アロー独走

Changing The Future , NOW♪

上越国境 、 天空のVenus ♪ ~ 日本百名山 ・ 苗場山篇 ~ #1

2019.07.07

category : ・ アタック ザ 日本百名山!!

ぜんかいの雲取山トレランから
また・・・、3週間経過もしちまった・・・、

去る、2019年 7月 6日 ( 土 )、
矢吹♪ FASTECH 100 Tops Mountains Program#32
ブログ作成場所  東京都八王子市
             八王子 ・ 自宅
            The Making system by
TOSHIBA Dynabook BB35 ( →☆ )
梅雨の時期真っ只中で
なかなか観光トレランに出かけられない
つかの間の高曇りの日に

オレはまた
トラベル ・ スカイランニングに赴いた!
         それがこれ♪
            👇
            👇
            👇

谷川岳と共に
上越国境の山々のひとつで
日本百名山に選ばれている山のひとつ


 なえばさん
苗場山 ( ☞ ☆ )
標高       2145m
          ※ 日本百名山のひとつ
所在地      新潟県南魚沼郡湯沢町
           新潟県中魚沼郡津南町
          長野県下水内郡栄村
山系       三国山脈 ( ☞ ☆ )
種類       成層火山 ・ 浸食カルデラ ・ 第四紀火山
火山番号    E30 ( ☞ ☆ )  
火山グループ 鳥海火山帯 ( ☞ ☆ )
苗場山の特徴・・・、
山頂には広大な湿地帯で覆われている
② 山頂から北に向かう稜線の西側は侵食カルデラである
東側の山麓スキーリゾートエリアとしても知られる
西側の山麓、中津川に沿った峡谷には秘境・秋山郷がある
といった感じである。

ではなぜ
こんかい苗場山を選んだのか

単刀直入に・・・、
この日の天気図の通り・・・、 ( ☞ ☆ )
マシにトレイルできるのが
苗場山くらいしかなかったから。

外部リンクの天気図の通り、
関東甲信越はおろか、太平洋側全域は
梅雨前線に覆われていて、どこもかしこも
すべて全滅 ( ><)

限られた選択肢から
百名山にも選ばれている苗場山を急きょチョイスする。

本当はというと・・・、
越後駒ヶ岳か、東北の安達太良山あたりをターゲットにしてたが
・ 福島県内は雨模様・・・。
・ 越後駒ヶ岳は、残雪てんこ盛り。。。

まぁ・・・梅雨明けしてないとはいえ
アイゼン装着トレイルなんて、今さらめんどくせぇ。

そしたら眼中にもない
「 苗場山 」 を気が付いたら選んでた・・・、っていう訳だ。

・・・そう、完全な思いつきで☆


・・・ちゅう訳で
梅雨時真っ只中で
何かと気合いが入らない季節ではあるけれど

んじゃ、本題へと行くか。

俺 ・ 矢吹 ♪
The Joetsu border , Sky Venus
Mt.Naeba Edition

~ 日本百名山 登頂42カ所記念 ・ 苗場山篇 ~
は~じ~まぁ~るよ~っ。


まずは
あらすじ

ときは前日の
7月 5日 金曜日


11:44
この日の仕事は
あさ9:30から2時間ほどで開放される
都内研修。

行きの慣れない車内揉みくちゃの満員電車に監禁されて
ぐったりした状態で研修を受けて
帰りの電車で先急がず、各駅停車で居眠りぶっこいて
午後2時に一時帰宅を果たす。

その後、苗場山登山口出発の3時間前まで
自宅でダラダラと過してしまい
ムクムクと適当に用意をしだして
17:20という中途半端な時間に
半ばヤル気なしの状態で、自宅を出発。

いつものように
急ぐ気ナシのオレは
高速道路を一切使わない一般道走行で
上越国境へとダラダラとクルマを走らせて
まぁ・・・、日付け跨いじゃったけど
どうにか、登山道の駐車場に到着を果たして
ここいらで車中泊を毎度のように開始するのであ~るzzz。。。


【2019年 7月 5日 ( 金 )の運行仕業】
八王子 ・ 自宅 17:22 出発 ~
八王子市街 ~ 国道16号 ・ 東京環状 ~ 河原町交差点 ・ 左折 ☞ 国道407号線 ~
下野本交差点 ・ 左折 ~ 国道254号 ☞ 県道47号 ・ 旧熊谷東松山道路 ~
村岡交差点より、国道407号へ接続 ~ 代交差点 ・ 左折 ☞ 国道17号 ・ 上武道路 & 深谷バイパス ~
沼田市街より、一般国道17号に合流 ~ 国道17号 ・ 三国街道 ☞ 三国トンネル通過 ~
道の駅みつまた付近を右折 ☞ 苗場山林道へ接続 ~
苗場山登山口 ・ 祓川登山口駐車場、0:51到着 ☞ そのまま車中泊


【 2019年 7月 5日 ( 金 )の運行距離 】

208.5km
全ルート ・ 一般道使用

       東京都八王子市    新潟県南魚沼郡湯沢町
運行区間 : 八王子 ・ 自宅  ~  祓川登山口駐車場





6:39
やがて夜が明けて
勝算あんのか
わかんない状態で
天候不安のなか、

なんとな~く
観光トレランをおっ始めるのであ~る




Chapter of Departure
Sky Vertical Flight ✈
For Mt.Naeba Top

はらいかわ
祓川登山口駐車場 ~ 苗場山頂上 7540m
使用路線 : 祓川コース登山道
経由地  : 神楽ヶ峰頂上
6:40 ~ 9:40

   1km   13’44”
   2km   18’14”
   3km   20’09”
   4km   23’59”
   5km   30’50”    1゜46’57”
   6km   28’22”
   7km   25’23”
  のこり    16’10”    2゜56’53” ( 1゜09’56” )
平均ペース : 23’27”/km 

※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 累積高低差   925m
   内訳 祓川登山口駐車場   →   苗場山頂上   925m ( 1220m → 2145m
※ 通常歩行登山時所要時間 : 約3時間50分




6:41
苗場山 ・ 祓川登山口にて



6:41
これが苗場山の
全体像になりにけり




6:55
序盤は
なんかスキー場の脇を通っていって




6:57
開始20分そこらで
標高1370mの和田小屋にたどり着く




6:57
もちろん
スキー場の急斜面なんかに
行かされることなく




7:00
ゲレンデ脇の
登山道へと進入する




7:03
整備された登山道かと
思わせといて・・・、




7:17
6合目から上は・・・、



7:17
もう・・・、
走りづらいったらありゃしない

しかも滑るし。。。



7:33
やがて整備された
木道を伝って行き、




7:41
ふり返ると
高曇りながら魚沼市街を一望できる。




7:56
雲ってガスって
暗雲ただようなか




7:58
「 中ノ芝 」 ってとこに
たどり着く




8:11
ここのコース
なんか知んないけど、至るところに
「 なんとかノ芝 」 っていう名前がついていて




8:12
やがて
「 上ノ芝 」 っていうとこに
たどり着く



つづく・・・
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.