アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #1

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

2019年 ・ ゴールデンウイークに突入し
平成時代最後の
トラベル ・ スカイランニングの日を迎えた・・・、

去る、2019年 4月 28日 ( 日 ) 、
矢吹 ♪ 2019 Earth Conscious ZIPANGU #7
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
オレは
とある奥秩父山塊の山に赴く!

それは・・・、

オレたち東京都民の水源である
多摩川源流の山でお馴染み!!

         👇
         👇
         👇


かさどりやま
笠取山 ( 奥秩父 ) ( ☞ ☆ )
標高       1953m
          ※ 多摩川水源の山
所在地     埼玉県秩父市
          山梨県甲州市
山系       奥秩父山塊 ( → ☆ )
だっ!
そんな多摩川源流の笠取山の
主な特徴は・・・、

① 南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林 ・ 東京都水源林である
② 山頂に 「 東京湾まで138km 」 と書かれた看板が建っている
③ 笠取山頂上からは富士山や大菩薩嶺が望めるらしい
という感じだ!♪

君たち読者諸君よ
オイラ都民の水源がどんなとこか
知りたいじゃろ ( ?・? )

ではお贈りしよう☆
題して・・・、


俺 ・ 矢吹 ♪
The Deep CHICHIBU
Group of isolated mountains
The Tama River、water source Quest

~ 奥秩父山塊 、多摩川源流をめぐるたび ・ 笠取山篇 ~
なのだ。

いやぁ・・・、
オレのなかでは
笠取山といえば、取っ掛りが大変そうで
そうカンタンに行けるなんて夢にも思わなかったが

まぁ・・・、
少々ネタ切れぎみってこともあったし、
逆モヒカン型の笠取山の雄姿?をひとめでも見てみたい♪☆

と思ったオレは・・・、
前日の土曜日の23:40に自宅出発し、
下記のような行程・・・、
        👇
        👇
        👇

【2019年 4月 27日 ( 土 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 、 深夜23:40時出発 ~ 八王子市街 ~
国道16号 ・ 東京環状 ~ 左入橋交差点 ・ 左折 ☞ 都道169号 ・ 新滝山街道へ接続 ~
東京サマーランド前交差点 ・ 直進 ☞ 国道411号 ・ 滝山街道へ接続 ~
万年橋南詰交差点 ・ 直進 ☞ 都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
古里駅前交差点 ・ 左折 ☞ 国道411号 ・ 青梅街道へ接続~
笠取山登山口 ・ 作場平駐車場 2:25到着

【2019年 4月 27日 ( 土 )の運行距離】

85.7
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    山梨県甲州市
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ☞  作場平駐車場

・・・をたどり、


6:49
笠取山の駐車場に深夜到着後、
3時間ほどの短い仮眠の末、
多摩川の水源地でもある笠取山の頂上めがけて
トラベル ・ スカイランニングに挑むのであった♪




Kick off
Chapter of Departure
作場平駐車場 ~ 笠取山頂上 4840m

所属路線 : 一休坂登山道など
経由地  : 笠取小屋 ・ 笠取分水嶺
6:50 ~ 8:45

   1km   17’33”
   2km   20’37”
   3km   17’28”
   4km   18’08”
  のこり    39’47”    1゜53’45”
平均ペース : 23’29”/km

6:51
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測
※ 累積高低差   643m

   内訳 作場平駐車場   →   笠取山頂上   643m ( 1310m → 1953m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約2時間55分



6:53
東京都水道局が水源林として管理している笠取山の登山道・・・、

序盤は東京都水道局が設置した
水源に関した説明文の看板読んでいきながら
写真のような樹林帯を行き、




7:13
一休坂分岐に差しかかり
一休坂登山道へと進入していくと、




7:20
おぉっ?
早くも森林限界か?!!




7:38
・・・という訳には
当然いかない
さすが奥秩父山塊!

と、思ってたら、



7:50
開始から1時間そこらで
ハイカーたちで通年賑わう
「 笠取小屋 」 に到達し、




7:51
とくに立寄ることなく、



7:53
さらに上をめざす



7:57
人工的な木道を伝って行くと



8:00
写真の右前方に
笠取分水嶺がみえてきて




8:05
3つの大きな河川
多摩川 ・ 荒川・・・、




8:06
そして富士川の
分水嶺であるようだ




8:07
分水嶺をすぎると
前方に笠取山の本体が
見え始めてくる・・・!




8:08
と同時に
富士山もキレイなりにけり☆




8:11
オレは
予てから
この山の雄姿が観たかったのだ・・・!♪

バリカンで刈られたような
剃り込み斜面を・・・☆




8:14
よっしゃぁ
バリカン山の
剃り込み斜面を
攻めたるぞぉ~


つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #2

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

つづき ♪


8:16
高低差だいたい・・・、130mそこらの
急斜面・・・、




8:18
刈りこみされたような
奇天烈極まりない
ふざけた急斜面。。。




8:23
どうして
この斜面だけ
キレイに剃り込まれているのだろうか!??

・・・とムダな疑問に直視しながら・・・、




8:23
うしろを振り返ったら
これだもんねぇ~




8:36
ゼぇゼぇ
はァはァと・・・、




8:44
ちんたらチンタラ
時間をかけて

やがて・・・、




8:48
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、新規登録 ・ 2件目
       &
軒先累計 ・ 第11件目
笠取山 登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。


さらに
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #3

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


ではここで、いつものように
8:45 ~ 11:00 は


8:55
~ Bird VIEW Time 笠取山篇 ~
   2019th 平成ラスト版

        と、行ったるでぇ~♪ 



8:58
まずは丹沢山塊の
おおやま
大山 ( 神奈川県 ・ 丹沢 ) ( ☞ ☆ )
標高    1252m
所在地  神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市
山系    丹沢山地
種類   山塊
から時計回りで
順番に紹介していこう♪




8:58
丹沢大山の右隣に
山脈のように延びるのは・・・、

たんざわさんかい
丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
所在地  神奈川県 ・ 山梨県
最高峰  蛭ヶ岳 標高1673m
総延長  東西40km 南北20km
面積    神奈川県の面積の約1/6
で、



8:58
写真に山名を振ると
こんな感じ♪

笠取山の頂上からだと
距離的にかなり遠くに位置するのだか
この日は幸いにキレイに見えていた☆



8:59
次に紹介するのは・・・、
だい ぼ さつれい
大菩薩嶺 ( ☞ ☆ )
標高     2056.9 m
        ※ 大菩薩連嶺最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   山梨県甲州市、北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 (大菩薩連嶺)
で、ここから見る
大菩薩嶺は
かなり尖って見えるんだねぇ。。。




8:59
んで、その大菩薩嶺の
左隣りには・・・、
大菩薩連嶺のひとつ

 がんがはらすりやま
雁ヶ腹摺山 ( ☞ ☆ )
標高     1874m
所在地    山梨県大月市
山系      大菩薩山塊
上位山系   奥秩父山塊
で、主な特徴は
① 名前の由来は、「渡り鳥であるガンが腹をこするようにしてここを越えていったことから」に由来
  他にも大月市にはガンが山腹ぎりぎりに越えていくと称される山や峠が多くあり、
  笹子雁ヶ腹摺山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山という山もある
大菩薩嶺から続く小金沢連峰の支脈にある山の一つ
③ 山頂からは富士山の展望に恵まれ、かつての五百円紙幣の裏側に印刷されていた原画
との事の様である。


8:59
んで、さらに
大菩薩嶺の手前にある山は・・・、
おなじ大菩薩連嶺に一応属する

けいかんざん
鶏冠山 ( 山梨県甲州市 ) ( ☞ ☆ )
標高    1716m
所在地  山梨県甲州市
山系    奥秩父山塊 & 大菩薩連嶺
種類    山塊
で、この山の主な特徴は・・・、
多摩川水源のひとつで東京都水道局が管理する水源林である
おなじ山梨県内 「 鶏冠山 ( とさかやま ) 標高2177m 」 が存在するので注意
③ 景色はよい
④ かつては 「 黒川金山 」 があった
とのことであるようだ。



10:53
そんで
その右隣りには
笠取山頂上から離れた位置にあり
富士山周辺の山で御坂山塊に属する

みつとうげやま
三ツ峠山 ( ☞ ☆ )
標高     1786m
所在地   山梨県都留市・
        南都留郡西桂町・富士河口湖町
山系     御坂山地 ( ☞♪ )
が見えたり、



10:54
もちろんこの日の
ふ じ さん
富士山 ( ☞ ☆ ) は、
クッキリと見えていてくれ、




10:54
さらにその右隣りは
富士山を取囲む山々のひとつで
朝霧高原側にそびえたつ天子山塊の最高峰に君臨する

 けなしやま
毛無山 ( 天子山塊 ) ( ☞ ☆ )
標高      1964m
         ※ 天子山塊最高峰
所在地     山梨県南巨摩郡身延町
         静岡県富士宮市
山系      天子山塊 ( → ☆ )
が見えたりと
かなりバラエティに富んだ光景を
目の当たりにし、



さらに
南アルプス エリアでは・・・、


10:54
ひじりだけ
聖岳 ( ☞ ☆ )
標高        3013m
           ※ 国内第21位
           ※ 日本百名山のひとつ
所在地       静岡県静岡市葵区
           長野県飯田市
山系        赤石山脈 ・ 南アルプス
種類        褶曲 隆起
初登頂       1905年



10:54
あかいしだけ
赤石岳 ( ☞ ☆ )
標高    3120.53m
       ※ 国内第7位
       ※日本百名山のひとつ
所在地   長野県下伊那郡大鹿村
       静岡県静岡市葵区
山系    赤石山脈 ( 南アルプス ) ( → ☆ )
種類    氷食尖峰 ( → ☆ )
       隆起 ( → ☆ )



10:54
あらかわだけ
荒川岳 ( ☞ ☆ )
標高     3141m
        ※ 国内第6位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    静岡県静岡市葵区
        長野県下伊那郡大鹿村
山系      赤石山脈
初登頂   1909年 ・ 記録上小島烏水ら




10:54
のうとりだけ
農鳥岳 ( ☞ ☆ )
標高    3051m
       ※ 国内第15位
所在地   山梨県南巨摩郡早川町
       静岡県静岡市葵区
山系    赤石山脈 ・ 南アルプス



10:54
あいのだけ
間ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高     3190 m
        ※ 国内第3位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    山梨県南アルプス市、南巨摩郡早川町
        静岡県静岡市葵区
山系     赤石山脈
種類      隆起



10:54
きただけ
北岳 ( ☞ ☆ )
標高     3193m
        ※ 国内第2位
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地    山梨県南アルプス市
山系     赤石山脈
種類     隆起
初登頂   1871年 名取直江



10:54
奥秩父山塊で
クサリ場直登ステージで人気高い

けんとくさん
乾徳山 ( ☞ ☆ )
標高     2031m
所在地    山梨県山梨市
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )



10:54
くろがねやま
黒金山 ( 山梨県 ) ( → ☆ )
標高     2232m
所在地    山梨県山梨市
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )



10:54
奥秩父山塊の最高峰
きたおくせんじょうだけ
北奥千丈岳 ( ☞ ♪ )
標高    2601m
       ※ 奥秩父山塊 最高峰
所在地  山梨県山梨市
山系    奥秩父山塊



10:54
と、それに付随する
 こくしがたけ
国師ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高     2592m
所在地    山梨県山梨市
        長野県南佐久郡川上村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )



10:54
ここからは
アタマだけすこし出ている

こ ぶ  し が たけ
甲武信ヶ岳 ( ☞ ☆ )
標高      2475m
         ※ 日本百名山のひとつ
所在地     埼玉県秩父市
         山梨県山梨市
         長野県川上村
山系      奥秩父山塊
種類      山塊



10:54
この笠取山頂上から
雁坂峠 ~ 甲武信ヶ岳へ向かう途中の山の

すいしょうやま
水晶山 ( 奥秩父 ) ( → ☆ )
標高       2158m
所在地      埼玉県秩父市
          山梨県山梨市
          長野県川上村
山系        奥秩父山塊 ( → ☆ )
種類       山塊



10:54
東京最高峰 ・ 雲取山 ~ 金峰山方面に延びる
奥秩父主脈縦走路上にある山々のひとつ

かりさかれい
雁坂嶺 ( → ☆ )
標高       2289m
所在地     埼玉県秩父市
          山梨県山梨市
山系       奥秩父山塊 ( → ☆ )



10:55
などなどを
実際には2時間半ほど
山頂でゆっくり寛いだところで
この頂上をあとにして

多摩川源流スポットを見に
行くのであった。。。


またまた
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #4

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

さらに
つづき ♪


Reverse water source Traverse
        &
Sonic Landing Chapter
For Sakubadaira Paiking 5720m
笠取山頂上 ~ 作場平駐車場

使用路線 : 一休坂登山道など
通過地点 : 水干 ・ 笠取小屋
11:00 ~ 13:00

   1km   39’56”
   2km   23’07”
   3km   21’55”
   4km   11’44”
   5km   12’19”    1゜49’12”
  のこり     8’38”    1゜57’50” ( 0゜08’38” )
平均ペース : 20’37”/km

11:07
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約1時間45分




11:10
笠取山頂上を出発して
雲取山方向・・・、
つまりは、東側斜面は
写真のような樹林帯のなかを行き、




11:18
足場の悪いとこを
慎重にくだって、




11:22
分岐点にぶち当たり、



11:25
いざ、多摩川の源頭をめざす!



11:29
み・・・、見えたぞ!?
なんちゃら児童遊園てき光景の




11:32
この場所が・・・?、



11:33
た・・・、多摩川の源流ってか?




11:34
「 だから何だ? 」 てき
説明文を熟読したあと、




11:38
さらに
直接わき出る
多摩川の始まりを見に
一応・・・、行こう!

※ 正直、あんまり乗り気ではない。



11:44
写真では
大変に分かりづらいかもしれないが

写真中央の小さな水たまりが・・・、

そう、

多摩川の始まり・・・、で、、、




11:44
この小さな小川から
オレたちの知る多摩川に注ぐの・・・か。




11:45
まぁ・・・、
なんか結果的に
水が枯れてて
・・・よく分かんなかったけど




11:59
笠取山を
思う存分満喫して




12:00
・・・バリカン刈りみたいな光景で
なんか不思議な山に別れを告げて




12:00
さぁ、作場平駐車場へ
着陸だぁ



ラストへ
つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

俺 ・ 矢吹 ♪ 、 多摩川源流をゆく  ~ 奥秩父山塊 ・ 笠取山 篇 ~   #5                                                            The Final Tracks

2019.04.29

category : ・ 矢吹 The Sky Access

comment(0)

これで
最後 ♪



ではここから
ふもとの作場平駐車場めがけて
着陸態勢に入っていくぜ

いざ

12:08
Sonic Landing の 開始だ!☆  ( ←クリックしてね♪ )

いくぜ


12:17
Approach push.
      Gear down
     ❝Gear down.❞




12:21
Approach lights insight.
        ❝Roger.❞




12:42
Approaching minimum.
        ❝Checked.❞




12:56
Minimum.
❝Landing!✈❞        




12:58
俺 ・ 矢吹
Nice Landing!♪ 
【 2019年 4月 28日 ( 日 )練習内容 】
6:45 ~ 13:35
・ 笠取山観光トレラン 10560m
  ※ コースおよびタイム等は、本文参照のこと

【 2019年 4月走行距離 】
日計         10.56 km




12:58
【2019年登山登頂リザルト】
新規登録         2件
 1月 19日 ( 土 ) 王岳 & 鬼ヶ岳              ( 御坂山地 )
 4月 28日 ( 日 ) 笠取山                   ( 奥秩父山塊 )
既存増量         9件
 1月  1日 ( 月 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 1月 26日 ( 土 ) 鬼ヶ岳                    ( 御坂山地 )
 2月  3日 ( 日 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔        ( 丹沢山塊 )
 2月 17日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
 3月  9日 ( 土 ) 丹沢塔ノ岳 ・ 丹沢三ノ塔         ( 丹沢山塊 )
 3月 17日 ( 日 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 3月 31日 ( 日 ) 竜ヶ岳                     ( 天子山塊 )
 4月  6日 ( 土 ) 丹沢蛭ヶ岳                  ( 丹沢山塊 )
 4月 21日 ( 日 ) 雲取山                    ( 奥秩父山塊 ・ 奥多摩 )
軒先累計         11件  

2019年 4月総累積高低差
           3938m (  3.94km)

2019年 年間総累積高低差
          12861m ( 12.86km)



【2019年 4月 28日 ( 日 )の運行仕業】 
笠取山登山口 ・ 作場平駐車場 15:00出発 ~
国道411号 ・ 青梅街道 ☞ 古里駅前交差点 ・ 右折後、都道45号 ・ 吉野街道へ接続 ~
青梅市民会館南交差点 ・ 右折 ☞ 都道5号 ・ 青梅街道へ接続 ~
箱根ヶ崎西交差点 ・ 右折 ☞ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 八王子市街 ~
八王子自宅 ・ 22:40帰宅


【2019年 4月 28日 ( 日 )の運行距離】

85.5
全ルート ・ 一般道使用

        山梨県甲州市    東京都八王子市
運行区間 : 作場平駐車場  ☞  八王子 ・ 自宅




超絶簡単な
あとがき

ヘンな観光トレラン向け自主強化練習から逸脱して
純粋に好きな山行を楽しめた♪

しかも笠取山頂上からの光景が
想像以上に良くて大満足!!

けど、多摩川源流めぐりは・・・、
まぁ、東京都水道局さまさまの尽力たる努力は
なんとなく感じとれた。

※ あくまで遠まわしてき表現
・・・ということに
しておこう、以上、終了♪




俺 ・ 矢吹 ♪
The Deep CHICHIBU
Group of isolated mountains
The Tama River、water source Quest

~ 奥秩父山塊 、多摩川源流をめぐるたび ・ 笠取山篇 ~
                      

雲取山タイムトライアル Part.4   #1

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

以前にも
どっかで紹介したかもしれないが・・・、

FASTECH  ファステック ( ☞ ☆ )
この言葉の意味
某鉄道会社の新幹線開発における
最高速度360km/hで営業運転を行うためのデータ収集を目的として開発した試験電車の愛称で・・・、

FASTECH 100Tops Mountains Program ( → ☆ )とは、
FAST(速い) とTECHnology(技術)を組み合わせた造語。

したがって、
上記にあやかって
昨年から自主的かつ精力的に続けられている
新天地 ・ 日本百名山の更なる新規登録更新に向けた
観光トレランおよび、トラベル ・ スカイランニングの
強化練習プロジェクト
のオレ自身の練習内容のキャッチコピーである。


観光トレランおよび、
トラベル ・ スカイランニング強化練習の
主な狙い

新天地 ・ 日本百名山登頂に向けた所要時間の大幅短縮
それに向けた登坂走行性能向上の促進
尾根筋走行等における、更なる 「 走りの高速化 」 の実現
早朝出発 ・ 正午下山完了の完全徹底

以上、4本柱を基本に・・・、
去る、2019年 4月 21日 ( 日 )、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#29
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
観光トレイル向け強化練習を敢行する!♪

その観光トレラン向け強化練習の
モデル ・ マウンテンは、こちら!
        👇  
        👇
        👇

東京都最高峰で、
都内唯一の標高2000m峰として名高い


くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( → ☆ )
        秩父山地 ( → ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
である。

ではなぜ
こんかい雲取山を選んだのか
 

雲取山タイムトライアルのあとに
青梅のHondaカーズで
ノーマルへのタイヤ交換を予約していたのと、

土日休日しか確保できないこの週末に
精力的なトレーニングを行えるのは
この雲取山でしかないと思ったから

前々から再三と書き記しているが
オレ自身の走る練習は、今はもう平日には行えない生活環境で
且つ、かつてのようなアスリート生活は
今となっては、それほど力を入れていない現状であり
走る全般のトレーニングを現在は
トレイルのみに限定している。

んでこんかいは
従来の丹沢尾根筋で行われている距離走を中心にした
持久力増強版ではなく
限られた時間の中でおこなうバーチカル練習に近いスピード練習を主眼にした
準短距離型のタイムトライアルとして
現状のトレイル ・ スピード力を診るべく、雲取山タイムトライアルを
実行したのであった。
という訳で
題して・・・、

矢吹♪ SPEED FASTECH
For Semi Vertical Operation
Mt.KUMOTORI The Time Trial Part.4

奥秩父山塊 自主強化練習
「 雲取山タイムトライアル パート4」 篇

に、勤しんだのであ~る!


では、こんかいも
あらすじをすっ飛ばして
いきなし本題だっ

超絶簡単に申しあげれば
前日の土曜日に22:00に就寝し
2:30というまたまた奇天烈な時間に起床し
夜中の3:15に自宅出発、
あさ5:40、小袖駐車場にクルマを停めて・・・、


6:45
雲取山タイムトライアルが
開始されるのである。



Chapter of Departure
Mt.KUMORORI The Time Trial
小袖駐車場 ~ 雲取山頂上 10660m

使用路線 : 雲取山登り尾根 ・ 石尾根縦走路 
経由地  : 七ツ石山頂上 ・ 小雲取山頂上
6:45 ~ 9:30

   1km   11’12”
   2km   10’22”
   3km    9’06”
   4km   13’46”
   5km   12’14”    0゜56’41”
   6km   19’31”    
   7km   24’06”
   8km    9’59”
   9km   20’20”
  10km   15’57”    2゜26’37” ( 1゜29’36” )
   のこり   10’02”    2゜36’40” ( 0゜10’02” )
平均ペース : 14’42”/km

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   1277m
   内訳 小袖駐車場   →   雲取山頂上   1277m ( 740m → 2017m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約5時間30分




6:48
まずは
いつもの小袖口から雲取山をめざすことに




6:48
雲取山登頂に向けての
一般登山者向けの注意書き

いちおう雲取山は、初心者向けではなく
一泊二日向けのコースであるようだ



6:57
序盤は
廃墟った山小屋?跡を通過して




7:02
比較的平坦なとこを
無難なペースを刻みながら
標高を揚げていくことに




7:22
登山道からは
石尾根縦走路上の山々と思われる山並みが見え始めて
標高が増してくると・・・、




7:40
走って登れないほどの
急斜面に!!




7:43
それと同時に
富士山が見え始めるが
この日は晴天でも、春霞が激しく、キレイな姿ではなかった。




7:54
だんだんと標高が増してきて
やがて・・・、




8:01
丹沢山塊の丹沢山とおなじ標高で
標高1580mの 「 七ツ石小屋 」 に
到達する♪




8:02
七ツ石小屋のメニューは
こんな感じ♪




8:02
七ツ石小屋を
あとにしてからの・・・、




8:09
石尾根縦走路の合流地点への
ゲキ坂が
毎回毎回苦しいなか・・・、




8:10
やがてなんとか・・・、
  いしおねじゅうそうろ
石尾根縦走路 ( ☞ ☆ )
起点 東日本旅客鉄道 青梅線 ・ 奥多摩駅
終点 雲取山頂上
総延長 約20km
に到達する!



8:15
ここまでくると樹林帯が終了し
登山道は森林限界だっ♪




8:16
標高1757mの
七ツ石山頂上に到達して、




8:16
くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
の頂をめざして行くのである・・・!♪


つづく!♪
   ↓
   ↓
   ↓

雲取山タイムトライアル Part.4   #2

2019.04.21

category : ・ 走る、俺♪

comment(0)

つづき ♪


8:19
七ツ石山頂上からは
写真のような石尾根縦走路の尾根筋を
快走していこうと思うのだが・・・、




8:20
その間、オレの大好きな光景
ひりゅうさん
飛竜山 ( ☞ ☆ ) 、
の光景に毎度ながら癒されたり、




8:20
春霞で
どれがなんの山だか区別し難い
南アルプスの光景を堪能しながら・・・、




8:30
ダンシング ・ ツリーあたりから
地味にキツい石尾根縦走路を
走っていく・・・。




8:41
正面の小雲取山の手前に
ヘリポートが見え始めると・・・、




8:47
そのそばには
東京都側の石尾根縦走路上に存在する、唯一の山小屋
「 奥多摩小屋 」 が・・・、

あれっ・・・!!!??




8:49
あっちゃぁ・・・、
「 閉鎖 」 ってかぁ。。。

しかもしっかり書いてあるよ~
「 テント張り ・ 厳禁! 」 と・・・。




8:50
テント100張はれる
石尾根縦走路唯一のテント場

開放感バツグンで
夜とのなれば星空がキレイで眺望バツグンなテント場
小屋閉鎖に伴って、張れなくなっちゃったんだねぇ

まぁ、これによって
雲取山頂上付近でテント張れる場所は
東京都側・・・・七ツ石小屋
埼玉県側・・・・雲取山荘
に限定されているんだそうだ。

ともに20張前後しか張れず
土日や行楽期なんかは
混雑でごった返すんだそうだ。

そんでもって当の奥多摩小屋はというと
完全撤去なんかに数億円要するそうで
とくに汚物撤去なんかがままならないらしい。。。

まっ・・・、
トラベル ・ スカイランナーのオレには
直接関係ないけど
どうするんだろうねぇ、この問題。

そのうち時が解決することだろう・・・。


9:04
そして
東京都ばなれした急斜面を
苦しみながら登ったさきに・・・、




9:15
雲取山頂上の
避難小屋がみえてきたぞ!




9:16
登頂目前に
タイムトライアルとしては
ブレーキがかかってしまった結果になりそうな中、




9:21
昨年の2時間一桁台に
程遠い結果で終わってしまい、




9:29
平々凡々で
かつ、人様に決して
自慢できないようなタイムで・・・、




9:35
俺 ・ 矢吹 ♪
2019年、既存増量 ・ 9件目
       &
軒先累計 ・ 第10件目
雲取山 登頂達成ぇ~っ♪

するのであったぁ


さらに
つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.