アロー独走

Changing The Future , NOW♪

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢 檜洞丸 ・ 大室山篇 ~ #1

2017.11.26

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

丹沢山塊 ( ← クリックしてね♪ )
この言葉の意味


前から何度も解説してはいるが・・・、
神奈川県北西部に広がる山地で
東西に約40km、南北に約20kmに及び、
神奈川県の面積の約1/6を占め、
丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に指定されている山塊。


更なる詳しい解説としては・・・、
丹沢山塊の生い立ちは
1200万年前に海底火山の噴出物からできており、
長い年月をかけて太平洋に浮かぶ火山島にまで成長。
その後、その火山島は、フィリピン海プレートに乗っかって日本列島に衝突。

さらにそれを追うように・・・・、
もともとフィリピン付近にあった伊豆半島の岩体が100~70万年前にかけて本州に激突!!
その反動で盛り上がって出来上がったのが、丹沢山塊である。

また1923年の関東大震災では、
1m前後の隆起や沈降を繰り返し、山肌が崩壊し荒廃した。

現在も徐々に隆起を続けている。

ちなみにヒマラヤ山脈もこれと同じように、
オーストラリア付近にあったデカン高原の岩体が
ユーラシア大陸に激突して出来上がったものである。
しかもそれらの山頂付近には、海の地層がそのまま残されていて、
魚介類の化石が発見されていることでも有名である。

とのことであるが・・・、

さらに丹沢山塊を細分化すると
以下に区分けされる!!

丹沢のエリアは大きく分けて
① 表丹沢
② 東丹沢
③ 北丹沢
④ 西丹沢

と以上4つのグループで構成され、
こんかいオレが初入線を果たした

西丹沢 ( ←クリックしてね♪ ) とは、
神奈川県北西部に広がる丹沢山地の西側地域の通称であり、
通称ニシタンと呼ばれる。
丹沢山地の主稜線部にあたる塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳を中心として、
東側を東丹沢、西側を西丹沢、南側を表丹沢(南丹沢)、北側を北丹沢(裏丹沢)と山地を
4地域に分けて呼ぶ際の1地域である。

西丹沢の登山基地として最も多く利用されているのが
小田急線新松田駅もしくは御殿場線松田駅より路線バス1本でアクセスできる
西丹沢ビジターセンターであり、
こんかいオレが登頂した檜洞丸から大室山を経て
大棚ノ頭や菰釣山などの峰々が連なる神奈川・山梨県境の甲相国境尾根を伝い
丹沢山塊最西部で、山中湖湖畔にそびえ立つ鉄砲木ノ頭や三国山へとつづく尾根筋をゆくエリアを
だいたい「西丹沢」と指すことが多い。

しかも丹沢エリアで最もメジャーな「表丹沢エリア」とは大きく異なり、
マイカーやタクシー利用でないとアクセスは困難であり
尾根北側の道志川沿いに走る国道413号 ・ 道志みちに富士急行線富士山駅または
都留市駅からの路線バスが走っているが、本数が極限にまで少なく日帰りでの利用は大変に難しい。

また、西丹沢エリアを主とする甲相国境尾根は檜洞丸などと比べると登山者非常に少なく、
登山道は場所によっては笹が深く生い茂っているところもあるが、
尾根登山道が東海自然歩道に指定されているため、道標整備がしっかりされており、
コース選択に迷うような箇所は少ない。

とのことである。

さてこんかい
初めて出向いた西丹沢スカイランニングに

去る、2017年 11月 19日 ( 日 )、
’17th 矢吹 ♪ Wing Sky Access in West TANZAWA #38
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
初挑戦を果たす!♪

ではこんかいの西丹沢エリアの
主演役者は

以下の山々だぁ☆
     👇
     👇
     👇

まずは1件目

ひのきぼらまる
檜洞丸 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1601.0m
所在地   神奈川県相模原市
        神奈川県足柄上郡山北町
山系     丹沢山地
種類     山塊
と、
最後の2件目は・・・、
オレが住んでいる地元 ・ 八王子からは
富士山を抱っこして
そびえ立っていることでも有名な・・・、


おおむろやま
大室山 ( 丹沢 ・ 神奈川県 ) ( ← クリックしてね♪ )
標高   1587m
所在地  神奈川県相模原市
      山梨県南都留郡道志村
山系   丹沢山地
種類   山塊
だ!♪

特に読者諸君には
八王子市街から富士山を抱きかかえて見える
大室山の内部を
徹底解剖するので

そこらへんも留意して
よくご覧になって頂きたい!!


ではいくぜ!
題して

俺 ・ 矢吹♪
West Tanzawa Wing Sky Cruising

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢篇 ~


まずは西丹沢セミ・スカイランニングまでの
あらまし

前日の11月19日(土)
秋も深まり晩秋へと向かう2017年
晩秋から冬へと季節が少しずつ変わっていき、
奥多摩エリアでさえも12月中旬には厳冬期に入り
アイゼンやチェーンスパイク持参ナシでは立入困難な季節へと移りゆき
豪雪地帯化する奥多摩が東京都とは思えない光景に様変わるのも
冬山の特徴といえよう。

そうなると冬山装備品がゼロに近いオレにとって
・・・というかトレイルランナーやスカイランナーの大多数はそうかも知れないが
観光トレランできるエリアも地元の高尾 ・ 陣馬、青梅丘陵等に限定さて
選択肢そのものが枯渇していくのである。

そこで選ばれたのが
こんかいの
西丹沢なのだ!
こんかいは移動距離が近くて楽チン♪
前日は、自宅を夜の20:30出発し
途中夕食を挟んで、夜22時45分、
西丹沢ビジターセンターの駐車場に到着し
明日に向けて車中泊するのであった。。。

【2017年 11月 18日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 &八王子バイパス ~
橋本五差路 ・ 直進 ☞ 国道129号線へ接続 ~
金田陸橋交差点 ・ 右折 ☞ 国道246号線へ接続 ~
清水橋交差点 ・ 右折 ☞ 県道76号 ・ 山北藤野線へ接続 ~
西丹沢ビジターセンター駐車場 22:45到着 ☞ そのまま車中泊

【 2017年 11月 18日 ( 土 )の運行距離 】

22:45
89.8km
全ルート ・ 一般道を使用

       東京都八王子市        神奈川県山北町     
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅  ☞  西丹沢ビジターセンター駐車場 

西丹沢セミ・スカイランニング前日の土曜日、
自宅に居た日中も
前回とか同様、トレイルの前日は必ずと言っていいほど
ドンヨリとした空に覆われて
ホント明日晴れんのかいなと思いながら
目的地に向けてクルマを走らせるが・・・、
その間、とくに天気崩れることなく
目的地に到着したころは
夜空のキレイな星を見ながら
やがて満天の星空とお月さまに照らされて
気持ちのいい夜を迎えて

そして夜が明けて
生涯初めて、
西丹沢ビジターセンターから
檜洞丸と大室山頂上を
めざしていくのである・・・!


6:38
檜洞丸頂上をめざす
西丹沢ビジターセンターにて


Chapter of Departure
Sky Vertical &Traverse Flight ✈
For Mt.Hinokiboramaru Top

西丹沢ビジターセンター駐車場 ~ 檜洞丸頂上 4900m
使用路線 : ツツジ新道 
6:40 ~ 8:22

    1km   13’36”
    2km   11’03”
    3km   26’34”
    4km   29’45”
   のこり    20’48”   1゜41’48”
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   1061m
   内訳 西丹沢ビジターセンター駐車場   →   檜洞丸頂上   1061m ( 540m → 1601m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間20分




6:39
開始早々は
キャンプ場が連なる場所を通過していく。。。

キャンプ場連なる林道を行くと
やがて・・・、



6:42
なんかモンスターマウンテンを
想わせるような
登山道が出現だぁ!♪




6:43
「 本当にここいいのか? 」
と不安を煽られながら・・・、




6:48
中途半端に整備されたとこを
ガンガン突き進んでいくと・・・?




7:05
最初のデッド ・ セクション
「 ゴーラ沢出合 」が出現し




7:06
この沢を
何とかして渡らなければならない(><)

ここの沢は、豪雨のあとだと
いとも簡単に濁流化することでも有名だそうなんで
ある種の難所として捉えなければならない・・・。



7:08
幸い、川の水が少なく
カンタンに渡れて
こんどは本格的な登山道へと
コマを進める。




7:13
植生そのものが
高尾 ・ 陣馬 ・ 奥多摩エリアと
大きく異なる丹沢山塊、




7:19
八王子の地元
陣馬山と同じ標高にして・・・、




7:19
辺りは
これまた中途半端で
森林限界チックな丹沢山塊




7:33
標高1000mを越えたあたりで
この日はじめて富士山と
ご対面!♪




7:37
と、同時に
これから縦走する西丹沢の尾根筋をみては
気持ちをときめかす 俺 ・ 矢吹 ♪




8:00
檜洞丸登頂を目前に
木道が現れてきたぞ!♪




8:09
と同時期に
この日いちばんの眺望

ふ じ さん
富士山 ( ← クリックしてね☆♪ )
英語表記    Mt.Fuji
標高       3776.12m 国内最高峰
所在地      静岡県 : 富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町
          山梨県 : 富士吉田市、南都留郡鳴沢村
山系       独立峰
種類       コニーデ型成層火山 ・ 活火山ランクB ・ 常時観測火山
火山番号    F01 ( → ☆ )
火山グループ 富士火山帯
最新噴火    1707年 12月16日 AM10:00頃 ~ 1708年 1月1日未明
          プリニー式噴火 ( → ☆ ) により、
          南東山腹 ・ 宝永火口より、 軽石 & スコリア降下
初登頂     663年(役小角)
登録区分    文化遺産
登録年     2013年
参考資料    富士山噴火史 ( → ☆ )
と、申したいところだが、
あ”っ・・・、ぎくっ(><)
富士山中腹から
雲が沸立ってきてるぜ・・・。

こうなると、大概のシナリオは
必ずという程、雲隠れするんだな、マジで。

事実、本当に
そうなっちまったけど。



8:13
そして・・・、
「丹沢と云えばこれ」 でお馴染み
登頂間近の木道が出現して




8:15
一部分で青空満開な空の下より
尾根筋を駆け上がり

やがてオレは・・・、



8:22
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、新規登録 ・ 13-1件
       &
軒先累計 ・ 第22-1件目
西丹沢 ・ 檜洞丸登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。

 つづく
   ↓
   ↓
   ↓

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢 檜洞丸 ・ 大室山篇 ~ #2

2017.11.26

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

檜洞丸頂上からの
わずかなひと時。。。


8:24
西丹沢ビジターセンターから
わずか1時間40分で檜洞丸頂上へ到達するも




8:26
写真のように
樹木に覆われがちで
あんまし眺望が利かないんだけど



それでもどうにか
眺望スポットは少しだけ存在し
まずはその一つ


8:26
箱根カルデラ最高峰としても
お馴染み & 写真でもわずかな噴煙がお見通し

かみやま
神山 (←クリックしてね!)
標高        1438m
           ※ 箱根カルデラ最高峰
所在地      神奈川県足柄下郡箱根町
山系        箱根山
火山番号     F04 ( ←クリックしてね♪ )
種類        成層火山 ・ カルデラ中央火口丘
火山グループ  富士火山帯
ここからだと
楯状火山のようにそびえ立つ

箱根カルデラの中央火口丘のひとつで
約3000年前に山体西部を崩壊させ、
堆積物がカルデラ内の川をせき止めて芦ノ湖を形成したことでも有名。

オレ自身、中学3年だったかな、
父の友人家族と一度だけ登頂したことあるんだけど
神山のとなりの箱根駒ヶ岳は広く大きく芦ノ湖を見渡せる光景が広がっているんだけど
箱根カルデラ最高峰の神山は、これまた檜洞丸頂上と同様に
あんまし眺望なかったような。。。

かれこれもう、30年近く前の話なんで
ちょいと記憶がうる憶えかな。。。

まっ、そんなことで。


さらに別のアングルから

8:28
こんどは西丹沢エリアから観た
とうのだけ
塔ノ岳 (←クリックしてね☆)
標高    1490.94m
所在地   神奈川県秦野市・清川村・山北町
山系     丹沢山地
種類     山塊
は、このように
観えるんだねぇ。。。



さらに先ほどの塔ノ岳から
左側へと移すと


8:35
枝間の隙間から
ひる が たけ
蛭ヶ岳 (←クリックしてね☆)
見えているぞぇ




8:40
さらに先ほどの蛭ヶ岳の反対側へ視線を移し
こんどはこの山頂を離れて・・・、




8:45
解放感あふれそうな
大室山方向へと船出するのであった・・・。



The NextChapter of
Tanzawa main ridge
Sky Traverse Flight ✈
For Mt.Ohmuro Top

檜洞丸頂上 ~ 大室山頂上 6340m
所属路線 : 丹沢主稜 
8:40 ~ 11:06

   1km   20’05”
   2km   26’22”
   3km   25’22”
   4km   21’20”
   5km   17’57”    1゜51’09”
   6km   23’51”    2゜19’46” ( 0゜27’36” )
※ 累積高低差   527m
   内訳 犬越路分岐点   →   大室山頂上   527m ( 1060m → 1587m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分


檜洞丸出航直後・・・、
丹沢主稜線の開放的な眺めを目の前にして


8:48
これから向かう
次なる目的地

おおむろやま
大室山 ( 丹沢 ・ 神奈川県 ) ( ← クリックしてね♪ )
標高   1587m
所在地  神奈川県相模原市
      山梨県南都留郡道志村
山系   丹沢山地
種類   山塊
をはじめとする山々を紹介する
~ Bird VIEW Time 檜洞丸頂上付近 篇 ~
をお贈りしよう☝


まず始めに

8:49
大室山の右隣にみえるのは・・・、
そでひらやま
袖平山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1431.9m
所在地   神奈川県相模原市
山系    丹沢山地
種類    山塊
で、ここから見える袖平山は
けっこう山肌がキレイだ♪
だけど・・・、

蛭ヶ岳の北側にそびえる袖平山は道志側から攻めると、
稜線までの道がはっきりせず迷いやすい。
眺望自体は登山時から樹林帯に覆われて景色を堪能するのは難しい。
もちろん山頂自体も樹木に覆われていているらしく、
どちらかというと、道志側から蛭ヶ岳方向に向かう通過点しか過ぎない

とのことであるらしい。



8:49
袖平山から左へ向けると
奥に青々とキレイに連なる山々は
奥多摩の山々だ!☆



先ほど紹介した
往路最終目的地、


8:49
大室山 ( 丹沢 ・ 神奈川県 ) ( ← クリックしてね♪ )
左側に延び行く尾根筋は・・・、
           👇
           👇
           👇


8:50
こうそうこっきょう おね
甲相国境尾根 ( ← クリックしてね♪ )
所在地      山梨県 ・ 神奈川県
上位山系     丹沢山地 ・ 丹沢主稜
最高峰      大室山       1587m
東端        大室山       1587m
西端
        三国山       1343m ( → ☆ )
主な山々     加入道山      1418m ( → ☆ ) 
           菰釣山       1379m ( → ☆ )
           モロクボ沢ノ頭  1190m ( → ☆ )
           畦ヶ丸        1293m ( → ☆ )
           鉄砲木ノ頭     1291m ( → ☆ )
           などなど・・・
平均標高     1000m超
総延長距離   20km
である。
甲相国境尾根とは・・・、

丹沢山地の丹沢主稜線の内
大室山以西の
斐の国 ( 山梨県 ) と模の国 ( 神奈川県 )との県境に伸びる
総延長約20kmの尾根筋である。
丹沢山地中央部の蛭ヶ岳から檜洞丸、大室山、菰釣山、三国山 と西へ伸びる稜線を丹沢主稜と呼ぶが、
その内、大室山~三国山間の山梨・神奈川県境の尾根が甲相国境尾根と呼ばれる。
東側の大室山周辺を除けば全体的に高低差が少ない尾根であり、
標高は1100m ~ 1300m程で1000mを下回ることはない。

山小屋については3か所あるものの・・・、
いずれも避難小屋でしかない。

眺望面としては笹が深く生い茂っているところもあるが、
尾根筋そのものが東海自然歩道に指定されているため、道標整備がしっかりされており、
コース選択に迷うような箇所は少ない。

いずれにせよ、丹沢のなかでも極めてひと気の少ないエリアであり
縦走するには綿密な計画を行う必要のある尾根筋といえよう。
まっ、甲相国境尾根のアクセスは極めて悪いので
この尾根筋を攻めたいのなら、肝に銘じてくれ給え

とのことの様である。

さらにその
左側にそびえる山は


8:51
今いる丹沢山塊から
すこし離れたところにある

みしょうたいやま
御正体山 ( ←クリックしてね♪ )
標高     1681m
        道志山塊最高峰
所在地    山梨県都留市 ・ 南都留郡道志村
山系     道志山塊
種類     山塊
ここからみえる御正体山は
いかにも特徴的だけど、じつはこの山、
丹沢グループには一切属されていないんだな、これが。

御坂山地と丹沢山地との中間に位置し、富士山の北東、
桂川と道志川に挟まれた地域に広がる標高1000メートル前後の峰が東西に連なる尾根筋で、
広大な森林と豊富な保水力を持ち、道志川、相模川など神奈川県の水源域ともなっている
道志山塊の最高峰 ・ 御正体山は・・・、
山頂には御正体権現が祀られ、都留市小野に里宮である若宮神社があることでも有名。

ただ、山頂は原生林に覆われて、眺望はよくない。

また、道志山塊自体はというと
訪れる人は決して多くはないが、富士山を間近に望ながらの森林浴が楽しめるほか、
富士山の撮影ポイントとしても人気である。
登山ルートは道志村、上野原、山中湖、相模湖方面からの登山道が整備されているので
隠れた登山ファンに好まれていそうな山塊であろう。

ん~~~~~、
富士五湖のひとつ、山中湖にほど近い道志山塊や御坂山地は
まぁ・・・、大抵・・・、湖畔からの富士山を観て満足して帰られる方々がほとんどだろうから
これら2つの尾根筋アタックは
たぶん・・・、スルーされちまうんだろうな。

ただ、特に御坂山地は
富士五湖付近内陸部にある尾根筋なんで
富士山本体を山から眺めながらトレランするのは
かなり面白いかもしれないね♪


さて最後は・・・、

8:51
大室山へ向かう
尾根筋からみた富士山をご賞味したところで・・・、



ここから先の
尾根筋縦走は・・・、


8:52
だんだんと大室山がジャンボ級になって
近づいていく様を
是非ともご賞味して頂きたい♪




8:53
大室山方向へゆく
痩せこけた尾根筋を
ひた走り、




8:55
こんどは大室山手前にある
 くまささのみね
熊笹ノ峰 ( ← クリックしてね♪ )
標高       1523m
所在地      神奈川県足柄上郡山北町・相模原市
山系       丹沢山地
種類       山塊
を通過していきながら



9:01
雲隠れし始めた富士山を眺めながら
あしたかやま
愛鷹山 (←クリックしてね!)
標高    最高峰 越前岳 1504m
所在地   静岡県富士市・沼津市
           長泉町・裾野市
山系    愛鷹連峰
火山Gr  富士火山帯
種類    成層火山
を簡単に眺める。。。


いっぽう
奥多摩の山々たちを眺めてみると


9:07
多摩地区の市街地から分かり易い
奥多摩のランドマーク的存在でお馴染み、

おおたけさん
大岳山 ( 東京都 )(←クリックしてね♪)
標高     1266.5 m
所在地   東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
西丹沢からは
こう見えるんだねぇ




9:07
さぁ、
ここから先、どう風景が変化していくのか
オレはワクワクである!


さらに、つづく
   ↓
   ↓
   ↓

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢 檜洞丸 ・ 大室山篇 ~ #3

2017.11.26

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪



9:20
先ほど紹介した
熊笹ノ峰付近からの大室山は
段々と大きくなっていき、




9:23
さらに尾根筋を
突っ走っていくと・・・、




9:30
こんどは峠道の分岐点
 いぬこえじ
犬越路 ( → ☆ )
辺りまで近づいてきたぞ



9:34
さぁ、ここから
峠道の分岐点、標高1060m
「 犬越路 」 と呼ばれるとこまで急降下だ




9:35
写真では分かりづらいかも知れないが
痩せこけた斜面を下るのが
オレには超コワかった。。。




9:39
犬越路に向かう
下山途中のクサリ場を伝って行き、




9:58
段々と近づき
大きくなっていく大室山を眺めながら




10:04
峠道の底辺を
ひた走っていくと・・・、




10:06
な・・・、なんと、
犬越路付近からの大室山・・・、
超デカい・・・(><) マジで。



10:09
さぁ、
大室山へのアプローチ
峠道の底辺 ・ 犬越路だぁ




10:10
一応・・・、
犬越路の歴史を
とりあえず堪能したあとに・・・、




10:13
大室山へ
潜入だじぇ~👊




10:25
いつも幼少のころから
おウチや学校から見ていた大室山を
人生初で攻める日が来るとは

我ながら考えても見なかった状況に
意外性を感じながら
この山を攻め揚げていこうとは
夢にも思わなかったぜ。。。




10:29
残り1.8kmが
意外にも長くて遠く感じながら




10:34
あと・・・、もうじき
大室山の頂点を
かみ締めるときが・・・、来る!




10:46
小学校低学年時代から
眺めていた大室山の頂は
一体どうなっているのだろうか?!




10:57
大室山の山頂付近も・・・、
丹沢ならではの木道で
整備つくされているんだねぇ。。。




11:00
そして、登頂間近
運命のときを迎えて・・・、




11:06
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、新規登録 ・ 13-2件
       &
軒先累計 ・ 第22-2件目
西丹沢 ・ 大室山登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。

嗚呼・・・、
感無量だぜぇ。。。


どんどんと
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢 檜洞丸 ・ 大室山篇 ~ #4

2017.11.26

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

またまた
つづき ♪


大室山頂上からの
わずかなひと時。。。


11:09
檜洞丸頂上から
2時間20分程かけて大室山頂上へ到達するも




11:10
大室山の頂上は
ネット等でリサーチした通り・・・、




11:10
やっぱし樹木に覆われて
予想通り、眺望は
なかったとさ。



強いていうなら

11:20
北側斜面の奥多摩方面しか眺められない・・・、
というか

雲に覆われているのは
いまオレが居る・・・、

丹沢付近だけやんけぇ~?!!
まっ・・・、
ぜんかいの奥多摩 ・ 雲取山スカイランニングん時も
そうだったけど、
奥多摩 ・ 奥秩父が快晴で、丹沢付近の山々が
雲隠れしちまうのは
良くあることで、日常茶飯事だぁ。



11:21
・・・ちゅう訳で
曇ってきたし、寒いし
風が冷たくなってきたんで

そそくさと下山を開始するのであった・・・。



The Final Chapter of Transfer Operation
For Nishitanzawa Visitor center Parking

大室山頂上 ~ 西丹沢ビジターセンター駐車場 14110m
所属路線 : 丹沢主稜 ・ 東海自然歩道
11:10 ~ 13:10

   1km   31’16”
   2km   16’36”
   3km   20’08”
   4km   17’56”
   5km   15’44”    1゜41’41”
   6km    4’47”
  のこり     2’48”    1゜49’18” ( 0゜07’37” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間35分


下山当初
ある種の雲の芸術を
目の当たり・・・。




11:31
あさオレが予測した通り
富士山は、けむり玉を使って
姿を隠して雲隠れ




11:31
雲の真下に
愛鷹山・・・。




11:32
そのお隣りの
箱根カルデラも
嗚呼・・・、お前も雲隠れかぁ

ここまですべて曇ると
「 お見事! 」 としか言いようがないねぇ
・・・全く



雲隠れしている富士山たちとは
反対方向の・・・、


11:41
丹沢山塊 ・ 最高峰の
ひるがたけ
蛭ヶ岳 (←クリックしてね☆)
標高    1672.7 m
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
大室山頂上付近からは
円錐形っぽくそびえ立つ




11:55
下山中、学生登山部っぽい集団たちと
すれ違ってから、




12:16
再び峠道の底辺分岐点
「 犬越路 」 に差しかかったところで


ではここから
西丹沢ビジターセンターへの
下山に向けた着陸態勢に入っていくぜ

いざ
Sonic Landing の 開始だ!☆  ( ←クリックしてね♪ )

いくぜ✈✈✈


12:17
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




12:26
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




12:54
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




12:59
Minimum.
❝Landing!✈❞        





13:07
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 



13:10
【 11月 19日 ( 日 ) 練習内容 】
6:40 ~ 13:10
西丹沢エリア 檜洞丸 & 大室山縦走 観光セミスカイランニング 17930m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2017年 11月走行距離 】
日計 17.93km
累計 ・・・・・・・km




13:12
【2017年登山登頂リザルト】
新規登録         13件
 1月 1日 ( 日 ) 鉄砲木ノ頭 ・ 三国山陵 & 籠坂峠
 1月17日 ( 土 ) 伊豆大島 ・ 三原山
 4月16日 ( 日 ) 川苔山 & 本仁田山
 5月 3日 ( 水 ) 太郎山 ( 長野県上田市 )
 5月 4日 ( 木 ) 高井富士 ・ 高社山
 7月 8日 ( 土 ) 常念岳( 北アルプス )
 7月29日 ( 土 ) 天城山 ・ 万二郎岳 & 万三郎岳
 8月 5日 ( 土 ) 燕岳( 北アルプス )
 8月19日 ( 土 ) 谷川岳 ・ トマノ耳 & オキノ耳
 9月 9日 ( 土 ) 空木岳( 中央アルプス )
 9月24日 ( 日 ) 朝日岳 ・ 白毛門 ( 谷川連峰 ・ 馬蹄形縦走路 )
10月 8日 ( 日 ) 剣山 ・ 三嶺 ( 四国山地 )
11月19日 ( 日) 檜洞丸 ・ 大室山 ( 丹沢山塊 )
既存増量         9件
 1月21日 ( 土 ) 高水山 & 岩茸石山
 2月 4日 ( 土 ) 岩茸石山 & 棒ノ嶺
 3月 5日 ( 日 ) 陣馬山 & 高尾山
 4月 2日 ( 日 ) 高水山常福院
 5月27日 ( 土 ) 高井富士 ・ 高社山
 6月 3日 ( 土 ) 丹沢表尾根 塔ノ岳 & 三ノ塔 ( 丹沢山塊 )
 6月11日 ( 日 ) 武甲山 & 大持山
 6月24日 ( 土 ) 丹沢 ・ 塔ノ岳 ( 丹沢山塊 )
11月 5日 ( 土 ) 雲取山 & 七ツ石山( 奥多摩 )
軒先累計         22件


【俺 ・ 矢吹 ♪ 日本百名山登頂リザルト】
登録件数         26件/100件中
達成率           26%
新規追加登録  ※ 新規増量なし
※ 下記日付は、初回登頂年月日を指す
蝦夷富士 ・ 後方羊蹄山 2014年  7月30日 ( 水 )  北海道
津軽富士 ・ 岩木山    2012年  7月26日 ( 火 )  青森県
南部片富士 ・ 岩手山   2012年  7月28日 ( 土 )  岩手県
蔵王山            2014年  7月23日 ( 月 )  山形県
会津富士 ・ 磐梯山    2012年  7月22日 ( 日 )  福島県
那須岳           2016年  8月21日 ( 日 )  福島県 ・ 栃木県
谷川岳           2017年  8月19日 ( 土 )  新潟県 ・ 群馬県
越後富士 ・ 妙高山    2015年  9月22日 ( 火 )  新潟県
日光富士 ・ 男体山    2016年  8月16日 ( 火 )  栃木県
日光白根山        2016年  8月15日 ( 月 )  栃木県 ・ 群馬県
赤城山           2016年  7月 4日 ( 月 )  群馬県
草津白根山        2000年  9月24日 ( 日 )  群馬県
四阿山           2015年 10月10日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
浅間山           2013年  5月 4日 ( 土 )  長野県 ・ 群馬県
筑波山           2014年  2月28日 ( 金 )  茨城県
常念岳           2017年  7月 8日 ( 土 )  長野県( 北アルプス )
雲取山           2014年 11月15日 ( 土 )  東京都 ・ 山梨県 ・ 埼玉県
金峰山           2013年  9月14日 ( 土 )  山梨県 ・ 長野県
瑞牆山           2012年  7月12日 ( 日 )  山梨県
丹沢山           2016年  1月16日 ( 土 )  神奈川県
富士山           1999年  7月24日 ( 日 )  山梨県 ・ 静岡県
天城山           2017年  7月29日 ( 土 )  静岡県
空木岳           2017年  9月 9日 ( 土 )  長野県( 中央アルプス )
剣山             2017年 10月 8日 ( 日 )  徳島県 ( 四国山地 )
九重山           2014年  5月 4日 ( 土 )  大分県
薩摩富士 ・ 開聞岳   2011年  7月28日 ( 木 )   鹿児島県


【2017年 11月 19日 ( 日 )の運行仕業】
西丹沢ビジターセンター駐車場 ~ 県道76号 ・ 山北藤野線 ~
清水橋交差点 ・ 右折 ☞ 国道246号線へ接続 ~
金田陸橋交差点 ・ 左折 ☞ 国道129号線へ接続 ~
橋本五差路 ・ 直進 ☞ 国道16号 &八王子バイパスへ接続 ~
八王子市街 ~ 八王子 ・ 自宅 22:11帰宅


【 2017年 11月 19日 ( 日 )の運行距離 】

22:11
87.1km
全ルート ・ 一般道を使用

             神奈川県山北町      東京都八王子市     
輸送区間 : 西丹沢ビジターセンター駐車場 ☞ 八王子 ・ 自宅


あとがきへと
  つづく
   ↓
   ↓
   ↓

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢 檜洞丸 ・ 大室山篇 ~ #5                                                    The Final Tracks 

2017.11.26

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ☆♪


あとがき
「 西丹沢は、オレにとって
 どんな場所だったか 」

オレにとっての西丹沢は
立入ったこと自体が意外なことだった。

・・・かもしれない。


オレのなかで
かつては蛭ヶ岳自体に行けただけでも意外性に富んでいただけに
蛭ヶ岳より西に立入ることは
到底、考えもつかなかったが、




まさか
自分が西丹沢に進入して
大室山に意外に早く登頂果たせたとは
夢にも思えない心境でいっぱいだ




小さい頃から
慣れ親しんだ光景の大室山登頂果たせたというのが
ただただ純粋に
嬉しく思えた。


登山の感じ方に
みんな様々で
十人十色だろうけど、




地元 ・ 八王子から見るのとは
ひと味もふた味もちがう
大室山の光景は・・・、

本当に美しかった。。。

また、大室山の雄姿
観にいくぜ!👊




俺 ・ 矢吹♪
West Tanzawa Wing Sky Cruising

オレの知らない丹沢山塊の大いなる世界 ~ 西丹沢篇 ~
                       

奥多摩 ・ 奥秩父エリア、マジでおそるべし・・・!Ⅳ ~ 三峰神社から雲取山 篇 ~  #1

2017.11.12

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

2017年 ( ← クリックしてね♪ )
西暦(グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる平年。平成29年。
つまり、今年の西暦年号だ。
それが、どうしたって?
それは・・・、
去る、2017年 11月 5日 ( 日 ) 、
’17th 矢吹 ♪ Capital TOKYO Highway traverse #37
            東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

お山の標高に
ことしの年号とおなじ、2017年にして
2017mの山が
この世には存在し
今回そこを4度目の登頂果たしたんだな、オレは♪

       それが、ここだ
           👇
           👇
           👇
           👇
           👇

       東京都の最高峰で
  都内唯一の2000m級の山でお馴染み


くもとりやま
雲取山 ( ← クリックしてね♪ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     秩父山地 ( → ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点

だ!☆
だけど、雲取山登頂だけでは満足しなかったオレは
更に足を延ばし、もう一カ所登頂した山があるんだな♪

       それが、これ☆
           👇
           👇
           👇


ななついしやま
七ツ石山 ( ← クリックしてね♪ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( → ☆ )
所属路線  石尾根縦走路


さて、こんかいの
雲取山スカイランニングは
従来とは大きく異なる内容だ


それはなんと
いつものような東京都側 鴨沢 ・ 小袖エリアからの
スタートではなく・・・、




埼玉県側 ・ 三峰口からの
アタックじゃぁ~っ👊


さて、こんかいの雲取山スカイランニングの世界は
雲取山愛好家らの
ほとんどの方々が知らないと思われる

埼玉県側 ・ 三峰神社口からのルートを
徹底解剖だ!☆


んじゃ、いくぜ!
Capital TOKYO Highway traverse 
The world in metropolitan Tokyo
        &
     Mt.Kumotori

~ 俺 ・ 矢吹 ♪ 埼玉県三峰口から雲取山を攻める 篇 ~

まずは三峰口 ・ 雲取山アタックまでの
あらまし

前日の11月4日(土)
当初は、秋の11月の三連休の中日のこの日に
三峰口 ・ 雲取山アタックを行うはずだったが、
生憎この日の天候は快晴とはいかない愚図ついた天気だったんで
仕方なしに一日遅らせて、11月5日(日)に行うに至る。

四国山地のスカイランニングから一カ月ぶりのトレイルになっちまい、
その間、多忙な日々や今までの疲労が蓄積されてしまい
先月下旬から一週間ばかし38度の高熱を出す風邪をこじられてしまい
こんかいのトレイル開始寸前でどうにかこうにか病み上がり
雲取山観光スカイランニングに、なんとかこぎ着けられたのだった。

前日は、夕方4時間ごろに自宅を出発し
夕方6時台、青梅市内で散髪し
途中夕食を挟んで、夜22時07分、三峰口の駐車場に到着し
明日に向けて車中泊するのであった。。。

【2017年 11月 4日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 ~ 八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 谷野街道入口交差点 ・ 左折 ~
都道186号 ~ 二宮交差点 ・ 右折 ~ 福生志茂交差点 ・ 左折 ~ 福生加美交差点 ・ 右折 ~
武蔵野台交差点 ・ 左折 ~ 誠明学園交差点 ・ 右折 ~ 青梅新町交差点 ・ 右折 ~
都道5号 ・ 青梅街道 ~ 箱根ヶ崎西交差点 ・ 左折 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~
小谷田交差点 ・ 左折 ☞ 国道299号へ接続 ~ 国道299号 ・ 正丸トンネル通過 ~
本町交差点 ・ 左折 ~ 国道140号 ~ 県道28号 ・ 秩父多摩国立公園三峰線 ~
三峰神社駐車場 22:07到着 ☞ そのまま車中泊

【 2017年 11月 4日 ( 土 )の運行距離 】

113.0km
全ルート ・ 一般道を使用

             東京都八王子市     埼玉県秩父市
輸送区間 : 八王子 ・ 自宅 ☞ 三峰神社駐車場

雲取山スカイランニング前日の土曜日、
自宅を出発した16時台、北の空が茶色くドンヨリとしており
ホント明日晴れんのかいなと思いながら
三峰神社に向けてクルマを走らせるが・・・、
その間、運転中に激しい土砂降りに見舞われた。

だけど、時間が過ぎていき
夜空のキレイな星を見ながら
登山口へとクルマを走らせて
やがて満天の星空とお月さまに照らされて
気持ちのいい夜を迎えて

そして夜が明けて
生涯初めて、
オレは埼玉県側の三峰神社登山口から
東京都最高峰の頂、雲取山頂上を
めざしていくのである・・・!


6:38
スタート地点、埼玉県側の三峰神社駐車場より
往路中間目的地 ・ 雲取山を望む

Chapter of Departure
Sky Vertical &Traverse Flight ✈
For Mt.Kumotori Top

三峰神社駐車場 ~ 雲取山頂上 10070m
経由地 : 霧藻ヶ峰 ・ 白岩山 ・ 芋ノ木ドッケ ・ 雲取山荘 
6:40 ~ 9:54

   1km   11’06”
   2km   12’20” 
   3km   13’49”
   4km   23’26”
   5km   19’33”    1゜20’17”
   6km   27’34”
   7km   26’13”
   8km   20’04”
   9km   14’08”
  10km   19’47”    3゜08’05” ( 1゜47’48” )
  のこり     2’09”    3゜10’15” ( 0゜02’09” )
※ タイム計測は、GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   957m
   内訳 三峰神社駐車場   →   雲取山頂上   2017m ( 1060m → 2017m )
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間30分
 
東京都側の小袖駐車場より
大きくゆったりとした三峰神社駐車場から開始するも




6:41
往路中間目的地となった
第一目的地 ・ 10km離れた
東京都最高峰の雲取山をいざめざす




6:45
これまた・・・、
東京都側とは大きく違う
整備され尽された公園のような中を
てくてくと攻め始めていくと




6:46
登山道らしからぬ
舗装路のなかを突っ走っていくと・・・、




6:48
やがて鳥居が見えてきて
ここから本格的登山道へと
突入していく。。。




7:04
三峰口からは
絶えず写真のような距離表示板が
ひっきりなしにあるので、これは大変目安になったとさ。




7:23
登山道の序盤は
殺風景極まりない
杉林の急斜面を攻め行き

やがて・・・、



7:37
昭和天皇の弟宮、秩父宮雍仁親王によって
命名された・・・、




7:37
きりもがみね
霧藻ヶ峰 ( ← クリックしてね♪ )
命名者    秩父宮雍仁親王 1933年 
標高     1523.1m
所在地    埼玉県秩父市
山系     奥秩父山塊
種類     山塊
へと到達する。



7:38
樹林帯主体の
三峰神社駐車場からのコース
霧藻が峰から眺める
つかの間の絶景の先には・・・、




7:38
数々のコースを有し
クサリ場難所好きには堪らないことでも
有名な・・・、

りょうかみさん
両神山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    1723m
所在地   埼玉県秩父郡小鹿野町・秩父市
山系    奥秩父山塊
備考    日本百名山のひとつ
       秩父三山 ( 両神山、三峰山、武甲山 )のひとつ
が、不気味な形相で
雄大な姿でそびえ立つ

後にも先にも
雲取山関連のコースで
この両神山を眺められるのは
ここだけだ!!!



7:43
埼玉県側の雲取山コースは
先ほどの霧藻ヶ峰と白岩山との山越えをして行きながら攻めるので
激しいアップダウンが意外に多い




8:12
雲取山への埼玉県側コースの
中間地点、
ここから先、どんなステージが
待ち構えているのだろうか?

この時のオレは
当然ながら、知る由もない




8:15
樹林帯主体で構成される三峰口コース、
植生が杉林から立枯れぎみな原生林へと
微妙な変化をしていきながら




8:20
標高1776mの
前白岩山へとたどり着く




8:31
これが前白岩山からみた
つかの間の絶景ポイント
和名倉山の尾根筋だ



 つづく
   ↓
   ↓
   ↓

奥多摩 ・ 奥秩父エリア、マジでおそるべし・・・!Ⅳ ~ 三峰神社から雲取山 篇 ~  #2

2017.11.12

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪


8:25
・・・何でもいいけど
いつまで続くんだ?!
このヘンな樹林帯は・・・。




8:37
・・・と、思っている間に
ここでもまた
つかの間の絶景 ・ 到来だ♪


写真をズームアップして
見える山は・・・?


8:37
将監峠から秩父湖へと延びる
標高2000m級の尾根筋のひとつ

 わ な くら やま
和名倉山 ( ← クリックしてね♪ )
標高    2036.02m
所在地   埼玉県秩父市
山系    奥秩父山塊
種類    山塊
が、緑深くキレイな姿で
そびえ立つ

和名倉山は・・・、
四方に谷を刻んだ巨大な山体が特徴的である。
かつては奥秩父の秘峰としてその原生林の美しさが讃えられたが、
1950年 ~ 1960年代の森林伐採と山火事で山域の荒廃が進んでしまう。
かつて美林を誇ったコメツガの原生林は、
大滝村の皆伐と伐採事業に伴う火災によりほぼその全てが失われており、
尾根筋の大半は平凡な唐松の植林とスズタケの密藪に覆われている。
辛うじて伐採を免れた県境付近では、石楠花の群落が見られる。

登山について、かつては、登山道(ルート)がはっきりせず、
暗い樹林帯が多い難路で、山中でテント泊する準備が出来、薮こぎに耐える覚悟と体力を持ち、
地図と磁石で針路を決められる技術を持つ者以外には危険な“秘峰”とみられていたが、
最近は登山道の開発が次第に進んできた。
現在では、一般ルートを取る限り、テント泊も必要でなく、とくに難しい山ではない。

との事の様である。



8:40
樹林帯メインの
この登山道にも
更に植生構成に変化が出てきて


やがて・・・、


東京都 ・ 埼玉県の都県境の尾根筋の中でも
遭難リスクの高いことでも超有名な

長沢背陵 ( → ☆ ) の玄関口

8:56
いも の き ド ッ ケ
芋ノ木ドッケ ( ←クリックしてね♪ )
標高     1946m
所在地    埼玉県秩父市
        東京都西多摩郡奥多摩町
山系     秩父山地
所属路線  長沢背陵
に到達する。



8:56
芋の木ドッケの頂上は
以前、川苔山ブログで紹介した通り
やはり、眺望はなかった。。。マジで。




9:02
標高1900m台にして
または標高2000mを目前にして

まさか、こんなとこまで来て
青梅丘陵みたいなところを
走らされるとは、思わなかった(><)




9:08
はぁぁぁ~~~っ
もういい加減
何なんだよ、ここ・・・、




9:18
ここがもし谷川連峰だったら、
四国山地だったら・・・、
スカイランニングらしい開放感に
満ちあふれていたはずなのに。。。




9:25
ようやく往路中間目的地
東京都最高峰 ・ 雲取山がみえてきた。

埼玉県側からの雲取山は
樹木によってボディーマウント ( → ☆ ) されてんだねぇ



9:27
登頂を目前にして
・・・やっと太陽の光を
初めて見始めたような気がする。。。




9:33
今となっては
雲取山頂上付近で
泊まれる唯一の山小屋
「 雲取山荘 」 を通過するも・・・、




9:37
最後のさいごで
何なんだよ
この樹林帯はよ~

・・・ざぁけやがって
  
この光景・・・、
もういい加減、、、
飽きてきた(><)




9:47
そして、雲取山登頂目前にして
この日初めてだよ
太陽見たの・・・、と思いながら、




9:54
3時間10分が
6時間くらいに感じた
長丁場がようやう終了し、




9:54
俺 ・ 矢吹 ♪
2017年、既存増量
軒先累計 ・ 第21-1件目
雲取山登頂達成ぇ~っ♪
 
したのであった。

・・・はぁぁ
疲れたぁ。。。


さらに、つづく
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.