アロー独走

Changing The Future , NOW♪

雲取山タイムトライアル Part.3   #1

2019.02.18

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

去る、2019年 2月 17日 ( 日 ) 、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#28
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )

この日は・・・、
「 第53回 青梅マラソン 」
だったけど・・・、


・ レースにエントリーしてない
・ レースに向けた練習なんぞ、最近、やっちゃいない

・・・という理由からオレは
自分のやりたい事を最優先にすべく
観光トレラン向けの強化練習に
赴いたのである♪

そう・・・、
それは例の・・・、

日本百名山 ・ 新規獲得増量キャンペーン
死ぬまでに60%達成!♪ 絶賛 ・ 実施中 ☆

・・・向けの
自主強化エクササイズ企画!


んで、こんかい選んだ
その教材は
もうオレにとって
ネタ切れしたときに、最近よく用いる・・・、



首都 ・ 東京の最高峰で
困ったときの・・・、


くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
        秩父山地 ( → ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
だっ♪
まぁ、気合入れれば
お昼にはミッション終了するんで
そこから青梅マラソン応援に間に合うかなぁ・・・。

という感じで

矢吹♪ SPEED FASTECH
For Semi Vertical Operation
Mt.KUMOTORI The Time Trial Part.3

奥秩父山塊 自主強化練習
「 雲取山タイムトライアル パート3」 篇

に、勤しんだのであ~る♪!


では、こんかいも
あらすじをすっ飛ばして
いきなし本題だぜぇ~

超絶簡単に申しあげれば
前日の土曜日に22:30に就寝し
2:30というまたまた奇天烈な時間に起床し
夜中の3:30に自宅出発、
あさ5:40、小袖駐車場にクルマを停めて・・・、


6:53
雲取山タイムトライアルが
開始されるのであ~る♪



Chapter of Departure
Mt.KUMORORI The Time Trial
小袖駐車場 ~ 雲取山頂上 10300m

使用路線 : 雲取山登り尾根 ・ 石尾根縦走路 
経由地  : 七ツ石山頂上 ・ 小雲取山頂上
6:55 ~ 9:27

   1km   10’14”
   2km   12’00”
   3km   11’38”
   4km   12’25”
   5km   14’55”    1゜01’15”
   6km   19’24”    
   7km   16’35”
   8km   18’27”
   9km   14’03”
  10km   16’18”    2゜26’04” ( 1゜24’49” )
   のこり    4’41”    2゜30’45” ( 0゜04’41” )
平均ペース : 14’36”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1277m
   内訳 小袖駐車場   →   雲取山頂上   1277m ( 740m → 2017m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間30分




6:57
まずは
毎度おなじみな看板まえから進入し




7:05
廃墟った
山小屋の脇を通過してくと




7:29
山の尾根筋が
顔を出す!




7:45
さらに標高を揚げて



8:07
丹沢山くらいの標高1580mくらいの
「 七ツ石小屋 」 に到達!




8:08
どうやらここは
小袖ルートの半分地点であるようだ。




8:08
七ツ石小屋から
さらに上をめざし、




8:16
やがて
支線と本線の合流地点で
石尾根縦走路に接続すると、




8:20
満天の青空に、
こびり付く雪原の
その先は・・・?


七ツ石山頂上から
眺める・・・、


くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )が
見えてきたぞ!

元旦以来の光景だぜ!!!




8:22
よっしゃあ!
小雲取山を経由して
写真中央の雲取山をめざしてくぜぇ♪




8:23
毎度まいどながら
この尾根筋をみると
なんだか、ワクワクするぜ!




8:23
開放感あふれる
石尾根縦走路からの

ひりゅうさん
飛竜山 ( ☞ ☆ ) 、
毎度ながら癒される光景だぁ。。。




8:33
飛竜山をみながら
前方を突進み、




8:35
青空の下の
ダンシング ・ ツリーをあとにして

さらに雲取山の頂きへと
めざすのである♪


つづく
  ↓
  ↓
  ↓

雲取山タイムトライアル Part.3   #2

2019.02.18

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪


8:45
さて、石尾根縦走路を巡航していると
富士山とセットにそびえる

 だいぼさつれんれい
大菩薩連嶺 ( ☞ ☆ )
を眺めなているころ、




8:51
広大な
ヘリポートを通過して




8:52
写真中央の
雲取山の頂きが
段々と近づきだす♪




8:55
老朽化による
閉鎖間近で、いま話題の
「 奥多摩小屋 」 を通過して




9:01
雪解け間近の
尾根筋をズンズン進んで、




9:09
登頂直前の
超急登斜面を駆け上がって、




9:20
さぁ、
山頂直下の避難小屋が
見えてきたぞ!




9:21
青梅マラソン当日の
この日に




9:25
なんとオレは・・・、
雲取山を登頂果たすのか・・・!?

そしてついに・・・、




9:27
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 4件目
       &
軒先累計 ・ 第5件目
雲取山 登頂達成ぇ~っ♪

・・・したんだけど、



9:27
だっせぇ~
なんだよぉ、このタイム ( × ・ × )

タイムトライアルと銘打って
平凡すぎるリザルトだぜぇ~


さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.3   #3

2019.02.18

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

さらに
つづき ♪


ではここで、いつものように
9:27 ~ 10:25は


9:28
~ Bird VIEW Time 雲取山篇 2019th 
          Part.2 ~

と、行ったるでぇ~♪

まず最初に見えたのは

9:28
奥秩父山塊グループに属し
奥秩父の主稜線から離れている

 わ な くら やま
和名倉山 ( ☞ ☆ )
標高    2036.02m
所在地   埼玉県秩父市
山系    奥秩父山塊
種類    山塊
で、ここから見る
和名倉山は、けっこうデカくて
堂々としているぜ♪


ちゅう訳で
反時計回りに
順番に紹介していくよ~♪




9:29
その和名倉山の左隣りに
広がる奥秩父山塊のメインの山々は

まず向かって右から・・・、




9:29
信濃川 ・ 笛吹川 ・ 富士川の源流マウンテンで
州 ・ 州 ・ 州の3県にまたがる
奥秩父山塊の代表格のひとつ

こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2475m
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     埼玉県秩父市
         山梨県山梨市
         長野県川上村
山系      奥秩父山塊
種類      山塊
が、この日もキレイに
堂々たる姿でそびえ立つが
きっとこの日の甲武信ヶ岳は
雪山状態だろう。。。

さて、さらにその
甲武信ヶ岳の左隣りは、



9:29
奥秩父山塊の最高峰
標高はなんと・・・、2601mを誇り
そんでもってかつてオレ自身も登頂果たしている・・・、

きたおくせんじょうだけ
北奥千丈岳 ( ☞ ♪ )
標高    2601m
       ※ 奥秩父山塊 最高峰
所在地  山梨県山梨市
山系    奥秩父山塊
が、この日も
くっきりと見えてたぞぇ!




9:29
では次にみえる
北奥千丈岳の左隣りで
雲取山からみる威風堂々と佇むこの山は、

ひりゅうさん
飛竜山 ( ☞ ☆ )
標高    2077m
所在地   埼玉県秩父市
       山梨県北都留郡丹波山村
山系    奥秩父山塊 ( → ☆ )
で、いま居る雲取山の頂上から
注目度バツグンな飛竜山の頂は
樹木に囲まれて眺望ナシらしいぞ・・・!?




9:29
では今度は
みなみアルプス      あかいしさんみゃく 
南アルプス ( 赤石山脈 ) ( ☞ ☆ ) を、
所在地  長野県 ・ 山梨県 ・ 静岡県
最高峰  北岳 ( → ☆ ) 3193m ・ 国内第2位
総延長  約120km
最大幅  約40km
右端から観える範囲を
順々追っていこう♪




9:29
まず南アルプスの最初は
全国駒ヶ岳グループの最高峰に君臨する

か い こまがたけ
甲斐駒ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2967m
         ※ 国内第24位
         ※ 全国駒ヶ岳グループの最高峰

         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     山梨県北杜市
         長野県伊那市
山系      赤石山脈 (南アルプス)
種類      隆起 ・ 花崗岩
が、みえるけど
この日の甲斐駒ケ岳は
雪が少なめかな?




9:29
んで、甲斐駒ケ岳の左隣りは
誰もがご存知
富士山に次いで国内第2位の標高を誇る

きただけ
北岳 ( ☞ ☆ )
標高     3193m
        ※ 国内第2位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    山梨県南アルプス市
山系     赤石山脈
種類     隆起
初登頂   1871年 名取直江
と、


9:29
北アルプスの穂高岳と並び
国内第3位誇る高さで有名な

あいのだけ
間ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高     3190 m
        ※ 国内第3位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    山梨県南アルプス市、南巨摩郡早川町
        静岡県静岡市葵区
山系     赤石山脈
種類     隆起
の、雪量が
雲取山の頂上からも
ハンパないのが、お見通し♪ ( >< )




9:29
さらにその左隣りには
ことしこそ新規ターゲットに見定めている・・・、

しおみだけ
塩見岳 ( ☞ ☆ )
標高      3047m
         ※ 国内第16位
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     長野県伊那市
         静岡県静岡市葵区
山系      赤石山脈
種類      隆起・褶曲
がそびえ立ち、
ことしの夏に行けたらいいなぁ。。。、
って密かに企んでいるのである・・・。




9:29
さらにその左隣りには
南アルプスのなかで
Deepエリアに属す

あらかわだけ
荒川岳 ( ☞ ☆ )
標高     3141m
        ※ 国内第6位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    静岡県静岡市葵区
        長野県下伊那郡大鹿村
山系      赤石山脈
初登頂   1909年 ・ 記録上小島烏水ら
と、


9:29
あかいしだけ
赤石岳 ( ☞ ☆ )
標高    3120.53m
       ※ 国内第7位
       ※日本百名山のひとつ
所在地   長野県下伊那郡大鹿村
       静岡県静岡市葵区
山系    赤石山脈 ( 南アルプス ) ( → ☆ )
種類    氷食尖峰 ( → ☆ )
       隆起 ( → ☆ )
が、威風堂々たる
独立峰のように大きくそびえ立ち、




9:29
そんでもって
雲取山頂上から見る南アルプスの最後は・・・、
昨年の夏に、実際に登頂を果たした、

ひじりだけ
聖岳 ( ☞ ☆ )
標高        3013m
           ※ 国内第21位
           ※ 日本百名山のひとつ
所在地       静岡県静岡市葵区
           長野県飯田市
山系        赤石山脈 ・ 南アルプス
種類        褶曲 隆起
初登頂       1905年
がそびえ立っている。

こうして眺めて見ると
東京都から南アルプス連峰を眺められる
唯一のエリアかもしれないね♪



ではつぎに見える
山グループは、

奥秩父山塊の楽園エリアで
連嶺そのものも20kmと長大編成を誇る

 だいぼさつれんれい
大菩薩連嶺 ( ☞ ☆ )の中のひとつで、

9:29
大菩薩連嶺の代表格の山は
もちろん・・・、

だい ぼ さつれい
大菩薩嶺 ( ☞ ☆ )
標高     2056.9 m
        ※ 大菩薩連嶺最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   山梨県甲州市、北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 (大菩薩連嶺)
である。

この日の大菩薩嶺は
たぶん無雪状態か?

う~む。。。


さて・・・、
ここからの

~ Bird VIEW Time ~ は

10:15
東京都内にそびえ立つ奥多摩山塊を
眺めていこう👆



まず東京都内の奥多摩山塊
第一弾は


10:16
ごぜんやま
御前山 ( 東京都 ) ( ☞ ☆ )
標高   1405m
所在地  東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村
山系   奥多摩
種類   山塊
は、ここはかつてトレラン仲間と初めて
奥多摩エリアを制覇した山のひとつで、
御前山の主な特徴は・・・、

ひとこと
植林された杉林に囲まれており、
山頂は広いが眺望はない

って感じである。
まぁ・・・、姿 ・ 山容に騙されるな!って感じかな。



10:16
さて今度の
御前山のすぐ左隣りは
八王子市街からでもよく見えることでもお馴染み

おおたけさん
大岳山 ( 東京都 )( ☞ ☆ )
標高     1266.5 m
所在地   東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
が、多摩地区の市街地から分かり易い
奥多摩のランドマーク的存在のこのお山は

雲取山の頂上からだと
見下ろすようにそびえ立っているのである♪




10:16
さて今度は
奥多摩駅 ~ 雲取山頂上間に延び行く
奥多摩山塊の東海道本線てき存在
石尾根縦走路の中間地点にして
石尾根縦走路の代表山岳でお馴染み

 たかのすやま
鷹ノ巣山 ( 東京都 ) ( ☞ ☆ )
標高     1736.6 m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
の姿は、
ここから見ると、かなり巨漢なり!



またまた
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.3   #4

2019.02.18

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

またまた
つづき ♪


さて今度は
石尾根縦走路の尾根筋から
すこし離れた場所に存在し、


10:16
前回、最近久々に登頂した、
  ほにたやま
本仁田山
標高     1224.5 m
所在地   東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
と、



10:16
かわのりやま
川苔山 ( ☞ ☆ )
標高       1363.3m
所在地     東京都西多摩郡奥多摩町
山系       奥多摩
種類       山塊
を見下ろすように眺め、

さらにその
左隣りには


10:18
標高1500m ~ 1800m弱の尾根筋が
山脈のように連なる




10:18
東京都と埼玉県との
戸県境尾根

ながさわはいりょう
長沢背陵 ( ☞ ☆ )
眺め終えたあと、



10:20
閑散とした
雲取山頂上を
そろそろ離れ始め、



The Final Chapter of Transfer Operation
雲取山頂上 ~ 小袖駐車場 10230m

使用路線 : 石尾根縦走路 ・ 雲取山登り尾根
経由地  : 小雲取山頂上 ・ 七ツ石山頂上
10:25 ~ 12:12

   1km   10’18”
   2km   12’08”
   3km    8’44”
   4km   24’23”
   5km   12’33”    1゜08’08”
   6km    8’32”
   7km    6’59”
   8km    6’27”
   9km    7’31”
  10km    7’54”    1゜45’34” ( 0゜37’26” )
  のこり     1’35”    1゜47’09” ( 0゜01’35” )
平均ペース : 10’33”/km

10:20
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   85m
   内訳 奥多摩小屋周辺  →   七ツ石山頂上   85m ( 1672m → 1757m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分

へと移行するのだけど、



10:22
この日の雲取山は
頂上あたりにしか積雪なく、




10:26
この日に登山したハイカーさんたちは
大きく期待を裏切られたんだそうな。。。




10:32
まぁ・・・、
雲取山で雪山体験したければ
街中が積もる位のドカ雪が降らないと、きっとダメだろうねぇ。。。

※ 知らんけど。



10:43
と、言っているあいだに
やがて経由地である・・・、
ななついしやま
七ツ石山 ( ☞ ☆ )
標高     1757.30m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
が見え始めてきたぜ!



10:43
小雲取山の頂上より・・・、
奥多摩の山々を眺めて見る。。。

同じ写真に山名をふると
こんな感じに♪

      ☟
      ☟
      ☟


10:44



10:47
この日は登山中のときから
ひっそりとしたテント場を通過して




10:55
七ツ石山の頂上を
めざすのであった・・・!



ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.3   #5   The Final Tracks      

2019.02.18

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

これで
最後 ♪☆



10:57
七ツ石山頂上に向けた
ゲキ坂を駆抜けきって、




11:07
七ツ石山頂上にて



11:18
沸立つ富士山をあとにして・・・、
ではここでいつものように
着陸点呼を
済ませたところで

いざ!


11:23
Sonic Landing の 開始だ!☆  
( 👆 British Airways Airbus A320 Edition ☞ ♪ )

いくぜ


11:28
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




11:45
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




12:09
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




12:11
Minimum.
❝Landing!✈❞        




12:12
Nice Landing!♪ 
【 2019年 2月 17日 (日 )練習内容 】
6:55 ~ 12:15
・ 雲取山タイムトライアル 20460m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと


【 2019年 2月走行距離 】
日計       20.46km
累計       ・・・・・・・km




12:20
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録         1件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳              ( 御坂山地 )
既存増量         4件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                   ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
軒先累計         5件

2019年 2月総累積高低差
           2622m ( 2.62km)

2019年 年間総累積高低差
           5654m ( 5.65km)



【2019年 2月 17日 ( 日 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 、 深夜3:30時出発 ~ 八王子市街 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入橋交差点 ・ 左折 ☞ 都道169号 ・ 新滝山街道へ接続 ~
東京サマーランド前交差点 ・ 直進 ☞ 国道411号 ・ 滝山街道へ接続 ~
万年橋南詰交差点 ・ 直進 ☞ 都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
古里駅前交差点 ・ 左折 ☞ 国道411号 ・ 青梅街道へ接続~
雲取山登山口 ・ 小袖駐車場 5:40到着
雲取山登山口 ・ 小袖駐車場 12:55出発 ~
国道411号 ・ 青梅街道 ☞ 古里駅前交差点 ・ 右折後、都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
青梅市民会館南交差点 ・ 右折 ☞ 都道5号 ・ 青梅街道へ接続 ~
河辺駅北入口交差点 ・ 右折 ☞ 青梅市街 ~
青梅信用金庫 河辺支店 駐車場 ・ 14:05より入庫
( 14:15 ~ 16:50 青梅マラソンの応援 & 八王子走ろう会と合流 )
青梅信用金庫 河辺支店 駐車場 ・ 17:05より出庫後、再出発開始 ~
青梅市街 ~ 羽村市街 ~ 福生志茂南交差点 ・ 右折 ☞ 都道7号へ接続 ~
二宮交差点 ・ 左折 ☞ 都道166号線へ接続 ~
谷野街道入口交差点 ・ 右折 ☞ 国道16号 ・ 東京環状へ接続 ~ 八王子市街 ~
17:50 八王子 ・ 自宅に帰宅


【2019年 2月 17日 ( 日 )の運行距離】
124.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    東京都八王子市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  八王子 ・ 自宅



雲取山のトレーニング後は・・・

折角なんで
このレースに出場した走友と合流し、



みんなの頑張りを見に
応援しに行ったのであった・・・!




矢吹♪ SPEED FASTECH
For Semi Vertical Operation
Mt.KUMOTORI The Time Trial Part.3

奥秩父山塊 自主強化練習
「 雲取山タイムトライアル パート3」 篇

                

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #1

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

読者諸君、
突然だけど・・・、

去る、2019年 2月 3日 ( 日 ) 、
矢吹 ♪ 2019 Earth Conscious ZIPANGU #4
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
こんかいオレは
急きょ、丹沢表尾根の・・・、


たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1491m
所在地   神奈川県秦野市 ・ 清川村 ・ 山北町
山系     丹沢山塊 ( → ☆ )
種類     隆起 ・ 山塊
               と、

たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ )
標高    1204.8 m
所在地   神奈川県秦野市
山系    丹沢山地
種類    隆起 ・ 山塊
              に、赴いた。

それは、なぜか!?


オレにとって
人生2度目の 「 21歳の誕生日 」 を迎えた
1月31日 ( 木 )
この日またまた

南岸低気圧に伴う悪天候 ( ☞ ☆ )に見舞われた
のだぁ~

幸いにして
写真のような積雪にもならなくって、一安心。。。



ちゅう訳で
こんかいは近場の山々の
積雪山岳パトロールに赴くのだぁ~

題して

俺 ・ 矢吹 ♪
2019th The Table TANZAWA
in Metropolitan area
Semi Sky Traverse Edition

「 いつもとちがう、丹沢表尾根の風景 」 篇
である。

では、こんかいも
あらすじをすっ飛ばして
いきなし本題だぜぇ~

超絶簡単に申しあげれば
前日の土曜日が出勤日で
業務終了が、18:45
就寝が23:00で
2:30というまたまたアホな時間に起床し
夜中の3:40に自宅出発、
あさ5:15、大倉のコインパーキングにクルマを停めて・・・、




7:20
楽しみな、たのしみな
丹沢表尾根 ・ 雪上パトロールを
これから実施するのだぁぁぁぁ~~~~っ

うへへへへへへぇぃぃぃぃぃぃい~っ♪

どうなっているのかね~

楽しみだねぇ~

毒味してたいねぇ~

んじゃあ、

Kick off
Chapter of Departure
大倉バス停 ・ 駐車場 ~ 塔ノ岳頂上 7000m

使用路線 : 大倉尾根
7:20 ~ 9:40

   1km   11’07”
   2km   14’21”
   3km   18’21”
   4km   19’54”
   5km   19’20”   1゜22’55”
   6km   33’37”
   7km   22’05”   2゜08’38” ( 0゜45’43” )
平均ペース : 20’08”/km

7:25
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1191m
   内訳 大倉バス停 ・ 駐車場   →   塔ノ岳頂上   1191m ( 300m → 1491m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間30分

と、いってみんべぇ♪



7:49
ではでは・・・、
開始早々ではあるけれど
「 見晴茶屋 」 からの、




7:49
江ノ島方面への
煌く朝陽を眺めたあと・・・、




7:50
さぁ、こんかいも
爆走するぞぉ~
この 「 大倉のクソ馬鹿尾根 」 を。。。

写真じゃあ分かんないかもしれんけど
これ・・・、本当に
マジメにゲキ坂できっついんだよなぁ。。。




8:14
やがて積雪こびりつく
やってんだかやってないんだか分かんない
「 駒止茶屋 」 に到達し、




8:20
そっから
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ ) を
眺めだす。。。




8:30
やがてこんどは
雰囲気が雲取山の 「 七ツ石小屋 」に似ている
「 城山の家 」 に到達し、

さらに



9:01
標高1300m地点の
「 花立山荘 」 に到達すると




9:13
そこはもう
首都圏エリアの
天空の楽園だっ!!!




9:17
さぁ、こんかいは登頂しない
丹沢山塊のラスボス ・ キャラ
たんざわ ・  ひるがたけ
丹沢 ・ 蛭ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高    1672.7 m
       丹沢山塊 ・ 神奈川県最高峰
       ※ 日本百名山のひとつ
所在地  神奈川県相模原市緑区、足柄上郡山北町
山系    丹沢山地
種類    山塊
さま様の
おなぁ~りぃ~っ ☆


ことし初めて
目の当たりにする
相模の國の最高峰・・・、




9:20
アイゼン不使用な感じの
積雪部分を慎重に歩いて




9:24
さぁ・・・、
最初のピーク

たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( → ☆ )
が、見えてきたぜ!♪




9:30
さらに圧雪されたとこを
通り過ぎて・・・、




9:37
そして、やがて・・・、



9:43
開始からやっとこさ
2時間ちょっとの所要時間をかけて・・・、




9:43
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 3-1件目
       &
軒先累計 ・ 第4-1件目
丹沢 ・ 塔ノ岳 登頂達成ぇ~っ♪

するのだったのだぁ☆

つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

いつもと違う、丹沢表尾根の風景  #2

2019.02.04

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪

ではここで
9:40 ~ 11:00は
天空の絵画に酔いしれるコーナー


9:49
~ Bird VIEW Time 丹沢山塊篇 ~
      丹沢 ・ 塔ノ岳 Edition

           をお贈りしていこう・・・☝



9:49
塔ノ岳頂上 「 尊仏山荘 」 前にて
おもったほどの積雪がないなか、




9:49
空高くそびえ立つ
キレイな富士山を眺めながら




9:49
アングル変えて
写真中央に流れる河川は・・・、

くろくらがわ
玄倉川 ( ☞ ☆ )
水系        二級河川 酒匂川
種別        二級河川
延長距離     11.5km
流域面積     43.0km2
水源        丹沢山
水源の標高    1567m
河口合流先    丹沢湖
流域所在地    神奈川県足柄上郡山北町
といって
解説していいか分からんが
不名誉な出来事として
1999年 8月 14日 ( 土 )に

玄倉川水難事故 ( ☞ 要観覧注意 )
が起こってしまった、事故現場の河川である。。。




9:54
まぁ・・・、
ちょっと気を取り直して
その・・・、玄倉川の右どなりで
写真中央に天高くそびえる

たんざわ  ・  ひのきぼらまる
丹沢 ・ 檜洞丸 ( ☞ ☆ )
標高     1601.0m
所在地   神奈川県相模原市
        神奈川県足柄上郡山北町
山系     丹沢山地
種類     山塊
キレイに雪化粧しているぞ♪



9:54
さらにその奥には
南アルプス連峰が見えるけど
霞んでいるんで、ここでの紹介は省略し、




10:54
こんどは
丹沢山塊の最高峰、蛭ヶ岳を
眺めてみることに。




10:54
写真で見た限り
アイゼンなくても縦走できそう。。。




10:57
塔ノ岳からみる
丹沢の北っ側の街並みは
こんな感じ♪




10:57
いっぽうの箱根方面は
これまた霞んでいて、何がなんだか分かんない感じ。




10:59
写真は少なめだが
ここいらの小屋で食事休憩を摂ったのち




10:59
この先どうなってんのか
分からないので
ここいらで一応、登山靴にアイゼンを装着し




11:01
そろそろ塔ノ岳頂上を
離れだして




11:02
写真中央の
たんざわ ・  さん の とう
丹沢 ・ 三ノ塔 ( ☞ ☆ ) の頂上をめざし
丹沢表尾根の雪上パトロールに
赴くのであった。。。


さらに
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.