アロー独走

Changing The Future , NOW♪

2020年 ・ 新春! 蛭ヶ岳タイムトライアル Lite  ~ 第5戦 ~ #3

2020.01.03

category : ・ 走る、俺♪

さらに
つづき ♪


ではここで
11:00 ~ 12:20は
天空の絵画に酔いしれるコーナー


11:04
~ Bird VIEW Time 丹沢篇 ~
丹沢 ・ 蛭ヶ岳 Edition

           をお贈りしていこう・・・☝



11:05
まず始めに
いま居る蛭ヶ岳頂上から北西に
ひと際目立ってそびえ立つのが・・・、




11:05
昨年の11月に
久々に登頂を果たした・・・、

おおむろやま
大室山 ( 丹沢山塊 ) ( ☞ ☆ )
標高      1587m
所在地    神奈川県相模原市緑区
         山梨県南都留郡道志村
山系      丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類      山塊
所属公園   丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
大室山 ( 丹沢山塊 )のおもな特徴
頂上は樹木に覆われて展望がない
② 登山道は西丹沢自然公園を起点に、犬越路か、白石峠を経由するのが一般的である
③ 部分的に不明瞭なとこがあり、初心者向けではない
④ 登山道はブナ林が多く、登山者が少ないため、静かな登山が楽しめる
丹沢山塊の中でも、かなり奥まった場所なため、登山者が少ない
オレの住んでいる八王子市街からだと
富士山のすぐ左隣りに
際立って目立って見えることでもお馴染み・・・!☆
なんだけど、
この蛭ヶ岳頂上からでも数ある丹沢の山々のなかでも
大室山のようにどっしりと目立つ一峰は、そうはない。




11:05
次に紹介するのは
「 西丹沢の盟主 」と
呼ばれることでも有名な ・・・、

ひのきぼらまる
檜洞丸 ( ☞ ☆ )
標高      1601m
所在地    神奈川県相模原市緑区
         神奈川県足柄上郡山北町
山系      丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類      山塊
所属公園   丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
檜洞丸のおもな特徴
① 山名の由来は、玄倉川の 「 檜洞 」 という沢の由来から
丹沢山塊 ・ 第4位の標高を誇る
③ 頂稜を深々としたブナ林に覆われたどっしりとした山容を持つことから
  西丹沢の盟主と呼ばれる
気候としては相模湾に近いことから、夏季に雨天多く温暖で、
  冬季は晴れ多いが降雪時は1m以上の積雪を記録する
ニホンジカ、ツキノワグマなどの大型哺乳類等による樹木への食害が後を絶たない
ブナ林の衰退問題は顕著で、京浜工業地帯から50km程しか離れていなく
  大気汚染物質による酸性雨 ・ 酸性霧での森林立枯れが深刻である

確かに・・・、
こっから観る檜洞丸は
西丹沢の
ボスって感じだ。



11:05
さて
檜洞丸からすぐ左隣りに
キレイに聳える国内最高峰の

ふ じ さん
富士山 ( ☞ ☆ )
英語表記    Mt.Fuji
標高       3776.12m 
          ※ 国内最高峰

          ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地      静岡県 : 富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町
          山梨県 : 富士吉田市、南都留郡鳴沢村
山系       独立峰
種類       コニーデ型成層火山 ・ 活火山ランクB ・ 常時観測火山
火山番号    F01 ( ☞ ☆ )
火山グループ 富士火山帯 ( ☞ ☆ )
最新噴火    1707年 12月16日 AM10:00頃 ~ 1708年 1月1日未明
          プリニー式噴火 ( ☞ ☆ ) により、
          南東山腹 ・ 宝永火口より、 軽石 & スコリア降下
所属公園    富士箱根伊豆国立公園 ( ☞ ☆ )
初登頂     663年(役小角)
登録区分    文化遺産
登録年     2013年
参考資料    富士山噴火史 ( ☞ ☆ )
と、



11:05
その富士山の左隣りの
なんか・・・、虫歯みたいなスタイルで
富士山とは真逆なスタイルでそびえるのは・・・、

あしたかやま
愛鷹山 ( ☞ ☆ )
標高              最高峰 越前岳 ( ☞ ☆ ) 1504m
カルデラ形成前の標高  3000m
                 参考資料 ・ ここをクリック! ( ☞ ☆ )
所在地            静岡県富士市
                静岡県沼津市
                静岡県駿東郡長泉町
                静岡県裾野市
山系             独立峰
種類             浸食カルデラ
火山番号          F02 ( ☞ ☆ )
火山グループ        富士火山帯
所属公園          そんなもん、愛鷹山ごときに、ある訳がないじゃん👊
こ奴はというと・・・、
かつては頑張って火山活動をし続けて
一時期は標高3000m弱までに誇る
富士山型のキレイな活火山だったらしいが・・・、

となりで噴火活動をガンバっている富士山を横目に
こ奴は怠けて火山活動をサボりだして
「 浸食カルデラ 」 という人間でいう骨粗しょう症に苛まれた結果・・・、


こんなカタチに
成り下がっちゃったのだぁ~

読者のみんな、
愛鷹山みたいな人生を
歩んじゃダメだぞ?!

なんちゃってぇ



11:05
さてさて
愛鷹山の左隣りにある火山群は
先ほどの塔ノ岳頂上からでも少し触れた

    はこねカルデラかざんぐん
箱根カルデラ火山群 ( ☞ ☆ )
標高       最高峰 神山 ( ☞ ☆ ) 1438m
所在地     神奈川県 ・ 静岡県
種類       複製火山 ・ 陥没カルデラ
火山番号    F04 ( ☞ ☆ )
火山グループ 富士火山帯
所属公園    富士箱根伊豆国立公園 ( ☞ ☆ )
があるわけだが
この日のこの時間は、箱根駅伝の復路レースが
真っ只中だったんだねぇ

選手のみんな、沿道のみんな
おつかれちゃん




11:27
さて今度は
左端の塔ノ岳から、鍋割山へと延びる尾根筋を
紹介していくが




11:27
その尾根筋の
向かって右端のピークが
あの 「 鍋割りうどん 」 で超有名な・・・、

なべわりやま
鍋割山 ( 丹沢山塊 ) ( ☞ ☆ )
標高      1272 m
所在地    神奈川県秦野市
        神奈川県足柄上郡山北町
        神奈川県足柄上郡松田町
山系      丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類      山塊
所属公園  丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
鍋割山 ( 丹沢山塊 ) の主な特徴
① 頂上の東側に 「 鍋割山荘 」 があり
  そこで出される 「 鍋割うどん 」 が超有名!
  んが、しかし、大人気であるせいか、2時間超の待ち時間は当たり前・・・(><)
② 大倉尾根の塔ノ岳頂上付近から
  鍋割山方向への分岐があるので
  そこからのアクセスが一般的
頂上は広くて平らで、江ノ島方向から北西方向への眺望がよく
  富士山などがよく見える♪

丹沢に訪れると
よく鍋割山の鍋割りうどんを強く勧められるんだけど
混雑のキライなオレはまだ
鍋割山に行ったことがない。。。




11:27
さて写真中央に
ズームアップされているのは
大倉バス停 ~ 蛭ヶ岳頂上区間の中間点

たんざわ  ・  とう の だけ
丹沢 ・ 塔ノ岳 ( ☞ ☆ )
標高     1491m
        ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地    神奈川県秦野市
        神奈川県愛甲郡清川村
         神奈川県足柄上郡山北町
山系      丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類      隆起 ・ 山塊
所属公園  丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
の尾根筋上の三角錐のカタチが
ひと際めだっている




11:27
さてその
塔ノ岳の向かって左側の尾根筋は
先ほど縦走してきた丹沢エリアの幹線路線こと

たんざわしゅみゃくせん
丹沢主脈線 ( ☞ ☆ )
起点    丹沢 ・ 塔ノ岳頂上
終点    焼山登山口 ( 国道413号 ・ 道志みち沿い )
総延長  約18km
最高峰     蛭ヶ岳    1673m
所属山名   塔ノ岳    1491m
         日高     1461m
         竜ヶ馬場  1504m
         丹沢山    1567m
         箒杉沢ノ頭 1550m
         不動ノ峰   1614m
         棚沢ノ頭   1590m
         鬼ヶ岩ノ頭  1608m
         蛭ヶ岳    1673m
         姫次      1433m
         黍殻山    1273m
         焼山      1060m
丹沢主脈線の主な特徴
① 丹沢山塊中心部に位置し、丹沢山塊の幹線ルートとしての機能をなす
② 丹沢エリアは、大倉バス停もしくはヤビツ峠から塔ノ岳までの登山者は多いが
  塔ノ岳以北となると極端に登山者が減る
③ 上記より、塔ノ岳以北の丹沢主脈線は、ハイカーがかなり少ないので
  静かでマイペースな縦走を楽しめる
冬季で南岸低気圧通過後の降雪では、積雪がハンパない
⑤ 山梨県道志側の焼山登山口 ~ 大倉バス停までの約25kmの縦走が
  コースとしては一般的
山梨県道志側の焼山登山口側
  バスのダイヤが少なく、
  電車路線は無く、アクセスが不便
なんで
  それなりの覚悟が必要である!

といった特徴を
もっている




11:29
さて今度紹介するのは
たんざわみつみね
丹沢三峰 ( ☞ ☆ )
の中の・・・、

ほんまのあたま
本間ノ頭 ( ☞ ☆ )
標高      1345 m
所在地    神奈川県相模原市緑区
        神奈川県愛甲郡清川村
山系      丹沢山塊 ( ☞ ☆ )
種類      山塊
所属公園  丹沢大山国定公園 ( ☞ ☆ )
で、その主な特徴は・・・、
① 丹沢三峰の主なルートは
  丹沢山頂上から丹沢主脈線から分岐されたルートからなり
  丹沢三峰を経由して宮ケ瀬湖方向へと延びている
② 登山道は木道や階段によって比較的に整備されているが
  写真のようにアップダウンが激しい
③ マニアックなルートにつき
  丹沢主脈線以上に登山者が極端に少ない
といった感じである。



11:29
さて今度は
丹沢三峰の玄関口である
写真中央の・・・、

  みやがせこ
宮ケ瀬湖 ( ☞ ☆ )
標高     約300m台
所在地    神奈川県相模原市緑区
        神奈川県愛甲郡愛川町
        神奈川県愛甲郡清川村
面積     4.60km²
貯水量    0.193km³
種類     ダム湖 ・ 宮ケ瀬ダム
成分     淡水
利用目的  洪水調節 ・ 不特定利水 ・ 上水道 ・ 電力発電
施工業者  鹿島建設 ・ 大林組 ・ 戸田建設
着手年    1971年 ・ 昭和46年
竣工年    2000年 ・ 平成12年
よくはっきりと見渡せて



11:29
おとといの元旦に
登頂した奥多摩 ・ 奥秩父山塊エリアの

くもとりやま
雲取山 ( ☞ ☆ )
標高     2017.13m
        ※ 東京都最高峰
        ※ 日本百名山のひとつ ( ☞ ☆ )
所在地   東京都西多摩郡奥多摩町
        埼玉県秩父市
        山梨県北都留郡丹波山村
山系     奥秩父山塊 ( ☞ ☆ )
        秩父山地 ( ☞ ☆ )
種類     山塊
所属路線  石尾根縦走路 ・ 終点
        奥秩父主脈縦走路 ・ 起点
所属公園  秩父多摩甲斐国立公園 ( ☞ ☆ )
を今度は
この神奈川県最高峰の蛭ヶ岳頂上から
「 あぁ、おととい雲取山の頂上にいたばかりなんだなぁ。。。」
と感嘆に浸りながら眺めたりしていてから、




11:30
そのあと一時間ばかし
蛭ヶ岳山荘で食事休憩をしたのち、




11:30
開放的な蛭ヶ岳頂上を離れだして
大倉バス停への
折返し便のスカイランニング運航に
就くのであった ✈ ✈ ✈


まだまだ
つづく・・・。
   ↓
   ↓
   ↓

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

アロー サラブレっでぃ~☆

Author:アロー サラブレっでぃ~☆
邦名    矢吹 ☆ 競一郎

職業    プロ ドライバー

趣味 マラソン 放浪の旅 ドライブ

尊敬してる人 工藤 新一 = 江戸川コナン
          間 黒男

好きな車 銀ちゃんと日野デュトロ

         
           

アロー’ズ マキシム スペック
1000m最大出力 2’53” 
    (2009年 日体大記録会)
1500m 4’24”54 
    (2009年 日体大記録会)
5000m 16’51”18 
    (2012年 日体大記録会)
10000m 34’59”68
    (2009年 日体大記録会)
ハーフ  1゜16’25”
    (2002年 諏訪湖)
青梅マラソン30km
     1゜52’48”
    (2013年)
フル   2゜42’33”
    (2008年 つくば)
富士登山競走 山頂男子
     3゜35’04”
    (2003年)
富士登山駅伝 山頂区
     58’09”
    (2005年)


フルマラソン完走回数
     50回
サブスリー回数
     28回
2時間40分台回数
     11回
Since April.21(sun) 1996th




富士山登頂回数
     15回
Since July.24(sun) 1999th



浅間山登頂回数
     5回
Since May.4(Sat) 2013th


生涯マラソン走行距離 
54674.66キロ
2015年 4月30日現在
Since  April 1 1990th



走歴24年、フルマラソン完走45回、2時間40分斬り目指して奮闘中!どちら様も応援ヨロシクなり~☆

リンク
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アロー☆ カウンター

Copyright ©アロー独走. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.