか
水かさが増したんだねぇ




14:00
とまあこんな感じで
最初の滝をあとにして、




14:56
次なる場所は、

15:10
銚子が滝



15:17
1.4km先の
観瀑台に向けて小走りして




15:32
どうにかこうにか



15:35
銚子ヶ滝 ( ← クリックしてね ♪)
よみ      ちょうしがたき
所在地    福島県郡山市熱海町
落差      48m
滝幅      27m
種類      直瀑
水系      阿武隈川水系石筵川
に、たどり着く



15:40
そこに流れる川の水かさ



15:45
マジでハンパない!

ひと雨降るかもしれない天候だったんで
長居はせず撤収する



【 2016年 8月 20日 ( 土 )の運行仕業 】
ルートイン新白河駅東 ~ 白河市街 ~ 国道4号 ・ 陸羽街道 ~ 乙字の滝駐車場 ~
国道4号 ・ 奥州街道 ~ 国道4号 ・ 郡山バイパスへ接続 ~ 国道49号 ・ 越後街道 ~
県道24号 ~ 銚子が滝駐車場 ・ 折返し ~
県道24号 ~ ホンダカーズ福島県央本宮店 ・ オイル交換 ~ 国道49号 ・ 越後街道 ~
国道4号 ・ 郡山バイパス ~ 国道4号 ・ 奥州街道 ~ 白河市街 ~ ルートイン新白河駅東


【 2016年 8月 20日 ( 土 )の運行距離 】

157.9km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : ルートイン新白河駅東 ~ 銚子ヶ滝の往復


というわけで
きょうは福島県から一歩も出ない
一日だった。

さて夏休み最終日のあすは
那須岳登山できるかな?

では、またあした♪

「 八王子への一時帰宅、のち、再出発 」 の巻き

2016.08.20

category : ・ ~矢吹放浪記~

comment(0)

2016年 8月 20日 ( 土 ) 深夜1時現在
ブログ作成場所 ルートイン新白河駅東 レンタルパソコン
         The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B451/E

         The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ )

2016年 8月 20日 ( 土 )
深夜1時現在

ルートイン新白河駅東に深夜のチェックインを済ませて
オレはいま
ねむい目をこすりながら
パソコンの画面に向かいながら
男体山トレイル以降から、いまの今までのあらましを
振りかえろうと思う。。。



まずは男体山トレイル翌日で
連休中の飛び石出勤前日の

2016年 8月 17日 ( 水 )

トレイルの予定がない
普通の朝を迎えたこの日


8:37
ルートイン宇都宮からの
意外なる光景を
目の当たりする!!!




8:40
なんと・・・?
宇都宮市街から

筑波山 (←クリックしてね!☆)
標高   877 m
所在地  茨城県つくば市
山系   八溝山地
種類   堅牢残丘 (←クリックしてね!♪)
が、観えるなんて。。。☆
ゆ・・・、夢みたい・・・♪


ルートインの美味しい朝食を済ませてから
2日間立て続けに標高2000m級のトレイルをこなしたオレのカラダは
くたびれの限界を超えていたんで
お昼12時まで部屋でくつろいだ後
その30分後の12時半、八王子の自宅へ向けて
ルートイン宇都宮から出発をする。

前々回以前に載せた予定表のブログ記事のとおり
あすは連休中の飛び石出勤をしなければならない。

なんといってもオレの
またはオレの事業所の大事なクライアントさんの接客業務の日だから。

ただマル一日、移動だけにフルに使える一日だから
高速は一切使わず
一般道だけで遠路 ・ 宇都宮から
一時帰宅をする八王子 ・ 自宅へクルマを走らす。。。

その途中・・・、

17:42
国道16号 ・ 東京環状線の
川越市内での黄昏の夕日

この夕日をみながら
あした仕事なんだなぁ~
と生活感漂う、生活国道を八王子へ向けてひた走り、



20:16
おなかを空かせた
銀ちゃんに

【 1回目の給油 】
運転区間   ENEOSセルフ八王子中野店 ~ ENEOS エネオスDr.Driveセルフ八王子SS
運転距離   633.0km
燃料消費量 54.0L
燃費      11.72km/L
を与えてから

無事に一回目の
帰宅の途につくのである。



【 2016年 8月 17日 ( 水 )の自宅回送仕業 】
ルートイン宇都宮 ~ 国道4号 ~ 平出工業団地交差点 ・ 右折 ~ 国道4号 ・ 新4号バイパス ~
庄和インター交差点 ・ 右折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入町交差点 ・ 右折 ~
ひよどり山トンネル ・ 通過 ~ ENEOS エネオスDr.Driveセルフ八王子SS ・ 給油 ~
八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅 21:20帰宅


【 2016年 8月 16日 ( 水 )の自宅回送距離 】

160.3km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : ルートイン宇都宮 ~ 八王子 ・ 自宅


一時帰宅を済ませて
翌日の飛び石出勤日を
迎えるのである。

そんな

2016年 8月 18日 ( 木 )飛び石出勤日 ・ 当日
3泊4日のハード ・ コアな日々を送ったのにも関わらず
好き勝手な日々を送れた満足感に満ち溢れたのか
この日は劇的に忙しかったのにも関わらず
40歳近いオレに疲れをまったく感じさせない一日だった。

勤続21年4ヶ月半を経過したオレにとって
まさに新鮮な出来事で
飛び石出勤なんて、未だかつて経験したことなく
この日は、仕事なんだか、連休中の骨休め出勤なのか
はたまた夢だか現実だか
よく分からなかった。。。

だけど、カラダは
やっぱり正直で
仕事後、八王子市内の行きつけの
クイック ・ ケアで身体を念入りに揉んでもらい
帰宅後 ~ 翌日お昼の
2016年8月19日 (金 )福島への再出発日 ・ 当日
自宅にて爆睡しちまったら
なにもかもが
押せ押せになってしまい
夕方16時、福島県のルートイン新白河駅東へ向けて
再出発を果たすのである!



21:35
写真は、国道4号線 ・ ルートイン矢板付近
だけど、台風9号 ・ 10号が接近するのに伴って
あすの早朝山行の決行の確信が持てない状況下なので
これまた一般道のみで工程にて

日付を跨いだ

2016年 8月 20日 ( 土 ) 深夜0:20
ルートイン新白河駅東 チェックインを果たすのである。
        

【 2016年 8月 19日 ( 金 )の運行仕業 】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 庄和インター交差点 ・ 左折 ~
国道4号線 ・ 新4号バイパス ~ 平出工業団地交差点 ・ 右折 ~ 国道4号 ~
白河市街 ~ ルートイン新白河駅東 ・ 深夜0:20到着


【 2016年 8月 19日 ( 土 )の運行距離 】

227.2km
全ルート ・ 一般道使用

輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ~ ルートイン新白河駅東


というわけで
これが人生初の
連休時飛び石出勤 ~ 再出発の風変りな日々の
あらましである。

報告は以上


では、またあした♪

神々が宿る、怒涛のバーチカル ・ トレイル ~ 日光富士 ・ 男体山篇 ~ #1

2016.08.16

category : ・ アタック 郷土富士!

comment(0)

バーチカル Vertical
この言葉の意味
① 垂直なさま。直立したさま。
② 垂直な面や線。垂直な位置。

     
     ↓
     ↓

バーチカル ・ トレイル Vertical Trail
この言葉が用いられる場面
「 山の切り立った正面の垂直移動 」 ということから
ここで端的にいうバーチカル ・ トレイルとは・・・、
・ 走行距離5km前後
・ 高低差ジャスト1000m
の、標高差1000m一気登りをする競技をいう

最近オレ自身が覚えたことで
トレイルの競技は大きく分けて2つに区分けされる

・ ひとつは、ハセツネやキタタン、
 トランス ジャパン アルプスレースといったマラソンタイプのトレイル競技
・ こんかい紹介するのが、前者のマラソンタイプとは大きく異なる
 「 バーチカル ・ トレイル 」 だ!

かつてオレが10年前まで打ち込みまくっていた
富士登山競争 ( ← クリックしてね♪ )
ジャンルでいえば完全なバーチカル競技だ
ただ、公式バーチカル・トレイルとは違って
走行距離が20kmで、累積高低差が3003mと尋常でないのは言うまでもないが。

それはともかく
ひさびさに本格派バーチカル ・ トレイルに勤しんだ

2016年 8月 16日 ( 火 )
The vertical trail at which God lodges  #20
ブログ作成場所 ルートイン宇都宮 レンタルパソコン
         The Making system by TOSHIBA Dynabook Satellite B451/E

         The Photography system by NTT DoCoMo P-01H ( → ☆ )
の、今日のステージは
         これ♪
          ↓
          ↓
          ↓

中禅寺湖湖畔からの

俺 ・ 矢吹 ♪ 郷土富士コレクションズ 26 アゲイン
日光富士 ・ 男体山
( ←クリックしてね♪ )
よみ      にっこうふじ ・ なんたいさん
標高      2486m
所在地     栃木県日光市
山系      日光連山 ・ 日光火山群
種類      成層火山
初登頂    782年 ( 天応2年 )
火山Gr    那須火山帯
だ!

題して
俺・矢吹♪ 2016th
アタック ザ 郷土富士
神々が宿る、怒涛のバーチカル ・ トレイル
 
~ 日光富士 ・ 男体山篇 ~
なのだ。


簡単にあらすじ
きのうの日光白根山の疲労が抜け切れていない状態なので
簡単にこなすことを決意し
当初の予定を大幅に短縮して
男体山頂上折返し案で、妥結し
あさ7時に起床し、8時台に出発し、


あさ9:20には
中禅寺湖湖畔沿いの登山口
二荒山神社に到着する




そんな民家の裏山みたいにそびえ立つ
日光富士 ・ 男体山、

湖畔から山頂まで、標高差1206mの
カリスマ ・ モンスター ・ マウンテン
「 日光富士 ・ 男体山 」 は
いったいどんな変態ぶりを発揮してるのか

これからその真髄に
迫ってみようと思う ( >< )



Chapter of Abnormal Vertical Trail
二荒山神社中宮 ~ 男体山頂上 4550m

AM9:45 ~ AM11:40
   1km   19’33”
   2km   14’18”
   3km   28’16”
   4km   40’00”
  のこり    13’56”   1゜56’04”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 差引標高差          : 約1206m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分



9:46
まずは湖畔沿いにクルマを停めて
駐車場近くの神社の鳥居をくぐって




9:47
荘厳な神社の境内のなかを
入っていく




9:52
神様宿るご神体に
500円を納めて




9:52
いざ登山開始!



9:52
この鳥居をくぐると



9:53
試練の山への
修行登山が、




9:54
ついに開始されるのである。



9:55
なんかホント楽しみぃ~



9:56
始めてわずか10分
神社の境内らしい一合目を
難なくクリアする、俺 ・ 矢吹 ♪




9:58
しかし・・・、
まもなくして、写真ではわからんかもしれんが
しょっぱなから、エゲツナイ急こう配・・・!




10:12
眼下には
中禅寺湖が大きく広がりを見せている




10:12
そのあと1.5kmばかし舗装路を走って
本格的な登山道に突入する




10:31
始めて45分
標高1800mくらいの男体山五合目




10:40
どんどんと標高が瞬く間に増していき
ガレ場状態もヒドイ状況に・・・。




10:41
標高約2100mの六合目
わずか1時間足らずで、標高差にして820mも急上昇する
俺 ・ 矢吹 ♪




10:57
標高2250mくらいの七合目
このときは天気が崩れる兆候を見せ始め
小雨のぱらつき始めてきたんで
登頂をあきらめて下山を考え出す



11:03
相変わらずつづく
ガレ場ステージ




11:09
大きな鳥居が見え始めてきた
もうすぐ八合目か



つづく。
  ↓
  ↓
  ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.