アロー独走

Changing The Future , NOW♪

房総のマッターホルン ・ 「 伊予ヶ岳 ! 」  #2

2018.02.24

category : ・ 矢吹 The Sky Access

つづき ♪

しばらく人工的な
林道がつづいた先に
こんどは・・・、


10:51
「 富山北峰まで0.9km、
 45分 」 という看板に出くわす。




10:52
人工的感 ・ 満載な
木造の階段をひた登り・・・、




11:05
「 富山 ・ 愛の鐘 」 の
看板を通過して
やがて・・・、




11:09
俺 ・ 矢吹 ♪
2018年、新規登録 ・ 3-1件目
       &
軒先累計 ・ 第4-1件目
富山登頂達成ぇ~っ♪

するのであった。
しかし、ここはまだ・・・、
伊予ヶ岳への中間地点にしか
過ぎないのであった。



ではここで、いつものように
11:12 ~ 11:17 は
ごくごく簡単に短時間ではあるけれど


11:10
~ Bird VIEW Time 南房総 ・ 富山篇 ~
と、行ったるでぇ~♪



11:12
まずは富山の南峰を
眺めて見ることに。

こんかいは南峰出向いても
樹木に覆われているとのことで
こんかい立寄りは割愛することに。



11:12
お次は富山頂上から
房総半島の最南端 ・ 館山方向を
望む。。。

かつてオレが、フルマラソン戦士として勤しんでいた頃
よくクルマで館山市街に出向いて
「 館山若潮マラソン 」 に出まくっていた頃が
なんだか懐かしい。。。



11:12
こんどは視線を右に移動すると
クルマを停めている道の駅付近を
眼下に眺めると・・・、すぐそばが海岸線。。。



さて、こんどは
視線を北に移し、
木更津側に目をやると・・・、


11:13
写真中央には
房総半島のデス ・ マウンテンとして名高い・・・、

            👇
        👇
        👇


11:14
のこぎりやま
鋸山 ( 千葉県 ) ( ← クリックしてね♪)
標高      329.4m
所在地     千葉県安房郡鋸南町 ・ 富津市
山系      房総丘陵 ( → ☆ )
だっ♪
主な特徴は、

標高は329.4m。 房総丘陵の一部分を占めるが、内陸部よりも海岸線(東京湾)に近い。
山は凝灰岩から成り、建築などの資材として適している。
  そのため古くは房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、
  江戸時代から盛んに採石が行われていて、石切場跡は現在も残存する。

  現在は自然保護規制の強化により1985年を最後に採石を終了し、
  鋸山は観光資源として利用されている。
正式な名称は乾坤山(けんこんざん)というらしい。
④ 深田久弥氏が日本百名山選定に際し、ノミネート漏れを冒しやがったことにより、
  現在は名山という認識はあまり広まっていない・・・が、
  小林泰彦選の 「 日本百低山 」 ( → ☆ ) には入っている。・・・らしい。。。
眺望は素晴らしく、東京湾一帯から伊豆大島まで見渡すことができる。 
・・・とのことである。


さて、こんどは
視線を右側に
さらに房総半島の内陸部側に
視線を移しかえると・・・、


11:14
どれがその山か
分からないけど

 かのうざん
鹿野山 ( ← クリックしてね♪ )
標高      379m
所在地     千葉県君津市
山系      房総丘陵 ( → ☆ )
が、見えているらしい。
んで、主な特徴は

房総丘陵のなかで2番目に高く上総地方の最高峰である。
② 山名の由来は、鹿が多くいたことから鹿野苑にちなんで名づけられたという説や、
  砂鉄が採れたので「金生山」と呼ばれていたという説などがある。
日本武尊が東征の際訪れ、
  先住民の豪族の阿久留王(あくるおう、「悪路王」ともいわれる)と戦い征伐したという伝説がある。
  598年、聖徳太子により神野寺が開山され、
  その後修験道の山として、また上総国と安房国を結ぶ街道の町として栄えた
らしい。
④ 1956年には国土地理院の測地観測所が設置され、地磁気や人工衛星の観測などが行われている。
  1960年代には、マザー牧場とゴルフ場がオープンし観光の山となったことでも超有名。
であるようだが、
まぁ・・・、よっぽどの房総マニアでない限り
鹿野山をはじめとする房総丘陵の山々を
知る者は、そういないだろう。。。


・・・という訳で、

11:17
簡単ではあるけれど
~ Bird VIEW Time 南房総 ・ 富山篇 ~
は、これでおしまい♪



11:20
そんな訳で
折返し地点である 「 伊予ヶ岳 」 へ向けて
さらに先急ぐのである。




11:26
伊予ヶ岳方向へむかう際
県道まで駆け下りていき・・・、




11:28
駆け下りていく最中、
伊予ヶ岳の雄姿が
みえてきた☆




11:40
山から山へと伝って行く道は
トレランらしくはなく、




11:41
マラソン練習に近い
堅い路面の舗装されたとこを
ひたすら走らされて・・・、




11:44
ようやく
「 伊予ヶ岳方面 」 の看板が
みえてきた♪




11:48
「 伊予ヶ岳方面 」 という看板を目にしても
登山ムード ・ 0 の
舗装された民家のなかを走らされて、


やがて・・・、


さぁ・・・、
みえてきたぞ!?


11:55
これが、あの
「 房総のマッターホルン 」

伊予ヶ岳 ( ← クリックしてね♪ )
雄姿なり!♪

・・・というか、マジちっちぇえ~

さらに
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.