アロー独走

Changing The Future , NOW♪

俺 ・ 矢吹 ♪、奥秩父山塊 ・ 飛竜山をゆく  #4

2019.11.30

category : ・ 矢吹 The Sky Access

またまた
つづき !♪


富士山周辺エリアの紹介を終えて・・・、

次に紹介する
御正体山から左隣りに
山脈のように延び行く山塊は・・・、




いまのオレが
晩秋 ~ 冬季 ~ 春先時期によく出向くことでもお馴染み☆

たんざわさんかい
丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
所在地     神奈川県 ・ 山梨県
最高峰     蛭ヶ岳  標高 1673m
          ※ 神奈川県最高峰
総延長     東西に40km
          南北に20km
上位山系    関東山地
種類       山塊
所属公園    丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
の主な特徴は・・・、
東西に約40km、南北に約40kmに及び、その神奈川県の面積の約1/6を占める。
丹沢山塊の生い立ちは特徴的なものがあって、
1200万年前に海底火山の噴出物からできており、
長い年月をかけて太平洋に浮かぶ火山島にまで成長。
その後、その火山島は、フィリピン海プレートに乗っかって日本列島に衝突。

さらにそれを追うように・・・・、
もともとフィリピン付近にあった伊豆半島の岩体が100~70万年前にかけて本州に激突!!
その反動で盛り上がって出来上がったのが、丹沢山塊である。

また1923年の関東大震災では、
1m前後の隆起や沈降を繰り返し、山肌が崩壊し荒廃した。

現在も徐々に隆起を続けている。

ちなみにヒマラヤ山脈もこれと同じように、
オーストラリア付近にあったデカン高原の岩体が
ユーラシア大陸に激突して出来上がったものである。
しかもそれらの山頂付近には、海の地層がそのまま残されていて、
魚介類の化石が発見されていることでも有名である。

んだそうなんだけど・・・、

この説明・・・、もう何度目かな?



さて・・・、
ここからの

~ Bird VIEW Time ~ は

東京都内にそびえ立つ奥多摩山塊を
紹介していこう👆



まず東京都内の奥多摩山塊
第一弾は


奥秩父山塊 ・ 東京都エリアで
奥多摩三山のひとつ・・・、

みとうさん
三頭山 ( ☞ ☆ )
標高     1531m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町 ・ 檜原村
        山梨県上野原市 ・ 北都留郡小菅村
山系     奥多摩 ( ☞ ☆ )
上位山系  奥秩父山塊 ・ 関東山地
種類     山塊
で、その主な特徴は
① オレの住んでいる地元 ・ 八王子、奥高尾縦走路の北限
西峰(1,527m)・中央峰(1,531m)・東峰(1,528m)からなる3つの峰の総称で
  奥多摩三山の最高峰にあたる
多摩川最大の支流、秋川の源頭の山でもある。
開放的な山頂を持ち、富士山を含め、
  南奥多摩の山々が一望できる

ハセツネカップこと日本山岳耐久レースのコースでもある
この飛竜山からみる三頭山は
山容がひと際大きくて
ものすごい存在感を意外にも放っている・・・!♪




そんでもって
今度紹介する、三頭山の左隣りのエリアは
俺らが住んでいる市街地エリアから見る
奥多摩エリアのランドマーク的存在の山々を2峰紹介!!




その中のまず一つ目は
次に紹介する大岳山と隣り合わせでそびえ立つ

 ごぜんやま
御前山 ( 東京都 ) ( ☞ ☆ )
標高   1405m
所在地  東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村
山系   奥多摩
種類   山塊
は、ここはかつてトレラン仲間と初めて
奥多摩エリアを制覇した山のひとつで、
御前山の主な特徴は・・・、

大岳山、御前山、三頭山をひっくるめて奥多摩三山と呼ばれている
奥多摩主脈の中心に聳える山で、遠くから見た山容・姿が美しい
八王子市役所からだと、北海道の名峰のひとつ、斜里岳 ( → ☆ )
  みたいな姿でそびえ立つ
④ 植林された杉林に囲まれており、山頂は広いが眺望はない
この御前山は
オレ自身が奥多摩エリアのなかで
初めて登頂した山だけど
樹木に覆われ尽くされて、ちょいガックリした山だったと
感じたときが懐かしい。。。




さて今度の
御前山のすぐ左隣りは
八王子市街や
福生 ・ 羽村 ・ 青梅市街からでもよく見えることでもお馴染み

おおたけさん
大岳山 ( 東京都 )( ☞ ☆ )
標高     1266.5 m
所在地   東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
は、多摩地区の市街地から分かり易い
奥多摩のランドマーク的存在で・・・、

① 標高はさして高くないが、個性的な山容を備えた奥多摩の名峰で、
  多種多様な登山コースがあり、初心者から経験者まで幅広く楽しめる山である
② 多摩川の南岸にある大岳山は、御前山 ・ 三頭山とをひっくるめて奥多摩三山と呼ばれている。
③ またこの大岳山には地域特有のあだ名があり
  キューピー顔に似ていることから 「 キューピー山 」 と呼ばれていたり
  更には最近では漫画「おぼっちゃまくんの主人公:御坊茶魔から
  「 茶魔山 」 とも呼ばれているそうである。
この飛竜山頂上から眺める
街中から見える奥多摩のランドマークこと
大岳山の眺めは、意外にも米粒ほどの小ささにしか見えん。



市街地エリアからみる
奥多摩のランドマーク ・ マウンテンの紹介のあとは・・・、


青梅線奥多摩駅 ~ 雲取山頂上へと延び行く
石尾根縦走路エリアの山々にスポット当ててみよう☝




その・・・、
石尾根縦走路の代表山岳でお馴染みな
山のひとつは、

たかのすやま
鷹ノ巣山 ( 東京都 ) ( ☞ ☆ )
標高     1736.6 m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
で、鷹ノ巣山の主な特徴は・・・、
片道20kmの石尾根縦走路の中間地点
② 奥多摩駅 ~ 雲取山登頂区間の石尾根縦走路中央部にあたる鷹ノ巣山を
  目的地とする登山者はけっこう多いことでも有名。
③ ちなみに稲村岩尾根を通る道は「奥多摩三大急登」の一つに数えられており
  約3kmで一気に1100mの標高差を登る勾配約40%非常に厳しいコースが
  立ちはだかることでも有名。
④ 眺望については富士山は一応は一望できる
  雲取山や七ツ石山ほどは良くはなく
  眺望できるエリアは南斜面側の奥多摩山塊に限られる

ブログを編集していて
改めてこれが鷹ノ巣山だと認識するが
このピークから眺めているときは
これが何の山なのか、当然ながら知る由もない




次に紹介するのは
青梅線奥多摩駅から雲取山頂上に延び行く
石尾根縦走路上にある山のひとつ

たかまるやま
高丸山 ( 奥多摩 )
標高     1773m
所在地    東京都西多摩郡奥多摩町
山系     奥多摩
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路
高丸山(奥多摩)の主な特徴は・・・、
① 片道20kmの石尾根縦走路の中間地点にある山々のひとつ
② 樹木に囲まれて、眺望は無いらしい
ネット上から抽出して
調べだしてみたものの・・・、不詳!
出向いて見なきゃ分からへんなぁ




ではこんかいの記事で
最後を飾るにふさわしい山は
なんと・・・、東京都最高峰で、都内唯一の2000m峰こと

くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
雲取山のおもな特徴は・・・、
東京都最高峰で、東京都唯一の2000m峰
  そして東京都唯一の日本百名山である
② 頂上の見晴はバツグンによく富士山 ・ 南アルプス ・ 奥秩父山塊の主要の山々や
  奥多摩南部の山々、そして関東平野などを一望できる!♪
厳冬期 ・ 積雪期は、膝や腰が浸かるほどの積雪に見舞われるので
  東京都の山だからとナメてかかるのは危険である
④ 2017年は西暦年数と、標高のメートル数が同じであることから、記念登山への人気が高まって
  「 雲取山西暦二千十七年 」 の記念碑が建てられていたが、現在は撤去されている
⑤ 宿泊可能な山小屋は・・・
  東京都側の 「 七ツ石小屋 」 と
  埼玉県側の 「 雲取山荘 」 などがある
⑥ 雲取山は通常は2日行程が基本とされているが
  オレみたく健脚者ならば、日帰りも可能
  ※ ただし早朝から開始しないと、下山時に日没を迎えるので注意が必要!
    よってヘタすると遭難事故の可能性あり

今年はやたらと雲取山登頂回数が6回と多いが
平行する飛竜山から眺める雲取山の光景は初めてだけあって
何だか新鮮だ♪


・・・とまぁ
こんな感じで
飛竜山 ・ 禿岩などの場所から
じっくりとお送りしてきたわけだが


もう・・・、
時間もだいぶ押してきたんで

ここからは、


The Final Chapter of Transfer Operation
For The station on the way TABAYAMA

飛竜山頂上 ~ 道の駅たばやま 10290m
経由地  : 前飛竜頂上 ・ 熊倉山頂上 ・ サヲラ峠 ・ 丹波天平
使用路線 : 奥秩父主脈縦走路 ・ ミサカ尾根 ・ 天平尾根
11:20~ 14:50

   1km   1゜01’22”    ※ 禿岩にて食事 ・ 鑑賞休憩による遅延
   2km     25’51”
   3km     21’47”
   4km     13’56”
   5km      8’38”    2゜11’36”
   6km     10’47”
   7km     10’23”
   8km     11’17”
   9km     16’49”
  10km     20’42”    3゜21’36” ( 1゜10’00” )
  のこり       3’10”    3゜24’47” ( 0゜03’10” )
平均ペース : 19’24”/km

12:20
※ タイム計測は、
GARMIN201 Global Positioning System による自動計測

※ 通常歩行登山時所要時間 : 約4時間10分

へと移行していくのであった。。。


ラストへ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.